女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

還暦前の母がバイトに応募する背中をみてニート脱出!? 名門校の坊ちゃんよりも私を採用した職場


私は現在、アパレル業界ではたらいています。

度重なる会社の破産、仕事選びがトラウマに

さて、私が無職になったのは、採用される職場全てが最終的に、倒産、閉店、破産といったように、全てなくなっていったことがきっかけでした。破産した職場なんか、最後は給料も支払ってもらえませんでした。

無職の期間ですが、20代前半ごろから始まりました。次仕事がみつかってもまたダメになってしまうのではないかと思い心配になり、職選びに慎重になりすぎたせいで、無職の期間が延びてしまったのかもしれません。

後、実家住まいだった上に、若かったのであせりが少なかったのかもしれません。無職の間、最初はゆっくり探そうと落ち着いていましたが、なかなか決まらないので、少しずつ焦り、自尊心が失われてゆきました。

母の諦めない姿をみて変化。最初の採用課題は経営理念の暗唱だった?

ところがそんな時、私の母がずっと専業主婦だったのにアルバイトをすることを決意し、面接を受けにいくようになり、何度面接を落ちてもあきらめなかった姿を見て、少しずつ私の心境に変化がありました。

そして還暦前の母がチラシ配りのバイトに合格し働くようになったのです。たかがチラシ配りと思われるかもしれませんが、私にとってそれは励みでした。私も頑張ってみようと思えるようになったのです。

それでまず、この状況を打破するためにアルバイトでもいいから始めようと思い、あるカフェのオープニングスタッフの面接に行きました。そこで働くにはその会社の分厚い経営理念を1日で暗記しなければならず、悩みましたが必死で暗記しました。

翌日店長の前で暗唱し、見事合格しました。余談ですが、驚いたことに名門校を出た他のバイト志望の男性は暗唱に失敗したのです。それを見て少し自尊心を取り戻しました。

ところがすぐに障壁にぶち当たりました。アルバイトをしていると、駅近くのカフェだっためかつての同級生に会うようになったのです。みんなは就職したり進学してたので会うのが苦痛でした。

花嫁修業に中華料理のチューボーに転身?ニート期は無駄じゃなかった

そんなある時ある中華料理店の求人を見て、カフェより料理の腕を身につけたいと思い、花嫁修業のつもりで、転職しました。するとそこが私には合っており、すぐに厨房の責任者に抜てきされました。

人間関係はいろいろありましたが、店長との信頼関係を築くことができたので、なんとか楽しく働けました。結局結婚するまでそこで勤務しました。

最後に思うこととして、今でも中華料理屋で身に付けたスキルは役立っており、中華料理は得意です。ホームパーティーの時に提供すると友人は喜んでくれます。

世の中には自分より辛い人はもっとたくさんおり、自分がどうなるかは、どんな見方をし、どう行動するかにかかってきます。辛い思いをしたことは必ず糧になります。無駄にはなりません。失敗してもいいので、やれることからやってほしいを思います。

ニートから正社員になる就職成功率・定着率が高い方法とは?


続きはこちら

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ