女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退は後悔してない!無職3年後にマネージャーに就職するまでの体験談

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、某外資系大手の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いていただいたN.Oさんは、ツイッターのフォワー外からご協力いただいた方で、大学中退して3年間無職で就職、その後マネージャーに就いた方です。

【N.Oさんのプロフィール】
英語が好きでTOEIC700点を取得済。1年浪人して入学した大学を1ヵ月(4月)に中退する。その後3年間無職生活を経て、正社員に就職し、就職後マネージャーまで昇格する。

ニートちゃん
では、N.Oさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退したのは後悔してない!無職3年からマネージャーに就職までの道のりを正直に告白

現在は会社員としてマネージャーという役職で働かせてもらっていますが、過去に大学中退歴があり、更に無職の空白期間が3年間あります。マネージャーとして就職するまで容易な道のりではなく、大学中退したことは後悔してないのですが、就職活動の際はとても大変でした。

私の体験談で、少しでも大学中退で悩んでいる方が、就職への糸口を見つけていただけると幸いです。私がマネージャーとして就職するまでの道のりを、全て正直にお伝えできればと思います。

大学中退したのは入学1ヵ月後の4月…親を説得して退学する

1浪してまで入学した大学でしたが、現役で入学した周りの生徒があまりにも幼稚に見えたため、このような人たちと一緒にいるのは嫌だと思い、大学に入学して1ヵ月後の4月に早々と大学中退。

決して彼らを見下しているのではなく、自分とは感覚のずれがあるように感じ、一緒にいることに意味がない、得るものがないと判断したからです。そのような思いから、高校時代の仲の良い友人にまず相談し、次に親を説得して退学へと進みました。

「大学中退したら終わり」と思っていたけど、実際の生活は?

「大学中退したら終わり」とよく2ch/5ch掲示板などで目にしていたので不安でしたが、大学中退後の生活は意外にも、両親や周りとの衝突も特にありませんでした。また、大学中退後の私自身の心境としては、今後の将来に対しての不安や焦りはありました。

しかし、まだ大学中退したという実感を持てず、危機感が十分になかったかなとも思いますが、大きなプレッシャーにつぶされることなく過ごすことができのは良かったと思います。

当初より、自分を信じることはとても大事なことだと考えていました。不安な状態の時こそ自分を信じて焦らないことがとても大事です。不安な状態でいるときは、周りの声に流されそうになる時がありますが、最終的には自分を信じてきてよかったです。

とはいえ、まだ就職について真剣に考えてはいませんでした。これから待ち受ける就活の現実を、もし最初に知っていたら不安に押しつぶされていたと思います…

大学中退後に無職期間が3年経過…就職活動を転職サイトとハローワークで始める

大学中退後、無職になってから3年近くが経とうとしていましたが、就職問題を早急に解決しようという気持ちは起きませんでした。いずれその時が来るだろう程度に思っていました。

自分の気持ちに素直に従うことを一番念頭に置いて毎日生活していました。それでもインターネットの転職サイトには一通り登録しておきました。ハローワークにも登録だけは済ませて置き、暇つぶし程度に通っていました。

しかし、転職サイトやハローワークへの登録を済ませただけで、実際履歴書を書いたり、就職相談を受けたり、就活セミナーを受けたり、、、といったことは行動に移せておらず、「登録しただけで満足」してしまったのが正直な所です。

TOEICの勉強を始めるも心が限界…うつ病っぽくなってしまう

もともと英語に興味があったので、時間つぶしを目的にTOEICの勉強だけは毎日続けていました。近くのマクドナルドに行って1日中勉強をしていました。フリーターの時期に2回ほど受験を行い、成績の向上が見られたので、ある程度、満足感を感じていました。

しかし、実際の私の状態はと言うと、毎日だるい状態が続き、体調を少し崩しました。精神的にも少し鬱っぽくなってしまいました。

大学中退してから就職するまでに提出した履歴書は100社、2社から内定をもらう

「このままでは本当にうつ病になって動けなくなる…」と本気で考え、大学中退後初めてといっても過言ではありませんが、「ホンキで就職活動をしよう!」と決めて、登録しただけで終わっていたハローワークにも足を運び、更に転職サイトでもとにかく希望外の職種業種も含めて履歴書を送り続けることにしました。以前取得したTOEICの点数(700点ほど)も就職活動ではあまり役に立たなかったようでした。

最終的に、100社ほど履歴書を提出し2社から内定を頂けました。2社の内、自分のフィーリングで、ここならと良いだろうと感じた方を選びました。

当初は嫌々であった就職活動も無事内定が貰えてからは、人に認められたことがとても嬉しく感じ、人と人の中で生活できることがこんなに懐かしいものかと感じました。

大学中退者から人生逆転させるにはとにかく作業量!マネージャーに就くまでの気持ちの持ち方

入社直後は、とにかく一生懸命仕事をしようという気持ちがありました。大学中退者の入社ということで、周りには絶対に負けたくないという気持ちをいつでも持っていました。

周りと同じような仕事をしているだけでは絶対に周りに追いつけないことを肝に銘じ、明らかに業務量オーバーとわかっても、仕事の依頼は決して断らないようにしました。他人の3倍以上の仕事を行うことを心がけたのです。

もともと週休2日の会社でしたが、最低でも2日の休みの内、1日は仕事、もしくは本当に忙しい時は土日も続けて仕事を続けました。まだ若い会社だったこともあり、比較的早い段階で社内で認められるようになり、入社後1年で周りの人間を追い抜き、役職を頂くことができました。

今ではマネージャーに就くことができました。その時の喜びはとても大きかったことを覚えていますが、その時はまだまだこれからという気持ちのほうが強かったです。

大学中退無職3年から就職するコツは「無理をしないこと」!?

「大学中退すると就職は無理!」という人もいますが、私の場合、大学中退という経歴に加えて無職の空白期間も3年間ある状態で正社員として就職することができました。その後は、マネージャーに就くことができています。

自分を信じることはとても大事です。不安な状態でいるときは、周りの声に流されそうになる時がありますが、自分を信じて焦らないことがとても大事です。

決して自分に嘘をついてまで無理をしないこと、周りの声に同調して無理してやる気を起こすのでは逆効果です。また、人間は周りから認められるようになると力を発揮できるようになると思います。

大学中退は後悔してない。変わろうと思った時から人生は一瞬で変わる

私は、大学中退時も、就職が上手くいかない時も、現在も、大学中退したことは後悔していません。あのまま大学中退してない方が、精神的に苦しかったと思います。逆に、大学中学後、すぐに中退を決意して良かったと感じています。

あなたも今はとても大変な時期かもしれませんが、期が熟して自分にスイッチが入れば、人生は一瞬でカラッと変わることに気づきました。どん底の気分の時はその状態が永遠に続くような気持ちになるかもしれませんが、そんな事は決してありません。

まずは自分の好きなものは何か?このことになかなか気づけない時は、子供のころ、没頭したものを思い出してみてください。子供のころ好きだったものは大人になってからも好きである確率がとても高いはずです。

私は決して特別な人間ではなく、皆さんと同じように普通の平凡な人間です。それでも決して自分を疑うことなく自分を信じて時期が来るまで淡々と待っていたことが成功につながったと思います。人生は一瞬で変わります。芯をぶらさないことが大事です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

大学中退して無職期間が長くなると就職は厳しくなる

ニートちゃん
N.Oさんの体験談はいかがでしたか?

私もN.Oさんと同じように、大学中退後に無職のニート期間が1年ほどありましたが、秘書の正社員として就職することができました

ニートちゃん
また、転職サイトやハローワークも同様に利用しましたが、なかなか決まらず、私も100社以上は履歴書を送った記憶があります。

実際、大学中退後の無職期間が長くなるほど就職は厳しくなると言われていて、厚生労働省の「ニート・フリーターから正社員への移行率」を調査した結果、空白期間が3年以上になると、男性の場合、就職率が48.9%、女性だと就職率が38.3%にまで下がってしまうという結果になりました

実は、就職活動のやり方次第では、もっと就職活動を効率的に、しかも履歴書を100社以上送ることなく、就職する方法もあります。逆に、リクナビNEXTやマイナビ転職、DODA等の転職サイトを使った就職活動は大学中退者にとってはオススメできません。なぜなら、転職サイトは、正社員経験の職歴が長い転職者向けのサイトで、大学中退していて職歴がない状態で利用しても、ライバルが転職者だけに、比較されて落とされることがほとんどです。

大学中退、無職期間がある場合の正しい就職活動方法とは?

私の経験上、大学中退して無職のニート期間がある場合、最も効率的な就活方法は、「就職エージェントとハローワークを併用すること」です。

大学中退してしまうと、その時点で学歴の扱いが「高卒」となってしまい、N.Oさんのように大学1年の4月で中退して、無職期間が3年間ある場合、高校卒業してから無職期間が3年と1ヵ月ある状態になってしまいます。

つまり、最終学歴が高卒なので、新卒枠を狙った就活ではなく、中途採用枠を狙った「既卒就活」という方針になります。

なので、リクナビやマイナビなどの新卒向け就職サイトも就活方法としてはマッチせず、就職サイトも転職サイトも使えないとなると、就職エージェントを使った方が就職率も高く、最も効率的だと言えます。

ただ、就職エージェントでは、就活セミナーなどの開催が少ないので、既卒3年以上で20代であれば誰でも利用できる「わかものハローワーク」での個別サポートを受けながら就活を進めていくのがおすすめです、

就職エージェントも数多くありますが、既卒専門のエージェントの方が大学中退者・無職経験者にとっては相性がよく、就職率が96%というエージェントも存在するので、できるだけ早めに就職したいという方には最適です。

また、エージェントを通して就活した方が、自分で下手に求人を探して応募するよりも、ブラック企業を避けることができて、更に、優良企業を中心に紹介してくれるので、ミスマッチも少ないです

ニートちゃん
私がこれまで数多くの就職エージェントを利用してきた中で、最も良かったと感じたエージェントをランキング形式にしてみました。ぜひ参考にしてみてください!

ニートちゃん
ちなみに、私の就職先が決まったエージェントは「就職Shop」です。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ