女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートの就活【履歴書が埋まる】自己PRの書き方を例文付きで徹底解説

ニート 就活 自己pr 履歴書 書き方 例文

ニートの私でも就職できた方法とは?

ニートになって1年、2年…このままではまずいと思って就活を始めて最初に立ちふさがる壁、履歴書と職務経歴書。それも自己PR。大学も中退してしまったし、PRできるような経歴も資格も経験もありません。何を書けばいいか手が止まってしまったのではないでしょうか。

ネットで自己PRの例文を検索すると、立派な経歴と実績でいかにも「どこの企業でも即戦力として活躍できます」というような自己PRばかり。正直、ようやく就活を始めようとしているニート経験者にとって参考になるものではありません。

ニートちゃん
経験も経歴もなくて…こんな私なんか、採用したい企業なんてないんじゃないの?

自己PRに書けることがなさすぎて、就活を始めた頃の私も最初はそう思ってしまいました。

でも安心してください。資格や経歴に自信のないニートでも、自己PRを埋めることはできます。ここでは企業が既卒採用の際に求める人物像、経歴に自信のないニート向けの自己PRの例文、自己PRの材料の探し方を詳しく解説していきます。

ニートちゃん:
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

自己PRとは?

就活を始めるとまず履歴書や経歴書などの審査用書類に自己PRを書く項目があります。読んで字のごとく「私はこんな人間です」ということを企業に売り込むための文章です。ここに書いたことは多くの場合面接でも質問されたり話題になるので、就活の期間中「自己PR」は頻繁に出てくるキーワードになると言えます。

履歴書、経歴書を書く上での自己PRの定石

世間でよくある自己PRの定石は

1. 自分の強みを一言で表す
2. 具体的なエピソードを盛り込んで、説得性を高める
3. 強みが求人先の業務にどう貢献できるかを説明する

といった構成です。簡単な例としては

私は忍耐強い性格で、人の嫌がる業務でも根気強く続けられることが強みです。
被災地の復興支援のボランティアへ2週間に1度のペースで定期的に通っています。片付けの手伝いをすることもあれば、身体の不自由な被災者の方のお手伝いをすることもあり、必要とされることはその時々で大きく変わります。そういった中でも常に、どうすれば一番役に立てるかということを考えつづけ、他の人がしたがらないような内容から積極的に取り組んできました。
総務部の仕事は自己完結できるものではなく、調整や連絡が多く必要な業務もあると伺っています。忍耐強くコツコツと業務に精進していければと思っています。

というような内容になります。目安としては、新卒3年以内であれば学生時代のエピソードを盛り込むことも可能ですが、それ以上の場合はエピソードを使う場合は1年以内のものにしましょう。

ニートの就活において、定石は通用しない

しかし現在まさにニート生活をしてながらこの構文通りの自己PRを書くことは、容易ではありません。

○そもそも働いていないので、直近の業務実績なんてない
○即戦力として業務に貢献できるようなスキルもない
○自分にPRできる優れた点なんてそもそも見つけられない

履歴書を埋めるだけでも精一杯なのに、より自由度の高い自己PRとなると手が止まってしまいます。

あなたがどんな人間なのかを伝える

ニートの就活における戦略として、PR=自慢、宣伝、競争とは考えないことです。

想像してください。ある企業の面接へ行って、3人の面接官がいたとします。そのうちの1人、総務部の課長を見ていきましょう。あなたがこの企業に採用されたら直属の上司になる人です。この課長、少し無愛想ながらも仕事ぶりは真面目で愛社精神も強いのですが、釣り好きが高じて一人娘を釣りに連れ回しすぎて、教育熱心な奥さんに嫌な顔をされています。大好きな釣りの日は朝の4時半からでも起きれるのに、それ以外の休日は9時になっても10時になっても起きれず、これもまた奥さんの小言が増える原因です。

面接官がこんな人物だとしても、面接を受けるあなたはそんな個人的な側面は一切知らないのです。「面接官だ」「40代くらいの男性」「人事ではなく総務部の人らしい」「あんまりニコニコしない」、あなたが受けとる情報はせいぜいその程度です。

それは実は、面接官にとっても同じことなのです。年齢、学歴、性別くらいは履歴書からもわかりますが、あなたが本当に勉強したかった演劇論ではなく学部で学べたのは演劇史だったことも、それでモチベーションが下がって大学へ通う気力がなくなってしまったことも、推しの劇団が活発に活動していた頃は地方公演に行くお金を貯めるために週5のアルバイトを頑張れたことも知りません。

自己PRは、あなたがいかに優秀な人物であるかをアピールするための場ではありません。あなたがどんな人物であるのかを掘り下げる場だと捉え、等身大のあなたを見てもらえるきっかけづくりにしましょう。

受験では「志望校の制服と似た色の服で面接を受ける」というテクニックがあります。その生徒が実際に学校に通う姿を想像しやすいほど、面接官は合格を出しやすいからだそうです。就活でもそれは同じことで「実際に勤務するあなた」の姿を具体的に想像してもらうことができれば、その分採用に有利になります。あなたの個性や人間性が面接官に伝わることで、より具体的な想像をしてもらえる手助けになります。

経歴や自己PRで嘘をついてもいいか

自己PRに悩むあまり、いっそのこと架空のPR内容を考えてしまおうかと考えることがあるかもしれません。

結論から言うと、やめた方がいいです。つくり上げたエピソードや長所では、話のつじつまが合わなくなり、説得力のある書き方にはなりません。自己PRで触れたエピソードについて面接で聞かれても答えがしどろもどろになり、他の応募者を上回る好印象を残すことはできないでしょう。

でっちあげたPRで

私はリーダーシップがあります。アルバイト時代にはバイトリーダーとして10人の平日昼間のアルバイトをまとめる立場でした。積極的に他のアルバイトのメンバーと職場の働きやすさの意見交換をすることで、前任のリーダーと比べてアルバイトの6カ月単位の定着率が20%向上しました。御社に採用されましたら、この持ち前のリーダーシップを発揮して業務改革に貢献したいと思います。

と言ったところで、面接官はその会社に長年務めるスペシャリスト、かたやこちらは空白期間があるニートであることは、履歴書で相手に伝わっています。

「そんな素晴らしい人材が我が社を改革してくれるのか」と思われることはまずないでしょう。「どれだけ根拠のある実績かは判断できない。我が社は我が社。まずは基本的な業務を覚えてもらいたいのだけれど…」と思われるのが関の山です。

ニートを採用する企業が求めている人物像とは?

そもそも、ニートやフリーター、既卒者を採用しようとしている企業の求める人物像は「資格を沢山持った即戦力」でも「特定の能力に抜きん出たスペシャリスト」でもありません。その点では、実績や能力を売り込む自己PRはニート経験者の就活においてはお門違いだとすら言えるのです。

ここで厚生労働省が出している「平成30年若年者雇用実態調査結果の概況」という統計を見てみましょう。

ニート 就活 自己pr 履歴書 書き方 例文

過去3年にフリーター、既卒者を正社員として採用した企業に対し、何を重視したのかという質問に対する答えを集計したものです。

複数回答可のこの質問で、「専門技能(資格・免許や語学力)」の項目は5位の19.9%「職業経験・訓練経験」の項目は6位の17.5%、「学歴・経歴」に至っては8位の7.9%と、全て1/4を切っていることがわかります。では、企業が採用の際に重視しているのはどいうった点でしょうか。

【1位】 就業意識・勤労意欲・チャレンジ精神

就業意識、勤労意欲、チャレンジ精神。つまり「やる気」が、実に68.7%と一番重視されていることがわかります。

これ以上空白期間を長くしたくないニート経験者としては、なんとしてでも正社員として採用されたいという切実な思いがあります。自分にとっては切羽詰まった後がない状況、このこと自体すらも、自己PRにすることができるのです。

それに加えて、チャレンジ精神、つまりこれまでの経験ではなく、これからの可能性に賭けてもらえるということです。応募する求人の業務内容に興味があれば、なおのことやる気のアピールに繋げることができます。これらの具体的な活かし方は後の項目でお伝えします。

【2位】マナー・社会常識

採用の際にマナー・社会常識を重視する企業が59.8%と2位。実際に仕事をするとなるとマナーが悪かったり社会常識が足りない相手では困りそう…ということは容易に想像できます。では、具体的なマナー・社会常識とは一体どういうことでしょうか。

○挨拶ができるか
○身だしなみは整っているか
○適切な言葉遣いができているか
○遅刻などをせず、時間を守ることができるか
○書類は鉛筆ではなくペンや万年筆などを使い、他人が読める字を書いているか
○電話の際には自ら名乗り、明確に要件を伝えられているか

そうです。これらは自己PRで「私はマナーがあります。社会常識をわきまえています」とアピールすることではなく、書類選考や面接を通じて自然と相手に伝わることです。書類一枚でも丁寧に見返しながら書けば、それだけで相手企業に良い印象を与えることができます。

また企業の多くは新入社員に「マナー研修」を設けていて、社内独自のルールに関してはそこで改めて教育されることになります。ですのでメールの細かな書き出しや、電話を受け取った際に保留にするか/すぐに内線で回すかといったような具体的なスキルまで身についていることが求められている訳ではありません。

【3位】コミュニケーション能力

就活の際に企業が重視する点の3位はコミュニケーション能力で、52.5%でした。ここで求められる「コミュニケーション能力」は、相手が楽しくなるような話題を提供する博識だったり、漫才のように面白い返答ができる会話力の高さではありません。

○相手の目を見て会話ができる
○会話している相手の心情を想像する
○言いたいことをちゃんと言葉にして伝えようとする

といったあくまでベーシックなスキルのことです。そしてこれも2位のマナー・社会常識と同様に「私はコミュニケーション能力が高いです」と自己PRすることではなく、電話対応や面接のやりとりを通して自然と相手に伝わっていくことなのです。

ニートの自己PRはつまり、何より「やる気」

背伸びして聞こえの良い実績やスキルをアピールするよりも、企業の求める「就業意識、勤労意欲、チャレンジ精神」という人物像に焦点を合わせて自己PRを考えることが、ニート、フリーター、既卒者の就活では有効です。

だからといって、ただ「私はやる気があります!」と言っても説得力はありません。あなたの「働きたい」というその気持ちを、どう言葉にすれば採用を検討している企業に伝わるか、次の項目から具体的に見ていきましょう。

例文で見るニートの自己PR【4例】

ただ「やる気があります」と言っても、具体性のない自己PRになってしまいがちです。「やる気」と自分の個性を組み合わせて、企業にあなたの人となりがより伝わる自己PRにしましょう。

○根気
○素直
○几帳面
○慎重
○好奇心

ここでは「やる気」に以上4点の個性を組み合わせた自己PRの例文を見ていきます。

ニートの自己PR 例文1 【やる気×根気】

斬新なアイディアを出したりすることはあまり得意ではないのですが、昔から根気強い方で、一つのことをやり始めたら多少のイレギュラーがあっても続けることが苦になりません。子供の時は同級生の方が上手だと思っていた書道も、年数が経つごとにライバルが少なくなっていき、大学生の頃には県の展覧会に飾っていただけるようになりました。上手になる工夫以上に、続けること自体が努力なのだと実感しています。御社に入ったら一つづつ着実に業務を覚えていき、お役に立てるようになりたいと思います。

「自分のネガティブポイントは出す必要がない」という就活の定石があり、これは一見それに反しているようにも見えます。しかし、自分の苦手なこと得意なことを並列することで、冷静に自己分析ができているという印象を与えることができます。

経歴やエピソードに自信が持てないニートの場合、勝負できるのは飾らない人間性です。ありのままの自分を出していることをアピールして、PRポイントに説得力を持たせましょう。

ニートの自己PR 例文2 【やる気×素直】

私の長所は素直な点だと思っています。すぐに人の話を鵜呑みにしてしまう部分もあるし、実際に宣伝を真に受けて買い物などでは失敗してしまったこともあるので親にはもう少し気をつけるようにと言われます。しかし人の話を最初から疑ってかかるよりも文字通りに受け取る方が、お互い気持ちのいいコミュニケーションが取りやすいことが多いことを、長年この性格で生きていて改めて実感しています。人からの指摘やアドバイスも抵抗なく受け入れられる性格ですので、入社しましたらできるだけ早く皆さんに追いつけるよう仕事を覚えていきたいと思います。

同期入社の多い新卒と違って中途採用扱いになる既卒者、フリーター、ニートの採用はたった一人の新入りというパターンもよくあります。そうした場合企業が気にかけるのは「周りとうまくやっていけるか」「業務に追いつく努力ができるか」という点になります。

そういった意味では職歴のあまりないニート経験者は「新しい企業風土にも前職と比較せず抵抗なく入っていける」という利点も併せ持っていると言えます。

ニートの自己PR 例文3 【やる気×几帳面】

子供の頃より几帳面な性格だと言われることが多く、それを変えたかった時期もありましたが、今では私の長所で個性だと思っています。学生時代には、丁寧に下調べと準備をしたゼミ研究の最後の発表を他のメンバーが行うことがあり、損をする性分だと周りには言われていました。しかし目立たなくても全体の成果に貢献できることは私にとっては喜びです。今回、手間がかかっても間違いのない成果を求められる仕事を探していたところ、御社の経理部の募集を拝見し、応募しました。経理は専門知識が多く必要で、集中力も必要な業務だと伺いました。実務経験はありませんが、一つづつ確実に業務を覚えて、一日も早くお役に立ちたいと思っています。

求人先に合わせた自己PRをしているのではなく、自分に合った仕事を探した結果がこの求人だったということを伝えることで、他の応募者との差をつけることができます。

ニートの自己PR 例文4 【やる気×慎重】

私は何事も慎重に進める性格です。大学中退後に書店でアルバイトをしていた時期もありましたが最近では仕事をすることなく過ごしていました。一度経歴にブランクが空いてしまったことで、就職活動に対して気弱になった時期もありました。しかしだからこそ、思いつきではなく本当に向き合いたい、一生懸命打ち込める仕事を探しましました。出版物の卸売の業務はルートを覚えたり、責任を持って書店さんとの窓口となることなど簡単な仕事ではないでしょうが、本が好きな私にとってきっと真剣に取り組める仕事だと思っています。

あえて自己PRでニート歴がある点に触れるのも、一見驚くかもしれませんが効果があります。経歴に空白期間があることは面接官も履歴書や職務経歴書から知っていることなので、空白期間については面接で間違いなく尋ねられる質問です。そこで先手を打って、こちらから空白期間について触れておきます。

直近の経歴がニートでありながら活躍してきたと主張する自己PRでは信憑性が低くなってします。一貫してありのままの姿勢を見せる自己PRは、あなたの他の発言も信頼できるという印象を与えることができます。

自己PRの書き方がわからないー自分自身の掘り下げ方

ニート経験者が自己PRをするにあたって、自分の実情と照らし合わせた自己PRの例を見てきました。しかしもちろん、ここに書かれていることをそのまま書き写すことはできません。

実際に自分の人間性に当てはめた自己PRの書き方のヒントを見ていきましょう。

【自己PRを埋める書き方その1】自分の長所を発見する方法

私に長所と呼べる部分なんてない。何も書くことなんてないのでは?

ニートちゃん
「長所なんてない」それは、勘違いなんです

短所=長所の裏返し
長所=短所の裏返し

ということをこ存じですか。例えば決断力があるという長所は、せっかちという短所の裏返しにもなります。

ニートちゃん
私の場合、弱気、心配性です。
これはつまり、協調性がある、思いやりがあるとも言えるということです。

エニアグラムという性格診断を見てみましょう。エニアグラムでは、全ての人を9つの性格に分類することができるとされています。ニート 就活 履歴書 職務経歴書 自己PR 自己分析 性格 短所 長所

詳しい分類をするためには診断が必要ですが、各項目を眺めただけでも、自分に近そうな項目、遠そうな項目がありませんか。何番の性格が良い性格、何番は悪い性格、という訳ではなく、それぞれの性格に長所と裏返しの短所があることがわかります。

ニート歴があると、どうしても空白期間にばかり意識がいってしまい「自分に誇れる部分なんてない」と思いがちです。でも自分がどの性質に属しているかなら、判断できそうではありませんか。

社会生活のスタイルとしては[1、2、6][3、7、8][4、5、9]がそれぞれ同じグループに属するといわれています。それぞれのグループごとに、長所と短所を見ていきましょう。自分に近いものを参考にしてください。

グループ [1、2、6] のタイプ

ニート 就活 履歴書 職務経歴書 自己PR 自己分析 性格 短所 長所
私が一番近いのもこのグループです。真面目で勤勉で、決まりはきちっと守るタイプの一方で、失敗を恐れて挑戦をためらったり、自分のルールから外れられない融通のきかない部分もあります。

常識的な部分や勤勉であること、責任感がある面は多くの企業から求められる人物像とも一致します。自己PRの書き方としては、真面目に仕事に取り組む姿勢を主張していきましょう。

グループ [3、7、8] のタイプ

ニート 就活 履歴書 職務経歴書 自己PR 自己分析 性格 短所 長所
自己主張が強く、向上心が高いグループです。裏目に出ると根気が続かなかったり押し付けがましいところもありますが、仕事に対して情熱を持つと行動力の高さから業務を進める推進力になります。

このタイプの自己PRの書き方としては、情熱と好奇心旺盛な部分をを押し出して「新しい業務に挑戦する意欲が高い」ことをアピールできます。

グループ [4、5、9] のタイプ

ニート 就活 履歴書 職務経歴書 自己PR 自己分析 性格 短所 長所
人との距離感を保つことが上手なこのグループは、自分の能力を発揮できるフィールドでは冷静、マイペースに能力を発揮することができます。人や環境に恵まれないと気分が影響されてしまいがちな部分もあります。

自己PRでは、自分で最適解を探しながら仕事に取り組める点、人との和を大切にする点を全面に出した書き方をすれば、未経験のニートの就活であってもこれから職場でうまくやっていける人物であることが伝わります。

【自己PRを埋める書き方その2】エピソードを発見する方法

やっぱり具体的なエピソードを盛り込みたいところだけれど、学生時代に部活でリーダーをしていた訳でもなければ職歴がある訳でもない。使えるエピソードなんて何もない…

ニートちゃん
本当にそうでしょうか。過去のことはどんどん忘れてしまうものです。思い出してみると、あなたの人間性が伝わる意外な出来事があったかも?

エピソードを発見する具体的な方法、それは過去の出来事を書き出すことです。やみくもに「過去に何があったっけ?」と思い出そうとしてもなかなか出てきません。ポイントはカレンダー方式にして、1カ月づつ順番に思い出していくことです。

  1. A4サイズの紙を3枚用意します。ノートの3ページでも構いません。
  2. 1枚1年として、月、世間のできごと、周りのできごと、自分のできごとの欄を作ります。
  3. 3年前の今月から始めて、12カ月分の月を書き込みます。
  4. 世間の出来事、周りの出来事など、思い出せるところから書き込んでいきます。手帳やスマホの写真フォルダーを見ると思い出すこともあります。
  5. 自分に関係のある出来事を書き込みます。自己PRに活用できるエピソードかどうか、ということは気にしなくて構いません。思いついたことはどんどん書いていきましょう。
  6. 1年分が埋まったら、次の年、その次の年も書いて行きます。関係のなさそうなことでもとにかく沢山書くのが大事な点です。

ニート 就活 自己pr 履歴書 書き方 例文
どうでしたでしょうか。書きはじめるまではすっかり忘れていた出来事もあったのではないでしょうか。この中には、きっとエピソードとして使える出来事もあります。

大成功のエピソードでなくても構いません。選ぶべきは「他の人だったら違う選択肢をしたかもしれない」というエピソードです。そこにあなたの個性が出るからです。

就活中のニート必見【書類選考なし】で面接に進む方法

ここまで自己PRをどう書いていくかに焦点を当てて解説してきましたが、それでも「自己PRが上手くまとめられない」というニート経験者には別の方法があります。

書類選考なしで採用面接に進める、既卒、フリーター、ニート向け就職エージェントを利用するという方法です。

就職エージェントとは

○担当者によるカウンセリング、相談
○求人情報とのマッチング
○書類作成の添削、指導
○面接対策

といった就活全般を支援してくれる民間のサービスです。

特に、既卒、フリーター、ニートの就職に特化したエージェントでは

○社会人経験が不要の求人が中心
○非公開求人が多い
○フリーターやニートに理解がある
○全て無料で利用できる
○書類選考なしで面接に進める

という特徴があるエージェントが多いため、経歴に不安があって自己PRが埋まらないニート経験者が利用するには大きなメリットがあります。

中でも今回は、書類選考なしで面接まで進めるという点に特化した就職エージェントをご紹介します。

書類選考なしで面接に進める就職エージェント 1. 就職Shop

私もニートから就職を志し、就職Shopを通じて紹介された求人で今の仕事(事務系秘書)に就職しました。

他の既卒、フリーター、ニート向け就職エージェントも多数利用したのですが、就職Shopの一番の強みは

○独自の求人が多いこと

そして

○書類選考なしで面接まで進めること

でした。実際の面接にあたっても、経歴に不安のある私に対して担当の方が面接対策を丁寧に行って下さったので、落ち着いて面接に進むことができました。

書類選考なしで面接に進める就職エージェント 2. DYM就職

DYM就職も、書類選考なしで面接まで進めることが特徴の既卒、フリーター、ニート向け就職エージェントです。求人数は就職Shopに比べると少なめで、業種によっては求人量に偏りがある印象でした。

しかしカウンセリングが丁寧なのと求人の多くは独自求人であるので質の高さを感じました。

自己PRを攻略して、ニートの就活を一歩ゴールに近づけるために

特にニート経験者にとっては、自己PRが書けない、書くことがない、と止まってしまうのはよくあることです。

「人より優れたところ」を探そうと思うと手が止まりがちです。ぜひ「自分はどういうタイプの人間なのか」を探るつもりで、他人から見た自分を紹介するつもりで自己PRを書き進めて下さい。

それでも自信が持てない場合は、就職エージェントや公的機関の就職相談などを味方につけて、思いっきり相談に乗ってもらいましょう。自分で自分が何者なのかを客観視できる人は少ないものですが、他人からは意外とすんなりと見えてきたりするものです。

せっかくニートの生活に終止符を打って就活をしようと決心したところです。諦めずに頑張って下さい。かつて同じ思いをした者として、心から応援しています。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php