女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートの就活!高卒ニートから正社員就職するための方法と疑問を解決します

高卒ニートから正社員就職

ニートの私でも就職できた方法とは?

高卒でニート経験があるけれど、正社員への就職をめざしたい」。そう思って行動しようとしたものの、何から始めたらいいのかも、どこに行ったらいのかもわからない。。このように動けず悩んでいないでしょうか?

私もニートだった頃はやるべき就活方法がわからず、手当たり次第にやって上手くいかなかった過去があります。この記事では、そんな私の実体験を含めて、高卒でニート経験がある場合の就活方法について、お伝えしていきます。少しでも参考になれば幸いです。

ニートの就活は厳しい?高卒ニートでも正社員をめざせるのか

まず、そもそも高卒でニート経験者でも正社員として就職することはできるのか、と思っているかもしれません。私も大学を中退しているので、経歴は高卒です。しかもニート経験あり。。就活をしている時も、「中退して、しかもニート。こんな中途半端な奴はどこに行っても働けないんじゃないか」と思い込んでいました。

ニートちゃん
今考えると落ち込みすぎだとわかるのですが、その時はとても辛かったです。。

でも、高卒でニート期間があっても、正社員として就職できます。実際に私はニート・高卒の状況からでも、正社員就職に成功しました。なりたいという気持ちがあるのに、「この経歴ではやはり厳しいのかな」「高卒でも、今からフリーターではなく正社員になれるのかな」と立ち止まってしまっている方に、ぜひ読んでいただければと思います。

ニートの就活!エージェント編~高卒ニートが正社員になるための就活場所その1~

では、高卒でニート期間がある場合、どうやって正社員の募集を探すのがベストなのでしょうか。やり方は複数ありますが、私が実際に利用して正解だったと思ったのは、就職エージェントです。

ニートちゃん
私も実際に、何社か利用しました。

就職エージェントの特徴は、カウンセラーによる個別カウンセリングを受けた上で、自分にマッチした求人を紹介してもらえる、という点です。求人サイトやタウンワークなどの冊子で求人を見て応募しようとすると、これまでの経歴を見られ書類選考で落ちてしまったり、運よく書類選考を通っても面接で受かるのが難しかったり。。でも、エージェントは書類選考なしで応募できる求人を紹介してもらえるので、就職に結びつきやすいのです。

たくさん種類がありますが、対象が大卒や新卒専門のサイトではないか、転職専門のサイトではないか、しっかり見極めることが大切です。よく耳にするリクナビ、マイナビ、DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職などは、あなたにはおすすめできません。「高卒でニート期間があっても求人を紹介してもらえる就職エージェント」を利用することが、正社員就職の近道です。

ニートちゃん
私は色々な種類のエージェントを利用しましたが、自分に合っていないところで頑張るのは時間の無駄でした。うまくいかないと心もボロボロになってしまうので、気を付けてください。

ここでは、私が実際に体験した、高卒ニートでも利用できる就職エージェントをいくつかご紹介します。

ニートの就活!利用できるエージェントその1「就職shop」

就職shopは、私がニートから正社員就職できた時にお世話になったエージェントです。求人は未経験者が対象で、高卒やニート、フリーターなどの若者が多く就職しています。18歳から20代の若者を育てる意識で会社側も採用してくれるので、一歩が踏み出しやすいです。

ニートちゃん
初回面談で、経歴だけではない「自分の良さ」を引き出すために、1時間以上時間をかけて面談してくれました。

取材した優良企業の中から、自分に合った企業を選んで紹介してもらえます。就職shopは求人数が8500社を突破しており、就職エージェントの中でもかなり多いです。しかも、全ての提携先の企業に、就職shopの担当者が出向いて、100%訪問して人事の方に取材をしているという丁寧な仕事ぶり。

そこまでやっているからこそ、「この求人はこの人に合うかもしれないな」ということがちゃんとわかる、ということです。「ただ求人票の条件に合っているから勧めた」のと、「求職者側と会社側の、双方の話を聞いてマッチしたから紹介した」のでは大きな差があります。

ニートの就活!利用できるエージェントその2「ジェイック」

ジェイックでは、就職shopのように求人を希望に合わせて紹介してもらえるスタイルではなく、研修後にどの企業と集団面接をするかが既に決められています。集団面接の企業数が20~30社ほどなので、この中から気に入った求人を選んで個別面接に進みます。労働条件や給与などの待遇面も良い求人が多いですが、営業職・総合職が多いです。

ニートちゃん
ジェイックには「営業カレッジ」という7日間の独自の研修があります。どんな仕事が合うかわからない方も、「営業や総合職として挑戦してみたい」という方には合っています。

就職率が80.3%と高いので、高卒ニートでも内定が出やすいエージェントといえます。就職後の定着率も94.3%なので安心です。ただ研修に必ず参加しないと集団面接には参加できないので、早くても3週間は就職までに時間がかかります。じっくり進めたい場合に利用すると良いです。

ニートの就活!利用できるエージェントその3「GEEK JOB」

GEEK JOBは、未経験に特化したプログラマへの就職支援を専門とする就職エージェントです。

近年注目されているIT業界ですが、「IT業界なんて、理系じゃないと無理なのでは?」と思う方もいるかもしれません。でも、エンジニアには

【プログラマ】
理系の人で数学や理系科目が得意な人が向いている
【インフラエンジニア】
文系で常に応用力が求められるよりもマニュアルに沿ってコツコツ仕事をしたい人に向いている

以上の2種類あるので、文系・理系どちらの方でも可能性はあります。

特に、インフラエンジニアは不景気でも未経験を積極的に採用している職種です。やる気があれば、かなり狙い目な職種といえます。

エンジニアの業界は、未経験では正社員としての採用は厳しいので、プログラミングスクールなどに短期間通ってから就職する流れが通常です。GEEK JOBには、就職準備としてプログラミングを勉強できるサービスがあります。

学歴や経歴を結構見られるので、高卒で職歴なし・ニート期間ありだと普通はかなり就職に苦労するところですが、転職率が97.8%とかなり高い実績があります。

フリーター・第二新卒向け転職コースを受講すれば、最短1ヵ月で就職できるというスピード感もありますし、ブラック企業を排除、優良企業だけを紹介してくれています

ニートちゃん
プログラミングスクール受講料がすべて無料というのもありがたいです

現在はオンライン受講を実施しているので、全国どこからでも視聴できます。わからないことは個別指導(チャットで質問)で教えてもらうことも可能です。

※以下の場合、違約金として12万円(税抜き)がかかります
(1) 入校から2週間経ってから辞めた場合、
(2) GEEK JOBからの紹介企業ではなく、自分で見つけた求人、又は他エージェントから紹介された企業への就職となった場合
(3) GEEK JOBからの紹介企業で内定を取れたけど、内定辞退した場合

それぞれに強みがあるので、自分に合う就職エージェントを見つけて利用するのが、成功させる鍵になります。下にランキングをまとめましたので、少しでも参考になれば幸いです。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

ニートの就活!ハローワーク編~高卒ニートが正社員になるための就活場所その2~

高卒でニート経験者だと、よく聞く「ハローワーク」は使えないのかな、と思っている方もいるはずです。ハローワークは、国が運営する就活支援の公的な機関で、誰でも利用できます。先ほど就職エージェントの話をしましたが、住んでいる地域に就職エージェントがないという方は、ハローワークならどこにでも必ずあるので利用しやすいです。

ニートちゃん
私はハローワークも利用していました。直接相談に行くと、インターネットにはのっていない非公開の求人も紹介してもらえます。

ただ、ハローワークにも種類があり、正社員就職をめざす若年層を対象にした施設があります。こちらの方があなたにとって利用しやすいので、以下を参考にしてみてください。

わかものハローワーク

若年層を専門的に支援してくれる公的な場所に、「わかものハローワーク」「わかもの支援コーナー」「わかもの支援窓口」という施設が全国にあります。おおむね45歳未満であれば、正社員を目指す若者として、就活をバックアップしてくれます。

【主な支援メニュー】
・初回利用時のプレ相談の実施、担当者制によるマンツーマンでの個別支援
・正社員就職に向けた就職プランの作成、職業相談・職業紹介
・正社員就職に向けたセミナー、グループワーク等の実施
・就職後の定着支援の実施

担当の就職支援ナビゲーターがついてくれるので、自分に合ったサポートを受けられます。履歴書の作成や面接対策も無料でみてくれるので、利用する価値はあります。

新卒応援ハローワーク

新卒応援ハローワークは、全都道府県にある新卒3年以内の方を支援する施設のことをいいます。ジョブサポーターといわれる新卒者の就職支援を専門とする職業相談員が、個別に相談にのってくれるので、一から教えてもらえます。地域の中小企業と連携しているので、地元に密着した求人がたくさん集まってきます。また、地元企業だけでなく全国の求人も見られるので、地元・地方での就職に関する希望や悩みも相談できるのが特徴です。

【主な支援メニュー】
・担当者を決めての個別支援(定期的な求人情報の提供、就職活動の進め方の相談、エントリーシートや履歴書などの作成相談、面接指導など)
・職業適性検査や求職活動に役立つ各種ガイダンス・セミナーなどの実施
・在職者向け相談窓口、就職後の職場定着のための支援
・企業への人材確保・定着支援

ニートちゃん
新卒応援ハローワークは全国に56箇所ありますので、参考にしてください。
※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

サポートステーション

サポートステーションはハローワークが運営している訳ではないのですが、厚生労働省から委託され運営している支援機関です。「人間関係でつまずいた」、「コミュニケーションが苦手」、「面接が怖い」、「働いていく自信がない」、など、なんらかの理由で就活に踏み出せない方を対象としています。

【主な支援内容】
人と関わるのが苦手なあなたに…コミュニケーション講座
向いている仕事が分からないあなたに…ジョブトレ(就業体験)
社会人として必要なマナーを学びたいあなたに…ビジネスマナー講座
踏み出すまであと一歩のあなたに…就活セミナー(面接・履歴書指導等)
何から始めればいいか分からないあなたに…集中訓練プログラム
その他の支援も知りたいあなたに…パソコン講座・ホンキの就職・アウトリーチ支援

臨床心理士やキャリアコンサルタントなどの専門家が時間をかけて面談してくれます。その上で、必要な経験やスキルを見極めて、その人にあったサポート内容を決めてくれます。地域によって特色があるので、お住まいの都道府県や就職したい地域のホームページから場所を確認してみてください。

ニートの就活は職種を選べない?

「自分にはニート期間もあるし、検索しても自分の希望の仕事は出てこない。やっぱり職種は選べないのかな」と悩んでいませんか?先ほど紹介した就職エージェントでは、幅広い求人を持っているところもあります。就職サイトで求人を見ているだけではわからなかったけれど、実際に相談に行くと非公開の良い求人を紹介してもらえた、ということもあります。

実際に私は、体を酷使する工場や倉庫での仕事ではなく、オフィスワークをしたいと考えて就活していました。なかなか自分では見つけられなかった求人も、就職shopやDYM就職では、オフィスワークの正社員の求人を紹介してもらえました。

ニートちゃん
事務系、IT系、商社、メーカー、専門コンサル、企画など、幅広い職種の求人を取り扱っていたので、「できればオフィスワークがいいな…」と思っているのであれば、希望を捨てずにぜひ相談してみてほしいです。

ニートの就活は何から始めるのが賢いのか~就活?資格・免許?アルバイト?~

 
「就活よりも、アルバイトで経験を積んで職歴を作った方がいいのではないか」「ニートは資格や自動車免許を取っておいた方が就活しやすいのでは?」と考える方もいるかもしれません。結論から言うと、少しでも早く正社員としての就職をめざした方がいいと言えます。正社員就職をめざすなら、若い方がより就活が成功しやすいからです。

就活よりアルバイト?

「アルバイトで自信がもてるまで経験を積む方がいいのではないか」、という疑問もあると思います。自分に自信をつけるために、まずはアルバイトから働くことに慣れていく、というのも一つの方法です。無理せず自分のペースで働きはじめられますし、派遣やバイトの経験を職歴とすることもできます。実は私も、単発バイトや短期の派遣の仕事を転々としていたので、お気持ちはよくわかります。

ニートちゃん
チョコレート工場やパン工場、製造工場などでの軽作業、ポスティング、交通調査、データ打ち込み、スーパーの品出しやレジ、夜勤のコンビニバイトなどをやっていた期間があります。ただ、そこで働く人達は、40代、50代、60代の方も多く、とても辛そうで「自分もこのまま、こんな人生を送るのかな…」と、自分の将来について漠然とした不安があったのを覚えています。

ところが、アルバイトをすることに時間を費やせば、ニート期間は長くなります。ニート期間が長くなれば正社員就職は厳しくなってしまいます。ニート期間はなるべく短い方が、正社員の就職に有利なのです。また、正社員登用制度(バイトから正社員になれる制度)がない企業の場合、バイトから正社員への移行実績は9%とかなり低いです。アルバイト先からステップアップを考えている場合は、正社員雇用はかなり難しいと考えられます。

もちろん、正社員は求められることも多くなりますし、アルバイトと比べて責任の重さにも違いがあります。怖いと思う気持ちもとてもわかるのですが、「アルバイトをして自信をつける」ことが、自分にとって今絶対に必要なのかを少し考えてみてほしいです。実際に企業が採用の際に重視する項目をランキング別にまとめてみると、以下のようになります。

【企業が採用の際に重視する項目】(単位 %)
人柄  92.1
自社/企業への熱意  77.6
今後の可能性  65.6
性格適性検査の結果  41.8
基礎学力   38.4
能力適性検査の結果  32.9
アルバイト経験  21.1
大学/大学院で身につけた専門性  20.2
学部・学科/研究科  18.5
大学/大学院での成績  15.4

このデータを見ていくと、1位は「人柄」で92.1%、2位は「自社/企業への熱意」で77.6%、そして3位に「今後の可能性」で65.6%がきています。アルバイト経験も入っていますが、21.1%と低いです。アルバイト経験よりも「今後の可能性」が重視されているのがわかります。この対象は学生ですが、若ければ「未経験でも育ててやろう!」という企業側の考えがみえます。

就活より自動車免許?

自動車免許があった方が就職に有利なのではないか、と思って、まず先に免許を取った方がいいと考える方もいるかもしれません。もちろん、宅配便配達員やトラック運転手などドライバー関連の職種や、営業先を回るために必須だと求人に表記されている営業職などは、取得しないと採用されません

ただ、これはあくまで「自動車免許が必要な職種」「自動車免許があると入社後に活躍が期待できる仕事」に就職したい方にとって、必須だったり、有利であるということです。まだ必要だと明確に決まっていない段階で取得するならば、先に就活を始めた方がいいです

就活より資格?

就活よりも資格があった方が採用されやすいのではないか、と思うかもしれません。専門学校へ行ったり資格の勉強をして就職した方が手堅い、と言われた方もいらっしゃると思います。ただ、資格取得のためにお金も必要になりますし、時間もかかります。「絶対にこの職種で働きたい」という覚悟がある場合は良いと思いますが、あやふやなままイメージで決めてしまうと、とてももったいないです。

ニートちゃん
私も、何か資格がないと価値がないんじゃないか、と悩んでいました。

正社員として働くことで、「もっとこの資格をとってこんな仕事をしたい」、と明確に将来をイメージできたところでもう一度考えても、遅くないです。キャリアアップするために転職するのであれば、確実に前に進んだうえでの決断なので、面接でも自信をもって話せます。

ニートちゃん
「自動車免許や資格は、後から必要になったときにとればいいんですよ」と、キャリアコンサルタントを保有するアドバイザーさんに教えてもらい、とてもほっとしました。

ちなみに、正社員になるための道として、大きく分けると

(1)契約社員や派遣社員で職歴を積んで正社員登用を狙う
(2)職業訓練を受講して、その後正社員になる
(3)そのまますぐに正社員を狙う

の3つになるかと思います。簡単に見ていきますと、

(1)契約社員や派遣社員で職歴を積んで正社員登用を狙う

派遣や契約社員の方がアルバイトで働くよりも給与や社会保障の面で待遇がいいので、まずはここから始めたい、と思う方もいると思います。ただ、これらの働き方は無期雇用ではなく期限がありますし、よっぽどの実力や確約がない場合、そのまま正社員に移行するのはかなり難しいです

また、紹介予定派遣(※注1)の場合、待遇も良く正社員への移行率もいいのですが、その分競争率が高くなり、応募するのが厳しくなります。派遣会社の内部で、紹介予定派遣に応募してきた人の書類選考から入るので、職歴がある人から選ばれることが多くなるからです。

※注1:紹介予定派遣とは、派遣会社から派遣された契約社員として派遣先の会社で働き、6か月以内に働く人と派遣元の会社がお互いに合意すれば、派遣期間後に正社員として採用される制度のこと。

(2)職業訓練を受講して、その後正社員になる

職業訓練とは、ハローワークが主催している、仕事がない方に向けた手に職をつけるための支援です。介護系・不動産系・保育系・プログラミング系などは、比較的、就職に結びつきやすいです。無料で受講でき、スキルや知識を身につけることができるのはメリットといえます。

ところが、このような専門のスキルや資格を持って働きたいのではなく、ただ「就職を有利に進めたいから」という理由で職業訓練に通うのは、おすすめできません。実は、職業訓練に通ったからといって就職できる保証はどこにもないのです。高卒でまだ既卒3年以内であれば、職業訓練ではなく、すぐに就職活動をした方が断然就職率は高くなります

(3)そのまますぐに正社員を狙う

そこで、今までお話してきた「そのまますぐに正社員を狙う」方法です。もちろん、それぞれの事情もあるかと思いますが、「若い」という要素は自分が思っているより武器になります。基本的には「正社員として就職する」ことを優先した方が賢いといえます。

ニートから就活する3つのやり方とは?就きたい仕事がわからないときの対処法と注意点

特にやりたい仕事がない、自分に向いている職種がわからない。。ということはありませんか?「こんな状態で就活なんかしてもいいの?」「わかってからでないとできないのでは?」と不安に思う気持ちはわかります。でも、たとえ見切り発車だとしても、就活を始めるべきです。間違った就活をしなければ、きっと動き出す前よりも色々なことが見えてきます。

ニートから就活するやり方その1~就職エージェントでカウンセリングを受ける~

就職エージェントでは、やりたい仕事が決まっていなくても大丈夫です。面談では、過去の話や自分の性格に関するカウンセリングもあります。言葉にして人に話すことで、自分の中で整理できることも。その上でどんな仕事があるかアドバイスしてくれるので、納得感があります。

ニートから就活するやり方その2~新卒応援ハローワークやわかものハローワークでセミナーを受ける~

就活をする上で必要な知識を知りたい方もいると思います。「正社員として働くのであれば、そのようなルールは一応把握しておきたい。」と私も思っていました。でも、今までなんとなくでやりすごしてきた分、一から勉強するのもなんだか大変な気がしてしまって。。でもハローワークでは、履歴書の正しい書き方や、面接での作法、自分のPR方法など、就活の基本を教えてくれます。誰でも気軽に参加できる講座を実施しているので、利用しやすいです。

ニートちゃん
ちなみに、就職エージェントでは希望する企業に受かるための面接対策をしてくれます。こちらも、何もわからない状態でも問題ありません。

ニートから就活するやり方その3~どんな仕事があるのか検索してみる~

どんな仕事が自分に向いているのか、が気になって行動に移せない方は、「どんな仕事があるのか」を知ってイメージしてみるのも一つの方法です。例えば、厚生労働省が運営している「職業情報提供サイト(日本版O-NET)」は、仕事内容や求められる知識・スキル等から情報を検索できます。

※参考:厚生労働省「職業情報提供サイト(日本版O-NET)

このように、サポートしてくれるところも特徴がそれぞれ違うので、上手く併用していくことが大切です。

ちなみに、キャリアコンサルタントの方に聞いたところ、どんなことがしたいかわからないときは、「好きなことを考えてみたらいい」というアドバイスももらいました。たとえ短期だったとしても、アルバイトをする中で「イヤだったこと、苦手だったこと」を整理するのもアリです。今までやってきたことは全て経験となるので、そこから向いている仕事を探ってみることもできます。こういった自己分析は、就職エージェントやハローワークでも相談に乗ってくれるので、まずは相談に行ってみてください。

知っておきたい注意点!ブラック企業とホワイト企業

いざ会社選びの段階になったとき、「ブラック企業って、どこを見たらいいの?」「会社選びの基準がわからない」、という方もいるかもしれません。厚生労働省の方でも定義はしていないのですが、以下のように書かれています。

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、(1)労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、(2)賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、(3) このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。
※参考:厚生労働省「労働条件に関する総合情報サイト

ただ、実際に働いてみないとその会社の内情はわかりません。そこで、ブラック企業かどうかを求人票から判断する基準として、以下のような項目があります。

・年間休日は何日か(※100日以下はブラック、120日以上はホワイト)
・残業時間は何時間か(※40時間以上はブラック、20時間以内はホワイト)
・賞与(ボーナス)はあるか、年に何回あるか
・給与(月給)はいくらか
・昇給は年に何回あるか(※昇給なしはブラック)
・住宅手当があるか
・交通費支給があるか
・残業代支給があるか

就職エージェントや公的機関であっても、紹介される求人にブラック企業の求人が混ざっていることもあるので、注意が必要です。勧められるがままに受けて環境が劣悪だった、ということがないように、知識として自分でも気をつけておくのが良いです。

ちなみに私は、実際に就職shopの方に「求人にブラック企業が含まれている可能性はないか」という点について、聞いてみたことがあります。その時の回答がこちらです。

『ウチは、提携する際に残業時間や労働環境、一定の社会保障や福利厚生があるかの基準を設けています。働く人にとって良い環境でないと判断した場合は、絶対に提携することはありません。』
『あと、もし利用者さんが就職した後に、最初に提示されていた労働条件と異なるような働き方を強いられている場合は、会社対会社の問題になります。そんなことが発生した場合、リクルート全体のサービスが使えなくなったりする場合もあるので、その辺りは心配しなくて大丈夫ですよ。』
『もし仮に、入社された企業がブラック企業であれば、その会社様は辞めていただいて、別の良い会社様をご紹介しますので、安心してください。』
『ちなみに、もし仮に変なブラック企業を紹介して利用者さんが短期で辞めてしまった場合、私たちも企業側にペナルティ料金を支払わなければいけません。ちゃんとした企業様をご紹介しないとどちらも得はしないのです』

このように、きちんとした対応をしてくれる就職エージェントもあります。信頼できるかどうかの見極めは大切です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。高卒でニート期間がある場合の就活について、いくつかの方法をご紹介してきました。「何がわかっていなくて、どうしたらいいのかわからない」という方にも、「このボロボロな経歴のニートちゃんだってできるんだから、自分も大丈夫だ」と思っていただけたら嬉しいです。正社員として働きたい、と思った今の気持ちを大事にして、ぜひ相談に行ってみてください。

ニートちゃん
陰ながら応援しています!

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ