女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退フリーター女から正社員に就職したのは5年後…就活に失敗して私が取った行動とは?【27歳女性体験談】

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いてくださったY.Nさんは、ツイッターのフォワーさんで、大学中退後フリーターとして就活するも失敗し、バイト先の正社員登用制度で就職を決めた方です。

ニートちゃん
では、Y.Nさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退後フリーターを5年、そして正社員へ【27歳女性体験談】

私は27才女性、現在はアパレル正社員、大学中退してから5年間フリーターをしていました。

大学中退のきっかけは、大学2年生の頃。もともと大学受験に失敗して、志望校ではないところに入学し、学部も法学部を志望していましたが合格することができず、経済学部にすすんでいました。そのため、入学してから徐々に通っている意味がわからなくなり、大学生活に興味を持てなくなってしまいました。

興味のない授業へのつまらなさを感じ、2年目の途中から大学にいかない日が増えました。経済学部に進んだことで、はじめは「せっかく入学できたのだから、頑張らないと」という気持ちがありましたが、2年目後半にはそういった気持ちはまったくなくなっていました。

親は大学中退に反対…中退後は親と話すことはなくなりました

「大学を続けてる意味がないのではないか」ということで親に相談しました。最初は反対していましたが、話し合いの末、大学を中退することとなりました。周りの仲間たちにも本当に中退するのかと止められましたがこのまま行っていても意味がない、お金をだしてもらっている両親にも、申し訳ないという気持ちがありました。

大学を中退して、はじめは心身の面でかなり不安定になることも多くありました。自分で決めたことなのに、本当にこれでよかったのかと自問自答しました。

親は中退することにはとても心配し、反対をしていましたので、親には自分が心身面、不安であることは隠していました。あたかも中退してよかったという風に振る舞っていました。なので、そのあとのキャリアについての相談は両親にはしないようにしていました。

大学中退後、フリーターのままだと辛いと感じた理由はSNS!?

生活は、大学からやっているバイトを続けていました。アパレルをやっていたのですが、学生時代よりもシフトを増やしたりして、あまり考える時間を作らないようにしていました。その時、人手不足だったこともあり、店長が私を頼ってくれてかなりの仕事を任せてくれたことは自分にとってやりがいにもなりました。

焦りや不安を感じだしたのは、一緒に働いていた仲間たちが就職の話をしだしたときの事です。大学3年の途中から就活を考え出す時期かと思いますが、突然「自分はこのままでいいのか…」と不安になりました。

不安になったきっかけはsnsです。snsをみると、大学の仲間たちも就活をはじめたということがわかりはじめました。自分と比べる必要はないのに、なぜか比べてしまって「自分はダメな人間だ」「フリーターで働いているのは自分だけで辛い」と思ってしまいました。たまに飲みにいったりした時には内定がきまったという話がきこえてきたりすると、仲間たちと会うのも億劫になりました。

大学中退から正社員になるためにハローワーク、リクナビ、マイナビを利用。その結果は…

このままではダメだと思い、ハローワークに行ってみることもありました。ただ、自分には特段、資格やスキルも無く、何になりたいかということも明確でなかっため、いい求人は見つかりませんでした。それからリクナビやマイナビで探すことにしました。

しかし、リクナビやマイナビから応募した求人で上手くいくことはありませんでした。面接まで進んだとしても、大学中退理由が明確でないということもあり採用まで進むことも難しかったです。リクナビなどは、ある程度働いた実績のあるかたが利用するものなんだということを実感しました。

ハローワークやリクナビ・マイナビなど全体的に、「良さそう!」と思った求人でも書類選考で落ちるものも多々ありました。大学であれば、就活の相談を聞いてくれる窓口がありますが、中退してしまうと、就活はすべて自分でやらなければいけないというところはとても苦労しました。

正社員登用制度を使って裏口入学!?就活に失敗した私がとった行動とは?

就活に失敗したことは落ち込みましたが、どうにかしたいという思いから、今までアルバイトをしていたアパレル店の正社員として働く面接を受け、今までの実績を認められ本部で働くこととなりました。つまり、就活自体上手くいかなかったので、バイト先からの正社員登用制度を使って正社員に就職する方法を取ったという事です。

バイト先で正社員になったのは、正直不本意でしたが、ただ、正社員として働いてからは将来の不安は少なくなりました。フリーターをしていた時は、今までは自分に絶望することもありましたが、アルバイトでの実績を認めてくれ本部勤務になれたということが少し自分への自信にも繋がりました。

大学中退後正社員となった私。脱フリーターしたことで親と友人との関係は改善

正社員として就職してからは親との関係も改善しました。今までは親とじっくり色々と話すことがなくなっていまたが、正社員として働いてからは両親とも話す機会が多くなり、今まで心配をかけたことなどを謝ることもできました。

大学の仲間たちとも普通に会えるようになりました。今までは、なんだか自分に自信がなかったため、飲み会なども断ることが多くなっていましが、自分の仕事に誇りをもてるようになり、飲み会などにも参加するようになりました。

正社員になる道は決して楽ではありませんでしたし、アルバイトから考えると仕事の量も責任の重さもまったく異なるものでした。ただ、あのときにずっとフリーターの道を選ばなくて本当によかったと思います。

フリーター期間中に自分と向き合う時間を作ることが大切

大学中退後、もし就活に悩んだら、自分がなにをやりたいかを考えたら良いと思います。snsなどをみるとどうしても周りと比べてしまったり自分はダメだと思ってしまうこともあると思います。そんなときはまったくsnsを開かず生活してみたり、自分のことを知らない場所を訪れたりしてみるのもいいのではないでしょうか。

私もフリーター期間中に海外を訪れたりしましたが、とても良い経験になりました。自分探しというわけではありませんが、自分と向き合う時間を作るのは自分を理解することに繋がって、そのことがより就活を上手くいかせるのではないかと私は思います。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ