女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

【29歳体験談】ニート生活からフリーランスとして活躍できた最初の一歩とは?


29歳、現在はフリーランスで働いています。以前、1年ほど無職でニートだった時期がありました。

ブラック企業でメンタルが。。

ニートになったきっかけは、以前勤めていた会社での出来事。異動した部署が激務な上、環境も悪く、人間関係も破綻していたので、精神的に追い詰められメンタルをやられて退職しました。

心療内科に通い、メンタルは回復しましたが、「また同じことが起こったらどうしよう」「働いても上手くいかないかもしれない」と働くことに対する不安が大きくなりすぎて、なかなか次へ進むことが出来ず、ずるずると引きこもり生活を続けていました。

最初の頃はメンタルがやられていたので、ずっとぼーっとしたり、泣いたり、寝たりの繰り返しでした。メンタルが回復してからは、現実と向き合うのが怖くてつらかったです。

焦る気持ちを抑えられず、外にでないという選択肢を選ぶ

求人情報をチェックしたりハローワークに通ったりしましたが、「どんな仕事が自分に合うんだろうか」「どんな仕事だったら自分にも出来るんだろうか」と考え込むばかりで、その先へ進むことが出来ませんでした。

幸い家族は、そんな私を理解して見守ってくれていましたが、その時の私には腫れ物に触るように扱われているという感覚があり、焦りが募るばかりでした。

自分に対する自信が一切なくなってしまい、なにをやっても前と同じことになったらどうしよう、という気持ちだけがありました。失業保険も終わり、貯金がどんどん減っていくのも怖くて、お金を使いたくないから外に出ない、という引きこもりに拍車がかかりました。

前向きなアドバイスが逆に辛いんです。。

1年間、家で寝てばかりいたので、まずは外に出ることから始めました。といっても、近所を散歩する程度ですが、歩いているとなにも考えなくていいのでその時だけは気持ちが楽になりました。

疎遠になっていた友達に連絡を取るようになり、少しずつ自分の現状を聞いてもらったりしました。1日の短期バイトから始めて、1週間、1ヶ月とバイトの期間を延ばしながら、働くことに慣れるようにしました。

友達と話をすることは自分の気持ちを整理する意味でも、他人とコミュニケーションを取る意味でもすごく良いことでした。でも、友達の中には順調に仕事をやっていて私の現状を理解出来ない人も居ました。「まだ若いんだから、どんな仕事だって出来るよ!」と前向きなアドバイスをされて、つらかったです。

踏み出せない一歩。半歩でもいいから前へ。

仕事に慣れてきたところで、派遣で働くようになり、その職場が穏やかな雰囲気だったためすごく楽しく働くことが出来ました。派遣先の会社に契約社員として勤めるようになり、そことは別の会社で正社員として働くことが出来るまでになりました。今はフリーで働いています。

ひきこもり状態から抜け出すには、最初の一歩を踏み出す勇気が重要だと思います。私もそうでしたが、頭の中でぐるぐる考え込むばかりで、その一歩を踏み出す勇気がどうしても出なくて、長々と引きこもりをしていました。一歩さえ踏み出してしまえば、後はどうにかなるというのが今現在の考えです。

その一歩が踏み出せないんだ!と思うあなたは、親や友達、サポートしてくれる団体など、なんでもいいので頼れるものはどんどん頼っていくのがいいと思います。最初の一歩が一番つらいですが、そこさえ超えればきっと進んでいけると思っています。

ニートから正社員になる就職成功率・定着率が高い方法とは?


続きはこちら

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ