女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

就職ショップ大阪に行ってきた|評判や口コミに載っていない本音のレビュー体験談

就職Shop

◆大学中退で最終学歴は高卒◆資格・免許・職歴なし◆ニート→フリーター→ニートを繰り返す

どうしようもない26歳女性ニートが唯一、超ホワイト企業に正社員就職できた就職Shop。

就職Shopの公式サイトはこちら

大学中退後、既卒ニートとなった私はハローワークや就職サイトを活用しながら就活を始めましたがどれも上手くいかず、大阪にある就職ショップを利用してみることにしました。

しかし、就職ショップ大阪支店の口コミや評判はネットにほとんど載ってなくて、正直、「大阪支店の担当者の対応が悪かったらどうしよう…」「そもそも、まともな求人を紹介してくれるのか…」と不安でした。

結論からお伝えすると、就職ショップ大阪の私の担当者や紹介された求人共にかなり良い感じでした

私のような、大学中退、最終学歴は高卒、既卒ニート、職歴は短期バイトや派遣のみというボロボロの経歴では、リクナビやマイナビ、リクルートエージェントやDODAなどの新卒・転職者向けの就職サイトや転職エージェントを利用してもお払い箱で、就活が上手くいくことはありませんでした

既卒や第二新卒を専門としている就職エージェントは全国で下の8社。

私はこれら全てのエージェントを利用してきましたが、この中でも就職Shopは断トツでカウンセラーの対応が良く、求人自体も良質でした

ニートちゃん
実際に私は、就職ショップから秘書の正社員の就職先から内定をもらうことができました

このページでは、ネットの口コミや評判に惑わされず、実際に私が就職ショップ大阪に行って利用した本音の感想を、良い所も悪い所も全てご紹介します

就職ショップ大阪の特徴|未経験でも書類選考なしで面接確約⇒正社員へ

就職ショップ大阪に行く前、私が就活していて一番困ったことは「書類選考が通らない」ということ。まさに下のような状態。

※漫画の続きは就職Shopの公式サイト(スマホのみ)から読むことができます。

就職Shopの公式サイトはこちら

私は、誰でも知っているような数多くの就職求人サイトに複数登録して、更にハローワークやジョブカフェも利用しながら必死に正社員職を探した経験があります。

ニートちゃん
ただ、どれだけ応募しても、書類選考で通過できない。

しかも、運よく書類通過できて面接に行けても、人事採用担当者の採用意欲がさらさらないのが丸見えで、面接時間を短くされて面接落ちというのも当たり前でした

ニートちゃん
こっちは、ただ働きたいだけなのに…

ただ、文句も言えないのはわかっていて、当時の私と言えば、

大学中退で最終学歴は高卒
ニート歴
☑ 職歴といっても短期バイトや派遣だけ
志望動機の書き方がわかってない
自己PRできるようなことがない
ブランクが長い
☑ 正社員経験なし

こんなボロボロな状態で就活していたので、そもそも受かるものも受からないといった感じでした。新卒や正社員経験3年以上あるような社会人であれば正社員への就職はそれほど難しいものではありませんが、私のような履歴が少しでもあれば、同じ経験をする人は実際多いです。

日本社会の場合、一度新卒や転職のレールから外れてしまうと、軌道修正が難しい文化です。何社の求人に応募しても、書類選考にさえ通過しないというのは、日本社会の文化的な問題が一番大きな問題。

書類選考に落ちまくって、「もう正社員は無理かな…」と諦めていた頃に、就職エージェントという存在を知りました。これまでエージェントという存在は知っていましたが、正直、「利益を上げるためにはどんな求人でも無理やり求人を紹介されそう…」という印象があったので、エージェントは利用せずに就職求人サイトやハロワ、ジョブカフェなどを利用する就活を続けていました。

しかし、腹は背に替えられない状態だったので、就職エージェントについて少し調べてみると、既卒・第二新卒専門で書類選考なしで優良企業に面接してもらえる求人を紹介してくれるエージェントが少ないながら3つほどあることがわかりました

その3つが、

就職ショップ
DYM就職
ジェイック

この3つ。私はこの3つのエージェントだけでなく、既卒・第二新卒専門の全てのエージェントを利用しましたが、就職Shopはこれらのエージェントの中でも一つ頭が抜けて質が良いと感じました

就職ショップ大阪の一番の特徴としては、書類選考なしで面接確約な点。

就職Shopの公式サイトで漫画を読む

就職ショップ大阪の特徴|ブラック企業を徹底排除

あとは、書類選考なしというだけでなく、就職ショップ大阪の担当者が企業一社一社に足を運んで取材しているので、ブラック企業は徹底排除しているのも魅力的な点だと言えます。

ニートちゃん
私自身、多くの就職エージェントを利用してきた中では、就職Shopはニートの私でも選べる職種・業種が最も多かったです。

就職ショップ大阪から紹介された求人で応募したい求人があれば、書類選考で即面接。その面接というのも、面接というよりは、「面談」に近い印象を持ちました。圧迫面接とかではなくて、「ウチの仕事は〇〇なこともやるけど大丈夫?」のようなお互いの考えにミスマッチはないか、話している中でちゃんとコミュニケーションが取れるかを重視した面談で、その話合いの中でお互いに印象が良ければ採用という流れです。

ニートちゃん
正直、私は面接が大の苦手で、面接となると緊張して頭が真っ白になって何も言えなくなるタイプでした。

ただ、就職ショップの担当者は、面接で聞かれる内容を企業毎に教えてくれたり、「空白期間については、こういう風にして伝えていきましょう」という感じで、もはやテストのカンニングに近い感じで親身にサポートしてくれました。

普通のエージェントと比べても、就職ショップ大阪の場合、しつこい電話やメールはほとんどありませんでした。求人を紹介されて、気に入らなければ利用しなければOKで、就職ショップの利用料も内定が出た後も含めて全て無料です。

ニートちゃん
利用料は、すべて人材を紹介された企業側が支払うので、利用者の求職者側が支払う必要がないのです。

私の経験上、下手に就職求人サイトやハロワで求人に応募するよりも、就職ショップ大阪を利用した方がブラック企業に応募するリスクは低く、更に既卒ニートからの就職成功率が最も高いと強く感じました

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ大阪に行ってみた|評判・口コミには載っていないこととは?

就職ショップの大阪支店の口コミ・評判はネット上にはほとんど載っていません。就職ショップ全体がよくても、店舗の質が悪ければ本末転倒です。

また、ネットの口コミや評判は、お金で良い口コミ・評判を買えるので、本当に信頼できる情報というのは実際は少ないです。

ということで、私自身が実際に就職ショップ大阪支店に行ってきて、大阪支店のサービスやカウンセラーの質、実際に紹介される求人について、良い所も悪い所も本音で徹底的にご紹介していきます

ニートちゃん
ネットの口コミ・評判には絶対載っていないような情報まで公開していきます。

就職Shop大阪の求人票はホワイト?ブラック?

就職Shop大阪を利用する前に一番気になったことと言えば「本当にまともな求人は紹介されるんだろうか…」という点です。では、実際に就職Shop大阪から紹介された求人の中身はどういうものか、細かく公開したい所ですが、就職Shop大阪の求人票には「第三者へ詳細を公開してはならない」とあるので、残念ながら詳細を写真等でお見せすることはできません。

でも、これではこのブログを書いている意味もないので、就職ショップ大阪の求人にブラック要素がないかを表にしてみました。主に、年間休日、残業代、残業時間、給与、社会保険等いろいろありますが、最低限ブラック企業かどうかを見極めるための要素のみを取り出してみました。

就職ショップ大阪の求人票の内訳(10求人を比較)
年間休日
※100日以下はブラック
※120日以上はホワイト
100~109日2
110~119日2
120~129日5
130日~1
残業時間
※40時間以上はブラック
※20時間以内はホワイト
0~10時間4
11~20時間3
21~30時間
2
31~40時間1
賞与(ボーナス)なし1
年1回3
年2回5
年3回1
給与(月給)17~20万4
20~22万4
22~24万1
24~26万
1
昇給
※昇給なしはブラック
なし1
年1回6
年2回3
住宅手当
あり3
なし7
交通費支給すべてあり
残業代支給すべてあり

就職ショップ大阪からは全部で10社の求人を紹介してもらいました

私の希望としては、事務系、IT系、マーケティング営業系の3つを伝えて、その結果、事務系を2社、ITエンジニア系を4社、マーケティング系を1社、そして関係のない施工管理と介護職を1社ずつ紹介されました

関係のない業種を紹介された時は、正直「え…」と思いましたが、まだやりたいことがしっかりと定まっていないと伝えていたので、担当カウンセラーの方が「一応こういうのもあるので、参考までにみてみてください」と参考程度求人ということで紹介されました。

全ての求人をしっかり吟味した結果、正直10社中2社だけがブラック求人に感じました。その理由として、1社は契約社員スタートの求人で、ブラックというよりも「え、正社員求人を紹介してくれるんじゃないの?」と感じました。最初の2か月は契約社員で、その後6か月毎に契約更新というもの。一応、「正社員登用制度あり」と記載されていましたが、正社員職を希望しているのに、「契約社員の案件を紹介されてもな…」と感じました。

もう1社も6か月更新の契約社員案件で、しかも給与が月収17万と悪条件。昇給・賞与が年に1回もなかったので、これだったら絶対に応募しないと感じるレベルの案件でした。

とはいえ、残りの8社の求人は結構条件的にも良かったです。と言うよりも、結構なホワイト求人。既卒ニートの私でも「こんな求人に応募できるの?」という良質求人も何社か紛れていました。

上のブラック要素を取り出してみた表をみてみても、年間休日が120日以上の求人が10社中6社で、その内1社が130日以上の求人だったので、かなりの優良案件だと言えます。また、残業時間が0~10時間/月の求人が10社中4社もありました。残業時間が40時間の求人が1社だけありましたが、ギリギリ許容範囲内かなという感じです。

月給に関しては、大阪府内の平均給与が私の経歴の場合、月15~18万くらいの求人が多いのですが、就職ショップ大阪からの求人は平均20万前後のものが多かったです

ニートちゃん
一つだけ月17万の求人がありましたが、年間休日125日で残業時間が5時間という求人だったので、働く時間が短い分給与が低くなっているという面では許容範囲かなという感じです。

総合的にみると、2社がブラック、4社は普通の求人、2社が優良求人で、残りの2社がかなりのホワイト求人という結果でした。ブラックやホワイトの基準は人それぞれで違いますが、私の場合は、ライフワークバランスが取りやすい長く働ける職場で、給与が平均より少しあればという感じで選びました

まとめると、就職ショップ大阪から紹介された求人は総合的には良質でした。紹介された求人に関して、応募する意思を担当カウンセラーに伝えると本当に書類選考なしで面接確約になります。気に入らない求人があれば、応募しなければいいだけ。

確率的にも就職ショップ大阪の求人は良質な求人が多い方で、私が利用した感想としては、「何で、もっと早く就職ショップを利用しなかったんだろう…」という後悔が残りました。これまで散々履歴書や職務経歴書を書いては落とされての繰り返しで、運よく面接まで行けても面接担当者に相手にされない。

ニートちゃん
内定が取れた企業もありましたが、よく調べてみると超ブラック企業で、内定を辞退したことだってありました

どれだけの時間とお金、労力を無駄にしてきたかわかりませんが、就職ショップ大阪を利用することで、これまで悩んでいたことが嘘のように正社員就職を可能にすることができました。

就職ショップ大阪では、内定が取れた後に、気が変わって内定辞退しても担当者が企業の間に立って辞退手続きをしてくれます。つまり、内定辞退も簡単にできます。無料で利用できて、気に入らなければ利用を断ればいいだけ。リスクはありません。それよりも何も行動せずに、ブランクが長くなった方がリスクです。

悩んでいるだけでは何も変わりません。当時の私は誰にも相談できずにとても辛かったですが、就職ショップ大阪の初回面談は求人紹介というよりは、むしろ、人生相談クラスの悩み相談という感じです。就活のやり方がわからなくてもOKで、今持っている不安やわからないことを正直に話してみるとかなりスッキリしますよ。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ大阪のカウンセラーの印象

就職ショップ大阪の公式サイトにカウンセラー(平山さん)からのメッセージが掲載してありますが、私の担当者は女性で朝穂さんというカウンセラーで、私の相談にも本当に一生懸命になって話を聞いてくださって、初回面談後に「一番適した求人をしっかり選びたいので、今週いっぱい時間をかけて求人を紹介しても大丈夫ですか?」という感じで、本当に私のことを思ってサポートしてくれているのが伝わってきました

これまで利用したエージェントであれば話を10分ほど聞いた後に「あなたに合った求人はこれとこれとこれですね」と言って、希望していない案件や本当に私のことを思って紹介した求人なの?と聞きたくなるようなミスマッチ求人を紹介されたりと散々でしたが、就職ショップ大阪の朝穂さんに関しては、ミスマッチをなくそうとする丁寧さを感じることができました

気に入らない求人があれば、正直に言ってくださいね。希望に近い求人をできるだけご紹介したいので。」と言う気遣いの言葉までかけていただき、その点は好評価でした。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ大阪オフィスの雰囲気

就職ショップ大阪オフィスは梅田阪急ビルのオフィスタワー15階にありますが、梅田阪急ビルと言えば大阪の中でも一等地にあって、かなり立派なビルにあります。

阪急ビル内もすごいですが、就職ショップの大阪オフィスもかなり雰囲気がよく、内装も清潔感があって綺麗でした

オフィスの中に入ると受付の女性スタッフの方が挨拶してくださって、近くの椅子に腰かけるように指示されます。

2分もしない内に奥の方から担当カウンセラーが待合の椅子の方まで来てくださって、個別相談室まで一緒に向かうという流れでした。

相談環境は完全個室なので、誰にも相談内容は聞こえないですし、他の就活生に会うこともありません。全体的にオフィスの雰囲気は他のエージェントと比べてもかなりゴージャスです

ニートちゃん
さすがリクルート系列のエージェントとだけあるなと感じました。

就職ショップの公式サイトはこちら

既卒ニートでも就職ショップ大阪は利用できるのか?

就職ショップ大阪を利用する前に一番気がかりだったことが「大学中退していて、しかも既卒でニート歴がある私でも利用できるのか…」という点。

ニートちゃん
結論から言えば、利用できました(笑)

就職ショップ大阪を利用する約9割が20代で、高卒、短大卒、専門卒、大学卒、大学院卒と利用者は多岐にわたります。もちろん私のような中退者も利用可能。

 

結構、無職状態で利用する方も多く、パートやバイト経験しかないフリーターの利用が最も多いようです。

 

 

 

就職ショップ大阪の利用者で就職先が決まった人の中で、約7割が正社員未経験

 

未経験からでも応募できる優良求人を集めているのが就職ショップ大阪を利用するメリットだと言えます。実際に、ボロボロの経歴を持つ私でもホワイト企業に就職できたくらいなので、まずは初回面談だけでも受けてみるといいですよ。

 

就職ショップの公式サイトはこちら

【就職ショップ大阪の求人】大阪にはどんな職種や企業が多いのか聞いてみた

大阪は関西の中でも一番求人数の多い地域です。京都や兵庫(神戸)などと比べても、感覚的に約5倍以上多い感じがしました。有効求人倍率をみても、大阪は1.7倍で京都や兵庫が1.4~1.5倍なので、一人当たりに対する求人の割合も多いと言えます。

ニートちゃん
では、大阪にはどんな職種や企業が多いのか、就職ショップ大阪にはどんな求人が多いのか聞いてみました。

大阪は「商人の町」という印象が強かったのですが、最近では「モノ作りの町」として知られているようです。実際には、製造業やメーカー系の工場などが多く、エンジニア職なども多いそうです。

他にも、商社系の企業や小売・卸売り業、販売・営業職が多く、昔ながらの老舗企業が集まっているということでした。また、最近では2025年に大阪万博が開催予定なので、都市開発や建設ラッシュも進んできていて、建設関係や施工管理、機材レンタルなどの仕事も増えてきています。

IT系や事務系の仕事は関西圏の中では大阪に集中しており、もし事務系やIT職を関西周辺で希望しているのであれば、大阪が一番選択肢としてはベストな地域という情報もいただけました。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職Shopとハタラクティブではどっちがいいの?

既卒・第二新卒専門の就職エージェントとして、よく比較対象になるのが「ハタラクティブ」というエージェントがあります。他のブログでもしばしば「ハタラクティブがオススメ!」という情報を目にしますが、就職Shopとハタラクティブではどちらがいいのでしょうか?

私は実際に、どちらも利用したことがあります。

あまり大きな声では言えませんが、私は比べるまでもなく就職Shopの方が良かったです。理由は、ハタラクティブの場合、私を担当したカウンセラーの対応が悪く、希望職種アンケートなどに事前に希望職種を記入しましたが、全く私の意見は何も反映されず、消去法的に「今の状態で応募できる求人はこういった求人に限られますね」という感じで、求人を限定された経験があります。

一方で、就職Shopの場合、幅広い職種・業種の中から担当者が私の希望に一番近い求人を紹介してくれて、尚且つ、私の経歴でも「こんな求人も選べるの!?」というくらいのホワイト求人を紹介してもらえたので、比べるまでもなく就職Shopの方がハタラクティブよりも良かったです。

実際、就職Shopで就職先が決まった人の職種・業種の割合をみてみても、偏りがなくバランスが取れています。

 

今思い返せば、数多くのエージェントを利用してきたからこそ、就職Shopの良さがわかるような気がします。もし、就職Shopひとつだけ利用していても、「もしかすると別のエージェントの方が良いんじゃないか」と迷ってしまって、就職までの一歩が踏み出せなかった可能性もあります。

私の経験上、最低でも2社以上のエージェントは利用した方が就活は上手くいきやすいですし、就職成功率を倍以上上げることができます。あと、内定を何社か取った方が行きたい会社を最終的に選ぶことができるので、より自分に良い条件で就職することができます

ハタラクティブを利用した方がいい」とまでは言いませんが、大阪であれば、「DYM就職」は就職Shopと併せて利用しておいた方がいいです。DYM就職は紹介される求人数は少ないですが、就職成功率は96%とエージェントの中でも断トツでNo.1です。

私の場合、DYM就職よりも就職Shopの方が良かったですが、DYM就職で気に入った求人があれば内定をもらえる確率が高いので、「どちらを使うか」ではなく、どちらも利用した方が一番良い企業に出会える確率を上げることができます。

DYM就職大阪に行ってきた本音の体験談

就活は長く働ける職場を探す、一生の中でも一番大切なライフイベントです。どちらのエージェントも無料で利用できるので、妥協せずに確実に良い企業から内定をもらえるように行動していきましょう

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ大阪とハローワークは両方使うべき?

就職ショップ大阪は、私が利用してきた就職支援機関の中でも一番良かったのですが、就職ショップ大阪だけに偏って就活することはオススメしません。他のエージェントも最低限2つ以上は利用した方が良いというのは前に触れましたが、ハローワークなどの公的機関も合わせて利用することをお勧めします

大阪の場合、Osakaしごとフィールドというハローワークとジョブカフェが合わさったような就職支援機関があるので、できれば、Osakaしごとフィールドと就職ショップ大阪と、DYM就職のこの3つは最低限利用した方がいいです

ハローワークなどの就職支援機関は、エージェントよりも求人数は莫大にあるので、エージェントでは紹介してくれないような案件も数多くあります。逆にエージェントだとハローワークには載っていないような非公開求人もあって、更にブラック求人を企業側で排除してくれているので、どちらにも利用するメリットがあります。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職求人サイトがオススメできない理由

私の経験上、一番お勧めできない就活方法は、就職求人サイトを利用することです。有名な所はリクナビやマイナビなどがありますが、これらの求人サイトはあくまでも新卒者向け。卒業後はほとんど役に立ちません。

他の有名な求人サイトもありますが、応募しても書類選考落ちが多く、一番の問題というのがブラック求人が非常に多いということです。求人サイトは企業が無料で求人広告を載せることができるので、悪質な求人も多いです。

企業が求人を載せる際に、ネットで簡単に求人を掲載できる仕組みなので、人が仲介してその企業に訪問することはないので、結果としてブラック企業も多く求人サイトに載る確率が高くなります。

下手に就職求人サイトから応募するよりも、就職エージェントとハローワークを併用して就活した方が一番の近道です。私のブランクが長くなったのも、就活初期に求人サイトに頼っていたのが一番の原因です

ニートちゃん
就活方法だけは、注意するように心がけましょう。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職ショップ大阪を利用する3つのデメリットとは?

ニートちゃん
就職ショップ大阪を利用するメリットも多いですが、デメリットも抑えておきましょう。

(1) 担当者からの連絡があまりこない
就職ショップは良い意味でも悪い意味でも、しつこい電話やメールでの勧誘が一切ありません。担当者によっては面談後に「紹介した求人はどうでしたか?」くらいはあるかもしれませんが、私の場合はそういった連絡もありませんでした。

私の性格上、考える暇もなく「あの求人はどうでした?」「あの求人はどうします?応募します?」のような連絡がグイグイくると少し気が引けてしまうので、エージェントからの連絡がない方が逆に良いのですが、就職ショップ大阪の場合、連絡があまりありません。

面談後に「紹介して頂いた〇〇の求人に応募したいのですが」や、求人応募後に「面接の練習をしたいのですがお願いできますか?」などの連絡を自分からできるのであれば問題ありませんが、全部おんぶに抱っこでエージェントに全てサポートされたいという方にはおススメできません

(2) 利用する時期によっては求人数が少ない可能性がある
就職ショップ大阪を利用するデメリットの2つ目は、利用する時期によっては求人数が少ない可能性があるということです。エージェントが抱える求人というのは流動性が高いので、年がら年中多い時期もあれば少ないし気もあって読めない部分があります。

どのエージェントに行っても同じことが言えますが、希望する職種や業種を限定してしまうと紹介してもらえる求人数が少なくなる可能性があります。私の場合は10社の求人を紹介してもらいましたが、時期によっては少ないこともあるかと思います。

ニートちゃん
こればかりは行ってみないとわからない点ですが…

(3) 担当者と相性が合わない可能性がある
私の場合は運よく、本当に良いカウンセラーさんに出会う事が出来ましたが、別の担当者で相性が合わない可能性もあります。相性というのは個人個人の価値観で変わってくるので、担当者と会って話してみないと判断が難しいですが、もし担当者とウマが合わない場合は、「他のカウンセラーさんの意見も就活の参考にしたいので、別の担当者さんと相談させていただくことは可能でしょうか?」と言って担当者を変えてもらいましょう。

ニートちゃん
以上3つが、就職ショップ大阪を利用してみて感じた3つのデメリットです。

就職ショップの公式サイトはこちら

就職Shopおおさかへのアクセス|梅田駅・JR大阪駅から徒歩4分の場所

就職Shopおおさかへのアクセスは梅田駅と大阪駅が最寄り駅で、各駅から徒歩4分圏内にあります。

JR大阪駅から就職ショップまでの行き方を写真付きで詳しく解説

◆就職Shopおおさかの詳細◆
【住所】大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー31階
【営業時間】月~金(10:00~18:30)
【定休日】土・日・祝日
【電話番号】06-6364-5210

就職ショップ大阪の登録から内定までの流れ

基本的には、下のような流れで就職が決まっていきます。私の場合は、セミナーなどは受講しませんでしたが、面接対策はしっかりしてもらえました。

登録後に予約確認メールが来るので、メールで予約場所や時間、持ち物、服装などの詳細が全て書かれてあります。履歴書や職務経歴書の持参は必要ないので、かなり気軽に初回面談に行ける点は利用しやすいと感じました

初回面談後、万が一「ここは合わないな…」と感じたり、興味のない求人を紹介されたりすれば、利用をいつでもキャンセルすることができます

就職Shopの公式サイト


→就職shopの公式サイト移動はこちらをクリック

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ