女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退して医療事務に就職|無資格/未経験でも正社員になれた22歳女性体験談

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの体験談を書いていただいたM.Nさんは、ツイッターのフォロワーさんで、大学2年で大学中退後、フリーターを2年、医療事務へ正社員就職された方です。

【M.Nさんのプロフィール】
大学2年次に大学中退してアルバイトをしながら2年間就活するも上手くいかず。その後医療事務への就職に成功。医療事務は未経験で、無資格の状態で採用が決まる。

ニートちゃん
では、M.Nさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退して医療事務に就職するまで2年間フリーターでした


私が大学中退後に正社員になった経緯を紹介します。職業は医療事務をしています。過去に2年間はフリーターで、大学2年生の途中で大学中退してしまいました。

大学中退のきっかけは、もともと親にすすめられて行った大学だったのですが、授業がつまらないし、自分には合っていないと感じたのでやめることにしました。

「大学辞めたい」と1年の時から思っていた…辞めたその後は正直ホッとした

大学を辞めたいと思ったのは大学1年生のときで、ずっと辞めたいと思いながら通っていたので、やめたときはすごくホっとしました。やりたくないことを無理にするのはよくないことだと思うので、やめたときはスッキリとした気分になりましたね。

やめた方が性格が明るくなったといわれていました。ですが、家族にはやめたことを怒られてしまい、しばらくは親には許してもらえませんでした。ですが、ちゃんと就職をすることを前提になんとか許してもらって実家にいさせてもらいました。

大学中退後の就職先は医療事務にしようと取りあえず決める

やはり、就職をしっかりとすると言ってしまった手前あせりはありました。家族に「いつ就職するの?」と言われつづけるのはプレッシャーでもありましたし、しんどかったです。

家族には就職をしっかりとすると言った手前仕事をしなければいけなかったのですが、好きな仕事がわからなくて、かなり葛藤がありました。友人に高校卒業時からずっと医療事務として働いている友人がいたので、仕事内容を聞いても悪くないと感じたので、取りあえず医療事務で就職することを目標に決めました。

大学中退後の就活をハローワークで始める。医療事務求人の条件が悪かった…

大学中退後就職するために、ハローワークで医療事務求人を探し回りました。

ハローワークに行った理由は、大学中退後の就活の仕方がわからなかったので、取りあえずハローワークで探したという感じです。後は求人雑誌や就職サイトなどから医療事務の求人を探していきました。

ですが、実際に出ている医療事務求人は給料がすごく安くて条件が悪いところばかりだったので、どうしてもすぐに就職する気になれなかったのです。

医療事務の条件は高卒よりも大卒の方が有利…

景気がそれほど悪いわけではないのに、自分の条件に合うというとすごく難しくて大変で、医療事務以外の求人も受けていきました。

しかし、いい条件を見つけたと思ったら、競争率が高くいい大学を出ている人にもってかれてしまうのが現状でした。そのときにやはり、「大学を出ていた方が有利なんだ」と改めて思いました。

面接を受ければ落ちてしまう日々で、「このまま一生仕事が見つからないんだ」と半ば諦めがはいっていましたね。

医療事務の求人数は地方だと少ない…条件を低くしてやっと正社員として就職が決まる

就職希望地域が地元の岐阜県だったので、医療事務の求人数も都会と比べると大分少なかったです。

本当であれば、大学中退専門の就職エージェントなどを利用すればもっと早く決まったかもしれませんが、地方である岐阜県にそういったエージェントがなかったので、ハローワークや就職サイトを使うしかなかったのも、就職に時間がかかってしまった原因だと思います。

最終的には条件を少し低くして、休みがあるなら給料が安くても多少は目をつぶるという条件で探していたら、最終的になんとか希望していた医療事務の正社員として採用されることになりました。希望職の医療事務に採用されたときは本当にほっとして肩の荷が下りた気持ちになりました。

大学中退後、初の正社員出勤はキツイ…それでも就職してよかったと思う理由とは?

医療事務への就職が決まった後、私のライフスタイルは大きく変わりました。

もちろんアルバイトはやめたのですが、私は昼からのシフトに入っていたので、生活スタイルはガラリと変わり、朝早く起きなければいけなくなって最初はきつかったです。アルバイトのときは昼の12時から夜の8時まで仕事をしていたので、朝の10時くらいに起きていたので、夜は比較的夜更かしをしていました。

ですが、正社員になってからは朝の8時に出勤なので、6時におきる生活になり、最初は眠たくなったりとすごく大変でした。

それでも、正社員になって収入が安定しているというのは気持ち的には安定していますし、アルバイトという生活がいやだったので、精神的にはよかったです。また、正社員として働いている友達がうらやましかったので、友達と仕事の話で盛り上がれるので、それも正社員になってよかった理由のひとつです。

大学の中退理由を面接でしっかり答えることと熱意を持つことが就職成功のコツ


大学中退後に就職するためにはやはり、たくさんの面接を受けるということですね。もちろんしっかりとした受け答えができなければだめですが、落ちてもめげずに受け続けることが大切です。

また、履歴書も大切で内容をしっかりと書くようにしてください。就職面接では、大学中退をしてしまった理由を聞かれることもあるので、ちゃんと答えられるようにしましょう。

仕事をしたいという熱意があるなら、どこかの企業が採用してくれると思うので、熱意だけは絶対に持っているようにしましょう。やる気がある人は面接でわかりますし、評価されます。中途半端に面接をすると企業側は見抜いてしまうので、面接ではしっかりと答えられるようにしてください。

大学中退後、専門学校やユーキャン等で資格を取るべき?無資格・未経験の私が本音を語る


大学中退というとどうしても不利なことがあると思います。

もし、私と同じように、大学中退後に医療事務への就職を目指しているのであれば、高卒で資格もスキルもないので、医療事務の資格を取って就職を有利にしたり、医療事務の専門学校(キャリカレ)に通って、学歴を付けてから医療事務に就職する進路も考えるかもしれません。

しかし、診療情報管理士や診療報酬請求能力検定試験の難関な資格が欲しいと考えていないのであれば、単に医療事務に就職したいだけであれば、資格がなくても働けますし、働きながらでもユーキャンなどで資格は取れます。

また高卒という学歴でも問題ありません。専門学校(キャリカレ)に通ったり、医療事務の資格を最初に取るよりも、応募数をどれだけ多くできるかが、医療事務への就職を成功させる大きなポイントだと感じました。親から離れて、早く自立したいのであれば、未経験でも雇ってくれる所は結構あるので、現場に入って資格を後から取った方が手っ取り早いです。

医療事務は未経験より経験者が優遇される…条件の低い所で実績を積んでキャリアアップするのが大切


未経験から医療事務を目指す場合は、条件面を気にせずまずは実績を積むことが大切です。医療事務は、大学中退していることがあまり就職活動においては不利になることが少ない職種です。ただ、医療事務は人気の職種なので、書類選考や面接では経験者がどうしても優遇される傾向があります。

また、大学中退していて高卒だと、「大卒可」の求人には応募できない分、応募できる求人数が少なくなるので、特に未経験で条件面が良い医療事務求人を探して応募しても、落ちる可能性が高いです。

私は、最初、ハードルが高い状態で就活していたので、上手くいきませんでしたが、今振り返ってみると、最初は条件の低い所でもどんどん受けていって、実績を作った方が、キャリアアップのスピードも早かったと思います。

医療事務の仕事内容は正直、どこも変わらないと思います。私の職場は、まだまだすべて電子化が進んでいるわけではないので、書類やカルテ等は多い方だと思いますが、業務的には慣れれば難しい業務ではなく、未経験でも資格がなくても困ったことはあまりないように感じます。

ただ、前述したように、未経験だと経験者が優遇されることが多いので、条件面では選り好みせずに、まずは実績と経験を積んでから、より良い条件の職場にキャリアアップ(転職)するという進路の方が、大学中退から医療事務に就職する仕方としては効率が良いと思います。

19歳で大学中退/無資格/未経験でも医療事務への就職はできる、諦めなければ結果はついてくる

このように、私が大学中退後に医療事務として就職した体験談を紹介しました。

私は大学中退したことによって最終学歴が高卒なので、正社員に就職するまですごく大変でした。何度も面接に落ちると自分がだめ人間になったような気分になります。だめだとレッテルを貼られたような気持ちになって自暴自棄になることもあるかもしれません。

ですが、あきらめないで面接を受けていたらいつかは採用されると思うのであきらめないようにしましょう。私もフリーター生活が2年続き、すごく大変だった時期がありますが、今はあきらめずに面接を受けてよかったと思っています。もし、大学を中退しようと思った人は参考にしてくださいね。

大学中退専門の就職エージェントとは?

ニートちゃん
M.Nさんの体験談、いかがでしたか?

私も、M.Nさんのように、地方出身で、大学中退後の就活には苦戦しました。地方だとどうしても、ハローワークや就職サイトを活用するしか就活方法の選択肢はありません。

しかし、東京・神奈川・埼玉・千葉などの関東圏や、名古屋・大阪・京都・兵庫などの関西圏、札幌や福岡などのある程度大きな都心部であれば、就職エージェントを利用した方が、経験上、正社員にはなりやすいと感じました。

大学中退専門の就職エージェントは、全国的にもまだまだ数は少ないですが、以下の8社が代表的なエージェントです。
就職Shop,就職ショップ,ハタラクティブ,DYM就職,ジェイック,JAIC,第二新卒エージェントneo,ウズキャリ既卒,UZUZ,いい就職プラザ,いい就職ドットコム,いい就職

ニートちゃん
私は、これら全てのエージェントを利用して、実際に秘書(事務系)としての正社員職に就くことができました

実際に、私の足を運んで利用してきたエージェントの体験談と併せて、利用してよかったと感じたエージェントをランキング形式でまとめてみました。少しでも、これからの就活に役立てていただけたら嬉しいです。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ