女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

【19歳女性体験談】大学中退理由の面接での就職しやすい答え方とは?

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いていただいたS.Sさんは、ツイッターのフォワー外からご協力いただいた方で、19歳で大学中退後2か月間の無職期間を経て正社員に就職された方です。

【S.Sさんのプロフィール】
1年浪人して入学した大学を1年目の前期、19歳で中退する。その後2か月無職生活を経て、正社員に就職する。就職するまでにフリーペーパー、転職サイト、エージェントを使って就活していて、大学の中退理由なども色々工夫してきた。

ニートちゃん
では、S.Sさんの体験談をご紹介していきます。

19歳で大学中退を決意…その理由とは?

初めまして。私は現在26歳で、フリーライターとして活動しています。大学中退後の2ヶ月ほどの間無職でしたが、すぐに正社員として採用していただきました。そもそも、なぜ大学を中退したのか、その理由をお話しようと思います。

私は18歳の時に受験に失敗し、浪人よりはマシかと思い、行きたくもない無名の私立大学へと19歳で入学する事となりました。周りの学生を見るといかにもレベルの低そうな学校で、入学後すぐにやっていけるのだろうかという気持ちになりました。

案の定、他の生徒と仲良くなろうという気にもなれずに、数ヶ月間一人で黙々と授業を受けていたのですが、どうしても自分の今の環境に耐えられず、前期も終わる前の19歳で大学中退を決意しました。

大学中退を決意する前から、学校に行く頻度が明らかに少なくなっていたため、家族には薄々感づかれていたのでしょう。中退したいと相談するとすんなりと受け入れてもらう事が出来ました。

大学中退後に就職を決意した理由、それは父親の大激怒!?

そして中退後、夏真っ盛りという事と、友達と久しく遊んでいなかったため、とにかく毎日遊びまわりました。その当時、高校時代から続けていたコンビニのアルバイトを週に3日ほどしていたのですが、実家暮らしだった事もあり、金銭面で困る事はありませんでした。

しかし、遊んでいた友人たちが大学のサークル活動やテスト期間で段々と忙しくなると、ただアルバイトしているだけの自分はこのままで良いのかと思うようになりました。また、来年には20歳になるという事で、漠然とした将来の不安を感じるようになり、とにかく何か行動をしようと思い立ちました。

その時は、まだ働くという事は考えておらず、大学を再受験するか、どこか専門学校へでもと気楽に考えていたのですが、その事を父へ相談すると「もうお前に使う金などない」と大激怒されました。更には20歳には家を出て行ってもらうと言われ、いよいよ追い込まれ就職を決意しました。

大学中退後の就職活動のやり方がわからない!まずはフリーペーパーで正社員職に応募する

さて、 就職を決意したは良いものの、フリーペーパーでアルバイトを見つけた経験しかない私にとって、正社員になるにはどのように行動したら良いのかさっぱりでした。また、すぐに大学を中退してしまったという負い目から、果たして正社員になれるのかという不安もありました。

まずお伝えしたいのが、大学を中退すると、最終学歴は『大学中退』もしくは『高卒』となります。したがって、大学卒業や専門学校卒業以上の条件がある求人に応募しても採用されません。(ただし、熱意が伝われば可能性はあります)

また、求人数も極端に少なく、自分の可能性が減るという事は間違いありません。それでも、世の中には若者を探している企業が星の数ほどありました。

私はまず、フリーペーパーの正社員版から、自分の興味が持てそうな業種、給料や休みが割にあっている仕事を探しました。
そこで1社、幼稚園の先生を派遣するという仕事に興味を持ち、応募してみました。

大学中退理由の面接でのベターな答え方|実際に就職が決まった理由とは?

書類が通り、いざ面接へ向かいます。面接では、志望動機、自己PR、何より中退理由を念入りに考えて行きました。その時の中退理由は、『勉強よりもとにかく仕事がしたいと思った』だったかと思います。

面接では圧迫されたり、極端に難しい質問もされず、すんなりと二次面接へ進みました。二次面接でも、同じような内容を聞かれ、あっさりと採用が決まりました。

ここで就職しても良かったのですが、自分に思ったよりも市場価値がある事、すぐに決まってしまいブラック企業を疑った事から辞退を申し出ました。

大学中退理由は正直に答えるのがベスト|就職エージェントと相談した結論

その後、もっと様々な求人を見てみようと、マイナビ転職・en転職・リクナビnextの3つに登録し、毎日求人をチェックしました。また、en転職のエージェント機能を使い、実際に就職エージェントと対面しました。就職エージェントの方は、自分に見合った仕事の紹介の他、志望動機の添削や面接の練習もおこなってくれるため、ぜひ利用すべきだと思います。

転職サイトを利用する場合に、職歴を記入する欄があるのですが、私はアルバイト歴しかなかったため、アルバイトでどんな仕事をし、どんな工夫を凝らしたのか、そして自分の得意な事、これからの仕事に対する熱意をアピールしました。

転職エージェントの方とも相談し、大学中退理由は、正直に伝えるのがベストという結論に至りました。(志望する企業により若干のニュアンスの違いありましたが)

大学中退理由を履歴書に書きたくない場合は書類選考なしの就職エージェントもある

マイナビ転職・en転職・リクナビnextの3つの転職サイトを使ってみて感じたことですが、希望求人にエントリーして、履歴書の志望動機や自己PRを企業に合わせて書いていくわけですが、ほとんど書類選考で落とされることが多く、「もう履歴書は書きたくない…」と時間とお金の無駄だと思うようになった時期がありました。

あとで分かったことなのですが、転職サイトは転職者向けなので、職歴なしの大学中退した人が利用しても、落とされることが多いということでした。en転職のエージェントも同様に、転職者向けだったので、面接まで行けたものもありましたし、エージェントの担当者はとてもよくしてくましたが、上手くいかないのは残念でした。

その後、就職shopやDYM就職といった、履歴書等の書類選考なしで面接ができる企業を紹介してくれるエージェントの存在を知りました。履歴書を書きたくない、書類選考なしで面接してもらいたい、という人は、そういうエージェントを使うのもアリだと思います。

最終的には、「第二新卒エージェントneo」という大学中退者でも利用できて、既卒・第二新卒を専門にしている就職エージェントを利用することにして、就職先も決まりました。こちらは書類選考はありますが、履歴書やアルバイトの職歴を書く職務経歴書のようなものもエージェントさんが私の代わりに書いてくれて、それを使い回しできるので、就職活動自体はかなり楽になりました。

大学中退理由は必ず聞かれた、ただ面接官は中退したことをあまり気にしていない

就職エージェントから紹介してもらった求人の中には、社員数数千人を超える大企業もありました。また、いきなり正社員とは行かずとも、契約社員から正社員を狙える会社も多い為、20代前半の内は様々な道を視野に入れてみると良いかと思います。

私は大企業に行きたいという気持ちは薄かったため、仕事内容を重視して探してもらいました。合計5社ほどに応募し、そのうち3社は面接まで漕ぎ着けました。

ここまで就職活動を経験し感じた事は、自分が思っているよりも社会は大学中退を気にしていないという事です。もちろん面接では中退理由を聞かれる事がほとんどです。しかしその話は『とりあえず聞いておく』といった様子で、そこから掘り下げられるような事にはなりませんでした。それよりも、自分がこれからどのようにして行きたいのかという事を熱く伝える事が大切だと思います。

私の場合、中退理由を正直に伝えることにより、無事内定をいただき、両親にも認めてもらえました。就職活動を続けているうちに、どんどん働きたいという意欲が強まっていたので、採用後はすぐにアルバイトを辞め働き始めました。就職してからは、友人たちとも胸を張って遊べるようになりました。また、学生と比べて使えるお金が多い為、洋服やゲームなど、趣味に使えるお金が増えたのも嬉しい要因の1つです。

大学中退してても仕事は星の数ほどあるから大丈夫、中退前に動き出すのが吉

私は「大学を中退して後悔していません。」とは言えません。

そのせいで両親とも喧嘩してしまいましたし、周りに負い目を感じた事もあります。何より、大学中退というレッテルが貼られているような気分は残り続けています。それでも、長い人生で見てみると大した問題ではないのではないか、と思うようになりました。

大学を卒業しようが中退しようが、人はいつか働くものです。それが少し早まっただけだと思います。例え中退しても、仕事は星の数ほど転がっています。その中から、自分がやりたい仕事を探せばきっと満足行く人生になります。

もし、中退してからの就職が心配な人は、中退前に転職エージェントに相談してみるのも手かと思います。中退してからでも仕事はあるという事を保証してくれるはずです。何よりも、若さとは強い武器なのです。

19歳で大学中退してしまうと、将来絶望的になってしまう気持ちもわかりますが、まだまだ若いので大丈夫。悩む前に、まずは動き出してみましょう。そうすれば道は拓けるはずです。

大学中退専門の就職エージェントとは?

ニートちゃん
S.Sさんの体験談はいかがでしたか?

私もS.Sさん同様、大学中退後に転職サイトや転職エージェントを利用した経験がありますが、書類選考落ちがほとんどでした。大学中退経験がある場合は、転職者向けや新卒者向けのエージェントではなく、大学中退専門(既卒・第二新卒向け)の就職エージェントを利用した方が、最も就職率が高く、就職後のミスマッチも少ないです

実際に私自身も、S.Sさんが利用された「第二新卒エージェントneo」という就職エージェントを利用したことがありますが、数ある就職エージェントの中では良い方かなと感じました。感想としては、希望職種以外の求人も勧めてきますが、他のエージェントと比較して、とにかく多くの求人数を紹介してくれるので「できるだけ多くの選択肢から求人を選びたい」という方に一番向いているかなと思います。

これまで、私は数多くの大学中退専門の就職エージェントを利用してきましたが、各エージェントの質も点でバラバラ。悪質なエージェントも実際にありました

ニートちゃん
私が実際に利用してきた中で、「ここなら私の友人にでも紹介できる」と思った就職エージェントだけを、私の体験談も交えて、ランキング形式にしてみました。今後の就活に役立てていただけると幸いです。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ