女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退後ルート営業の正社員に就職するまでの壮絶な人生を暴露【実話体験談】

大学中退後ルート営業の正社員として就職した男性イメージ

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。

ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いていただいたT.Gさんは、ツイッターのフォワー外からご協力いただいた方で、ネットゲームにハマり大学を中退、その後ルート営業の正社員として就職された方です。

ニートちゃん
では、T.Gさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退理由はネットゲーム!?大学には行かずにバイト先の同僚と遊ぶ日々…

36歳、現在はルート営業をやっています。過去に大学中退をきっかけに、1年半ほど無職だった経験があります。

中退まではなるべくしてなったという感じでした。当時流行っていたネットゲームにどっぷりはまってしまったり、やっていたアルバイトと学校の両立が段々と億劫になったりしていました。そうしている内に、2年目の秋頃から登校しない日が目立ち始め、3年目のゴールデンウィーク明けあたりには大学を中退していました。

大学の友人は何人かいましたが、そこまで深い仲の友達はいなかったです。むしろ、アルバイト先の先輩や同僚と遊んでいた事が多かったです。同僚にははまっていたネットゲームで遊んでいる人もいて話が合いました。そういう面では、大学の友人と上手く人間関係が築けなかったというのが、原因の一つだったのかもしれません。

大学中退したという劣等感で重みに耐えきれなくなる

最初は大学中退の事を親には話していませんでした。しかし、中退の手続きの際に親のサインがいるとのことで覚悟を決めて話しました。中退の理由はモチベーションが上がらないことだったのですが、そんなことを学費を出してくれている親に言えるはずもありません。

アルバイト先で社員にならないかという話があるから中退するという感じで説明しました。大学への説明もそのようなニュアンスで説明しました。

当時はとにかく一刻も早く中退して楽になりたいという一心で行動していました。学校の事、アルバイトの事、遊びや生活の事。3つを同時に考えていくのは、当時の経験不足の自分には容量オーバーだったようです。時折ふと、何をやっているのか自分でも分からない、頭が混乱した状況があったほどでした。

大学を中退して、数か月は解放感でいっぱいでした。親への後ろめたさや、大学関係の知人の目は気になりましたが、大学の事を考えなくてよくなったことが何よりも大きかったです。ただそれも長くは続きませんでした。

大きな理由もなく、ただ惰性に生活をして大学を退学したこと。退学したことで、他人よりも駄目な人間なんだという劣等感。今度はそういう重みに耐えられなくなってきました。

大学中退して2年、貯金を使い果たして親に連絡すると…

大学生の頃は、生活費の殆どを親の仕送りで生活していました。アルバイトの給料は手つかずで、全て貯金していて結構な金額になっていました。当然、中退をきっかけに仕送りが止まってしまい貯金を切り崩して生活を始めました。減っていく貯金通帳を眺めながら、不安になる日々を過ごすことになります。

日々、少しずつ暗くなってテンションが落ちていくのが自分でも分かりました。そうしていくうちに、いつの間にかアルバイトも辞めていました。そこから無職の日々が始まります。

大したことをするでもなく、ゲームをするか、お金は使いたくないので散歩する程度の生活でした。幸い、服を着替えることが億劫なだけで、外に出ること自体は嫌いではなかったです。

ゲームして、散歩して、お風呂に入って、食べたい時に食べ、寝たい時に寝るだけの日々。人によっては羨ましがる生活かもしれませんが、何もなく、何もなさない時間だけが過ぎていました。

そして、中退から約2年が経とうとした頃でした。遂に貯金が尽きてしまい、とうとう親に泣きついてしまいました。

親は連絡が無いのは順調だからだと思ったのでしょう。電話で連絡して、次に会った時には体格の激変に驚いて、母には泣かれてしまいました。その時、それまでの行動をそうとう後悔したのを憶えています。

ルート営業に就職したのは大学中退して約2年後。知り合いからの紹介で入社が決まる

そこからは人生が一変しました。就職先をハローワークで探しましたが、中々良いものが見つからない日々が続きました。幸い、親の仕事のちょっとした知り合いがルート営業系の仕事で、従業員を募集しているという話がありました。

コネ入社いう訳ではないのですが、その知人の方にしっかり面接もしてもらいルート営業員としての入社が決まりました。後で聞いた話ですが、履歴書を見て辞めるかもしれないが様子を見ようと思ったとのことです。

その会社は小規模な会社ですが、自動車の部品を卸す、地域でも名の知れた会社です。お得意先のお客さんは個人ではなく、法人(会社)相手なので、個人に対する営業とは違って、お得意先の会社の方にあいさつ回りやヒアリングなどを行うルート営業を担当することになりました。

ルート営業は慣れれば結構楽な仕事だった

私の性格的に、それほどコミュニケーションが得意なわけではないので、最初はルート営業という仕事が務まるのか不安でしたが、営業先のお得意さんは昔から付き合っている方で、一度営業周りで、顔を覚えてもらった後は、結構楽に仕事ができました。

ルート営業系の仕事は、決められたお得意さんをスケジュール通りに回っていくような仕事がメインなので、特に残業や休日出勤などもなく、ライフスタイル的にはとても満足しています。繁忙期になると、覚える仕事も多く、休日に日でも必死に働いたこともありますが、何もなかった無職の頃を考えれば、その忙しさが心地よく楽しさに変わっていきました。

お得意さんと話したり、営業周りをしていても、割とストレスなく働けているので、入社して良かったなと感じました。その仕事はもう、十数年続けています。この十年で家庭も持ちました。

仕事に行き、時々同僚と飲んで、嫁に叱られる何気ない日々。何気ないけど、無職の頃とは全然違ったささやかだけど幸せな日々。もちろん、仕事でも家庭でも嫌な事はあるけど、全体的には上々な日常で満足しています。

大学中退後はできるだけ早めに就職するのがお勧め

最後になりますが、大学中退後に就職するのは大変です。先にもあった通り、履歴書を見て採用しても辞めてしまうのではないか。そう面接官に思われてしまう可能性があります。

大学を辞めた理由、それが惰性であったとしても、しっかりと相手を納得させられるような理由を考えておく必要があります。そして、出来れば中退後は出来るだけ早めに就職することをお勧めします。

生活が惰性にならないよう、しっかりと先を見据えて行動しなければ、将来の自分に取り返しのつかないような負の遺産を残すことになりかねません。諦めずに行動さえすれば、未来はなかなか悪いものではなかったりします。

大学中退からルート営業職に就職する方法とは?

ニートちゃん
T.Gさんの体験談はいかがでしたか?

大学中退という経歴があっても、ルート営業であれば比較的就職はしやすく、また、残業時間も短く、休日も割と取りやすい職種なので、営業系の仕事の中ではルート営業は人気のある仕事と言えます。

大学中退者で、ルート営業に就職したいという場合、就活方法は、ハローワーク・求人サイト・就職エージェントの3つの方法がありますが、私自身、大学中退者として就活した身としては、一番効率が良いと感じたのは就職エージェントを使った就活です。

ルート営業系の仕事であれば、就職ShopとDYM就職の2つのエージェントが紹介してくれました。

ニートちゃん
実際に私の就職先が決まったエージェントは「就職Shop」で、対応や求人の質も結構良かったです。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ