女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退は高卒扱い?高卒とどちらが上?高卒+α評価される就活方法とは?

大学中退 高卒扱い どちらが上 プラスαの評価をしてくれる就活法

大学中退の最終学歴は「高卒」になりますが、せっかく頑張って勉強して入学できた事実も認めてほしいもの。就活時に気になる点としては、大学中退という経歴があると、「高卒と本当に同じ扱いで就活しないといけないのか」、「高卒新卒と大学中退ではどちらが上(就職しやすい)か」、「少しでも大学に入学した実績を評価してもらう方法はないか」など気になる所です。

特に、大学3年次まで在学していて中退する場合は、これまで在籍していた2~3年分の単位や実績を少しでもプラスに評価してもらって就職したいという本音も納得できます。

ニートちゃん
実際、私自身も過去に大学中退していて、就活時は「高卒扱い」で応募するべきか、もっと別の方法で就職時の条件が高卒以上に良くなる方法はないかなど、悩んだ経験があります…
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

最近では、大学中退して就活に悩んでいる方から、私の質問箱を通して、多くの相談を頂くようになり、つい先日も以下のようなご相談内容を頂きました。

大学中退って高卒扱いなんですか?高卒+αの評価はされないんですか? 大学中退とはいえ一般入試で大学に合格した人と、大学に入ってない高卒が同じ扱いなんて、少し納得できないといいますか… これから就活しようと考えていますが、大学中退と高卒ではどちらが上とかってありますか? もし、高卒の方が印象が良いのであれば、履歴書に高卒と書いた方が、中退歴が残らないので就職しやすいかなと思うのですが、書かないと学歴詐称になるのでしょうか? 質問ばかりですみません…

ニートちゃん
結論からいうと、大学2年次まで修了させているのであれば、「高卒扱い」以上の待遇で雇ってもらう方法も存在します。

このページでは、私の経験を踏まえ、以下の質問内容についての悩みや不安、疑問点を解消していきます。

解消できるポイント(1) 大学中退の学歴の扱い
(2) 大学中退と高卒で就職しやすいのはどっち?
(3) 履歴書に高卒と書くと学歴詐称になる?
(4) 高卒+αで評価される就活法はあるか?
ニートちゃん
少しでも、この情報があなたの就職の後押しになると嬉しいです。

大学中退の最終学歴は「高卒」扱い

せっかく大学まで進学したという実績があっても中退してしまうと、最終学歴が「高卒扱い」になってしまうというのが日本社会の現状です。なので、就活時、希望求人に応募する際には「大卒以上可」「短大・専門卒以上可」と書いてある求人には応募できません

大学中退者が応募できる求人は、基本的には「高卒以上可」「未経験可」「学歴不問」「職歴不問」と書かれてある求人からの応募になります。

大学中退すると、職種なんて選べないよ!」と言ってくる人もいるかと思いますが、そんなこと気にしなくて大丈夫です。大学中退者は、「大卒以上」「短大・専門卒以上」の求人に応募できないだけであって、他の求人数は星の数ほどあります。選べる職種もちゃんと見ればかなり多いので、その点は心配する必要はありません。

高卒認定で大学中退した場合の最終学歴は?

高卒認定試験を受けて、その上で大学に進学して中退した場合、最終学歴はどうなりますか?」というご質問を受けたこともありますが、この場合、最終学歴は「中学卒業」となります。

高卒認定で大学中退した場合の最終学歴は「中卒」となりますが、履歴書の学歴欄にはどうかけばいいのでしょうか?

一応、セオリー的に言うと、多くの就活サイトに載っていることは、履歴書には「高等学校卒業程度認定試験合格」と書くことができる、と書いてあります。

基本的には、高卒認定取得者で大学中退したケースだと、大学中退という学歴を書くことをオススメします。ただ、ポイントは、「学歴のどこから書き始めるか」という点です。

ニートちゃん
履歴書は、どの学歴から書き始めないといけないというルールは存在しませんが、一般的には中学校卒業から書き始めるのが多いとされています

高校を中退して高認を取ったケースだと、面接時に「何で高校中退したの?」と聞かれることが嫌だと思うので、その場合は、以下のように、中学校・高校の学歴は書かずに、大学入学という学歴から書き始めることもできます。

<学歴>

平成30年4月 ◆◆大学 △△学部 入学
令和1年12月 ◆◆大学 △△学部 中途退学「経済的な事情のため退学」

ただ、中学校・高校の学歴を書かないケースが稀なので、面接官によっては「大学入学前は何してたの?」と突っ込まれることもあります。上の書き方をする場合は、面接対策をしっかり練っていく必要があるというのがデメリットです。また、大学入学前の経歴がわからないからといって、書類選考時点で落としてしまう会社も可能性としてはあります。

ニートちゃん
高卒認定を取った経緯をしっかり説明して、その上で大学中退したこともしっかり理由を伝えることができるのであれば、履歴書には以下のように書くようにしましょう。

<学歴>

平成27年3月 〇〇中学校 卒業
平成27年4月 △△高等学校 入学
平成29年3月 △△高等学校 中途退学
平成29年10月 ☐☐高等学校卒業程度認定試験合格
平成30年4月 ◆◆大学 △△学部 入学
令和1年12月 ◆◆大学 △△学部 中途退学「経済的な事情のため退学」

ニートちゃん
高卒認定→大学中退のケースだと、上の2つのどちらの書き方も試してみて、書類選考の通過率や面接時の反応を比較しながら就活を進めていくことをオススメします。

大学中退と高卒はどちらが上?就職しやすい学歴はどっち?

大学中退の最終学歴は「高卒扱い」になると解説してきましたが、「大学中退とはいえ、一般入試で大学に合格したという経歴も、就職時には少しでも認めてもらいたい!」というのが、大学中退経験者が誰しも考えることだと思います。

ニートちゃん
例えば、難関大や東大を中退したという学歴と、普通の高卒とでは学力的には差があるはずです。

しかし、私の経験的には、大学中退よりも高卒新卒の方が上というのが日本企業の考え方です。言い換えると、大学を途中で辞めてしまって、入社後にも途中で辞めてしまう人材を雇うよりも、高卒でピカピカの新卒生の方を採用した方が、辞める可能性も少なく良い、という考えが多いです。

大学中退よりも高卒新卒の方が企業には採用されやすく、学歴の扱いもどちらも「高卒」と同じなので、給料も変わりはありません。つまり、高卒新卒の方が就職面では上という事ができます

大学中退と高卒既卒ではどちらが就職しやすい?

大学中退と高卒既卒を比べた場合、どちらが就職しやすいのか?」という点も気になる所です。

この点に関しては、どこも調査したことが無いので、根拠を持って「コレ!」ということはできませんが、私のこれまでの経験則で言うと、既卒期間の長さによるかなというのが個人的な考えです。

高卒から1年以上無職期間が空いていて就活するのであれば、大学中退という経歴よりも就活が不利になって、無職期間が1年未満と短いのであれば、大学中退という経歴の方が不利になるかな、という感じはします。

大学中退者は面接でマイナス評価されるから」といって、大学に入学したという経歴を消してしまって、高卒のまま就活することも考えとしてはあります。しかし、大学中退の理由さえ、面接でしっかり答えることができれば(面接官が納得するような理由を答えることができれば)、問題なく採用されることの方が多いというのが、私の実体験で感じたことです。

大学中退を高卒にすると学歴詐称になる?あとでバレる?

特に、大学1年次の短期で中退してしまった場合、大学に通っていなかったことにしてしまって、高卒既卒として就活した方が、大学中退理由について聞かれることもなく、スムーズに就職できそうなイメージがあるかと思いますが、実際はそれほど甘くはありません。

高卒既卒として就活すれば確かに、中退理由について聞かれることはありませんが、「高校卒業後はこれまで何してたの?なんで在学中に就活しなかったの?」という質問をされます。

ニートちゃん
また、大学中退したのに履歴書上、大学に通っていたという事実を消して、高卒既卒として就活すると、基本的には学歴詐称になります

ただ、私自身、大学中退後の就活で苦戦した経験があるので、ここでは他の就活サイトのように「学歴詐称になるから、絶対学歴を書いた方が良い!」などと言うつもりはありません

職歴の詐称だと、就職後、年末調整時や住民税の天引き額などでバレたりする可能性はありますが、学歴の詐称に関しては、ほとんどバレることはありません。バレる可能性があるとすれば、職場に同じ学校の人が働いていたり、自分から大学に通っていたことを話してしまって発覚したりという可能性が大きいです。

とはいえ、大学中退した理由をしっかり面接官に説明できれば、それほどマイナスイメージにはなりませんし、大学に行けるくらいの学力はあると認められます。なので、大学に通っていた事実を消すことを考えるよりも、まずは中退理由をどう答えればいいのかを考えた方が、個人的には良いのかなと考えます。

ニートちゃん
一応、下の記事に大学中退理由を含めた、履歴書の書き方や、書かない方良いケースなどをまとめてみたので、履歴書を書く際には、参考にしてみてください。

大学中退するとまともな企業への就職はできない?

大学中退して最終学歴が高卒のまま就活した場合、まともな就職先があるかが一番気になる点だと思います。この「まともな企業」の定義は人それぞれ違いますが、正直、大企業や有名大手企業への就職を考えているのであれば、大学中退という経歴での就職は厳しいです

大企業などは、ピカピカの新卒生や、ヘッドハンティングで転職者を採用している方が多く、応募条件も「既卒不可」や「〇〇才以上応募不可」としている企業もあるほどです。もし大企業を狙うのであれば、IT系企業の客先常駐の働き方から始めて、自分のスキルを認めれもらって、その常駐先の大企業からヘッドハンティングされるという流れの方が現実性が高いです。

また、誰でも聞いたことのあるような有名な大企業だと就職は難しいですが、従業員数は多いけど知名度の低い大企業であれば、大学中退という経歴でも就職は可能です

ニートちゃん
私の場合、大手企業の志望はしてなくて、「ホワイトな環境で長く働ける職場であれば中小企業でも良い」という考えで就活してました。

実際、ほとんどの方が、大手志望ではなく、「給料が多少低くても働きやすく将来性のあるスキルが身につけば良い」という考えの方が大多数です。こういった定義を「まともな企業」とするのであれば、大学中退という経歴であっても、いくらでもあなたのことを雇ってくれる会社は存在します。

ネットには「大学中退していると、まともな会社には就職できない…」と書かれることがありますが、それは間違いです。

ニートちゃん
ただ知らないだけで、良い会社はたくさんあります。

無理に大卒資格を取ろうと通信大学に通っても、卒業時の年齢が高くなってしまい、新卒扱いで就活はできるのはメリットですが、年齢的に就活は不利になってしまいます。

将来的に正社員を考えているのであれば、新卒よりは多少就活は不利になるのは覚悟の上で、できるだけ早めに就活してしまった方が「まともな企業」に就職できる可能性は極めて高いというのが、私が就活してきて強く感じたことです。

大学中退してても「高卒程度」と「大卒程度」の公務員試験なら両方受験可能

民間企業への就職以外、他の進路(安定職)はありませんか?」と聞かれることも多いですが、安定職という視点で考えると、「公務員職」が挙げられます。

ニートちゃん
あまり知られていませんが、実は大学中退してても公務員試験の受験は可能です。

公務員試験は「高卒程度試験」「短大・専門卒程度試験」「大卒程度試験」の3種類に分かれますが、大学中退者はこの全ての試験を受けることができます。「大卒程度試験」の意味は、「大学生の学力程度の試験」という意味合いなので、大学に入学できるほどの学力があれば、「大卒程度試験」にも十分受かる可能性はあると言えます

大学中退後高卒で公務員になった場合、経歴加算等で給料が上がったりする?

もし、大学中退後に高卒程度試験に合格して、公務員になれた場合、大学中退した経歴を加味して、何か経歴加算のようなものが付くかどうか気になる所だと思いますが、大学に通っていた期間を経歴的に加算して、給与に反映させるということはほとんどありません

しかし、大学中退後に民間企業での職務経験がある場合は、その年数によって職歴加算で給料が上がったりする自治体もありますが、基本的には、最初の給料は高卒の人がもらう金額とほぼ同じです。

ニートちゃん
大学中退していてもなれる公務員や受験可能な公務員試験について下の記事でわかりやすくまとめてみました。気になる方はどうぞ。

大学中退の経歴を少しでも生かして「高卒+α」評価してくれる就活の裏技

せっかく努力して大学に入学したのであれば、「高卒と同じ給料で完全に高卒扱いされるのが嫌!」と考える方は多いです。特に大学3年次まで通学して中退していて、単位も62単位以上取得している場合は、なんとか「短大・専門卒」扱いで給料にも反映させてほしいものです。

ニートちゃん
普通に就活しても高卒扱いでの採用になってしまうのが現実ですが、「高卒+α」で評価してくれる企業を見つけるためには、少しコツが必要です

求人サイトやハローワークで就活して内定を取っても、ほとんどの場合、高卒扱いとして採用されることが多いです。それもそのはず、求人サイトやハローワークでの就活は、直接自分で企業とやり取りして面接調整や労働条件の調整をするので、就活自体未経験の人が、給与交渉をするのは至難の業です

ニートちゃん
少しでも「高卒+α」評価してくれる就活法は、就職エージェントを使うことがポイントです。

就職エージェントを利用した場合、エージェントが求職者と企業を仲介してくれるので、気軽に給与交渉をしてくれる点が大きなメリットだと言えます。実際、私の就職先が決まったエージェントでは、内定が決まった後に労働条件を私に代わって交渉してくれて、大学に途中まで通っていたことを加味して高卒以上の給与条件にしてくれました。

また、就職エージェントの場合、応募条件が「大卒以上」となっているような求人でも、人柄がよくて、企業が求めている人物像にマッチした場合などは、特例的に「今、こういった優秀な方が御社に興味があるみたいなんですが、私から見てもとても話しやすくて、人柄的にも良いかなと判断してます。条件に大卒以上となっていますが、一度面接だけでもしてみませんか?」など柔軟に対応してくれることもあるので、ある意味裏技的な就活と言えます。

ニートちゃん
大学中退専門のエージェントは、全国的に8社ありますが、私はこれら全てのエージェントを利用してきました。

就職Shop,就職ショップ,ハタラクティブ,DYM就職,ジェイック,JAIC,第二新卒エージェントneo,ウズキャリ既卒,UZUZ,いい就職プラザ,いい就職ドットコム,いい就職

「高卒+α」の観点から言うと、一番柔軟性があって求人の質も良かったエージェントは「就職Shop」です。

ニートちゃん
実際、私の就職先も就職Shopで最終的には決まりました。

就職Shopだと、書類選考なしで面接できる企業を中心に紹介してくれるので、大学中退歴があるからといって、書類選考で落とされるということがありません

ニートちゃん
就職Shopを利用する前は特にそうだったのですが、経歴的に書類で落とされて面接までいけないということが、私の場合ほとんどでした。

就職が決まるまでのスピードも平均で1ヵ月以内で決まる方が多く、私のボロボロの経歴でも実際内定が取れたので、その点では利用する価値はありかなと感じます。

ニートちゃん
就職ショップに実際に行ってきた体験談も下の記事にまとめているので、参考になれば幸いです。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ