女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートとは?定義をまとめてわかりやすく解説してみた


ニートの正しい意味をしっていますか?ニートという用語を調べても「15~34歳までで、仕事に就いておらず、家事も通学もしていない人」と出てくるだけで、無職やフリーター、失業者との違いはよくわかりません。

実は、ほとんどの人がニートの意味をはき違えて使っていることが多いです。このページでは、ニートの言葉の起源から、ニートに関する様々な定義を徹底的に調べてまとめ、わかりやすく解説していきます。

ニートとはイギリスが定義したもの!?

ニートという言葉はどこから来たものなのかご存知でしょうか?ニートという言葉はイギリスが発祥で、当時のブレア首相が 1999年政府機関・社会的排除防止局に作らせた報告書がきっかけとされています。

その『BRIDGING THE GAP』と呼ばれる報告書の一文に「 New Opportunities for 16-18 years olds not in education, employment or training 」(日本語訳⇒ギャップを埋める:教育、雇用、職業訓練に参加していない 16-18歳の若者に対する新しい機会』)の「not in education, employment or training」部分の頭文字をとって「NEET」と付けられたのが起源です。

難しい話はここまで。当時のイギリスは高校生くらいの年で、学校にも行ってなくて、働いてもない、職業訓練校のような専門学校にも行っていない若者の数が増えていたので、これはマズイということでブレア首相が、実態を調べるために調査させました。

最初は16~18歳の学生のみを対象としていたのが、今では15歳~34歳までの若者を対象にしているので、調査をするに従って、社会全体の問題が見えてきたということですね。

ニートという言葉が日本に入ってきたのはいつ?

イギリスでニート(NEET)という言葉が使われるようになってから、日本も真似するようになってきました。その時期がちょうど2003年頃。イギリスでニートという言葉ができてから約4年後のことです。

翌年の2004年に東京大学教授の玄田教授が『ニート―フリーターでもなく失業者でもなく』という本を出したことをきっかけに、日本では「ニート」という言葉が一気に広がりました。

実は、この玄田教授が出した本がきっかけで、ニートに対する悪い印象が同時に広がってしまったと批判する人も多いです。

というのも、産経新聞がこの本を「働かない若者『ニート』10年で1・6倍 就業意欲なく親に”寄生“」と見出しをつけて新聞を出したことと、TV番組で面白半分でニート特集を取り上げ、その取材で「働いたら負けかなと思ってます」なんてコメントがテレビで拡散されたもんだから、世間のニートに対するイメージが悪くなってしまったと言われています。

イギリスで使われていたNEETという用語と、日本におけるニートという意味合いは少しズレがあって、日本の方が負の意味合いの方が多く含まれています。

ニートとは?厚生労働省の定義

ニートという言葉がイギリスから入ってきて、国も正式にニートという言葉の定義づけを行うことになりました。ニートという言葉を中心になって定義づけたのは厚生労働省。厚生労働省とは、日本の「働くことに関する決め事を作る国の組織」です。

日本としても、どれだけの若者が働いていて、逆にどれくらいの若者が働いていないのかを把握しておくことは重要です。そこで、厚生労働省はニートの定義づけを行うわけです。その時に決まった定義が、

「15~34歳までの、仕事をしていない、学校に所属していない、家事もしていない人」

になりました。この定義を掘り起こすと、様々な疑問がわいてきます。結婚準備中はどうなるの?留学前の準備をしている人は?資格を取るために独学で勉強している人は?大学受験を失敗してしまった浪人生は?など…これらに関しては含むのか調べてみました。

※参考:厚生労働省HP「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)」

ニートの見えない定義を掘り出してみた

厚生労働省や内閣府のページをみても、なんともわかりにくいです。しかし、東京大学大学院の本田由紀教授がニートについて研究しており、国の出しているニートの統計情報の出し方や、ニート研究の第一人者の同じ東京大学大学院の玄田教授に対して批判的な見方をしている研究者です。

この本田由紀教授が、ニートについて詳しく解説しています。面白い観点が入っていて、結構的を得ていると思います。

内閣府の調査では、ニート全体の数は年々増加傾向にあるという風に結論付けていますが、本田教授の考えでは、「働く意思のないニート層」は昔から一定数存在しているものの、数自体は変わっていないということです。世間的にニートのイメージは「働きたくない層」と捉えられていますが、その層は増えていないのが現状だそうです。

では、なぜニートの数が増えているのでしょうか?増えているのは、働きたくても働く環境になんらかの問題があって、働けていない層が増加傾向にあるようです。メディアなどではニートに対する悪い印象を与えてしまう報道がされてしまいますが、実際に働く意欲のない若者は決して増えているわけではないということです。

また、ニートの定義の中には、留学前の準備をしている人、浪人している人、結婚準備中の人、資格取得に向けて勉強している人なども含めてしまっているので、世間で考えるような「ニート」というイメージと実際のニートにはズレがあるということなのです。

※参考:日本の人事部「働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない」

ニートと専業主婦の定義の違いとは?

厚生労働省が決めたニートの定義の中には、専業主婦は入るの?と疑問に思う方は多いです。これは厚生労働省も名言していますが、専業主婦はニートに含めていません。よくネットでは「専業主婦もニートと同じでしょ」という書き込みもありますが、根拠がありません。

ニートに家事手伝いは含まれる?

では、専業主婦ではない家事手伝いはニートに含まれるのでしょうか?2005年頃まで内閣府では、家事手伝いもニートに含めるとしていたため、厚生労働省の出した調査と内閣府の調査でズレが起きていた時期がありました。

家事手伝いをしている女性が多く含まれていたために、これではいけないということで、内閣府も統一して家事手伝いをしている人はニートに含めないということに決まっています。

病気や怪我をしていて働けない場合は?

病気や怪我をしている場合は、ニートに含まれます。実は、ニートで働けない理由の第一位が「病気や怪我」が原因とされています。働きたいけど、病気や怪我をしていると働けないですよね。

ニートとフリーターの定義の違いとは?

ニートとフリーターの定義はどう違うのでしょうか?調べてみると、フリーターは、正社員として定職にはついていないけど、パートやバイトなどで生計を立てている者という定義があります。

ニートと比べると、バイトでも「働いている」ことに大きな違いがあります。しかし、東京大学大学院の本田教授によると、フリーターもニートと同じく、働く環境が悪いためにフリーターとして働かざるを得ないために、パートやバイトで生計を立てているだけで、フリーター自身に問題があるわけではないく、年々、若者が働く環境が悪くなっていることが問題だとしています。

ニートもフリーターも、働く環境のせいで働きにくくなって困っているという状況は変わりないという事ですね。

ニートとレイブルの違いとは?

「レイブル」という言葉は聞いたことあるでしょうか?レイト・ブルーマー、「遅咲き、大器晩成」などと訳されますが、ニートという言葉は差別用語なので、「レイブル」という言葉を使いましょうと投げかけました。レイブルは、大阪府の若者就労支援のNPO団体が協力してできたものです。

ニートの中には、働く意思のない人もいますが、逆に働く意思はあってもきっかけがつかめず働けない人も含まれています。レイブルは、「働く意思のあるニート」を良い言葉に置き換えたものということができます。

しかし、世の中の目を冷たく、「こんなのやっても仕方がない」「もっとやることがあるでしょ」「ニートからレイブルに変えたくらいで現状が変わる程甘くはない」といった中傷的な意見も多く出ました。

ニートのイメージを変えるために行った「レイブル作戦」ですが、不発に終わってしまいました。

「ニート=やる気ない」は嘘?

ここまで、ニートの定義をいろいろ調べてみましたが、本当にニートとして困っている方は、働く意思がない、やる気がないという理由でニートになってしまったわけではありません。

本田教授によると、ニートの3分の1は働く意思のない若者もいるけど、残りの3分の2の層は、働きたくても働く環境が悪かったり、働くきっかけが見つけられずに困っている層ということでした。

やる気がないから働いていないわけではなく、若者が働きやすい環境ではなくなっていることが一番の要因と言えるかと思います。

ニートから正社員になる就職成功率・定着率が高い方法とは?


続きはこちら

まとめ

  • ニートとはイギリスが起源で、元は16歳~18歳を指す言葉であった
  • 日本でニートとは、15歳~34歳までの仕事に就いていない、通学・家事に従事していない若者
  • ニートは、留学準備、資格取得、浪人、結婚準備なども含まれる
  • 専業主婦はニートには含まれない
  • 昔は家事手伝いはニートに含まれていたが、今では含まれていない
  • 怪我や病気で働けない人もニートに含まれる
  • ニートとフリーターの違いは働いているかどうか
  • ニートが差別用語だとして出てきた言葉がレイブル
  • ニートのほとんどは働きたいという意思がある層
  • これまでニートについての起源や定義をまとめて、分かりやすく解説してきましたが、ニートという言葉一つに様々な歴史があることがわかります。

    差別用語としてのニートは偏見が強く、むしろ、ニートになってしまった場合は、しっかりとした支援が必要です。ニートになった人の中に原因があると追及されがちですが、働く環境が悪くなっているという社会的な問題にも目を向けなければいけません。

    もし周りに働けずに困っている人がいれば、就職を支援してくれる機関があることだけでも情報として伝えてあげるといいでよね。

    参考文献
    ・日本の人事部「働く意欲のない「ニート」は10年前から増えていない」
    https://jinjibu.jp/article/detl/keyperson/41/
    ・厚生労働省HP「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書(概要)」
    https://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/06/h0628-1a.html

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ