女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退して他大学編入って実際どう?別の大学に編入→就職するまでの体験談

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いていただいたK.Tさんは、ツイッターのフォワーさんでご協力いただいて、大学休学を経て中退、その後別の大学に編入して就職された方です。

ニートちゃん
では、K.Tさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退して他大学編入して就職するまでのリアル女性体験談

大学中退後に他大学に編入して就職に不安を感じている方にとって、私の体験談が少しでもお役に立てればと思います。

まずは、私の自己紹介から。現在、20代後半の女性で、これまでの職業は、海外での現地採用の社員、派遣社員、正社員、ロングパート社員など、さまざまな職業をしてきました。

過去に無職だったときは基本的にはありません。大学を中退して編入準備していた期間や、転職するまでのあいだに、一時的にフリーターだったときはあります。フリーターのときには、倉庫で荷物の運びをおこなったり、コールセンターで電話対応をしたりしました。

別の大学に編入したのは大学3年次に上がる時。好奇心で大学中退を決めました

これまで辿ってきた人生についてですが、わたしの場合には、すこし特殊になります。それは、大学を退学して、別の大学に編入した、という経緯です。

大学2年生から大学3年生に上がるころに、ほかの道もあったかもしれないと思い、ほかの大学に編入することにしました。編入を考えたきかっけは、他の授業を色々受講できるので、自分にとって興味の惹かれる授業が多く、その分、目移りしてしまったためです。なので、編入したのも、別の分野に関心を持ったためで、自分のいた大学にはその分野がなかったためです。

ただ編入する際に、悩みも何もなく進路を決めたというわけではなく、人生が遅くなるという不安は正直ありました。それでもこれから勉強してみたいという自分の好奇心の方が強く、「どうにかなるだろう」とどこかで割り切って、大学中退を決めました。

別の大学に編入できなくても、元の大学に再入学する道もあります。退学してからあまり年数が経っていなければ、戻りやすいのかなと、安易に考えていて、当時はあまり何も考えずに行動していたと思います。

大学中退後すぐに他大学編入の勉強を始める。編入試験対策のコツとは?

大学を中退して他大学に編入する際は、後には引けないという思いで、とにかく必死に編入対策をしました。その際、インターネットや書籍で勉強したり、大学に出向いて、編入学試験の過去問題をいただいたりしました。

編入対策の時に困ったことや悩んだことは、大学の編入試験の方法論があまり世の中に出回っていないことです。なので、実際に、大学に出向いて、過去問題をコピーさせてもらったり、過去問題をもらったりして、自分で動く必要がありました。

具体的には、東洋大学経営学部、埼玉大学教養学部、早稲田大学第二文学部から編入学の許可をいただきました。編入学試験の際には、多くの場合、筆記試験および面接試験があります。

埼玉大学と早稲田大学のときには、筆記試験に合格した人が面接試験に進むことができました。なので、筆記試験と面接試験は別の日に受験することになります。筆記と面接試験が別々にあるので、筆記試験に合格したら、すぐに面接試験の対策という感じで動いていました。ただし、埼玉大学のときには、面接試験が筆記試験の次の日にあったので、かなり慌ただしかった記憶があります。

また、編入学試験の場合には、一般入試とは異なり、大学や学科によって、筆記試験の内容が大きく異なります。たとえば、埼玉大学や東洋大学の場合には、小論文や英文翻訳のような文章を書く問題が多く出題されました。

また、早稲田大学第二文学部のように、一般入試(高校三年生)と同じ日に試験日で、試験内容(英語+国語)も同じだったり、似ていることもありました。

東京外国語大学のように、大学1年生や大学に1年間通って退学した人も受験生として受け入れている大学もあります。また、編入学試験の場合には、大学3年生や4年生になっていても、受験することができると思います。

何年次に大学を中退していたとしても、各大学ごとで編入方法や受け入れ方は違うので、単位をあまり無駄にしない感じで編入できる大学や、4年次からでも受け入れて、単位を3年分まるごと受け入れてくれる大学など、様々です。色々リサーチすると、必ず自分に合った大学が見つかるというのが私の感想です。

大学中退後の進路は違う大学への編入だけじゃない!就職や通信制に通い直すのも道

編入学試験に合格したことで、希望していた違う大学に編入することができました。編入した後の生活は、私の場合は色々状況が好転しました。まず人間関係や周囲からの見られ方が変わりました。具体的にいうと、私大から国立大に編入したので、勉強家という見られ方に変わった感じです。

また、日本でもトップクラスの大学院に進学する同級生もいましたので、世界観が変わりました。なので、個人的には他大学に編入して、本当によかったと思っています。

もし現時点で大学中退を検討していて、別の大学への編入を検討しているのであれば、自分の直感には従うべきだと私は思います。人それぞれ、さまざまな生き方があると思います。大学を中退して、国内外の大学に編入した人や、ふつうに働いている人も、知っています。また、働きながら、通信制の大学で単位をとって大卒になる道もあると思います。

大学中退前の休学期間中に海外留学に行くのもおすすめ

私は、大学2年生の終わりに一年間、大学を休学して、編入をめざしたときに、ハワイで3か月暮らしたことがありました。ハワイの語学学校に通うためと、ハワイの島を旅するためです。

その際にも、ハワイ大学に通っている日本人のことや、その日本人の家族が日本の大学を退学して、アメリカの大学に通ったことを、お聞きしました。また、ハワイの語学学校には、ハワイにやってきたばかりのベトナム人や中国人やタイ人といった多国籍の人々がかよっていたので、世界観が広がりました。

そのハワイでの留学生活のお陰で、自分自身の人生についても考えられましたし、自分で選択して決断することの大切さも知ることができたので、その海外留学の経験も私の人生の糧になっています。

大学中退して別の大学に編入しても就職は全然できるけど、大卒資格を取るための編入はオススメしない

大学中退後に留学し、その後某国立大に編入学して無事その大学は卒業しました。編入学を検討されている方は特に、大学を中退してまで編入した大学を卒業した場合、就職なんてできるの?と不安だと思いますが、世の中仕事なんてたくさんあります。

私は、卒業後すぐに正社員にはならず、色んな仕事の経験をしたいという思いがあったので、派遣社員やパートの仕事を転々としましたが、フリーター期間が3~4年あっても、その後事務員として正社員就職することができました。

もしこれから別の大学に編入するという進路を選ぶのであれば、まずはどの大学が自分にとって最もベストな選択なのかをリサーチしまくることが大切です。その上で、4~5つほど、編入学試験内容の似た大学をピックアップして、集中的に勉強、そして編入学試験に臨むという流れであれば、誰でも問題なく編入はできるのかなと感じます。

ただ、大卒資格を取るために編入しようと考えていたり、編入試験が簡単な大学を中心に選んだりすると、編入後、大学生活に興味が持てずに辞めてしまう友人もいたので、本当にやりたい勉強がある大学にいくことを強くおすすめします。

本当に行きたい、編入したいという思いがないと、編入学試験の勉強も頭に入らず、結果、試験結果が実らなくて、進路が閉ざされ、宙ぶらりんの状態になってしまいます。そんな期間ができてしまうと、流石に日本社会では就職が厳しくなると思います。

他大学への編入を考えているのであれば、それなりの覚悟を持って、興味のある分野を極めるつもりで行動していくと、必ず良い結果になるというのが、私の実体験で得た知恵です。

大学中退後に他大学編入して卒業、就活する際には中退歴がマイナスになることも

ニートちゃん
K.Tさんの体験談はいかがでしたか?

他大学編入して就活する際は特に、「中退歴がマイナスにならないかな…」「ちゃんと面接では周りの新卒生と同じようにみてくれるかな…」と不安になる方は多いです。

それは、どうして中退したのか、その中退理由によって合否が大きく影響する場合があります。中退した理由が例えば、「私大で経済的にきつかったので国立にしました」「大学でたまたま受講した農学の授業に興味を持って、私のやりたいことはこれだ!ともっと専門的な農学を勉強できる別の大学に編入したいと考えたので…」などであれば、面接官も納得してくれやすいので、マイナス評価にはなりません。

ただ、答えた中退理由と編入した大学の目的が合致していない場合は、ツジツマが合わないので、その時点でマイナス評価になります。また、大学中退して編入するまでにブランクが2年以上空いてしまった場合、卒業時の年齢も、周りの新卒生と比べて2年以上差が開いてしまっているので、空白期間が長い場合もマイナス評価になりやすいです。

他大学編入したことで、就活時に不利になる方は意外と多いものですが、その場合は、DYM就職などの就職エージェントを利用した方が、大学中退歴がある就活生に向けた専門的な就職サポートをしているので、内定は決まりやすいです

DYM就職は、新卒向けの求人紹介や合同企業説明会なども定期的に行っているので、大学編入後の就活には最適なエージェントだと言えます。

ニートちゃん
実際に、私もDYM就職を利用した経験がありますが、求人紹介の数は他のエージェントより少なかったですが、求人の質は結構良かったと感じました。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ