女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退ひきこもりはもう就職できない?女ニートから脱出するまでの体験談(実話)

高校時代と大学生活のギャップがあり過ぎて、大学に馴染めず、サークルにも入る機会を失ってしまって、仲の良い友達もいない、尚且つ、大学の講義もつまらなないので、次第に大学に通わなくなって、実家にも帰るわけにはいかないのでそのまま引きこもってしまう。

大学に通わないと、もちろん単位も取れなくなって、留年が確定、中退せざるをえなくなる、というのが大学中退者に多いパターンと言えます。

ニートちゃん
こういう私も、実は大学中退してしばらく家に引きこもっていた時期があります…
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

大学中退後もそのまま引きこもり期間が続いてしまうと、本当にこれからどうしたらいいのか、何から始めたらいいのか、どこに相談すべきかわからない…

このままではヤバイ…」とわかっていても、これだけ空白期間が空いてしまって、中退歴があると、どこも雇ってくれる所なんてない…と悲観的になって動けなくなってしまう気持ちもよくわかります。

この絶望感や焦燥感などの不安な気持ちは経験者にしかわからないと思いますが、引きこもっているとはいえ、働きたいという気持ちは誰よりも強いはずです。

ただ、経験者だからハッキリ言えることですが、一番このページでお伝えしたいことは、大学中退歴があっても、引きこもり期間があったとしても、社会復帰は可能で、ちゃんとした会社に就職することはできます

ニートちゃん
実際、大学中退ひきこもりのニート期間があった私でも、秘書の正社員としてホワイト企業に就職することができました。

このページでは、大学中退ひきこもり歴のある私の実体験を踏まえて、これからどんな進路が考えられるのか、どうすれば現状を脱出できるのか、どこに相談すべきなのか、これから何をしたらいいのか等を、詳しく解説していきます。

ニートちゃん
少しでも私の体験談がお役に立てると嬉しいです。

大学中退後にひきこもってしまう人の割合はどれくらい?

大学中退後にひきこもったまま生活して、無職のニート状態になってしまう人は意外と多いです。独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査によると、大学中退その後のキャリアを調べた結果、「現在無職」という割合が21.7%ということがわかりました。

ニートちゃん
つまり、大学中退者の5人に1人が無職のまま、つまりひきこもったまま生活している可能性があると分析できます。

この結果から、あなたにお伝えしたいこととしては、大学中退後にひきこもって無職のままで困っているのはあなただけではないという事です。「自分だけこんな状態で、辛い…」と考えてしまうかと思いますが、実際同じように悩んでいる人は多いのです。

参考:独立行政法人・労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究(2015年5月)」https://www.jil.go.jp/institute/research/2015/documents/0138.pdf

大学中退してても引きこもり期間があっても就職できるし、大丈夫

大学中退後の生活は孤独なものです。私の場合、中退してしまったという負い目から、自分から友人と連絡を取るのを辞めて離れたり、親には申し訳ないという思いがあって、あまり部屋から出ることのない、半引きこもりのような生活を送っていました。

引きこもりを続けている内に、周りは成人式を迎え、就活が始まり、内定報告がSNSで飛び交うのを目にすると、流石に「引き返せない所まできてしまった…」と、全部自分のせいなのですが、惨めな気持ちになり、とにかくどうにかしたいという気持ちはあるけど、何から始めたらいいのかわからないと呆然としてしまったことを、今でもハッキリ覚えています。

一人の時間が多いので、どうしてもネットに頼った情報収集を始めますが、この引きこもり生活から脱出しようと、就職情報を探しても、「大学中退者はまともな会社に就職できない」「引きこもり期間があって受け入れてくれる職種は介護ぐらい」のような情報を目にしてしまうので、将来的に不安になってしまうものです。

ニートちゃん
しかし、ネットの情報は推測で書かれていることが多く、あまり気にする必要はありません

正直、大企業や大手企業への就職となると難しいですが、それ以外の企業であれば全然就職は可能ですし、超売り手市場といわれるほど人材不足のご時世なので、経歴不問で人物重視で採用してくれるちゃんとした会社は多いです。

私自身、大学中退後に半引きこもりのような生活を送っていましたが、まともな会社に就職することができました。経歴的に就職は難しいと諦めるのは、本当にもったいないと感じます。考え方次第で、これだけ結果が変わってくるので、今後の人生を悲観する必要は全くありません。

ニートちゃん
必ず、あなたのことを理解して、受け入れてくれる会社は存在します。

大学中退者のその後の人生はどういう道がある?

大学中退経験者から、私の質問箱を通して色んなご相談を受けますが、歩む人生は皆さんそれぞれです。

ニートちゃん
私の経験上、大学中退したその後の人生は以下の10通りに分けられるかなと思います。
(1)職業訓練校⇒就職
(2)専門学校/短大に通い直す⇒就職
(3)違う大学に再受験⇒就職
(4)通信制大学に編入⇒就職
(5)IT系プログラミングスクール⇒就職
(6)フリーター
(7)無職のまま
(8)起業
(9)公務員として就職
(10)就活して就職

これだけの進路があると、何をすればいいのか余計迷ってしまうと思いますが、基本的には現在の精神状態で決めるのがいいかなと感じます。

例えば、現状、人と話すと震える、人が怖い、コミュニ―ションが全くとれない、などの状態であれば、まず働くというよりも、心の問題から徐々に解決していく必要があるので、焦って就職に向けて動きだす必要はありません。そういった場合は、サポステに通ったり、臨床心理士のカウンセラーなどに相談してみたりした方が、逆に近道だったりします。

「カウンセラーなどに相談したくない、サポステに通うのもちょっと…」という場合は、働くことに慣れるためにも非正規のパートや短期バイトなどから徐々に慣らしていった方が最適かなと感じます

ただ、働いた経験が無いので、働くことには不安はあるけど、雇ってもらえる所があるのであれば、しっかり頑張っていきたい!ということであれば、就職への道を考えた方が良いです。仕事未経験(バイト含む)の場合、「自分に仕事が務まるのか、仕事が合わずにすぐ辞めてしまったらどうしよう…」という不安が強いと思いますが、そんなことは気にする必要はありません

新入社員として入社する場合は、誰でも緊張するものですし、仕事でミスするものです。最初から仕事が務まる人なんていません。また、仕事は合わなければすぐに辞めてOK。無理に続ける必要はありません。あまり気負わず、気楽に働いていけば意外とやっていけるものです。

もし、「就職する」という方向で動くのであれば、職業訓練校や専門学校、違う大学に通い直すという進路はあまりおススメはできません。職業訓練校でMOSや簿記などを取る方も結構多いですが、これらの資格は正直、未経験からの就職には役に立ちません。

専門学校に通ったり、違う大学で大卒資格を取ったりすることを検討する方も多いですが、卒業時の年齢が周りの同級生より高いので、年齢的に就活に不利になるのは注意が必要です。

大学中退から専門学校に編入、その後就職という進路は実際どうよ?

周りに合わせるのは嫌!やりたいことだけやりたい!」という場合は、起業も考えられますが、最初の事業に必要な資本金(まとまったお金)が無いと厳しいですし、起業に必要な専門知識やスキルが無いと事業を立ち上げることは難しいです。起業を考えるのであれば、まずは自分のやりたい事業に近い会社に入社して、それからノウハウを学んで独立するという流れの方がスムーズです。

ニートちゃん
将来的に真剣に安定職に就きたいと考えるのであれば、公務員職やIT職、他民間企業への就職が現実的です。

大学中退歴や引きこもりの空白期間があっても、実は公務員に就くことができます。公務員試験を受ける条件は、職歴や学歴は関係なく、受験可能年齢だけ注意すればOK。ただ、公務員試験対策には、かなりの勉強量が必要で、予備校費用や教材費もバカにならないので、覚悟は必要です。

公務員を目指す際のリスクとしては、受験可能年齢まで公務員試験に受からない場合、途中で民間就職に切り替えようとしても、ブランクが長すぎると、就職は難しいので、絶対に試験に合格するという気持ちで公務員を目指すくらいじゃないと、おススメできません。

未経験からでも始められて、学歴関係なく昇格昇給できる職種はIT職が一番お勧めです。もちろん、大学中退ひきこもり歴があっても、他の職種を目指すのは可能ですし、就職もできますが、最も将来性のある職種という観点で選ぶと、IT職に敵う職種は、経験上無いかなと感じます。

IT系や他民間企業への就職を目指すのであれば、プログラミングスクールに通ったり、ハロワやエージェント等の就職支援機関を利用して就活していく方が、最も就職率の高い方法です

大学中退ひきこもりから脱出するには何をすればいいの?

現状からどうにか脱出したいけど、どうしたらいいのかわからない…」というのが本音だと思いますが、「急に就活!」は正直難しいと思います。

ニートちゃん
大切なのは、家の外に出る事です。

家の中に引きこもったままだと、気持ち的に暗くなりますし、マイナス思考で一日中悩む空間という風に、既に脳にインプットされているので、本気で現状を変えたいと考えるのであれば、まずは散歩でもなんでもいいので、外に出ることが打開策です。

人によっては、まずは診療科や精神科に診てもらった方がいい!という方もいますが、診療科や精神科に行っても抗うつ剤をもらうことがほとんどなので、それよりも、外の空気を吸って、生活リズムを整えて、ちゃんと美味しいものを食べるという基本的な生活に戻すだけでも、気持ち的には落ち着いてくるものです。

特に、地方に住んでいて、周りに何もない!という場合は、車の免許から取得してみるのもありです。免許を取るには車校に通う必要が出てくるので、リハビリついでに免許を取るのは理にかなっています。

あとは、気持ち的に「いきなり正社員はきつい」ということであれば、無理に正社員就職を狙う必要はありません。あくまで、自分のぺースで大丈夫です。パートや短期のバイトなど、とにかく何かを始めてみることが、引きこもり生活を脱出するコツだと、経験上そう感じます。

働き始めることができれば、自然に自身もつきますし、親に申し訳ないという気持ちもなくなります。働いていない状態の時ほど、不安定になるのは当たり前のこと。

ニートちゃん
今が一番しんどい時期だと思いますが、とにかく少しでも外に出ることを意識してみましょう。

大学中退ひきこもりは、どこに相談すべき?

大学中退ひきこもりで、どこに相談すればいいのかわからない!」ということであれば、以下の5つの相談場所があります。

(1) サポートステーション(サポステ)
(2) ハローワーク
(3) ジョブカフェ
(4) 東京しごとホットライン
(5) 就職エージェント
ニートちゃん
それぞれの相談場所毎で、性質が少し違うので、現在の心境や目的によって利用するのが最適です。

【大学中退者の相談場所1】サポートステーション(サポステ)

厚生労働省の管轄で、全国都道府県にサポートステーション、通称「サポステ」があります。サポステの役割ですが、イメージとしては、ハローワークやジョブカフェには行きづらいけど、もっと気楽で相談しやすい相談場所という感じです。どちらかというと引きこもり期間が長い人がよく相談に行く場合が多いです。

ニートちゃん
サポステの相談者の約半数が2年以上働いていなかったり学校にかよっていない方と言われています。

サポステは、30歳以上やニート歴10年のブランクがあっても受け入れており、平成30年度の新規登録者のうち62.1%の利用者が就職できたという実績があります

例をあげると、働くことが怖かったり不安を持っていたり、人間関係に自信が持てなかったり、コミュニケーションがうまく取れなかったりする場合は、サポステに相談することが就職への近道かなと感じます。

サポステは、ハローワークやジョブカフェと比べると、もっと「身近で相談できる場所」になります。厚生労働省からの委託でNPO団体の若者支援センターや企業が運営しているので、もっとカジュアルな人がスタッフとして働いています。

サポステのサポート内容についてですが、コミュニケーション訓練や職場体験、就活セミナー、そして履歴書の作成や面接の練習も個別で行ってくれます。特にコミュニケーションが苦手で人間関係に苦戦して仕事を辞めてしまう場合であればコミュニケーション訓練は役に立ちます。働く不安が強い場合であれば、サポステは理解のある企業と提携しているので、職場体験は気楽にできて働く前のリハビリになるので、就職前の良いステップアップになります。

サポステがハローワークやジョブカフェと決定的に違う点があります。サポステにはハローワークやジョブカフェと同じように国家資格を持ったキャリアコンサルタントや産業カウンセラーが在中していますが、サポステだけは臨床心理士もスタッフメンバーとして入ってることも少なくありません。心理的に悩みを解決する必要がある場合はサポステの利用がお勧めです。

ただ、注意点として、職業体験はプログラム内にありますが、就職先の斡旋は行っていないため、就職に強い相談場所とは言えません

ニートちゃん
就職の相談よりも「心の相談をメインでしたい」という方には、サポステがオススメです。
※参考:厚生労働省(サポステ:地域若者サポートステーション)https://saposute-net.mhlw.go.jp/

【大学中退者の相談場所2】ハローワーク

大学を中退してしまうと、大学のキャリアセンターの利用はできなくなってしまうので、大学中退後に相談場所としてハローワークに頼る人は多いです。

ただ、ネットをみてみるとわかりますが、ハローワークの評判は悪く、「待ち時間が長い」「ブラック求人が多い」「求人数が多すぎて、どの求人に応募すればいいのか迷って、結局止まってしまう」などの意見が目立ちます。

実際に、私もハローワークを利用しましたが、担当者は意外と良かったのですが、求人選びの際に、選び方がわからないとブラック求人を選んでしまうと感じたことと、待ち時間が長く、効率的には悪いと感じました。

もしハローワークを利用するのであれば、「新卒応援ハローワーク」か「わかものハローワーク」というサービスを利用することをオススメします。

2つの違いは、既卒3年以内(高校卒業から3年以内)であれば「新卒応援ハローワーク」、既卒3年以上(高校卒業から3年以上)だと「わかものハローワーク」という感じで利用先が分かれます。

どちらのサービスも特徴的な点としては、専任のキャリアアドバイザーが個別でついてくれて、予約制なので待ち時間もなく利用でき、尚且つ、面接対策や応募書類の添削も、全て同じアドバイザーが一貫してサポートしてくれるので、その点で就活準備の効率性は高いと感じました

ただ、求人選びの際は、公共機関と言う特性上、アドバイザーが特定の企業をオススメすることができないため、結局、自分で求人を探さないといけません。ハローワークで求人選びをしたことがある方ならわかると思いますが、求人数は多いけど、正直どの求人が良いのか見当もつかず、結局応募できずに、就活が止まってしまうということがよくあります。

ニートちゃん
面接対策や応募書類の添削等は、かなり親身にやってくれるので、就活準備の面での利用はオススメです。

【大学中退者の相談場所3】ジョブカフェ

「ジョブカフェ」という名前は聞きなれない人の方がほとんどですが、国が運営している就職支援施設が「ハローワーク」だとすると、都道府県が運営しているのが「ジョブカフェ」という位置づけになります。

ジョブカフェとハローワークの機能はほとんど同じですが、ジョブカフェの方が10・20・30代の若者に特化した就職支援をしているのが大きな違いです。また、ジョブカフェは地元の求人情報を中心に集めているので、「これから地元で働きたいけど、就活の仕方がわからない…」という方にジョブカフェは向いていると言えます。

ハローワークとジョブカフェはどちらがいいですか?」とよく質問が来ることがありますが、私の答えとしては地域によってジョブカフェの質が違うので、「地域による」という感じ。地域によって、ジョブカフェに力を入れている所とそうでない所に分かれるというイメージです。

例えば、東京の「東京しごとセンター」や大阪の「OSAKAしごとフィールド」などは、かなりの予算をかけて就職支援をしているので、ハローワークのサービスより良いと感じますし、これらのジョブカフェ内にハローワークのサービスも付いているので、どちらの良い面も吸収していてオススメできます。

ニートちゃん
東京しごとセンターに行ってきましたが、個人的にはカウンセラーの対応やアドバイスも結構良かったです。

ニートちゃん
東京や大阪であればジョブカフェを利用して、それ以外の地域は、まずハローワークを利用してみて、担当者とウマが合わなければジョブカフェを利用するという流れがオススメです。

【大学中退者の相談場所4】東京しごとセンター(若者しごとホットライン)

これは、私が一番困ったことなのですが、半ひきこもりの頃、誰にも相談できなくて、どこに相談していいのかもわかりませんでした。

できるだけ対面でなく、メールや電話で聞きたいことを聞けたらいいんだけど…」と思って相談できる場所を探していましたが、ハローワークやジョブカフェ、サポステなどほとんど全ての就職相談場所が電話での相談はできない場所でした。必ず予約→訪問→相談という流れです。引きこもりニート期間が長いと、相談に行くだけでも腰が重くおっくうです。最初は動く気力さえない状態だったのを覚えています。

そんな時、「電話での無料相談はできないのかな」と探し回ったところ、ピッタリの場所を見つけました。それは東京しごとセンターの「若者しごとホットライン」という電話相談サービス。無料で、電話でもメールでもできます。

東京都のジョブカフェサービスの一環でもありますが、県内外の人誰でも関係なく利用できて、実際に東京しごとセンターでベテランのアドバイザーをやっているカウンセラーの方が相談してくれるので、メンタル系ではなく就職についての相談を電話でしたいということであれば、聞きにくい質問であっても対応してくれます。

1回15分までの相談時間と制限されていますが、予約もめんどうな登録も不要で、ただ相談から始められるのは大きなメリットだと感じます。

東京しごとセンター(若者しごとホットライン)
【電話番号】03-3511-4510
【相談時間】月~金曜(午前10時~午後7時)、土曜(午前10時~午後4時)、日曜(お休み)

【大学中退者の相談場所5】就職エージェント

ニートちゃん
大学中退者の相談場所5つ目は、「就職エージェント」です。

就職エージェントの特徴的な点としては、これまで挙げた就職支援場所の中でも最も就職率が高く、2週間~1ヵ月くらいで就職先が決まるくらい内定スピードも早いです

就職エージェントの役割としては、ヒアリングを通して希望を聞いてくれて、その上で自分に合った求人をいくつか紹介してくれます。面接日の調整や給与条件の交渉、聞きにくい質問を代わりに聞いてくれたりなど、意外と得られるメリットは大きいです。

ハローワークやジョブカフェでは、求人選びをする場合は、結構ブラック求人が混ざっていたり、求人数が多すぎてどの求人が良いのかわからず、結局応募できずに止まってしまうということがありますが、就職エージェントによっては、訪問取材した上でブラック企業を徹底的に排除してくれている所もあるので、そういったエージェントを絞って利用した方が良いと感じました。

ちなみに、大学中退者でも利用できる既卒向けの就職エージェントは全国に8社だけありますが、私は全てのエージェントを利用してきました。その中でも、最も良かったと感じたエージェントは「就職Shop」というエージェントで、実際に私の就職先も就職Shopを通して決めることができました。

ニートちゃん
実際に、就職Shopに行ってきた体験談を下の記事にまとめています。

引きこもりの空白期間を面接で職歴ありと伝えるとバレる?罪になる?

最初から正社員職はしんどいから、まずはバイトから就こうと考える方も多いと思いますが、バイトの面接では必ず、引きこもっていた空白期間を聞かれてしまいます。空白期間を聞かれた場合、全くバイト歴がないのにも関わらず「他の所で単発でアルバイトをやってました」と答えてしまうと、後になってバレる可能性があります

一応、バレるタイミングとしては、年末調整時(12月)に「前職から源泉徴収票をもらってきて!」とバイト先から言われたときがバレやすいですが、「単発バイトなので職場から出せないと言われました」と適当な言い訳を言って乗り切る方も実際にいらっしゃいます。

リハビリにためにバイトをするので、勤務期間は短くてもいいと考えるのであれば、バレてもいいという覚悟で空白期間を誤魔化すのはアリですが、一応、職歴を誤魔化すのは、実質上「経歴詐称」にあたってしまいます。

ニートちゃん
可能な限り、以下の記事を参考にしながら、空白期間の質問に対して上手く答えていった方がいいかなと思います。

大学中退引きこもり歴がある女ニート(私)からのメッセージ

ニートちゃん
実際に大学中退後女ニートになってしまった私が半引きこもり生活中に感じたことは、あの状態はとにかく辛かったということです。

世間では、ひきこもりニートに対するイメージというと、「怠けている」「だらしない」というレッテルを貼られることが多いですが、実際はそんなことはなくて、働きたいという思いは人一倍あるけど、この状態から抜け出すために何をしたらいいのかわからず、ただただ悩みながら、時間だけが流れていくという状態の方が多いです。

「大学中退したら楽になれる」と考えて、中退すると少しは気が紛れて良いのですが、しばらくすると、周りの友達が成人式を迎え、就活で内定報告をSNSに上げ始めるといった変化に、自分だけ取り残されてしまった感覚になってしまいます。

大学まで行かせてもらった親にも申し訳なく、実家で何もしないでただ時間だけが流れていくという苦痛は、経験者にしかわかりません。

ニートちゃん
ただ、私からどうしても伝えたいメッセージは、今からでも全然大丈夫ということ。

まだまだ20代前半と若いのであれば、あなたのことを受け入れてくれる会社は、あなたが思っている以上に多いです。精神的に億劫で、人と話すのもしんどいのであれば、まずは働く必要はありません。まずは相談することが大事です。

ニートちゃん
自分のペースで大丈夫です。外から一歩出て、散歩するだけでもOK。深呼吸をして、それから何をするべきか、ゆっくり考えていきましょう。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ