女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学中退からアニメーターへ就職後ゲーム会社に転職!?26歳男性の体験談

ニートちゃん
先日、ツイッターで「大学中退経験者からの就職体験談」を募集した所、ありがたいことに、続々と協力していただける方から体験談を書いていただけました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こちらの方は、ツイッターのフォロー外からご連絡をいただきました。大学中退を経て、アニメーターとして6年勤務、その後某大手ゲーム会社へ転職

【K.Hさんのプロフィール】
26歳男性、1年次に大学中退、その後3か月無職ニート生活。東日本大震災のボランティアも経験。オンラインゲームと絵を描くことが特技で趣味。

ニートちゃん
では、K.Hさんの体験談をご紹介していきます。

大学中退ニートからアニメーターを経てゲーム会社に就職!?決して簡単な道のりではなかった…

大学中退後に1年のニート期間を経て、アニメーターとして就職し、現在ではアニメーターの時に作成してきたポートフォリオが認められて、ゲーム関係の制作会社の正社員として働いている26歳男性です。

大学中退した後しばらくは、何にも縛られない自由な生活を満喫して、オンラインゲームに没頭する、ほぼ引きこもりニートで廃人のような生活をしていましたが、今のゲーム会社に就職するまでは、大学中退ニートならではの悩みも多く、想像以上に辛い生活でした。

大学中退の理由は兄の生き方を追うのが嫌だったから!?中退したきっかけとは?

高校の推薦で入学した大学でしたが、選んだ理由は成績が妥当で入れるという理由だけでした。学部は違いましたが同じ大学に兄が通っていましたが、兄がいたことは大学を選んだ理由ではありません。

逆に兄は3年生でしたが全然勉強などしていなくて、バイトとサークルの活動が生活の中心という感じで大学には遊びに行ってるんじゃないかという風に見えてああはなりたくないと思っていました。

それなのに、同じ大学しか行けなかったことが本当に残念で結局そんな気持ちが既に辞める方向へベクトルを向けていたのかもしれません。入って一週間もしないうちクラスメートたちの間ではサークルやバイトの話でもちきりになりました。何だかもうそれだけで、結局兄のようになるのかと思えてきて大学を毛嫌いするような気持ちが日々続いていました。

大学中退の決定打は東日本大震災…親の反対を押し切って被災地のボランティアへ

それでも、何とか夏が過ぎ秋が過ぎ冬も終わろうとしていました。惰性だけどよく通い続けているなと自分で振り返ると怖くなるような日々を送っていたのですが、そん時あの東日本大震災が起こったのです。

被災地ではなかったのですが生まれて初めての揺れを体験したり、帰宅難民になったり、ショッキングな体験を沢山しました。そして、テレビで被災地の様子や福島の原発事故のニュースを見ているうちに、これから日本はどうなってしまうのだろうかと本当に不安になってきたのです。

被災地の人たちの大変さが自分のことのように思えてきて、自分も何か出来ることはないか何かしたいと思うようになりました。そして、親の反対を押し切って大学を中退して被災地にボランティアに行く決意をしたのです。

大学中退してお金がなくなる…中退した後悔の始まりはココから

しばらくボランティアに行きましたが、結局経済的にも厳しくなって程なくして実家に戻りました。その時今自分の置かれている状況にショックを受けました。

大学中退してしまいお金もない、一体自分はこれからどうやって生きて行けばいいのかと途方に暮れる日々でした。何で安易に辞めてしまったのかと後悔の気持ちがこみ上げてきて食欲もなくなり激やせしてしまいました。夜も眠れなくなり、いつもイライラして母親に訳の分からないことを怒鳴りつけたりしていました。

大学中退したことを親不孝と罵られ、家族とは疎遠に…

うちは、両親と兄と妹、そしてお祖母ちゃんも同居しているという家族構成でした。父親とは高校の時からぶつかることが多かったので今回大学を辞めるに当たっても、話し合いというよりは一方的な意見の言い合いのような喧嘩のようなやり取りもありました。

なので、ボランティアから帰ってきてからは、父親から攻めるようなことも沢山言われましたが、自分が追い込まれているということはよく分かっていたようで長くは続きませんでした。

お祖母ちゃんも無神経に色々言ってはきましたが、時と共にそんなに言わなくなりました。母親は何も言わないようにしようとしているようで、それが気に食わなくて自分は母親に食ってかかることが多くなりました。

兄や妹は触れないようにしている感じで、家の中でも顔を合わさないようにしてくれているのかなと思ったくらいです。時間はあるので高校時代の友達とはたまに連絡を取って遊びに行ったりはしていましたが、遊ぶだけであまり深い話はしませんでした。

本当はこれからどうしようか悩んでいると本心を話したかったのですが、それは出来ませんでした。でも以前と同じように会って遊んだり出来たのは救いでしたね。

大学中退したメリットとは?人生について真剣に考える時間が持てたこと

大学中退してから、試験もないし勉強もしなくて良くなり、自由な時間が沢山持てました。将来について考える時間をゆっくり持てた点は、大学中退した際のメリットだと思います。

高校時代は部活と勉強、そして大学に入ってからも勉強とアルバイトで思えば将来についてとか、自分自身についてとかそんなことを考える時間が全くなかったなということに気づきました。

大学を中退してある意味失うものは何もないのではないかと思えて来ました。もちろん、どうしたらいいかという方向性も何もなかったので焦る気持ちもありましたが、「無からの出発も悪くない」なんて楽観的に思える時もあって、結構自分は前向きな人間なのではと思えてきたのです。

アニメーターへの就職を考え始めたのは大学中退から3か月後

3か月位、いわゆる引きこもりなのかニートなのかという生活を続けていました。ゲーム三昧で家族にはあきれられていました。

そんなある日、オンラインゲームのチャットで自分と同じように大学を中退した人に出会いました。彼は中退して2年間は引きこもってゲームに没頭していたらしいですが、もともと絵を描くのが得意だったこともあって、ゲームの背景を描くフリーランスの仕事を始め今ではその時一緒にやっていたオンラインゲームの背景の製作にも関わっているということを知りました。

「本当にすごい!」と思いました。そして、自分も「好きなことを仕事にしたい」、「仕事をしたい」という気持ちが芽生え始めたのです。その時初めて、自分の好きなこと「アニメの絵を描くことだ!」と気づいたのです。

アニメを描くプロになんかなれるはずもないし、今までアニメの絵を描くことと仕事を結びつけること何か全くなかったのですが、「アニメーターだ!」なんて自分の声が聴こえてきたのは本当に驚きでした。

アニメーターに就職するために専門学校や予備校に通う必要なし

アニメーター系の求人の応募条件をみてみると、学歴や資格、職歴などは特になくても大丈夫で、大学中退していて最終学歴が高卒であっても、アニメーターの職に就くことはできます。

ネットで調べていると、アニメーターを養成する専門学校や、デザイナーやイラストレーターなどを専門的に学ぶ予備校なども目にしましたが、全てのコースを修了させるのに1~2年かかる事や、学費が年200万以上かかるので、大学中退してお金もなかった私にとって、専門学校に通うという選択肢はありませんでした。

ただ、アニメーター求人の備考欄にはよく、「イラストレーターやフォトショップのスキルは歓迎」のように書かれていることが多く、アニメーターとして働き始めてスキルが無くて恥をかくのも嫌だったので、ヒューマンアカデミーのオンライン講座で1ヵ月の短期集中で、IllustratorとPhotoshopを勉強して、最低限のスキルは身につけました。

オンライン講座は専門学校の授業料と比べても安く、3か月コースで4万弱(私が受講した時はキャンペーンで半額で受けることができました)で、サポートもしっかりついてくるので、イラストレーターやフォトショップのスキルを身につけるくらいであれば、オンライン講座で十分だと感じます。

大学中退後にアニメーターの仕事に就職するまでの道のり

私は、学歴もバイト歴も資格もない状態だったので、就職できるか本当に不安でした。

イラストレーターやフォトショップのスキルを身につけた後は、就活を始めることになりましたが、大学中退後の就活の仕方がわからなかったので、まずは、ハローワークの就職相談のコーナーに行って率直に自分のその気持ちを話すことから始めました。親身になって相談員の人がアニメーターに関連する仕事を探してくれましたが、その時は求人にはありませんでした。

ネットの求人サイトではアニメーターの求人が山ほどありますが、正直どれもブラック企業に見えてしまって、応募するには至りませんでした。しかも、どの求人にも「新卒採用」と条件の記載があったので、「中途採用枠」を求人サイトで探すのは少し不便に感じました。

大学中退後の就活に対応している就職エージェントの存在を知り、相談に行くことになりました。アニメーター関連の仕事を探してもらうと、たまたま募集のあったアニメーターの求人を紹介してもらい、試用期間があるものの、正社員になるチャンスもあると書いてあったので応募すると採用されました。

時給も安くこれで生活していくのは厳しいことは分かっていましたがとりあえず、これが自分で見つけた答えだと確信し就職を決めました。

アニメーターとして認められ26歳でゲーム会社に就職

結局、就職エージェントで紹介されたアニメーターの会社を約6年勤め、正社員にも昇格できました。

元々、絵を描くことが好きだったため、デザインしている時は、時間を忘れ作業に没頭することができて、また、デザインを加工する時などは、イラストレーターやフォトショップのスキルはしっかり生かされています。今振り返ってみると、就職前に勉強したオンライン講座の経験がなければ、就職することは難しかったように感じます。

アニメーターの会社では、独学で3Dアニメーションなども勉強していたので、キャリアアップの想いを強くなってきた26歳の頃、転職サイトを使って、憧れだったゲーム業界に応募した所、これまで作成してきたポートフォリオが認められて、ゲーム会社に転職することができました。

大学中退した時は、ゲーム会社への就職は想像すらできませんでしたが、アニメーターなどの職歴をコツコツ積み上げることで、道は拓けるんだと強く実感しました。

大学中退後のアニメーターへの就職は人生の価値観を変えてくれたきっかけ

この大学中退、そしてアニメーターとして就職したことは、自分の人生観を全く変えたことは間違いないでしょう。それまでは、大学を出て大企業に就職するという事が全て位に思っていたのです。それが、自分の好きな「絵を描くこと」を仕事にするという気づきから、アニメーターの時の給料は低かったものの、現在のゲーム会社では倍くらいの給料を頂いています。

あの時「アニメーターだ!」とその道に進んだことは自分の人生を明るいものにしてくれたことは間違いありません。

大学中退専門の就職エージェントとは?

ニートちゃん
K.Hさんの体験談はいかがでしたか?

K.Hさんは、就職前に1ヵ月の短期集中でオンライン講座でイラストレーターやフォトショップのスキルを身につけ、就職を成功させました。大学中退してしまうと、最終学歴が高卒となってしまい、社会人経験もないためビジネスマナーがわからないからと、企業側としては大学中退者の雇用に良い印象は持っていません。

ニートちゃん
ただ、独学で勉強するくらいの熱意があれば、高いスキルを持っていなくても就職できる可能性は高くなります。

K.Hさんが利用したオンライン講座は、「ヒューマンアカデミー」のオンラインコースで、IllustratorやPhotoshopのソフトをアドビ(Adobe)で普通に購入すると3万弱しますが、ヒューマンアカデミーのコースだと「学割(学生でなくても誰でも利用可」という名目で、オンラインコースとサポート、IllustratorやPhotoshopのソフトがセットになって3~4万(キャンペーン時)で購入できるので、コストを一番抑えた方法で勉強できたそうです。

ニートちゃん
アニメやデザインの専門学校の授業料は200万以上の所もあってとても高いですからね…

アニメーターへの就職が決まった、大学中退者専門の就職エージェントは就職Shopです。アニメーターやデザイン関係の求人がいつでもあるわけではありませんが、タイミングが合えば、書類選考なしで面接までセッティングしてくれるので、就活の効率は高いように感じます。

ニートちゃん
私の就職先が決まったのも、実は、就職Shopです。就職Shopに行ってきた体験談も参考にしてみてください。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ