女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退後に行政書士と社会保険労務士の国家資格が就職の強みに【男性体験談】

大学中退 行政書士 社会労務士 国家資格

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いていただいたT.Gさんは、ツイッターのフォワーさんからご協力いただいた方で、大学4年になる直前で大学中退、その後2年間引きこもりかけて、行政書士と社会労務士の資格を取得して就職された方です。

ニートちゃん
では、T.Gさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退後、行政書士と社会労務士の資格を取って就職するまで2年引きこもりだった…

現在は、行政書士と社会労務士の資格を生かして自営業を営んでおりますが、過去に大学中退歴があり、就職を諦め、引きこもりかけた時期が2年ほどあります。私と同じ境遇の方がいるのであれば、少しでも私の体験談がお役に立てると嬉しく思います。

大学を中退したのは大学4年になる直前に留年が確定したことがきっかけです。元々、大学入学してすぐに馴染めませんでした。

それまで浪人して予備校に通っていたこともあり、学業に対する周囲の意識の低さにギャップを感じていました。それでも最低限の単位を取りながら、二年、三年と時が過ぎました。

留年がない大学だったので、自然に三年生まで進んだのです。そして三年が終わり、四年になる直前に、「これでは卒業できない、単位が足りない、留年が必要」と分かり、その段階で中退を考えました。

他に夢が出来ましたし、国家資格も勉強したかったので、親と相談して中退を決めました。

大学中退後、メンタルがやられてうつ病っぽくなる

大学中退して、自分はダメな人間だと思いました。しかし元々、集団生活に向かない性格なので、仕方ないかとも思っていました。

心身は問題ないと思っていましたが、メンタル面の負担は大きかったですね。うつ病っぽい状況となり、次第に実家から出れなくなりました。家族に対しても引け目を感じましたし、両親ともに、落胆していたと思います。友人はいませんでしたが、親戚に対しても引け目がありました。

自分に対しても自信を持てず、「これからどう生きれば良いか」と悩み続けました。普通に就職するのは難しい、集団生活も難しいなど、全く自信を持てませんでした。その結果、焦りが増して、体調不安も生じましたし、このままどうなるのだろう…という思いが大きくなりました。

行政書士と社会保険労務士の国家資格を狙って人生逆転計画を考える!?

大学中退後、人生を変えるために国家資格を目指しました。具体的には、行政書士と社会保険労務士です。どちらも就職よりも独立向きの資格かもしれません。

大学中退という学歴だと行政書士と社会保険労務士にはなれないと思っていましたが、実際そんなことはなく、年齢、性別、学歴等関係なく、誰でも受験することができて、就職することも可能です。

社会保険労務士に関しては求人もありますが、主に女性が対象と言われています。私は男ですから、そこまで就職向きの資格ではありません。それでも、当時はまず行政書士を取得し、独立開業すれば何とかなるのでは? と思っていました。

その結果、運良く行政書士を取得し、その後に社会保険労務士に合格しました。そしてまずは行政書士として独立して経験を積み、その後に経営コンサルタント会社に就職できましたね。

大学中退してても生きていけると確信【行政書士と社会保険労務士の資格は強力な武器に】

就職するまではハローワークに何度も通って求人を探しました。ただ、その会社は就業環境が劣悪だったので、長く働くことは出来ませんでした。それでも大学中退の学歴ながら採用されたことに感謝しています。

その後もすぐに転職先が見付かり、それも行政書士と社会保険労務士をアピールした結果でした。税理士事務所内の社会保険労務士部門に就職できましたし、大学中退でも生きていけるんだと確信を持てました。

税理士事務所を退職後は自営業を経験し、その後に資格スクールで働いたり、ITベンチャーに転職しましたが、国家資格は大きな武器になったと感じています。もし行政書士と社会保険労務士がなければ、より就職、転職が困難になっていたと思います。大学中退者にとって資格試験は、とても有効な自己PRと感じました。

行政書士と社会保険労務士の国家資格を取っていなければ、間違いなく30代ニートだった

大学中退後、就職する前の自分と就職した後の自分を比べて大きな変化がありました。それは、社会人として生きる自信を持つことが出来たことです。

大学中退は最終学歴が高卒ですから、どうしても求人選択が狭くなります。ハローワークに行っても、給与や待遇、福利厚生の良い求人は大学卒業という条件が多いんですよね。しかし大学を中退しても、国家資格を武器に就職できる、そこから転職できる、そのような自信により、力強く社会人生活を歩めたと思います。

もちろん国家資格だけではどうにもならないことがありますし、職業上の挫折もありましたが、それでも最終的には何とかなる、そのような勇気を与えてくれました。もし大学中退後に引きこもったままでは、今も実家にこもり、三十代のニートとして、悶々とした日々を過ごしていたと思います。

しかし曲がりなりにも社会で活躍できたのは、大学中退というコンプレックスをはねのけることが出来たおかげです。そのきっかけに社会保険労務士、行政書士という資格がありましたし、いま現在も資格の恩恵に預かっています。

資格試験の学習中に身に付けた知識や、その後の就業経験を元に、現在は自分自身の可能性を広げながら生きていますので、非常に大きなライフスタイルの変化になりましたね。また、就職先で大学卒業の方がいても、負い目を感じることなく、接することが出来ました。それも国家資格のおかげだと思っています。

大学中退後の就職で最も重要なことは、『あきらめず求人を探す意欲』

大学中退後に就職するには、何かしらの武器を身に付けることです。

先述したように、私にとっての武器は社会保険労務士、行政書士という2つの武器でしたが、必ずしも資格に限りません。
今はインターネットが発達していますし、学歴不問、未経験可の求人も多いと思います。

特にIT系であれば、独学でもアプリ開発の経験や、WEBデザインの経験があれば評価されやすいのではないでしょうか。
私自身、税理士事務所の後にITベンチャーで働いていましたし、面接採用の仕事を行っていましたが、大卒は条件ではありませんでした。

その会社は高卒が条件でしたが、中には学歴不問の求人も多いですよね。しかし高校卒業の方が選択肢は広がりますし、その中にも素晴らしい条件の求人案件は多いと感じています。大企業は難しいかもしれませんが、中小企業、ベンチャー企業で経験を積むことで、大きく成長できる機会がありますよ。

そのため、大学中退後の就職で最も重要なこととしては、『あきらめず求人を探す意欲』だと思います。求人を探す媒体として、転職サイトやエージェントがありますから、積極的に利用すると良いでしょう。私はハローワークで探しましたが、今は大学中退者でも就職しやすいようなエージェントが色々ありますからね。

もしかすると今現在、「就職先がないかも…」と困っているかもしれませんが、ここまでお話ししたように、何かしらの武器を身に付けて、あきらず、積極的に求人を探せば道は開けます。ぜひ大学中退を前向きに捉えて、ポジティブに仕事を探してくださいね。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ