女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートでも就活しながらできる単発バイトを一瞬で見つける方法


ニートの私でも就職できた方法とは?

無職のニート状態から就活を始めるにも、就活にはお金が必要。しかし、就活しながらできるバイトを見つけるのは困難です。

ニートちゃん
確かに、そろそろ真剣に就活を始めようにも、バイトのシフトが組まれていると思い通りに就活できないしな。かと言って、正社員の雇用もすぐに決まりそうにはないし…
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
あかり姉さん
就活前にバイトを始めると、就活中に内定が出た時が問題になるわよ。そんな時には、無職のニート期間があってもできる単発バイトを始めるべきね!
あかり姉さん
ニートちゃんのメンター兼親戚で、現在35歳。自身の経験を生かし、ニートちゃんに就職のアドバイスをしてきた。高卒後、飲食店で2年間バイトをするも病気を患い退職。そのままニートに。病気も完治し、28歳で就活して事務員として採用。職場で出会った人と結婚し、今では2児の母。
ニートちゃん
でも、ニート期間があると、バイトの面接で落とされそうだし、簡単にバイトって見つけられるイメージがない…
あかり姉さん
私もニート期間中のバイト探しには本当に苦労したわよ。でも、ニート歴があっても単発バイトを簡単に見つける方法があるから心配しないで。就活しながらでもできる派遣やバイトの選び方を紹介するわね!
ニートちゃん
あかり姉ちゃん、ありがとう!

ニートの就活期間は平均でどれくらい?

単発バイトの探し方をご紹介する前に、ニートから正社員に就職するまでどれくらいの期間がかかるかご存知でしょうか?私の場合はニートから抜け出すことに時間がかかったので1年以上かかってしまいました。ただ、一般的にハローワークなどで就活して就職するまでに平均で3か月以上かかると言われています。

一般的に3か月以上かかるということは、ニート経験者であれば普通に就活した場合、最短でも就活期間は3~6か月はかかると覚悟しておいた方がいいでしょう。

しかし、転職エージェントを利用すれば就活期間が最短で済むケースがほとんど。早い人で1週間、平均でも3週間ほどで就職が決まる方が多いです。私も転職エージェントを利用しましたが、3~4週間で就職先が決まりました。

ニートの就活期間は、転職エージェントを利用した場合は1か月以内、ハローワークやジョブカフェなどの就職支援サービスを使った場合は3~6か月以上の期間がかかることを想定しておくといいでしょう。

ニートの就活費用は平均でどれくらい?

就活費用に関しては、就活期間と地域によっても違ってきますが、一般的には関東の場合は平均で13万ほど、地方の場合だと平均で20万近くかかります。

就活費用にかかる内訳として、スーツ代、靴代、リクルートバック代、交通費、飲食費用、雑費ですが、スーツ・靴・バックのリクルート用品だけでも最低5万ほどはかかります。

では、ニートの場合どれくらいかかるのでしょうか?就活が長期戦になると交通費や飲食費が余計にかかるので、一般的な就活費用は軽く超えてきます。私の場合、ちゃんと計算したことはありませんが、30万以上は使っていたと思います。

就活費用を捻出しながら就活を続けるのは大変です。ニートの場合は就活をできるだけ短期間で決着つけないと、就活費用が追いつかなくなって生活費もきつくなるのが現状です。


⇒「面接なしの単発バイトを簡単に見つける方法

バイトしながらの就活はオススメしない理由

バイトしながら就活するのはオススメできません。ニート経験者が就活する際、新卒採用という枠ではなく、全て中途採用になってきます。中途採用というのは、企業の中で病休や産休のため急な欠員がでたり、新規プロジェクトの立ち上げで人手が足りなかったりした時に採用する人材です。

就活をしていて、採用が決まると初出勤日はできるだけ近めに設定されることがほとんどです。早い場合で翌週頭から、遅くても3週間後には出勤してくださいという会社が多いのが中途採用の実態です。

バイトしながら就活していると、就活に集中できずに就活時間が延びるだけではなく、すぐには辞められないバイトも多いです。ニートから就活する場合は、短期・単発のバイトを選ぶことをおすすめします。

ニートでもうまくバイトをみつける方法とは?


無職のニート期間が1年間あると、バイトの面接で空白期間をどうやって説明すべきか頭が痛いですよね。バイトの面接の際、ニート期間の説明がうまくないとバイトさえも決まらず、就活と共に生活費もなくなって共倒れする可能性もあります。バイトの不採用と就活もできないという共倒れを防ぐために、できれば面接なしの求人が見つかればベスト。

しかし、普通のアルバイトのように面接なしの求人は多くありません。面接なしの求人の探し方は、派遣会社から紹介される派遣の仕事や町のフリーペーパーでみつけることができます。

⇒「面接なしの単発バイトを簡単に見つける方法

派遣の仕事はネットで簡単に探すことができますし、フリーペーパーは最近だとコンビニに無料で置いてあります。しかし、残念なお知らせです

1か月以内の短期派遣の仕事は法律により禁止されている!?

2012年10月より労働者派遣法という法律が改正されて、1か月以内(30日以内)の日雇い派遣の仕事が禁止されてしまいました。

これは就活と並行してバイトを探す人にとってはバッドニュースです。というのも、就活しているということは、いつ仕事が決まってもいいように、探すバイトはできるだけ短期でいつでも辞めることのできるバイトが望ましいはずです。

「えっ、それじゃぁ、もう面接ありきのバイトを探すしかないの?」と残念に思うかもしれません。しかし、抜け道はちゃんとありますのでご安心を。ニートで就活をしながらでもできる、1か月以内(30日以内)の単発・短期バイトをご紹介します。
⇒「面接なしの単発バイトを簡単に見つける方法

就活しながらできるバイトの種類


まず、結論から言うと、ニートで就活しながらでもできる短期間から始められて、尚且つ、面接や履歴書不要のバイトは、2つあります。「日々紹介」と「求人サイトを使って探す短期バイト」の2種類がおすすめです。

「日々紹介」をご紹介する前に、先ほどから出てきている「バイト」や「派遣」の違いについての説明が必要です。バイトと派遣の違いについてですが、主な違いは「どこから給料が支払われるのか」の違いです。給料を支払っているところが雇い主になるのはわかりますよね。

例えば、飲食店で直接面接をしてもらって採用された場合は、飲食店が給料を支払いますよね。この飲食店から直接給料が支払われる働き方を「アルバイト」と呼んでいます。

次は、「派遣」について。派遣の場合は、派遣会社が雇い主となって給料を支払う働きかたになります。例えば、先ほどの飲食店が、繁忙期の忙しい時期に人手が足りないので前々から求人を出しているけど、なかなか働いてくれる人がみつからない。

そういった場合、飲食店は派遣会社のような働き手をたくさん抱えている人材会社に「一時的にでもいいので、人手が欲しいです。派遣会社さんの人員を少しお貸しいただけませんか?」とお願いするわけです。

すると派遣会社は「わかりました、ウチの人材を数人送りますので、働いた日数分は、飲食店さんから私たちにお支払いくださいね」という流れで契約します。この場合、派遣会社から飲食店に送る人材は「派遣」するだけであって、直接飲食店の社員になるわけではありません。飲食店から「派遣さんが来てくれて働いてくれた日数分の手間賃」は派遣会社に支払いますが、派遣さんへ支払う給料は派遣会社が払います。

つまり、「派遣」の場合、派遣会社が雇い主となってお給料を支払いますが、派遣さんは派遣会社の中で働くというわけではなく、派遣会社から紹介される会社に出向いて働きにいく仕組みです。

まとめると、「バイト」は直接会社から給料が支払われ、「派遣」は派遣会社から給料が支払われますが働く場所は派遣会社から紹介された場所で働くという働き方なんですね。

不況になったときの、派遣の弱点

この派遣の働き方ですが、実は、少し問題があって、派遣は会社で直接雇用されているわけではないので、経済が不況になったときに会社がリストラ候補として真っ先に切るのが「派遣さん」なのです

2008年にリーマンショックといって世界的な大不況の波が日本にも訪れました。その際、世に言う「派遣切り」が多くの会社で後を絶たず、多くの派遣で働いていた人が仕事を失って無職となり、派遣の自殺者が急増したのです。

国は、この派遣切りの自殺者を深刻に考え、2012年10月の労働者派遣法によって、1か月以内(30日以内)の短期間の派遣を禁止しました。この短期間の派遣を禁止することによって派遣労働者の雇用を安定させようと思ったからです。※厚生労働省(労働者派遣法が改正されました)

この法律の改正のお陰で、1か月以内の派遣の仕事がなくなってしまったので、就活していて、短期でもいいから生活費を稼ぐために働きたい人にとっては働きづらい環境になってしまいました。

一応、国も例外を作りました。特に、交通量調査やイベント系の受付などの仕事は、短期的に大量に人手が必要となる業種です。このような業種に関しては1か月以内の派遣を禁止しないこととしています。以下が労働派遣法が改正された後でも、1か月以内の短期の派遣が許されているお仕事の一部です。

・ファイリング
・調査
・添乗
・受付、案内

例えば、ファイリングなどは書類やデータなどの整理や保管をしたり、交通調査は調査の区分です。添乗は高齢者や障害者、介護の必要な人をサポートするための添乗業務で、受付案内はイベント系のお仕事で多く見られます。他にも1か月以内の派遣が許されている業種はありますが、ここでは、スキルも資格も経験もない場合を想定しているので、この4つを覚えておくといいかと思います。

これらの業務に含まれていない以下の業種は、1か月以内の派遣労働はできません。

・倉庫、ピッキング
・ポスティング
・配達業

上記の業務は、人と接することの少ない業務で人気でしたが、1か月以内の派遣は今は禁止されています。もちろん1か月以上(31日以上)であれば今でも問題なく働けるのでその点は安心してください

短期派遣の弱点に対応した「日々紹介」というバイトの形

それでは、労働派遣法で禁止された短期の業務はもうできないのでしょうか?実は、新しく抜け道が考えられました。「日々紹介」という働き方です。これは「派遣」ではなく「バイト」という考え方です。「日々紹介」は派遣会社が、働き手を必要としている企業や会社に人手を「紹介」するという方法です。

つまり、派遣さんは派遣されて働きにいくというわけではなく、派遣会社が派遣さんに働く場所を紹介して、派遣先(働き先を必要としている企業や会社)に直接雇用されるという方法です。これなら「派遣」ではなく直接雇用なので「バイト」という働き方が可能というわけです。

しかし、この「日々紹介」の仕事、少し不便なことがあります。それは、1日限定の仕事のみということ。なので、例えば3週間ほど続けられる求人を探している場合は、1日限定のバイトなので、毎日継続して同じ求人に応募し続けなければいけないということです。就活が忙しくてニート期間が長く、働けるかどうかが不安という場合であれば、この「日々紹介」は就活中のニートの人にとってはありがたい働き方ですよね。

「日々紹介」をメインで扱っていて大手の会社といえば「フルキャスト」が有名です。ニートでもフルキャストがほぼ毎日行っている登録会に参加すれば、いつでも登録できて、すぐにでも仕事を紹介してもらえます。

「日々紹介」を超える、「短期バイト」という働き方

次に、面接なしで1か月以内の短期バイトを探す2つ目の方法である「求人サイトを使って探す短期バイト」についてですが、どういうことか。これは、先に述べた労働派遣法の改正によって1か月以内の派遣ができなくなってしまったことを受け、最近では、短期でも人手を多く必要とする会社は、「派遣」という働き方ではなく、短期でも直接雇用する「短期バイト」という雇用方法を取り入れる会社も増えてきました。

これらの会社が、大手の求人サイトを使って1か月以内の短期バイトを広く募集しているのです。会社の直接雇用なので「バイト」と呼べて、尚且つ、労働派遣法にも問題なく対応した働き方というわけですよね。

この求人サイト、検索してみればわかりますが、実は山ほどあります。「タウンワーク」「マイナビバイト」「マッハバイト」「ショットワークス」「はたらこねっと」「バイトル」。。。こんなたくさん、選べない。ですよね。今、あなたが困っていることとしては、「無職でも面接なしでできる短期のバイト」をどうやって見つけるか。

就活中に面接なしでできる短期バイトを探せるサイト

短期のバイトを探すバイト求人サイトは「タウンワーク」「マイナビバイト」「マッハバイト」「ショットワークス」「はたらこねっと」「バイトル」などがありました。

どの求人サイトが「面接なし」の検索機能がついているか調べてみると「ショットワークス」のみでした。ショットワークスはもともと1日~90日間で働きたい人向けにサイトを作っています。「ショットワークス」であれば、今のあなたの条件を一番満たしてくれて、就活中であってもいつでも働けて短期で辞めることもできるのでおすすめです。

1か月以内の面接なしでできる短期バイトは、「フルキャスト」と「ショットワークス」ですが、フルキャストは一度登録会場にいって登録しないといけないので少し不便です。ショットワークスであれば簡単に登録できるので、就活で忙しくても使いやすいので私も利用していました。

ニートでも単発・短期の派遣やバイト探しができる条件は?


基本的には、「日々紹介のバイト」や、「求人サイトの短期バイト」はだれでも応募することが可能です。しかし1か月以内の「短期派遣」の仕事だけが、応募可能な人の条件がついています

じゃぁ、派遣は条件がついていて、面倒くさそうだから求人サイトの短期バイトでいいじゃん。と考えますよね。しかし、「バイト」よりも「派遣」の方が、少しだけ給料が高いので、「短期派遣」で条件が合えば、同じ「バイト」として働くよりも給与面で優遇されることもあります。

先ほどから述べている通り、1か月以内の短期の派遣は、下記の職種を除いてできない決まりになっていますよね。(下記の職種は一部です)

・ファイリング
・調査
・添乗
・受付、案内

でも、これから言う条件を満たせば、上記の4つ以外の職種であっても1か月以内で短期派遣をすることが可能なのです。それでは確認していきましょう。

1.60歳以上の高齢者
2.雇用保険の適用を受けない学生(夜間の学校に通っている学生等)
3.本業が500万円以上で、副業として短期の派遣をしたい人
4.世帯収入が500万円以上でメインで収入を得ている人以外の家族
参考:厚生労働省(労働者派遣法が改正されました)

注目すべきなのは、4のみです。「世帯収入」というと例えば、実家などで家族と過ごしている場合が考えられます。お父さんがメインとなる収入を稼いでいて年収が400万で、お母さんがパートで年収120万稼いでいるとします。そうすると世帯の収入は520万円になります。

あなたが実家に暮らしていて、無職の場合、収入はゼロなので、世帯収入の合計は変わらず520万円になります。この場合、「メインで収入を得ている人」はお父さんになりますので、それ以外の家族、つまりお母さんと、あなた、他の一緒に暮らしている兄妹等は、世帯収入が500万円を超えているので、1か月以内の派遣の仕事を職種に縛られることなく選べるというわけです。この条件に当てはまる場合は、バイトでなく、短期の派遣という選び方の方がいいですよね。

一人暮らしの場合だと、世帯はあなた一人ということになるので、1か月以内の短期派遣はできませんので、一人暮らしの場合は、「ショットワークス」で短期バイトを探すか、「フルキャスト」で一日限定の仕事を探す。もしくは短期派遣でよければ「ファイリング」「調査」「添乗」「受付・案内」等の仕事から選ぶという探し方がよりあなたに合っていると思います。

就活費用を稼ぐ前に、就職しやすい方法を知っておく

就活しながらでもできるバイトを見つけることも大切ですが、就職活動の方法が悪ければ、せっかく稼いだ就活費用をドブに捨てるようなものです

ニート(私)が就職できたのも、この方法を知っていたから。ハローワークやジョブカフェも使いましたが、経験上、一番良い就活方法が就職エージェントを利用することでした

ある意味、就職エージェントを利用した方が、面接ありのバイトで採用してもらうよりも簡単でした

ニートから就職先が一番早く見つかる就職エージェントは就職Shopです。

私がこれまで10社以上の就職エージェントを利用して比較してきた中では断トツで質が高いと断言できます。

就活中に私が持っていた悩みとしては、
働きたいだけなのに、仕事がみつからない
書類選考が煩わしい
死ぬ気で就活しているのに結果が出ない
就活の仕方がわからない
ブラック企業で働いて社畜として搾取されたくない
など、真剣に就活しているのに上手くいかない、就活の仕方がわからない、ブラック企業に就職するぐらいなら何もしない方がマシだ、そう思っていました。

しかし、それは大きな勘違いでした。「お金と時間を無駄にしないで就職したい」「就活のやり方がわからない」そう感じているのであれば、一度就職Shopに就職相談してみるといいですよ。私が実際に体験してきたので、自信をもってご紹介できます。

ニートちゃん
私が実際に就職Shopに行ってきた感想を本音でまとめています。


就職Shopに行ってきた体験談を本音で良い所も悪い所もご紹介。気になる方はこちら

まとめ

・面接なしで求人を出している、求人サイトやコンビニにあるフリーペーパーを利用すべし
・面接なしで1か月以内のバイトは、「日々紹介のフルキャスト」「短期バイトのショットワークス」「禁止されていない業種の短期派遣」から選ぶと良い
・短期派遣は、実家で暮らしていて世帯収入が500万円以上であればできる

ニート期間が長引いてしまい、このブランクのせいでバイトの面接が怖くて動けなかったら、前に進むことすらできませんよね。しかし、最近では面接なしで1か月以内で働ける短期バイトを探せる求人サイトもあって、ニート期間があっても仕事探しがしやすい環境になっています。この探し方を知っているだけで安心です。

空白期間があっても面接が得意であれば、仕事の探し方は無限にありますが、そうはいっても最初はなかなか自信が持てないと思います。就活もしながら生活費も稼がないといけない場合は、ぜひ活用してみてください。

最後に、私もそうでしたが、情報はあっても、なかなか行動できないものです。しかし、求人サイトの登録だけはできるはずです。小さな1歩かもしれませんが、行動できたことが大きなステップですので、小さな1歩を踏めると、次の行動は驚くほど簡単にできてしまうものなのです。

できる範囲で、あなたのペースで大丈夫なので、実践してみてくださいね。応援しています。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

参考文献
厚生労働省(派遣労働者・労働者の皆様)

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php