女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートの就活は職歴なしでも成功する?正社員就職をめざすためのたった2つの賢い選択

公開日:

ニート職歴なしから就活で正社員

ニートの私でも就職できた方法とは?

「正社員として就職したいけれど、ニート期間もあるし、職歴もない。。」「こんな状況でも就活したら成功するの?」と悩んでいませんか?中には、一度就活を始めてみたけれど、上手くいかないと焦っている方もいるかもしれません。

ニートちゃん
せっかく努力するならば、効率よく就活を進めたいところです。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

そこで今回は、「高卒ニートで職歴はボロボロだった私でも正社員として就職できた」という経験をふまえて、ニート期間があり職歴なしでも正社員として就職できる方法をお伝えしたいと思います。

 

ニートは就活で職歴なしと伝えても正社員になれるの?

高望みはしていないつもりでも、ニート期間があったり職歴がない場合は、普通の企業に就職したり望んだ仕事に就いたりはできないのではないか、と不安に思うこともあるのではないでしょうか?空白期間があることに後ろめたさを感じていると、知らぬ間に劣等感が強くなっていることもあるかもしれません。

私も、正社員での就職をめざして求人を探し始めた時に、たまたま目にした求人を見て応募したのですが、面接でこれまでの経歴をボロボロに言われて、即不採用、という苦い過去があります。。

ニートちゃん
まだ1社しか受けていなかったのですが、もう嫌な思いをしたくない一心で、再びニートに戻ってしまいました。

就活は怖いし、アルバイトでも最低限生活できるお金を稼ぐことはできます。でも、私は「このまま一生ニートでいるのかな。。」と思うと、もっと怖くなりました。

ニートちゃん
親がまだ健在で、実家暮らしをさせてもらっているという状況でも、それがいつまで続くかは誰にもわかりません。

非正規雇用には、雇用が不安定、賃金が低い、能力開発機会が乏しい等の課題」がある、と厚生労働省の資料にも明記されており、更に不安が募りました。

でも私は、間違った就活のやり方をやめたら、ニート経験者で職歴なしと伝えても正社員として就職できました。今は安定したお給料をもらい、将来にむけてひとつひとつキャリアをつんでいます。もし「このままではいけない」「この生活を抜け出して正社員になりたい」と悩んでいるなら、ぜひお力になりたいと思います。

 

ニートの就活はアルバイトが先か、資格が先か?

いざ、就活を始めようと思ったときに頭をよぎるのが、「アルバイトで経験を積んだ方がいいのではないか」「資格を取った方が就職に有利なのではないか」という疑問です。自分には何もない、と感じていると、余計に何かスキルを身につけてからの方が良さそうだと考える方もいると思います。

ただ、結論から言うと、「いきなり就活から入り、正社員就職をめざす方が良い」です。日本では、ニートの期間が長くなるほど、正社員への転換が難しくなる傾向にあります。

20~29歳の若者を対象に調査した結果、ニート・フリーター期間が半年以内の場合は、男性では約7割、女性では約6割が正社員になっているのですが、フリーター期間が3年を越える場合は、正社員になれた男性は約6割、女性では約4割と確率が落ちています。

アルバイトは気軽に始められるので、まずは働くことに慣れておきたいという場合は一つの手段です。でも、アルバイトから正社員へ移行する確率は、男性だと平均9.2%、女性は平均3.4%とかなり低いのが現状です。

ニートちゃん
アルバイト先を辞めてもう一度就活するとなると、時間的にロスが生まれてしまいます。

ニート期間が長くなってしまうので、自分に必要ないのであれば、すぐに就活をするべきです。

また、資格は取得するまでに時間がかかることが多いです。もちろん「この職種に就きたい」という明確な目標があるなら、専門学校やスクールで勉強するという手段もアリです。介護系・不動産系・保育系・プログラミング系などは、ハローワークが主催している職業訓練に通うと、就職に結びつきやすい場合もあります。

ニートちゃん
ただ、職業訓練は必ず就職できる保証もないので、「就職を有利に進めたいから」という理由で通うのは、おすすめできません。

あやふやな理由で勉強をしても、結局続けられず時間もお金も無駄になってしまいます。「資格は、後から必要になったときにとればいい」と、キャリアコンサルタントを保有するアドバイザーの方にもお聞きしました。自分が進む方向性が見えてからの方が、より効率良くキャリアを築くことができます。

※参考:厚生労働省「フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)
※参考:厚生労働省政策統括官(総合政策担当)付 労働政策担当参事官室
労働経済分析レポート No.1正規雇用へ転換した方の特徴と影響

 

ニートが就活で成功するための2つの方法

正社員として働くなら、就活に成功して安心できる企業を選びたい。ただ正社員になるだけではなく、「ちゃんとした企業に入って、キャリアを積みたい」と考える方も多いと思います。

せっかく入社できてもブラック企業だった、というのは辛いです。実は、私は正社員として働いたことがあるのですが、正社員は仕事内容は選べないと倉庫内での力仕事をやらされたり、上司が体育会系で、チクチクするようなこともしょっちゅう言われていました。。

ニートちゃん
体力的にも人間関係的にも長くは続けられないと感じて、正社員になってからわずか2か月で「短期退職」しています。

実際に、若者の離職についての調査では、初めて勤務した会社をやめた主な理由に「仕事が自分に合わない」「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」「賃金の条件がよくなかった」 「人間関係がよくなかった」などが挙げられています。

では、理想の会社とはどういったものでしょうか?人それぞれに価値観はあると思うのですが、「給料が高い」「休みが多い」「残業がない」など、ホワイト企業であるかどうか、はおそらくほとんどの方が考える基準です。

待遇のよいホワイト企業に就職できるか、自分をボロボロにするブラック企業に就職してしまうかでは、今後の人生に大きな差が生まれます。私は、たとえば求人票から判断する場合として、以下の項目を見ます。

・年間休日は何日か(※100日以下はブラック、120日以上はホワイト)
・残業時間は何時間か(※40時間以上はブラック、20時間以内はホワイト)
・賞与(ボーナス)はあるか、年に何回あるか
・給与(月給)はいくらか
・昇給は年に何回あるか(※昇給なしはブラック)
・住宅手当があるか
・交通費支給があるか
・残業代支給があるか

しかし、このような優良な求人をどうやって探せばいいんだろう?と迷ってしまわないでしょうか。そこで、職歴なしでニート期間がある場合でも、正社員として就職に成功した方法とは何か、を2つにしぼってお伝えします。

ニートの就活で成功する方法その1~ハローワークを利用する~

ハローワークは、国が運営している就活支援の公的な機関です。どの地域にも必ずあり、全国の求人を検索することができるので、求人数は最も多い就職支援機関といえます。地域によっては就職セミナーや合同説明会、面接会も開催されていて、人事担当者と直接話せる機会があるのもメリットです。

また、ハローワークの中でも「わかものハローワーク」という就職支援場所があります。若年層を専門としているので、一般的なハローワークよりも丁寧に一から就活のことを教えてくれます。おおむね45歳未満であれば、誰でも利用することができます。

ニートちゃん
地域によっては、「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」を設置しているところもあります。

担当の就職支援ナビゲーターがついてくれるので、自分に合ったサポートを受けられます。履歴書の作成や面接対策も無料でやってくれるところもよかったです。特定の企業を無理におススメされることもないし、自分で求人を選べるのもメリットなのですが、多すぎてどれを選べばいいか、わからなくなってしまう方もいるかもしれません。。

【主な支援メニュー】
・初回利用時のプレ相談の実施、担当者制によるマンツーマンでの個別支援
・正社員就職に向けた就職プランの作成、職業相談・職業紹介
・正社員就職に向けたセミナー、グループワーク等の実施
・就職後の定着支援の実施

ただ、これは私の体験ですが、ハローワークで紹介してもらい内定まで至った2つの求人は、上の項目を照らし合わせてみるとブラック企業でした。。公的な機関だからといって、すべてが良い条件の求人とは限りません。求人数は多いですが、その分ブラック企業も紛れ込んでいることもあるので要注意です

ニートちゃん
紹介してくれる相談員の方も、実際に企業の人と話をしたわけではないので、ブラックかどうか判断できないんです。

ニートの就活で成功する方法その2~就職エージェントを利用する~

就職エージェントは、私が正社員として就職した求人を紹介してくれた場所です。就職エージェントでは、カウンセリングを受けた上で、自分にマッチしそうな企業を紹介してもらえます。「職歴がないのに、何を相談すればいいのだろう?」と身構えてしまうかもしれませんが、心配ありません。

ニートちゃん
今悩んでいることや困っていることを相談に乗ってもらいながら進めることができるので、自分自身も考えを整理できたりもします。

就職エージェントにはたくさん種類があるのですが、対象が大卒や新卒専門のサイトではないか、転職専門のサイトではないか、を見極めて、自分に合ったところを利用することが大切です

リクナビ、マイナビ、DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職などは私も利用したことがあるのですが、サイトに登録しようとしても登録できなかったり、面接でボロボロに言われたりしました。。

そこで、実際に私が体験した就職エージェントで、ここは利用してよかった!というところをまとめました。職歴なしでニート期間がある人でも正社員として就職しやすい就職エージェントをご紹介します。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

その中でも、私が利用してよかった就職エージェントは「就職Shop」です。

就職Shopを利用して良かったと感じた理由は、紹介される求人数が多かったことです。提携している企業は8500社を突破していて、幅広い職種を扱っています。

ニートちゃん
求人数が少ない就職エージェントを利用してしまうと、紹介される求人がブラック企業だったり、職種の希望を無視して持っている求人の中から選ぶような状況になったりするので、要注意です。

また、提携先の企業には、就職shopの担当者が出向いて、100%訪問して人事の方に取材をしているため、どんな会社なのかを把握した上で信頼できるところを紹介してもらえます。しかも、就職shopで就職を決めた利用者の、4人に3人は正社員未経験者。これも私が利用しようと決めた理由の一つです。

ニートちゃん
実際に紹介してもらった求人は項目をすべてクリアしたホワイト企業で、そのうち2つは「え、こんな求人を私でも紹介してもらえるの?」というくらい優良求人でした。

流れを簡単に説明すると、まずホームページから無料面談の予約をした後、住んでいる近くの就職shopまで行って、初回面談を受けます。この時にカウンセリングを受けますが、気負うほどのものではなく、就活の悩みや希望、趣味や好きなことなどを話していく中で、最終的に自分に合った求人を紹介してもらうという感じです。

ニートちゃん
将来どうなりたいか、どんなスキルを身につけたいのか、どんな職種を希望しているかなどを、担当のエージェントさんとすり合わせていきます。

紹介してもらった求人の中から自分が気に入った会社を選び、希望する会社と面接をします。この面接も、自分をアピールしないと!というよりは、私と企業側の認識のズレがないかを確認する「面談」という雰囲気でした。

私が考えていた面接とは違い、企業の人事担当社も「こういう事業内容だけど、興味ありますか?」というように、お互いの考えが違っていないか、相性は合ってるかを探るような面接です。この面接で、あなたと企業側がお互いに合意すれば、就職が決定します。

内定は就職shopを通して伝えられますが、内定を辞退しても大丈夫ということなので、その点も安心できます。ただデメリットとしては、住んでいる地域に就職shopがない場合です。ハローワークのように、必ず全国にあるわけではないので、注意が必要です。

私はこの就職shopを利用して正社員就職に成功したのですが、他の就職エージェントもそれぞれ特徴があります。よければ他の体験記も参考にしてみてください。

 

ニートは就活サイトで就活すべきではないって本当?

就活サイトはよく目にするので、利用した方もいるかもしれません。私も、「求人は自分で調べられるし、そのまま応募できるから比較的手軽なのではないか」と思っていました。でも、ニート期間があり職歴なし場合、就職サイトから応募すると、書類選考で落とされてしまったり、そもそも条件的に応募できなかったり。。

ニートちゃん
このような状況が続くと、精神的にも落ち込んでしまうお気持ちはよくわかります。

実は求人サイトというのは、書類選考からスタートするので、経歴なしの方にはかなり厳しい就活のやり方です。特に、有名なリクナビ、マイナビは新卒向けの求人サイトですし、DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職などは転職者向けの求人サイトです。

私はニート期間中、これに気づかず応募し続けていましたが、的外れな行動で時間の無駄でした。「初心者・未経験歓迎」と書かれていても、サイトに登録しようとしたら、経歴なしでは登録できなかったりもします

ニートちゃん
書類選考落ちは当たり前、運よく面接までいけても、経歴的に回りのライバルに負けてしまうので、受かることはありませんでした。面接官にもボロボロに言われて、何度も心が折れかけました。。

ちなみに、就職エージェントで紹介してもらった求人は、経歴なしでも「書類選考なし」で優良企業との面接まで進めます。これは高卒・短期離職あり・ニート経験者というボロボロな経歴の私にはとてもありがたかったです。
 

ニートの就活で履歴書はどう書けばいいの?と迷ったら

ニート期間あり・職歴なしの場合、履歴書の書き方で悩んでいないでしょうか?職歴がないのに、書くことがない空白期間はいったいどうやってうめたらいいのか、、不安になっている方もいるかと思います。

空白期間の書き方は色々ありますが、やはり嘘をつかずに、書き方を工夫したり志望動機や自己PRをしっかり言えるようにした方が良いでしょう。企業分析や自己分析が大切です。

ちなみに、わかものハローワークでは応募書類の書き方について、一から丁寧にアドバイスしてもらえます。「自分をPRすることが全然思いつかないのに、行っても意味がないのではないか」「完成していないあやふやな状態ではハローワークの人も困るんじゃないか」と、行くのをためらう方もいるかもしれません。

でも、ハローワークはただ求人を探すための場所ではありません。「就職活動のやり方を聞きにいく場所」、といってもいいくらい基礎的なことを教えてもらえるところなのです。

ニートちゃん
相談員の方が個別に何度でもアドバイスをくれるので、気負わずぜひ活用してください。

ちなみに、アルバイトの職歴を書くかどうかは本人の自由ですが、書かないと空白期間が長くなってしまう場合は、アルバイト経験でも職務経歴書に書くべきです。面接官は「短期のアルバイト経験>空白期間」と評価するので、やっていたことはアピールの材料になります。気になる点は、ぜひ相談員の方に相談してみてください。

もし3か月以内の短期退職の経験がある場合は、参考にしてみてください。

ちなみに、「履歴書にチャレンジしてみたがやはり難しい」「書類上の経歴よりも、今の自分やこれからのやる気を見てほしい」と思うなら、やはり就職エージェントが利用しやすいです。書類選考がなく間を取り持ってもらえるのは、嬉しいシステムでした。
 

ニートの就活は職種をどう選べば良いのか

高卒でニート期間があると、応募できる求人はそもそもかなり少ないのではないかと思うかもしれません。ただ、実際に求人サイトで検索して調べてみると、「未経験でも月給40万」、とか、「先輩もニートしていたので大丈夫!」という会社もあったりします。

ニートちゃん
ただ、ニート経験者にオススメの求人は、立ち仕事・力仕事・介護系・清掃系、、と、かなり職種が偏っていたりします。

もちろん、世の中には必要な仕事なのですが、例えば「潔癖症で介護や清掃系の仕事は難しい」、「立ち仕事や力仕事は体力的に厳しい」、など、それぞれの事情があると思います。

また、一般的におススメされている職種でも、「人と接するのが苦手」「毎日決まったルーティンをこなすのが苦手」など、性格的に自分に向いていない仕事もあります。自分に合わない仕事を選んで就職したとしても、長くは続かないし苦しいです

ちなみに、先ほど挙げたハローワークと就職エージェント(就職shop)を使った場合、職種も幅広く紹介してもらえました。カウンセリングを行ってもらえるので、「自分はこの職種が合っている」という主観的な分析に自信がない方はより活用できます。

相談員の方に「こういう職種もありますよ」「こんなことも向いているかもしれないですよ」と客観的にアドバイスをもらうのもアリです。「どんな職種が自分に向いているのかわからなくて、相談させてください」と言えば、親身になってくれます。

ニートちゃん
すきでないと続けられないので、すきなことを整理してみるのも良いとキャリアコンサルタントの方に教えてもらったこともあります。

もうすでに「オフィスワークがしたいけれど、自分に紹介してもらえるのかな?厳しいかも、、」と思っている場合、就職エージェントは独自の優良求人を持っていたりするので、希望を伝えてみるべきです。

できれば自己分析などのセミナーを開催しているハローワークと、就職エージェントを平行して利用すると就活が進めやすいです。どうせ自分には選べない、と思わずに、自分に合った職種を見つけてください。
 
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。職歴なしのニート経験者が正社員をめざして就活するにはどうするのが賢い選択なのか、ということをお伝えしてきました。

実は私も、上手くいかなかった数か月間、半引きこもり生活になったことがあります。そんなボロボロの私でも、就活に成功して幸せに生活しています。就職したいと思った時点で、あなたはスタートラインに立っているので、ぜひその気持ちを大切にして、動いてみてほしいです。

ニートちゃん
早く辛い状況を抜け出せますように。私の経験が少しでもお役に立てば嬉しいです!

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ