女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒者の就職を有利にする履歴書の書き方【完全攻略】〜用紙選びから記入例、提出まで〜

公開日:

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

学生時代、アルバイトや部活に時間を割いていたら、就職先が決まらないまま卒業を迎えてしまった。学生時代のアルバイトをそのまま続けて一年。ずっと体力をつかうアルバイトを続けることも不安だし、若いうちに事務系の仕事に転向したい。
でも既卒になってしまったので、新卒の就職とは色々と違うこともありそう…

既卒者の就職活動の場合、新卒の就職活動にはなかった悩みが出てくることがあります。実際に履歴書を書こうと思っても、細かい疑問がたくさんあります。

○大学の履歴書はもう使わない方がいい?
○既卒者で職歴が丸々空欄だと、企業の印象が悪い?
○履歴書にも種類があるみたいだけれど、どれを使うべき?
○志望動機や自己PRに何を書いたらいいかわからない
○提出する時の注意点は?
ニートちゃん
既卒者が履歴書を書く時に疑問に思いがちな悩みです。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

この記事では、既卒者の就職をより有利にするための履歴書の書き方を項目ごとに集めました。経歴がない分、不安に思いがちな既卒者の就職活動ですが、一つづつ疑問を解決していけば正社員の就職までたどり着けます。

履歴書は就職活動の入り口、企業とあなたを繋げる最初の橋です。あなたの第一印象を良くすることも悪くすることも履歴書次第。より良い履歴書を完成させられるよう、お手伝いさせてください。

履歴書の選び方。既卒の就職活動に有利な履歴書はどれ?

履歴書にも種類があることをご存知ですか?一見どれも同じように見えますが、用紙の大きさや項目の大小によって書き込む内容の量や比率が大きく変わってくれば、それを読む採用担当者の印象も違うものです。

まずは、既卒者の就職活動に向いている履歴書の選び方をみていきましょう。

大きさ~A4? B5?~

一般的な市販の履歴書にはB5サイズ(182×257mm)のものとA4サイズ(210×297mm)のものがあります。

B5サイズ→小さめのため、志望動機や自己PRも書く欄が少なくなる

A4サイズ→B5サイズに比べて、各項目の文字数を沢山取ることができる

就職経験がないため職歴欄に空白ができてしまいがちな既卒者の心理としては、B5を選びたくなるところです。

しかし、就職活動は企業に「私」という人材を選んでもらうための競争でもあります。ライバルよりアピールポイントは1つでも多い方が有利。より多くの情報を載せることのできるという意味では、A4サイズの履歴書はより協力な味方になると言えるでしょう。ここは頑張ってA4履歴書を埋め尽くして、書類審査で一歩採用に近づきましょう。

また、履歴書以外の書類は全てA4サイズになることがほとんどです。その中でサイズの揃うA4サイズの履歴書は、採用担当者により整った印象を与えることができます。

履歴書にも種類がある

履歴書の項目欄も、学歴や職歴が大きいものや自己PRが大きいものなど、それぞれに違いがあります。一般的に市販されている履歴書を比較してみましょう。

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

コンビニなどでもよく売っている、一般的な構成です。「学歴、職歴欄」が2ページに渡っているのが特徴で、「志望動機」の項目は小さく設定してあります。職歴があまり埋まらない既卒者にとっては、少し空白の多い印象になってしまいがちな履歴書です。

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

転職者向けとして発行されている履歴書で、「免許、資格」が通常のものと比べて大きく、また収入の希望などの希望欄が大きいことも特徴です。前職や現職である程度の待遇にある転職者が、より良い待遇を企業と交渉する際に有利な構成です。

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

免許、資格が多い求職者に向けた履歴書です。「学歴、職歴」の欄が1ページ目で収まっている分、「免許、資格」の行数が多く取られています。また「免許、資格」の欄が右ページの一番上から始まっているため、面接官の目にも留まりやすいです。

志望動機と自己PR欄も分けて取られているため、これまでの職務経験を武器に転職したい求職者に向けた履歴書となっています。

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

アピカ株式会社が出している「自分を売り込む履歴書」という履歴書で、「学歴、職歴」の欄が一般的なものの約半分になっています。その分、「志望動機」と「自己PR」の欄を大きくとってあります。

志望動機や自己PRは簡単に埋められる項目ではないので、小さい方が履歴書作成の作業は楽になります。しかし、経歴や資格欄と違い「志望動機」と「自己PR」は工夫次第でいくらでも埋めれる項目です。ここに力を入れることができれば、既卒者の就職で大きく有利に働く履歴書を作成することができます。

なお卒業した大学が専用の履歴書を出している場合もありますが、既卒者の就職では大学発行の履歴書は使いません

オンライン提出の場合の履歴書はどう作る?

近年、オンラインで履歴書を送るようにと指示のある求人も見られるようになりました。手書きの履歴書をスキャンしてe-mailに添付してもいいのですが、パソコンで作成すれば

○修正が用意
○複数枚の発行が可能
○基本的なPCスキルを持ち合わせていることをアピールできる

といったメリットがあります。

パソコンで履歴書を作成する場合は、ExcelやWordファイルのテンプレートがインターネット上にも無料で配布されています。Wordファイルは編集しているうちに罫線やフォーマットが崩れやすいので、Excelファイルのものの方が編集は容易です。

履歴書の見た目が既卒の就職を左右する

「人は見た目ではない、中身で勝負だ」などとよく聞きます。確かに、見た目からは想像もつかない素晴らしさを持っていたりするから、新しい人との出会いは素晴らしいものです。ですが履歴書を受け取った段階では、採用担当者があなたについて知っている情報のほぼ全てが履歴書に詰まっている言っても過言ではありません。

× 誤字がある→社会常識に乏しいのかもしれない
× 脱字がある、字が汚い→見直しをせず、雑な仕事ぶりかもしれない
× 自己PR、志望動機が弱い→我が社は本命ではないのかもしれない。採用してもすぐに辞めてしまうかもしれない
× 自分で撮影した陰影の甘い写真→プロフェッショナルな印象でない

一度下がってしまった印象を挽回するには、一緒に仕事をするなどして信頼を回復する時間が必要になります。しかし、面接という数十分はあなたの中身を全て伝えるのに決して十分な時間ではありません。ですから、履歴書で印象を落とさないことは就職活動を有利に運ぶ上で大事なことです。

履歴書は手書き?パソコン?

結論からお伝えすると、履歴書は手書きでもパソコンでもどちらでも良いとされています。それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

手書きのメリット
○字の丁寧さで熱意を伝えられる
○手書き業務が多い事務系の仕事の場合綺麗な字が業務に役立つことをアピールできる
○ひと昔前は履歴書は全て手書きだったため、「無難」である
手書きのデメリット
○丁寧に書くために時間がかかる
○ミスをした場合、全部を書き直す必要がある
○字が汚いと印象が悪くなる
パソコンのメリット
○綺麗な仕上がりに作成できる
○一部の内容を編集するだけで、他の企業への履歴書としても使用できる
○自分の強みに欄を広くとったフォーマットを使用できる
○パソコン作業ができることをアピールできる
パソコンのデメリット
○誤字、脱字に気づかないまま印刷してしまうことがある
○B4、A3以上の用紙に印刷する必要があるため、印刷の手間が煩雑になりがち
○一部の企業では、手書きの履歴書提出を求める

メリットとデメリットを見比べて、手書きかパソコンか、どちらが自分に向いているかを見極めましょう。

手書きの履歴書を作成する時のポイント

綺麗な字を書くコツ

手書きの字に自信のない方に、簡単にできる字を綺麗に書く練習をご紹介します。

紙を用意して、右巻きと左巻きの渦巻きを書く練習をします。ポイントは渦巻きの幅の太さを同じに保つことです。手首を動かすことを意識して、力を入れずに等間隔の渦巻きが書けるようになれば、ペン先のコントロールが自在にできるようになっている証拠で、力みのない伸び伸びとした字を書くことができます。
履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方
整った印象の文字を書くには、3つのポイントがあります。

1. 横線は少し右肩上がりにする
2. 四角は、下の辺を上の辺より少し狭くする
履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方
3. ひらがなは漢字より少し小さく書く
履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方
そして何より、慌てずに一字づつ書くことで、読み手が読みやすい文字と文章になります。慌てて失敗して書き直すことを考えれば、丁寧に書くことはメリットばかりだと思ってください。

実際に記入する際の注意点

手書きで記入する際におさえたいポイントです。

1. 黒か濃紺の、かすれのないペンを使用する
2. フリクションは使用しない
3. 下書きを準備しておく

1. 黒か濃紺の、滑らかなペンを使用する

ビジネス文章は全て、黒か濃紺の万年筆、あるいはボールペンで書くことが必須です。履歴書の場合も同じです。鉛筆は使用しません。油性ボールペンの中にはペン先がかすれやすい種類のものもあり、手書きの履歴書に使用した場合、汚い仕上がりになってしまうことがあります。書き始める前にはペンの試し書きをし、滑らかに書けることを確認しましょう。

2. フリクションは使用しない

書き間違えた時に消せるフリクションは便利ですが、履歴書などの正式な書類を記載する時に使用してはいけません。第三者が消して内容を修正してしまう可能性があるためと、60度以上の熱で消えてしまうことからコピー等をとる際に記載している内容が消えてしまうリスクがあるためです。

3. 下書きを準備しておく

いきなり履歴書に記入を始めようとすると、漢字を迷ったり表記を悩んだりしてして手が止まることがあります。誤字の原因にもなってしまいますし、大きさにばらつきのある文字になりがちです。パソコン出力でも手書きのメモでもいいので、書き写せるお手本を用意しておきましょう。

パソコンで履歴書を作成する時のポイント

フォーマットを入手する

オンライン上にはExcelやWord用の履歴書フォーマットが沢山あります。自分に合う様式のものをダウンロードするか、一般的な内容に沿うならば、自作することも可能です。Word用のフォーマットは編集中に罫線やレイアウトが崩れてしまうことがよくあります。Excel用のフォーマットが使いやすいでしょう。

文字はMS明朝、MSゴシックなどの一般的なフォントを使用します。配偶者の有無などで丸をつける必要がある箇所は、円形のオブジェクトを挿入すると見やすい仕上がりになります。履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

特に誤変換に注意する

一文字づつ考えながら書く手書きと違い、パソコンで履歴書を作成する場合は誤変換に注意する必要があります。特に誤変換が多いのは、企業名や地名などの固有名詞です。一通り入力したら、一文字づつ見返すようにしましょう。

印刷の際の注意点

市販されている履歴書は、コピー用紙よりも厚くしっかりした紙で製作されているものがほとんどです。パソコンで作成した履歴書を印刷する場合も、市販の専用用紙を利用すると仕上がりの印象が良くなります。

ただし注意したいのが、A4版の履歴書の場合、見開きでA3サイズ。B5版の履歴書の場合、見開きでB4サイズであることです。自宅のプリンターでA4までしか印刷できない場合

○A4用紙2枚(あるいはB5用紙2枚)に分かれている用紙を利用する
○A3用紙(あるいはB4)を半分に折り曲げた状態で片面づつ印刷する用紙」を利用する
○外部の出力サービスを利用する

ということになります。

最近のコンビニでは、手差し用紙を利用しての印刷ができないことがほとんどです。ビジネスセンター等を利用するなど、どうやって出力するか計画を立てておく必要があります。

オンラインで提出する場合

e-mailに添付して履歴書を提出する場合、そのままExcelファイルやWordファイルを添付するのではなくPDFに変換してから送付すればフォーマットの崩れなどを防ぐことができます。文字化けを予防するために「フォントの埋め込み」をオンにしてPDF化しましょう。

印象の良い写真を取るために

履歴書用の写真のサイズはおよそ

縦40mm × 横30mm

です。履歴書用の写真の撮影方法には

1. 写真館で撮影する
2. スピード写真を利用する
3. 証明写真用のアプリを利用し、コンビニなどで印刷する

という方法があります。1、2が一般的な方法です。3のアプリを利用した証明写真を履歴書用に利用することはやめましょう

1. 写真館で撮影する

履歴書用の写真をは、写真館で撮影するのが仕上がりも綺麗で、一番確実な方法です。費用は1000円〜2000円です。写真館で証明写真を撮影するメリットとして

○何枚か撮影し、一番写りのいいものを選んでくれる
○姿勢のゆがみ、髪や襟元の乱れなどを撮影時に正してくれる
○顔色補正などのレタッチを行ってもらえる(有料)
○オンライン提出の履歴書用に、写真をデータで受け取ることができる(要確認)
○必要な枚数に応じて注文できる
○プリントの質が良い
○履歴書に適したサイズに写真を切り抜いてくれる

といった点があります。スピード写真と比較して少し高いですが、仕上がりの差は大きいです。生活圏内に写真館があるならば、ぜひ利用しましょう。

2. スピード写真を利用する

スピード写真を利用して履歴書用の写真を撮影する場合、費用は600円〜1000円ほどになります。写真館での撮影との違いは

○姿勢や服装などは自分でガイドに合わせて正さないといけない
○撮り直しの回数が限られている
○自分で写真を切り抜く必要がある
○複数企業に書類を応募する場合、必要な枚数によっては何度も撮影しないといけない
○照明や印刷の質が下がる

といった点が挙げられます。

3. 証明写真用のアプリを利用し、コンビニなどで印刷する

照明写真用のアプリを利用することはおすすめしません

○自然な光源で背景が白い場所の確保が困難
○一人で撮影すると姿勢がゆがむため、誰かの手を借りる必要がある
○背景が合成になるため、不自然な仕上がりになる
○全体的に質が低く仕上がりがちなため、片手間に応募してきたように見える

アルバイトの応募書類用ならアプリの利用でも合否に支障がないかもしれませんが、正社員の応募の場合、証明写真用のアプリの利用は避けてください。

既卒向け履歴書の書き方

ここまでは、履歴書を書くための下準備、いわば準備運動でした。ここからは実際の履歴書をどう埋めるかを、既卒者がつまづきがちなポイントを注意しながら見ていきましょう。

空欄を作らない

「希望欄」「扶養家族の人数」などで、自分に該当しなかったり特に書きたいことがない場合も、空欄のままにしてはいけません。記入漏れでないことを示すためにも、それぞれ「特になし」「0人」などと記載しましょう。

氏名・連絡先欄の書き方

氏名、住所、電話番号の欄で特に注意したいのはふりがなです。

○「ふりがな」と書かれていればひらがなで、「フリガナ」と書かれていればカタカナでふりがなを記入します
○数字にはふりがなは不要
○つまり住所の場合、「都道府県名〜町名」までふりがなをふります

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方
また、住所は3丁目1-8 といった書き方ではなく、3丁目1番8号、と表記します。

学歴欄の書き方

学歴欄を書く際の注意点は以下の点です。

○学歴 と一行目に書く
○高校の卒業から最終学歴までを記入する
○和暦か西暦で表記を統一する
○大学などは、学部や学科まで記入する
○名称などは省略せずに全て書く

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方
卒業証明書等の提出を求められる場合もあります。学歴は詐称せずに、ありのままを書きましょう。

職歴欄の書き方

○学歴欄から1行空白行を空け、 職歴 と書く
○職歴がない場合は、「なし」と書く
○アルバイト歴は通常記入しないが、応募求人の内容と関係が深く、アルバイト歴も長い場合は記入してもいい
○今も継続している仕事の場合は 現在に至る と書く
○空白行を空けず、最後の行に 以上 と書く

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方既卒者の場合、職歴が埋まらずに心配になることもあります。しかし、既卒や第二新卒採用において企業が重視するのは、学歴ではなく本人のやる気だというデータもあります。

ニート 就活 自己pr 履歴書 書き方 例文
職歴が埋まらないことを心配するよりは、志望動機や自己PRに力を入れて充実した履歴書にしましょう。

自己PR欄の書き方

職歴がない既卒者の場合、何もPRできることがなく「自己PR」欄はさっと済ませたい項目になるかもしれません。しかし、職歴や経歴で勝負できないからこそ、自己PRは内容を充実させることで他の応募者と差をつけるポイントとなります。

よくある自己PRのおおまかな構成は

i. 自分の強みを定義する
ii. 具体例を交えて説明する
iii. 強みが、募集企業の業務にどう貢献できるかを説明する

というような内容です。

自己PRの探し方です。

1. 性格診断などを利用し、自分がどういう性質の性格なのかを把握します。
2. 自分の性質のうち、正の面と負の面を見極めます。
3. 正の面が今回募集されている業務にどう貢献できるかを想像してみます。
4. 過去の経験でも、同じような貢献をしたことがないかを探します。
5. それらを合わせて「自分はこういう側面を持った人間です」とアピールできる自己PRを書きます。

自分という同じ人間についてPRするので自己PRは一種で良いと考えがちですが、募集の業務によって貢献できる強みは変わってきます。自己PRは応募案件ごとに改めて書くようにしましょう。

こちらの記事でも、どうやって自分らしい自己PRを書くか、自分の長所の探り方、例文などを解説しています。ぜひご覧ください。

志望動機の書き方

志望動機と自己PRは似たような内容になりがちですが

○自己PR=「私は」の話= [私はこんな人間です。私はこんな風にお役にたちます]
○志望動機=「あなたは」の話= [あなたはこういう企業だと理解しています。あなたのこんなところが好きです]

と区別すると書きやすくなります。自己PRが自己分析だとしたら、志望動機は企業分析です。

1. まずは企業が一般に公開しているWebページや就活生向けのメッセージを読みます。
2. 同業種の他企業が公開している同じようなメッセージを読み、違いを発見します。
3. その違いが、今回応募を検討している企業の特徴であり特に重要視している企業理念です。
4. 発見した特徴や企業理念から、自分が共感できる点に焦点を当てると、偽りがなく説得力のある志望動機を書くことができます。

こちらの記事では、既卒者が悩みやすいポイントをおさえながら例文付きで志望動機の書き方を解説しています。ぜひ参考にしてください。

 

チェックポイント

全ての項目の記入が終わったら、以下の点を確認しましょう。

□書き忘れ、空欄の項目を埋める
□必要なふりがなを全て記入する
□誤字脱字を再度見返す
□大学名などは省略せずに正式名称で記入する
□西暦または和暦のどちらかで統一する
□写真の裏側に氏名を記入してから貼り付ける
□パソコンで作成する場合、他企業用に書いた自己PRや志望動機を流用しない
□面接対策のため、履歴書のコピーを手元に残しておく

就職希望企業への履歴書の送り方 [郵送編][メール編]

履歴書は漏れなく完成しましたか?最後に、企業への履歴書の送り方を確認しましょう。

履歴書の送り方[郵送編]

郵送の場合のポイントを見ていきましょう。

  1. 履歴書は三つ折りにしない
  2. A4サイズの場合、角2号の封筒
  3. クリアファイルなどに挟んでから封入することで、折れ曲りを防ぐ
  4. 採用担当部署の正式名称を間違えずに調べる
  5. 企業の採用担当者名がわかる場合は「○○株式会社 総務部 人事課 採用御担当 □□様」、採用担当者の名前がわからない場合は「○○株式会社 総務部 人事課御中」と表記する
  6. 封筒の表に「履歴書在中」(他の応募書類も同封する場合は「応募書類在中」)と朱書きする
  7. 添え状を同封する

履歴書 既卒 有利 就活 就職 例 選び方

1. 履歴書は三つ折りにしない

市販の履歴書にも、三つ折りのガイドが付いているようなもの物が販売されているので「履歴書は三つ折りにしても大丈夫」と思ってしまいがちです。しかし、採用担当者の書類整理が煩雑になり、折り線によって履歴書の印象も落ちるため、履歴書は三つ折りにするべきではありません

2. 封筒

A4の履歴書を封入する場合は角2号封筒、B5の履歴書の場合は角3号のサイズがちょうどいいサイズです。どちらも定形外郵便物になるので、送料は

50g以内 = 120円
100g以内 = 140円

です。書き留めなどは、先方の受け取りの手間を増やしてしまうので避けましょう。

3. クリアファイルを使用する

履歴書をそのまま封筒に入れてもいいのですが、郵送中に折れ曲がってしまうことを防ぐためにはクリアファイルの使用が便利です。

4. 採用担当部署の正式名称

会社によって人事部があったり、総務の中に人事課があったりと企業によって事情は異なってきます。応募先担当部署については求人情報に載っていることがほとんどですので、先方の採用担当部署の正式名称をきちんと調べて宛名書きをするようにしましょう。

5. 宛名

採用担当者の名前がわかっている場合は「○○株式会社 総務部 人事課 採用御担当 □□様」、採用担当者の名前がわからない場合は「○○株式会社 総務部 人事課御中」と記します。

6. 朱書き

封筒の表面に「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」と書くことで、他の郵便物との混入を避け、担当者の手元に早く届きます。

7. 添え状

封筒には履歴書1枚だけでなく

○先方企業の担当者名
○あいさつと、履歴書を同封した旨
○自分の連絡先

以上を1枚に記入した添え状を同封しましょう。

履歴書の送り方[メール編]

履歴書をメールに添付する場合の送り方を確認しましょう。

  1. 履歴書のファイルはPDF形式で保存する
  2. 識別しやすいファイル名にする
  3. 添付ファイルの数をメールに明記する

1. 履歴書のファイルはPDF形式で保存する

ExcelやWordで作成した履歴書も、メールで添付する際にはPDFに変換することが適切でしょう。

2. 識別しやすいファイル名にする

添付する履歴書のファイル名ですが、「resume.pdf」「rirekisho.pdf」のような名称だと他の応募者のファイルと混合されてしまう恐れがあります。「Resume_Yamada_Hanako.pdf」のようにファイルに個人名を入れることで、採用担当者の手間を減らすことができます。

3. 添付ファイルの数をメールに明記する

メールに履歴書や応募用紙のファイルを添付する場合、必ずメール本文中に何点のファイルを添付したかを明記しましょう。添付忘れやファイルエラーがあった場合にトラブルを予防できます。

既卒の就職活動には職務経歴書も必要?

転職の場合などの就職情報を調べると、「職務経歴書」についても解説されていることがあります。既卒の就職活動の場合職務経歴書が必要になるでしょうか?

職務経歴書が必要な場合と不要な場合を整理してみましょう。

新卒枠?中途採用枠?

青少年雇用機会確保指針により、卒業3年以内の既卒者は新卒枠で採用することが推奨されています。そのため、既卒者が求人に応募する際に、新卒枠で応募する場合と中途採用枠で応募する場合があります。

新卒枠の場合

新卒枠の場合、就職活動中の大学生と同じ条件で応募書類が求められるため、職務経歴書は不要です。

中途採用枠の場合

中途採用枠に応募する場合、職務経歴書が必要となる場合がほとんどです。職務経歴書はこれまでの職歴や、場合によっては関連性のあるアルバイト歴をA4一枚ほどにまとめたものです。一見、履歴書と同じようにも思いますが

履歴書 = 会社名と入社、退社の年月を記載する
職務経歴書 = 所属した会社ごとに、自分の役職や担当したプロジェクト、貢献した業績などを列挙し、自分がどういう役割を担ってきたかを具体的に説明する

といった違いがあります。

正社員歴がない既卒者の場合、「職務経歴なし」と記載するか、業務に関連しそうなアルバイトを記載することになります。

【履歴書不要の就活】既卒が就職エージェントを使うメリット

履歴書の書き方や送り方はだいぶクリアになってきたでしょうか。職務履歴書も必要となる場合はもう一段階頑張らないといけません。

ニートちゃん
実は既卒の就職の場合、履歴書や職務履歴書を必要とする書類審査を飛ばしてしまう方法があるんです

それは、就職エージェントを利用するという方法です。就職エージェントとは

○担当者によるカウンセリング、相談
○求人情報とのマッチング
○書類作成の添削、指導
○面接対策

といった就職に必要なサポートをまとめて受けることができるサービスで、無料で利用することが可能です。

ひとまとめに就職エージェントと言っても、転職者向け、専門職向け、新卒向けなどエージェントによって扱う求人の種類が異なってきます。既卒、第二新卒、フリーター向け就職エージェントの中には、書類審査不要で面接まで進めることが特徴のエージェントもあります。履歴書や職務経歴書の準備がどうしてもうまく進まない場合、これらのエージェントを利用して就職活動をするという方法もあります。

【書類審査なしで面接まで進める就職エージェントその1】就職Shop

私は大学中退後、ニートを経て現在の仕事(事務系秘書)につきました。その際に利用したのが就職Shopでした。就職Shopは既卒、第二新卒、フリーターに向けた求人に特化した就職エージェントで、他のエージェントと比べても求人数、求人の質とも群を抜いていて、私が信頼を寄せている就職エージェントです。

書類審査なしで面接まで進める点だけでなく、担当の方が面接対策も丁寧に行ってくれたために、安心して面接にものぞめました。こちらの記事は私が就職Shopを実際に利用した際の経験をまとめたものです。

 

【書類審査なしで面接まで進める就職エージェントその2】DYM就職

DYM就職も、書類審査なしで面接まで進める求人を紹介してくれる、既卒、第二新卒、フリーター向けの就職エージェントです。就職Shopに比べると少し求人数の幅が狭まるのですが、こちらも非公開求人などが充実していて質の高い求人を揃えている就職エージェントです。

相談してから就職が決まるまでが最短で3日と、対応の速さも特徴です。私は就職活動の際、DYM就職も利用したので、その時の経験はこちらの記事にまとめています。

 

【書類審査なしで面接まで進める就職エージェントその3】JAIC(ジェイック)

ジェイックも、書類審査なしで面接まで進める就職エージェントです。ジェイックの場合、まず7日間の「就職講座」を受講し、修了者は20社〜30社という数の合同面接へ進むという独自のシステムで既卒者の就職支援を行っています。

 

履歴書で手が止まってしまったあなたに

履歴書を一枚完成させようと思うと、決まりも多く、職歴のない既卒者の場合埋めにくい項目もたくさんあるため、片手間で済ませれる作業ではありません。しかし決まりが多いということは裏を返せば、正解に近い形が存在するということです。わからない箇所がでてきたら、この記事の該当項目を確認してみてください。何かヒントになるはずです。

ひと項目づつ確実に埋めていけば、きっと採用担当者の目に留まる履歴書は完成します。履歴書の完成は、就職というゴールに一歩近づけるということを意味します。また履歴書の項目ひとつづつ真剣に考えていくことは、自分が就職先に何を求めているか、自分は就職を通じてどういう人生を歩みたいかという命題を考えるきっかけでもあります。

就職活動は人生の中で何度も繰り返すことではありませんが、この時期の頑張り一つで今後の人生は大きく変化します。もし履歴書を完成させることが負担に思えてしまうなら、エージェントなどを頼って二人三脚で就職活動を進めるのも選択肢の一つです。頑張って、良い就職先に巡り会えることを願っています。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ