女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

就職ショップ京都の評判は?実際に行ってきた本音のレビュー体験談

就職Shop

◆大学中退で最終学歴は高卒◆資格・免許・職歴なし◆ニート→フリーター→ニートを繰り返す

どうしようもない26歳女性ニートが唯一、超ホワイト企業に正社員就職できた就職Shop。

就職Shopの公式サイトはこちら

大学中退後、ニート・フリーターとして不安定な生活が続いていたため、正社員に向けた就活を始めた私は、就職求人サイトやハローワーク、ジョブカフェを利用して求人に応募するも、ほとんどが書類選考落ちで、運よく面接まで行けてもボロボロ。色々調べていく内に、就職ショップの存在を知りました。

ただ、就職ショップ京都支店の口コミや評判も少なく、利用する前の私の不安点と言えば、

まともな求人がそもそもあるのか?
空白期間があっても正社員に就職できるのか…
適当な求人を紹介されないか…
ニート歴がある私でも利用できるのか?

など不安だらけ。

ニートちゃん
あまり期待はしていませんでしたが、就職ショップを利用した結果、秘書の正社員としてホワイト企業に就職することができました

このページでは、ネットの口コミや評判に惑わされず、就職ショップ京都に行ってきた実際の体験談を良い所も悪い所も全て本音でご紹介しています

ニートちゃん
少しでも良い仕事選びができる手助けができれば幸いです。

就職ショップ京都の特徴|未経験でも書類選考なしで面接確約⇒正社員へ

中退歴やニート歴、正社員未経験の場合、普通に就職サイトなどを使って就活しても失敗します。これは、私の失敗談ですが、就職サイトは家の中で楽に求人閲覧できて応募できて楽なのですが、書類選考でほとんどの確率で落とされます

職歴がないと、応募する求人が全て「未経験OK」の求人から探す必要があって、新卒であれば未経験でも当たり前ですが、私の場合、大学を中退してしまっているので、最終学歴が高卒で既卒という状態でした。

日本社会は私のようにブランクがあったり、短期離職したりした人には厳しい文化です。転職で別の職種や業種に変更して「未経験」として求人に応募するだけでも書類通過するのは厳しいですが、ニート期間やフリーター期間があると就活は話にならないというのが、私が実際に感じたこと。

しかし、就職ショップ京都から紹介してもらえる求人の場合、全ての求人の書類選考がないので、求人に応募する意思を示せば面接が確約します

 

 

未経験でも応募できて、しかも書類選考がないというのは、正直どうも胡散臭くて「どうせ、まともな求人なんてないんだろうな…」と思っていました。

ニートちゃん
しかし、実際に就職ショップ京都を利用してみると、それは私の勘違いでした

就職ショップ京都の求人の質は、これまで利用してきた就職サイトやハローワークで掲載されているような求人よりは逆に良質だと感じました。就職ショップ京都が紹介してくれる企業一社一社に、担当者がしっかり足を運んで取材していて、ブラック企業と判明すると排除してくれています

就職サイトやハローワークと違って、人がしっかり仲介してくれているので、悪質な求人を一つ一つ見極めて取り除いてくれているという点は安心できました。普通だと、提携先の全ての企業に訪問取材するのは不可能です。しかし、手を抜くことなくやっているエージェントは就職ショップだけ。

でも、「私のような未経験でも、なんで書類選考なしで面接ができてしまうんだろう?」と一番疑問に思いましたが、それは企業側が書類重視ではなく、人物重視で採用したいという会社だけを集めているので、書類選考なしでの紹介ができるということを担当カウンセラーの方に教えてもらいました。

 

 

書類ではなく人物・人柄重視で採用したいという会社がそれほど多いとは思いませんが、就職ショップは、このような求人を8000社以上紹介してくれます。人物重視の企業をこれだけ集めることができるというのは、就職ショップがリクルート系列だからという理由が挙げられます。

ニートちゃん
リクルートは人材系企業でNo.1です。事業規模の桁が違うので、書類選考なしの優良企業だけを集めるのは難しいことではないと予測ができます。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップきょうとの特徴|京都以外の大阪・滋賀・兵庫の関西エリア求人も紹介可能

就職ショップきょうとは、京都(京都市・長岡市・向日市・宇治市・八幡市など)の求人以外にも大阪府・滋賀県・兵庫県の関西エリアの求人も紹介してくれます

基本的には就職ショップの店舗がある東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫付近の地域であれば求人紹介が可能なので、仮に、「東京の求人を紹介してもらいたい!」という場合でも利用可能です。

参考>>就職ショップ公式サイトより

就職ショップ京都の求人票はホワイト?ブラック?

就職ショップ京都を利用する上で一番気になっていた点が、

紹介される求人ってブラックじゃないの?

本当にまともな求人を紹介してもらえるの?

という点です。実際に就職ショップ京都から紹介された求人数は全部で8社分。求人の中身を全て公開したい所ですが、残念ながら就職ショップの求人票には「詳細を第三者に公開してはならない」とあるので、細部を写真で公開することはできません。

しかし、就職ショップ京都の求人票にブラック要素がなかったかを表にしてみました。最低限のブラック要素がないか、年間休日、残業代、残業時間、給与、社会保険等を全求人から抽出したのが下の表です。

就職ショップ京都の求人票の内訳(8求人を比較
年間休日
※100日以下はブラック
※120日以上はホワイト
100~109日2
110~119日1
120~129日5
残業時間
※40時間以上はブラック
※20時間以内はホワイト
0~10時間4
11~20時間0
21~30時間
2
31~40時間2
賞与(ボーナス)なし1
年1回1
年2回6
給与(月給)17~20万4
20~22万3
22~24万0
24~26万
1
昇給
※昇給なしはブラック
なし1
年1回6
年2回1
住宅手当
あり5
なし3
交通費支給すべてあり
残業代支給すべてあり

ニートちゃん
8社中、気になる求人が1件だけありました

ボーナスなし、昇給もなし、給与も一番低い求人でしたが、よく見てみると雇用形態が「契約社員」…

正社員登用あり」とは書かれてありましたが、基本的には「6か月の更新」と書かれてあったので、「全部、正社員求人を紹介してくれるんじゃないの?」と感じました。契約社員では賞与も昇給もない場合が多いので、ブラック求人とは言えませんが、正社員になれるのは確約ではないので、この求人は普通にスルー

気になった求人はこの1求人だけで、残りの7求人は仕事内容や条件的には良い方だと感じました。しかも、その内の2求人はかなりの優良案件で、仕事内容や待遇などを詳しく聞いてみてもホワイト求人でした

就職ショップ京都を利用した正直な感想としては、「なんでもっと早く就職ショップを利用しなかったんだろう…」という後悔。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職求人サイトがオススメできない理由

これまで、就職サイトやハローワークで時間を浪費してきて、しかも就活費もバカになりませんでした。これは私の失敗談として聞いていただきたいですが、就職サイトは新卒や正社員3年以上の転職希望者でない限り、利用はオススメできないということです。

リクナビやマイナビなどは主に新卒者向けの就職サイトで、リクナビNEXTやDODAなどは転職者向けのサイトです。ちなみにリクルートエージェントやマイナビエージェント、DODAエージェントなどの有名エージェントは転職者向けのエージェント。

ニートちゃん
これらの就職サイトやエージェントも利用してきましたが、全て落とされました

それもそのはず、他にこれらのサービスに登録しているライバルは全員新卒か仕事をバリバリやってきた転職希望者。書類選考の際に、ライバルが強いと落とされるのは当たり前

私がこれらの就職サイトやエージェントを利用していた理由としては、「給与や待遇がかなり良かったから」です。「未経験でも年収600万!」などの甘い誘い文句につられて登録しましたが、どれも上手く行きませんでした。

この失敗からの教訓は、既卒・第二新卒専門のエージェントを使った方が一番効率の良い就活ができるということ。そして、その中でも一番良い条件の求人を探し出して応募していくことが重要です。

全国には、既卒・第二新卒専門の就職エージェントが以下の8社ほど。

私は、これら全てのエージェントを利用してきましたが、この中で求人の質やサービス、担当カウンセラーの対応等も含めて一番良かったエージェントが就職ショップでした

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ京都のカウンセラーの印象

ニートちゃん
就職ショップの公式サイトをみてみると、京都支店のカウンセラーからのメッセージが載っています。

私を担当してくれたカウンセラーの方も、たまたま上の写真に載っている竹嶋さんという男性の方でした。竹嶋さんの印象ですが、物腰が柔らかい丁寧な方で、相談中も否定することなく親身になって話を傾聴してくれました

印象的なことは、「時間をいくらかけてもいいので、納得のいく就活をしていきましょう」と、焦らせることなく私のペースに合わせてくれた点です。

これまで利用してきたエージェントだと、「2日以内に応募するかどうか決めてください」と高圧的で、なんか急かされている感じがしましたが、竹嶋さんの場合は、悩みや不安をしっかり聴いてくれながら、どんな職場であれば長く働きやすいのか一緒に考えてくれながら求人を紹介してくれたので、個人的にはとてもやりやすかったです

あと、求人の良い部分だけではなく、求人毎のデメリットや注意点など悪い点もしっかり伝えてくれるのは良かったです。

就職ショップの担当者が紹介する企業一社一社に足を運んでいるだけあって、その会社の雰囲気や上司の性格、働く人はどんな人が多いかなど、紙面には載っていない部分まで詳しく教えてくれるのは、就職ショップを利用する魅力的な部分かなと感じました。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップの京都オフィスの雰囲気

就職ショップ京都オフィスの場所ですが、烏丸駅を出てすぐの「K・I四条ビル」の好立地にあります。

ビル内のテナントにはリクルートの他にも楽天やSMBCなどの優良企業も入っていました。

ビル内に入ると、大理石でできた床や壁の建築で、かなり立派です。

エレベーターで7階まで上がると…

ニートちゃん
就職ショップ京都オフィスがありました。

オフィス内に入ると、受話器があって、そこで予約名と予約時間を伝えます。

奥の方から担当カウンセラーが迎えにきてくれて、個室に移動しました。

就職ショップでの初回面談やサポートは全て個室での対応なので、周りの目を気にすることなく相談できる点は良かったです

就職ショップの公式サイトはこちら

 

就職ショップ京都はフリーター・ニートでも利用できるのか?

就職ショップ京都を利用する前に一番心配だったことは、

大学中退した後ニート歴があって、これまで短期バイトや単発派遣などの職歴しかないフリーターでも就職ショップ京都を利用できるのか?

ということ。結論からお伝えすると、ちゃんと利用できました。「私の経歴では、まともな求人なんて紹介してもらえないんじゃないか…」と疑っていましたが、実際に利用してみると、ハローワークや就職求人サイトから下手に応募するよりもずっと就職ショップ京都から紹介された求人の方が良質でした

就職ショップの利用対象者についてですが、基本的には学歴関係なく18歳以上であれば誰でも利用が可能です。

就職ショップのデータをみてみると、就職決定者の7割が私のように正社員未経験者なので、実績はしっかりあるようです。

利用者の9割が20代で、一応担当の方に聞いてみると、30歳前後でも就職者を出しているそうです。利用者の学歴についてみても、高卒、短大卒、専門卒、大卒、大学院卒と学歴に関係なく就職先を紹介してもらえます。


ニートちゃん
実際に私は大学中退で最終学歴が高卒ですが、利用できました。

就職ショップ京都の利用者は、「求職中」で無職期間中に利用している人が半分以上と多く、「在職中」で利用している人もバイトやパート、派遣、契約などのフリーターの方が大半を占めています

 

私でも利用できるかな…」と悩む期間がありましたが、実際に利用した後は、「もっと早くに相談しておけばよかった…」と後悔しました。

ブランクや空白期間が長い場合でも、担当カウンセラーから否定されたり、叱られたりすることは一切ありません

ニートちゃん
どんな相談内容でも親身に聞いてくれるので、その点は安心できますよ。

就職ショップの公式サイトはこちら

【就職ショップ京都の求人】京都にはどんな職種や企業が多いのか聞いてみた

就職ショップを利用するメリットは、未経験でも職種・業種を選べて、しかも莫大な求人数の中から希望する企業を紹介してもらいやすいという点です。就職ショップが出しているデータをみても、紹介している企業は、IT系、メーカー、商社、営業、企画、事務系、ソフトウェア、ネットワーク系など、他のエージェントと比べてもバランスが良いです。

 

しかし、このデータは就職ショップの店舗全体的な平均であって、京都支店のデータではありません。地域によって、盛んな産業は異なるので、京都にはどんな職種や企業が多いのか、就職ショップ京都支店では実際にどんな求人を紹介してくれるのか聞いてみました

基本的に、京都の主要産業と言われているのが3つあって、

(1) 製造業(緻密製品・電子部品・半導体などが有名)
(2) 伝統工芸
(3) 観光サービス業

などで、電子部品や半導体製造の技術などは世界に誇る技術を持った企業があります。特に、京都南側はモノ作り系の製造業が盛んで、任天堂やワコール、村田製作所や島田製作所などの超有名企業が挙げられます。

また、京都はこの数年で外国人観光客が大幅に増えていて、接客や営業などの仕事も多いそうです。英語や外国語を使える人材が不足しているので、もし英語や他の言語を使えるのであれば、結構良い給料でも雇ってくれる所は少なくありません。

あとは、京都には大学も多く、「学生の町」と呼ばれることもあります。そのため飲食やサービス業も多いですが、長く正社員として続けていく職業としては少し微妙な感じです

就職ショップ京都では、一応IT系や事務系の求人もありますが、大阪の求人数と比べると少ない方です。地域的なものでもありますが、もしIT系や事務系を目指すのであれば、京都内の求人だけではなく、大阪の求人も一緒に紹介してもらうことをお勧めします

ちなみに、ちょっとした豆知識ですが、京都で未経験の正社員求人を探す際、平均給与が16~17万の所が多いですが、就職ショップ京都で求人紹介してもらった感じ、平均給与が17~20万ほどと普通よりは高かったです

ニートちゃん
大阪の方が2万前後給与が高いので、もう少し給料が高い方がいいという場合は、大阪の求人も併せて紹介してもらってください。

就職ショップを通して、採用先が決まった人の職種・業種をみてみると、結構バランスよく就職先が決まっていました。

私の場合、IT系や事務系の京都では少ない求人も希望しましたが、求人数は少なかったですが、一応京都府内の求人は紹介してもらえました

就職ショップの公式サイトはこちら

 

就職ショップ京都で未経験からの就職成功率はどれくらいか聞いてみた

ニート歴があって、ブランクが長い私でも就職できるのか?」という部分が一番気がかりでした。そこで、就職ショップ京都では、私のように未経験からの就職成功率はどれくらいなのか聞いてみました。

個人によって、就職率や内定獲得件数はかなり差があるそうです。ただ、平均的には3社受けてみて1社内定を取る方が多いそうですが、利用者の中には1社だけ面接を受けて上手くいかずに離脱する方も多く、「途中で諦めてしまう方を除けば、就職成功率は感覚的に90%以上は超えている」と答えてくれました。

就職するまでの期間ですが、求人に応募をして面接までの期間が1週間~10日で、初回相談から平均して1~2か月以内に内定をもらう方が多いそうです。内定が決まってから2週間前後で出勤となるイメージです。

ニートちゃん
実際に私の経歴でも就職ショップを通して就職先が2か月以内に決まったので、結構信憑性は高いかなと思います。

就職ショップ京都の初回面談はどんなことを聞かれる?

就職ショップ京都の初回面談の流れですが、まず個室に通されて、面談前に以下の3つの書類に記入しました。

記入した3つの書類は、

(1) プロフィールシート
(2) 簡単なアンケート
(3) 個人情報取り扱い同意書

の3つ。

基本的に初回面談は、プロフィールシートに書いた書類に沿って色々質問される流れでした。プロフィールシートで聞かれる項目は、

相談目的(求人を見たい、就活のやり方がわからない、書類・面接対策、何をしていいのかわからない)
やりたい仕事とその理由
やりたくない仕事とその理由
仕事をする上で気になる事、心配なこと
仕事をする上で重要視すること
得意なこと、できそうなこと
苦手なこと
趣味・好きなこと

など、「いきなり求人紹介!」ということはなく、まずは、人柄や性格、好きなことなどをしっかり理解しながら、「どんな会社の風土・雰囲気が合うか」「どんな働き方が長く続けられそうか」「そんな仕事が合いそうか」といろんな角度から考えてくれているのがよく分かりました。

 


※就職Shop公式サイトより引用

相談前は、
何で今まで何もやってこなかったの!?
こんな経歴じゃ、どこも紹介できません!

と言われるのが怖くて、就職ショップ京都を利用するのを躊躇していましたが、実際は違いました否定することは一切なくて、私の心配しているブランクや、本当にこれから働けるのか、などのくだらない質問に対しても親身に答えてくれた点は、利用者としては安心できました。

初回面談で担当カウンセラーと話している中で分かったことですが、就職ショップのスタッフさんも、短期離職してブランクがある中で就活していたり、大学を中退していたり、フリーターを長らく続けてから正社員になった方など、同じ悩みを抱えていた方が多く働いていて、結構共感して話を聞いてくれました。

就職Shopでの面談は採用面接の場ではありません。どんな悩みを話しても、それが面接の合否に関わるということはないので安心してください。「やりたい仕事がわからないんです…」というのが私の最初の相談。これでも大丈夫です。

たった1人で就活するのは至難の業です。就活が辛い時ほど、誰にも相談したくなかったのですが、今では就職Shopに早めに相談してよかったと感じています。

就職ショップの公式サイトはこちら

 

就職ショップ京都のサポートは?履歴書・職務経歴書の添削・面接対策は企業に合わせて個別対応

就職ショップ京都のサポートについてですが、就職ショップの書類添削・面接対策のサポートを利用しないと損です

ニートちゃん
私は、特に面接が本当に苦手で、面接本番では準備していたことまで真っ白になって何も言えなくなってしまうタイプでした。

就職ショップ京都の面接対策は、納得するまで何度でもやってくれます。具体的に言うと、普通就職面接の対策は、業界の職業研究をした後に、更に企業毎の攻略法を見つけるために企業研究をしっかりしないと受かりにくいですが、就職ショップ京都の面接対策は、「ここの人事の方は、志望動機よりも元気さを評価する性格なので、面接ではハキハキ答えることを一番意識してください」のようなアドバイスをくれました。

面接官によって重視する項目は変わってくるので、それは、就職ショップのカウンセラーに聞いた方が一番早いです。それぞれの人事担当者を熟知している就職ショップのスタッフは、ある意味本番前に少しカンニングさせてくれるようなサポートをしてくれるので、その点企業での面接もやりやすかったです。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ京都に行ってきた体験談【評判・口コミを暴露/デメリットあり】

ニートちゃん
就職ショップ京都のメリットも多いですが、実際に利用して感じたデメリットもありました

ネットに載っている口コミ・評判などは企業側がお金を払って書いてもらうケースも多く、ここでは絶対にネットの口コミや評判には載っていないようなデメリットを、私の実体験を踏まえてご紹介していきます

就職ショップ京都の4つのデメリットとは?

ニートちゃん
利用して感じたデメリットは4つです。

(1) 連絡があまり来ない

就職ショップ京都は良い意味でも悪い意味でも、メールや電話での連絡があまり来ません。初回面談が終わって2回目以降の連絡は、就職Shop側から「紹介した求人はどうでしたか?」「次の面談日はいつにしますか?」という連絡はありませんでした。

私の場合、性格的に自分のペースで求人を吟味して応募するかどうかを決めたいので、逆に連絡があまりない方が好都合なのですが、エージェント側にフルサポートで連絡も応募するタイミングも決めてもらいたいという方には就職Shop神戸はオススメできません。自分から連絡ができて、ある程度自立している方は向いています。

ニートちゃん
ちなみに、求人に応募することを担当者に連絡した後は、書類や面接対策などはかなりサポートしてくれます

(2) 初回面談当日に求人紹介されないこともある

私の場合は、初回面談当日に求人紹介してもらえましたが、ブログの読者さんの中に、「当日に求人紹介してもらえませんでした(泣)」と相談される方がいました。

就職ショップ京都は、リクルート系列とだけあって、結構人気のあるエージェントなので、繁忙期には1時間ごとで相談予約が埋まってしまうこともあるそうです。初回面談は、利用者の人柄や性格、希望などをしっかり理解するための話合いの時間が多いので、1時間ほどの相談時間だと、人物像を理解するだけで終わって、求人は後からメールで紹介することもあります

できるだけ希望に近い求人を紹介するために初回面談の時間を重視しているのでミスマッチが防げるという点では良いですが、「相談時間は不要なので、とにかく求人だけを紹介してほしい」という方には就職ショップ京都は向いていません

何度も言いますが、私の場合は初回面談当日に求人を紹介してもらえました。混み合っていて当日に求人紹介してもらえなかった方も1~3日後には添付メールで求人票を送ってもらえるようです

どうしても当日に求人紹介してもらいたいという場合は、比較的相談者の少ない午前中に面談予約を入れるか、午後の一番最後の時間枠で面談予約を入れることをお勧めします。

(3) 担当者と合わない可能性がある

私は運が良くて、担当してくださった竹嶋さんは、サポート力も求人への理解力も高く、就職をサポートしてくれるカウンセラーとしては、本当に良かったです。

ただ、人それぞれで価値観は違うと思うので、別の担当者に当たったとき、その人と相性が合わない可能性もあります。こればかりは会って話してみないと分かりませんが、もし合わないと感じた時は、担当者を変更することも可能です。

(4) 希望する求人がない可能性がある

もし、希望職種・業種がマイナーなものだったり、高倍率な求人だったり、都心から離れた郊外の地域を希望している場合は、いくら就職ショップでもその求人がない可能性があります

また、事務系やIT系も人気な求人ですが、私の場合は、両方とも希望して、数は少なかったですが、求人自体は紹介してもらえました。ただ、もう少し多めに事務系やIT系求人を紹介してもらいたい場合は、大阪の求人票も併せて紹介してもらうことをお勧めします

ニートちゃん
事務系やIT系の求人は大阪の方が京都よりも数は多いそうです。
4つのデメリット(1) 連絡があまり来ない
(2) 初回面談当日に求人紹介されないこともある
(3) 担当者と合わない可能性がある
(4) 希望する求人がない可能性がある

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ京都の登録から内定までの流れ

就職ショップ京都は、最初の面談から就職が決まるまですべて無料でした。料金が無料の理由は、企業側が紹介料を就職ショップに支払うので、利用者が料金を支払う必要がありません。

就職ショップ京都の初回面談はウェブで1分で予約ができました

就職ショップの申し込みは簡単でした。全部で1~2分ほどでできます

就職ショップの公式サイトから「面談予約」で、希望の時間や場所を選ぶことができます。面談予約が完了すると、すぐに予約完了メールが届きます。面談日まで就職ショップからの電話は一切ありません。当日に行くだけです。

持ち物は筆記用具だけで、服装は普段着で大丈夫ということだったので、私は普段着で行きました。普段着で全く問題なかったです。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ京都のアクセス|四条駅・烏丸駅から徒歩1分


就職ショップ京都のアクセスはかなり良いです。私は、烏丸駅を利用して就職ショップ京都オフィスに向かいましたが、25番出口から地上に出て、左手に進むと、その左側にあるビルが就職ショップ京都オフィスの入ったビルでした烏丸駅から徒歩1分とありますが、実際は1分もかからなかったです

◆就職ショップ京都の詳細◆
【住所】京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町8(K・I四条ビル7階)
【営業時間】月~金(10:00~18:30)
【お休み】土・日・祝日
【電話番号】075-213-8841

就職ショップの公式サイト


→就職shopの公式サイト移動はこちらをクリック

6月から20卒の就職面接が本格解禁するので、できれば6月中に動き出した方が内定は取りやすいです7~8月は就職面接のピークで、更にインターンシップも始まります

7月以降は人事担当者が新卒採用で忙しくなるので、毎年求人数が減る傾向にあります

ニートちゃん
焦らせるつもりはありませんが、私の経験上、7月以降に就活するよりも6月の方が既卒者の就職率は高いように感じます。

就職Shopの公式サイトはこちら

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ