女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

就職浪人から転職して早く正社員になりたいなら転職エージェントが最速なワケ


大卒後も就職浪人としてハローワークや転職サイトで就職活動しながらのアルバイト生活。なかなか希望の正社員職で内定をもらうことができずに就活が難航していませんか?

このままアルバイトとして安定しない生活が続くよりも契約社員も視野に入れて転職した方がいいのか、それとも諦めずに正社員採用を目指して転職活動を続けた方がいいのか迷うことも多いと思います。

就職浪人と新卒で大きく内定率は倍近く変わります。卒業後に現実を知って「在学中にもらった内定を蹴らずに就職すればよかった…」と後悔する方も多いですが、転職活動のやり方を少し変えるだけでも、結果は大きく変わってきます。

就職浪人でアルバイトをしながらの転職活動は、既卒としての中途採用がメインになります。既卒3年以内は新卒扱いで新卒枠にも応募できますが、内定率は低いので、中途採用を狙った方が就職しやすいです。

就職浪人は新卒扱い?既卒3年以内でも中途採用を狙った方が良いワケとは?

こんな私も実は、既卒の中途採用で転職活動を進めた経験があります。職歴といってもアルバイトや派遣の経験のみで、正社員は未経験。

ニートちゃん
それでも正社員の秘書として就職することができました。

このページでは、就職浪人でアルバイトや派遣で働きながら、正社員に転職しやすい方法や就職浪人に最も合った転職エージェントをご紹介しています。

就職浪人で就職活動しても正社員採用されない…契約社員も視野にいれるべき?

就職浪人の就職活動方法といえば、大学などのキャリア支援センターは利用できないので、ハローワークや求人サイトをメインに就活する方がほとんどです。

正社員求人に絞って就活していると気づくのが、「在学中より、手ごたえがない…」ということ。

在学中の就活では、リクナビやマイナビなどの就活サイトで気になる求人があればWEB応募できて、しかも書類選考に通るのはそれほど難しくなかったはずです。

しかし、就職浪人で就活すると、書類選考に通過する確率は恐ろしい程に低く、面接まで行けても落とされ続け、正社員採用が思った以上に難しい気づきます。

これだけ正社員求人の内定を取るのが難しいのであれば、契約社員なども視野に入れて就活するべきか悩むかもしれませんが、これまで正社員職で内定がもらえなかったのは、ハローワークや就活サイトの活用の仕方に問題がある可能性が高いです。契約社員を視野に入れる前に、まずは今の就活方法を見直すことから始めていきましょう。

就職浪人から転職して中途採用を狙うのは難しい?

就職浪人で職歴はアルバイトのみ、それから中途採用として転職することは現実的に可能なのでしょうか?中途採用で就活しても、職歴がないと転職しにくいイメージを持つかもしれませんが、最近では正社員未経験でも中途採用で求人募集している企業は増えてきています。

就職浪人でアルバイト経験しかなくても、中途採用で正社員として転職することは十分可能です

転職が決まるとどれだけの早さで初出勤?アルバイトを辞める事をいつまでに伝えればいい?

実家暮らしで家にお金を入れないといけないので、今のアルバイトを辞めることができず、とはいえ、転職先が決まったらすぐにでもアルバイトを辞めることになるので、中途採用を狙うとなると内定が決まってどれだけ早く初出社しないといけないのか気になる所です。

中途採用の転職になると、新卒採用と比べるとかなりスピードは速いです。中途採用の場合、会社に急な欠員が出た時や新しいプロジェクトに人員が必要になった時に採用することがほとんどです。

つまり、内定が出た後はすぐにでも出勤してほしいのが会社の本音です。通常は、面接時に「いつから働けますか?」と質問されます。それで「すぐにでも働けます」と言えば、「内定をもらってから1週間後に来てください」となる可能性もあります。

しかし、アルバイトをしていることは隠す必要はないので「アルバイト先に迷惑をかけるのは申し訳ないので、2週間後から働けます」と答えると、逆に責任感があって印象は良くなるので、アルバイト先に迷惑がかからないような期間を面接で前もって伝えることが最適です。

とは言っても、内定をもらってから2週間~1ヵ月の間に初出勤になる場合が平均的です。

就職浪人の転職の面接でよく聞かれる質問

就職浪人で転職活動をしている時に、面接でよく聞かれる質問があります。学生の時の面接と勝手が違って困ることも多いと思うので、最低限どんな質問が面接で聞かれるのか把握しておきましょう。

学生の時の面接は、基本的に長所や短所、自己PRや志望動機をメインで聞かれますが、中途採用の面接では、自己PRや志望動機に重みを置いて聞いてきません。

中途採用の面接でよく聞かれる質問は、

アルバイトでどういうことをしてきたの?
なんで新卒で就職しなかったの?
やる気はある?
ウチは〇〇な仕事もやるけど、耐えられる?

このような質問が多いです。

しかし、面接でこの手の質問をしてくる企業は、ハローワークや転職サイトから応募した場合に多いです。つまり、正社員経験のある応募者が多い場合、就職浪人していることが目立ってしまい、結果として落とすための面接をしてくる人事も多くなります。

新卒ですぐに就職しなかった理由や就職浪人している理由などは最低限準備する必要はありますが、聞きにくい質問ばかりしてくる面接を多く経験してきているのであれば、応募する求人にミスマッチしている可能性が高いと言えます。

就職浪人からの転職だと職歴がないのに職務経歴書の提出が求められる

就職浪人からの転職の場合、新卒時の就活とは違って、職務経歴書の提出を求められます。職務経歴書とは、履歴書と違って、これまでの職務経験を事細かに書く、いわば「卒業からこれまで何していたのかを説明する書類」です。

職務経歴書の書く職歴は、一般的には正社員経験を書き込むことがほとんどですが、アルバイト経験だけだと職務経歴書は書きにくいです。職歴がアルバイト経験しかない場合は、アルバイトを職歴として書き込むこともできますが、書き方にはコツが必要です。

職務経歴書を書くのは初めての経験だと思いますが、職務経歴書の出来栄えで書類選考の通過率も大きく変わります。職務経歴書に関しては、必ずハローワークかエージェントなどのプロに添削してもらった方が就職成功率は高くなります。

職務経歴書に職歴なしと書く?アルバイト経験の受かる書き方~テンプレ完全版~

就職浪人が転職サイトで正社員採用されにくい理由

リクナビやマイナビは新卒メインの就活サイトなので困っていると、友人からの勧めで転職サイトに登録して就活して失敗した、という経験はないでしょうか?

リクナビNEXTやマイナビ転職、dodaなどが有名な転職サイトですが、転職サイトの企業のほとんどが社会人経験者として面接しようとします。転職サイトの登録画面でも、正社員でもらっていた給与や勤務年数、職務内容など、就職浪人では答えきれないような項目がいくつもあったはず。

転職サイトに登録できたとしても、他の登録利用者(ライバル)が正社員経験3年以上の人がゴロゴロしているため、アルバイトのみの職歴だとどうしても比較され、書類選考で落とされてしまうというのが、転職サイトで正社員採用されにくい理由です。

就職浪人は転職エージェントの方が就活の相性が良い

就職浪人が正社員に絞って就活する場合、最も相性がいいのは転職エージェントです。ハローワークでは就職浪人が応募できる求人を見つけるのは簡単ではないですし、求人サイトも新卒用と転職用はあるけど、その間の就職浪人(既卒)用はありません。

既卒で職歴がアルバイト経験だけで中途採用を狙った転職活動をするのであれば、既卒専門の転職エージェントを活用した方が、求人も選びやすく、ハローワークや求人サイトで就活するよりも待遇の良い求人を紹介してもらいやすいです。

転職エージェントで就活するメリットといえば、求人サイトやハローワークと違って、ブラック企業を徹底的に排除しているので、変な求人に引っかかりにくいという点が大きなポイントです。

また、就職浪人が転職活動で特に困る履歴書や職務経歴書などの書類選考なしで優良企業と面接できるので、就職までのスピードがハローワークなどと比べると倍近く早いのも転職エージェントの特徴です。正社員への就職成功率が8割以上の所がほとんどです。

就職浪人専用の転職エージェントランキング


就職浪人が利用できる転職エージェントは、主に既卒や第二新卒を専門とした転職エージェントです。既卒・第二新卒をメインとした有名な転職エージェントは全国で以下の8つです。

私はこれらすべての転職エージェントを利用してきましたが、その中で5つの転職エージェントをランキング形式でご紹介します。

 

【就職浪人の転職エージェント第1位】就職Shop (評価:4.5点/5点中)


就職Shopは、実際に私の就職先を紹介してもらえた転職エージェントです。リクルート系列の転職エージェントですが、書類選考なしで面接できる未経験OKの求人を中心に、リクナビなどの新卒向けの求人も就職Shopで紹介してもらうこともあります。

カウンセラーの理解力が最も高く、求人に対する知識も深いので、マッチング能力に長けていた点が高評価の理由です。就職Shop利用者の4人に3人が未経験者で、正社員就職が決まっています。提携企業数が転職エージェントの中で最も多く、その一社一社を訪問取材して厳選した求人だけを紹介してくれるので、優良企業が多いのが特徴です。

実際に就職Shopに行ってきました!

 

 

【就職浪人の転職エージェント第2位】DYM就職 (評価:4点/5点中)


DYM就職は転職エージェントの中で最も就職成功率が高く就職率96%というのはDYM就職の強みです。

DYM就職も書類選考なしで面接できる求人を紹介してくれるので、就職までのスピードが早く、早くて1週間、平均でも3週間ほどで就職先が決まっています。

DYM就職は元々新卒者向けのエージェントだったので、新卒者向けの求人も紹介してくれて、他の転職エージェントにはないような非公開求人を紹介してくれる点もポイントです。

実際にDYM就職に行ってきました!

 

 

【就職浪人の転職エージェント第3位】ジェイック(JAIC) (評価:3.5点/5点中)


ジェイックの無料就職講座を受けると、書類選考なしで20社以上の企業と一斉に面接することができ、就職成功率も80.3%と高いのが特徴です。

ジェイックの一番の強みは、就職後の定着率・満足度が94.3%と転職エージェントの中で最も高く、利用者のほどんどが紹介された企業で長く働くことができています。

実際にジェイックに行ってきました!

 

 

【就職浪人の転職エージェント第4位】いい就職ドットコム(いい就職プラザ) (評価:3点/5点中)


いい就職ドットコムは書類選考がありますが、就職浪人が応募できる企業の中ではかなりハイクラスな求人を紹介してくれます。ハイクラスな求人なので、就職成功率は他の転職エージェントと比べると低いです。

しかし、紹介してくれる求人は離職率の低い職種や企業を厳選して選んでいるので、内定をもらえれば待遇が高めの会社で長く働くことも可能です。カウンセラーのマッチング能力や理解力は高い方で、カウンセリング力に定評があります。

実際にいい就職プラザに行ってきました!

 

 

【就職浪人の転職エージェント第5位】ハタラクティブ (評価:2.5点/5点中)


ハタラクティブの特徴は、個別の担当者が面接対策や応募書類の添削を徹底的にサポートしてくれる点です。空白期間などのブランクが長くても、受かりやすい答え方を指導してくれるので、就職成功率も8割台と高いです。

ただ、利用してみて求人の幅は限られていて、カウンセラーの態度も少し機嫌が悪かったためか、印象が悪かったです。

実際にハタラクティブに行ってきました!

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ