女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退後,ITエンジニアに2か月で就職!?大学除籍で親に泣かれ正社員に【22歳体験談】

大学中退後ITエンジニアに就職

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いてくださったK.Mさんは、ツイッターのフォワーさんで、大学除籍通知が届いて中退が決定、その後ITエンジニアに就職された方です。

ニートちゃん
では、K.Mさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退後ITエンジニアに就職|インフラエンジニアになるまでの22歳体験談(実話)

まず自己紹介として、私の年齢は22歳、職業は学生で大学を中退してからカ5月間フリーターでした。フリーター時は物流工場で仕分けやライン作業のバイト、牛丼屋でのバイトなど色々やりましたが、その後、IT系のスクール(無料)に通って、今はインフラエンジニアの正社員として働いています。

次に大学中退の経緯について説明します。私は、とある外国5語大学に入学しました。大学生になった私は、受験を終えた安心感からか大学入学が”ゴール”だと、大学なんて適当に講義を受けていればそれでいい、と当時はそう思っていました。春学期は順調で、単位はほぼ取っていました(1個は落としてしまいました)。

夏休みに入ると、実家から大学まで片道2時間半かかっていたため、秋学期からは一人暮らしをしたいと思っていました。今思うとこれが「人生終わり…」の始まりでした。

大学中退の前触れ「留年通知」が届いたのは冬学期|原因はネットゲーム!?

秋学期に家を借り、一人暮らしを始めて2週間くらいは普通に大学に通っていました。ある日、夜更かしをしたせいか昼の12時頃目覚めてしまいました。実家なら親に叩き起こされますが、一人暮らしなので誰も起こしてくれる人はいません。

つまり怒る人がいないのです。これがどういう事かというと、生きていく中でこれまで怒る人がそばにいた(親や先生、親友等)のですが、その人たちが”いない”ということ。人生ではじめて”自由”になったというのを”勘違い”しているという事です。

自由になったつもりでいた私は、初めて学校をサボりました。家では、アニメを鑑賞しインターネット代が無料だったので、ネットゲームばっかりしていました。友達の誘いもあってか特にネットゲームはやりにやりこみました。

なんのゲームかというと、「League of Legends」という5対5の対戦ゲームで相手の陣地を壊したら勝ちという至ってシンプルなゲームです。実はこのゲーム、世界で一番同時接続数が多い人気のゲームなんです。このゲームにドはまりし、酷いときは一睡もせずやっていました。

朝8時までやって、15時に起きて学校に行かずPC電源ボタンを押すルーティンができていました。親には「ちゃんと大学に行ってるよ」と伝えていました。今思うと心が苦しいです。

冬期になり、成績通知が配られるとそこには「成績不良(留年)」との記載がありました。どいう意味かというとあと一回再履修の単位を落としたので留年です。という意味です。留学じゃなくて留年しました。初留年です。高校もサボったどころか2回しか欠席してませんでした。

除籍通知が届き親に泣かれる…大学中退の実感が湧いたのはその時

実家に帰省するやいなや、親に正直に留年のことや学校をサボってゲームをしている事など話しました。「高いお金を払って入学したのに(入学金100万円)なにをやってるんだ!!」怒られました。その時僕は、思ってたことをそのまま親に言いました。「俺はプロゲーマーになるんだ!」と。。。

当時は本気でプロになりたいと思っていました。プロゲーマーを目指す専門学校に資料請求したくらいです。ですが現実は甘くなく、ゲームの腕前も中の下で専門学校に入るには高いお金が要ります。そのため、ちゃんと大学に行くことを心に決めました。

1年生2回目の春学期、扉を開けると見知らぬ人達がいっぱいいて、その時初めて「留年したんだ…」と実感しました。出席を取る時、番号で呼ばれるのですが明らか自分だけ違う番号だったため、すぐに留年生とばれました。

まだコミュニケーション能力が浅かったため、みんなともろくにしゃべれませんでした。そのせいか、だんだんと教室の扉が重くなっていき、またサボりに走るようになりました。実家から大学に向かう際、途中の駅で降り近くのショッピングセンターで”プリパラ”をしていました。春学期の単位は落ちました。

秋学期に入ると、大学が遠すぎるということを言い訳にし、先述のネットゲームに誘われた友人宅に”ルームシェア”するようになりました。当然の如く、ゲーム三昧の日々でした。当時、なぜか罪悪感があまりなかったです。今思うとゾッとします。

冬期に入り、成績通知が配られました。成績通知ではなく、「除籍通知」と書かれていました。あなたを除籍しました、中退ですという旨の通知でした。

親にこの事を伝えると涙ぐんでいました。私は、この時初めて親に支えられていたことや自分がしていたことを実感しました。

大学中退してフリーターに|物流センターや牛肉チェーンで仕事を始める

大学中退してからは心にぽっかりと穴が開いたようで、精神的には苦痛で憂鬱でした。ただ、当時やりたいことがなかったので、とりあえずフリーターになろうと思いました。

物流センターで仕分けや流し(重い荷物をベルトコンベアに置く作業)をしていく中、心がすごく底辺にいるような、とても沈んでいる感じがしました。そこで初めて私は挫折していることを知り、すごく焦りを感じました。肉体労働ではだめだと思い、牛丼チェーン店で苦手な接客のバイトを始めました。正直接客は嫌でしたが、慣れていくうちに「コミュニケーションって良いな」と思いました。

ちなみに、大学中退してからの人間関係ですが、高校の友達は仲が良く、大学の友達はほぼ縁を切った状態でした。親は、ただひたすらに応援してくれていました。

ITエンジニアの正社員を目指した理由は「親孝行」、2か月でIT企業に就職

フリーターになってから5カ月目、親孝行をしたいという思いが強く正社員になりたいと思うようになりました。昔からIT関係、プログラマーに興味があったので調べると、「エンジニアカレッジ」というインフラエンジニアを目指すスクールがあることを知りました。

そこでは無料で授業をしてくれる他、就職までサポートしてくれるとのことで、一見うさんくさかったのですが行ってみるととてもよかったです。先生陣はいい人達で教えがうまく、本格的なラックサーバーやルーターなどがあり開発や構築環境が充実していました。

スクールに通いはじめて2カ月後、スクールの斡旋もあって無事正社員になることができました。就職後は、やっと親孝行ができる。という気持ちでいっぱいで、不安感や憂鬱感は消えていました。

これまで、昼夜逆転していた生活や横柄な態度もなくなりました。本当にまるくなった感じでした。今はインフラエンジニアとして働いていますが、プログラマーの夢をあきらめきれず、現在は独学でC言語やJavaを勉強しています。

大学中退していてもITエンジニア業界は売り手市場|勉強していれば就活で有利

最後に、バイト生活から抜け出すためには、”勉強をすること”が重要だと思いました。(資格などの)勉強をすることで、就職をする近道になります。就活の際、必ず「大学を中退してから、フリーターの期間は何をしていたの?」と遊びほうけていないか判断するために問われます。

もし資格を取得していれば「勉強をしていました」と答えることができますし、なにか開発をしていれば成果物を見せることができます。なにより勉強が重要だと思いました。そして今困っている方へ、ITエンジニア業界は売り手市場なのでぜひIT関係の事を勉強してみてはいかがでしょうか。まずはどんな仕事があるか調べるところから始めましょう!

大学中退後にITエンジニアに就職する方法

ニートちゃん
K.Mさんの体験談はいかがでしたか?

実は、私も現職に就く前までは、ITエンジニア職に興味があったので、実際ITエンジニア系求人にも応募したこともありますし、少しはプログラミング言語やインフラエンジニアリング等の勉強をした経験があります。

私がITエンジニア系で就活した実感としては、K.Mさんが仰るように、IT業界は成長産業の割には人手不足で、工学部出身者でなくても、プログラミングができなくても、未経験でもITエンジニアとしての就職は可能です

ただ、プログラマーの求人に関しては、応募可能年齢が厳しく、26~27歳辺りから、年齢的に応募できない企業が増えてきます。なので、プログラマーへの就職は若ければ若い程受かりやすいという感じです

ITエンジニア職は、プログラマーの職種だけではなく、インフラエンジニアという職種もあります。文系であればむしろインフラエンジニア職の方が向いていて、勤務年数に比例して昇給していくような職種なので、個人的にはインフラエンジニアはオススメです。プログラマーと比べても給与的にはそれほど変わりませんし、資格を取得していけば、昇給もあって、どこにでも転職はしやすくなります。

インフラエンジニア職だと、30歳くらいまででも就職しやすく、1ヵ月~2か月勉強すれば、比較的簡単にIT系企業に就職できます。

ITエンジニアに就職する方法としては、求人サイト、ハローワーク、ジョブカフェ、就職エージェント、ITスクールに通うなどの方法がありますが、大学中退という経歴があるのであれば、求人サイトの利用はオススメしません。求人サイトだと、経歴が重視されるので、「中退」という経歴があるだけで書類選考で落とされやすいからです。

ハローワークの職業訓練校でプログラミングの勉強をできますが、職業訓練のクラスを見学したことがあって、結構中年の方が多く、失業保険をもらう目的で通っている方が多かったので、クラスの雰囲気的には印象が悪かったです。

民間が運営しているプログラミングスクールも多いですが、学費が高く、私には合いませんでしたが、東京都内であれば、無料のプログラミングスクールもいくつかあります。大学中退からのITエンジニア就職であれば、プログラミングスクールに通って就職あっせんしてもらう方が、就職率が90%以上とかなり高くて、最適だと感じます。

ニートちゃん
K.Mさんが利用された「エンジニアカレッジ」は、私も利用したことがあって、スクールの中では正直一番良かったです。

ITエンジニアを目指す際の注意点としては、ITエンジニアの求人は、東京都内に集中しているので、他の地方にもIT企業はありますが、地方のIT求人は経験者優遇が多いので、大学中退未経験で就職する場合は落ちてしまうケースも多いです。

ニートちゃん
ITエンジニア希望であれば、東京都内で就活した方がいいですよ。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ