女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートとは!?意味を調べてみると面白いことが分かった


日常的に「最近ニートになっちゃった~」などと会話の中で使ったりしますが、本当に「ニート」の意味を正しく理解して使っていますか?

ニートの意味をはき違えて使うことがほとんどです。実際にニートの意味を色んな文献や資料を調べてみると、ニートという言葉には複雑な歴史やストーリーが隠されていることがわかってきました。

この記事では、私が実際に調べた内容を基に、ニートの本当の意味や、ニート・フリーター・無職の違い、そして世間一般のニートに対するイメージをご紹介します。私のニートに対する見解も載せています。

ニートとはどういう意味?

日本では、厚生労働省が「ニート」の定義を定めています。簡単にわかりやすく説明すると、学校などに通っていない15歳~34歳までの働いていない若い人で、更に仕事探しをしていない人のことを指すそうです。

「専業主婦とか家事手伝いの女性はどうなるの?」と疑問に持つかもしれませんが、今では専業主婦や家事手伝いはニートに含めないとされています。

「今では」という言葉で気づいた方もいらっしゃると思いますが、一昔前までは専業主婦や家事手伝いも「ニート」に含まれていました。でも、それじゃオカシイでしょという話が政府で話し合われて家事手伝いをしている女性や専業主婦は含めないという流れになりました。

そう、最初は「ニート」という定義自体あいまいなもので、意味もかなりぼやけていたというのが厚生労働省の本音だと思います。

実際に、ニートという言葉が出てきてから「失業者」や「引きこもり」の意味でも、定義が被ってしまう所もあったようです。

「失業者」に関しては、正社員やアルバイトとして働く意欲があれば、求職活動していなくても「ニート」にはならないとしているようです。

面白いのが、ニートと引きこもりの意味の違いについて。実は政府の中でも定義づけがあいまいな所があって、実際、引きこもりという言葉も「働くことを希望していない人」と分類していたため、国でニートの数や引きこもりの数を調査する際に、いろいろ問題が起こったそうです。

ニートの語源

では、ニートという言葉はどこから来たのでしょうか?正解は外国からです。ニートという言葉はイギリスからやってきたので、ニートの言葉はもともとは英語です。

「Not in Education, Employment or Training」の頭文字をとって、「NEET」、つまり私たちが聞きなれている「ニート」という言葉になりました。

英語の意味を訳してみると、「教育機関にも職場にも、職業訓練校にも属さない人」という意味合いになります。ニートの語源を作ったイギリスも実は働かない若者が増えてきたので困っていたという背景があったそうです。

注意点として、英語の語源を調べる時に「neat」という言葉もありますが読み方としては「ニート」ですが、意味は「整った、落ち着いた」などの違う言葉なので、混同しないようにしましょう。

ニートとフリーターの違い

では、ニートとフリーターの違いは何でしょうか?フリーターとは、パートやアルバイトなどで生計を立てている人を指しますが、バイトなどの仕事はしていないけど働く意思はある人もフリーターとしているそうです。

ニートとフリーターの大きな違いというのは、働いているか働いていないかという違いです。そして働いていない場合も「フリーター」として呼ぶこともあるそうですが、ニートとフリーターの違いは、働く意欲があるかどうかで定義を分けているということです。

調べていて気付いたのですが、国としても特にニートやフリーターの意味を分ける必要もないとしているそうです。しかし、「ニートの人数」や「フリーターの人数」など調査や統計を取る際に、違いをはっきりさせておかないと、統計もあいまいなものになってしまい、莫大な資金を投入して調査するのも無駄になってしまいますよね。

ニートと無職の違い

では、ニートと無職の違いはどうでしょうか?そもそも無職とは、失業中や離職中で仕事に就いていない人のことを指します。ニートと無職の大きな違いは「仕事に就きたいという意思があるかどうか」です。

無職の人の中には会社を解雇されたり、退職したりする人もいるわけです。それで新しい職場を探そうとしても就職活動が上手くいかない人もいます。ニートの定義を「働く意思がない人」としているため、無職との違いは「働く意思があるかどうか」が違いになるということです。

ニートに対するイメージ

ニートに対するイメージはどのようなものがありますか?「働きたくない人」「怠けている人」「世間をなめてる人」などのイメージが一般的だと思います。

でも、実際に横浜市の「こども青少年局」が2008年に行ったニートや引きこもりを対象とした調査によると、ニートや引きこもり層の若者の8割が「働く意思がある」という結果になったそうです。

世間一般のニートに対するイメージが「働きたくない人」で、実際ニートになってしまった当事者の本音が「働きたい」と、ズレが生じているのはなぜでしょうか?

それは、メディアのせいです。あるテレビ局が番組の中で「ニートの実態特集」のようなものを組んで、実際に「ニート」にインタビューしていました。

そのインタビューに答える人が「働いたら負けだと思っているんですよね」「まぁこの生活は40歳ぐらいまでは続けようと思ってます」などの発言をしたことから世間の認識は変わったとされています。

実際のニートは、働きたいけどケガや病気、精神的に不安なため働けないで困っているのにもかかわらず、一部の「本当の怠け者」を視聴率が上がるからという理由で取材して、全国放送すれば、世間からの反感を買うのは当たり前ですし、そのお陰でニートに対するイメージが悪くなったと言えます。

ニートとは何か?私の本音

これまで、ニートとはどんな意味なのか、実際のニート当事者と世間のズレが起きてしまった理由などをご紹介しました。

ニートという言葉自体、イギリスからきたもので、定義もそれほど重視されて作られた言葉ではないことから、メディアで間違った捉え方がされて、世間に間違ったイメージがいきわたってしまった経緯があります。

私なりにニートになりやすい人の特徴を調べた結果、「真面目で責任感がある人」が多く、また家庭環境でも過保護で育てられた人に多いようです。

ニートになってしまうきっかけは人それぞれで、いじめが原因で不登校になってから社会参加するのが怖いという人もいれば、学ぶことに意味を見いだせずに大学を中退してしまって、それから就活が上手くいかなかった人、会社がブラックだったので短期退職して、もう働く気力もない、などの様々な原因があります。

ニートとは、本当に働きたいけど、働くきっかけを失ってしまった人です。働かないと社会に属していない状態なので、誰でも不安になるはずです。そんな困っている人が「ニート」というのが私の本音です。

ニートから正社員になる就職成功率・定着率が高い方法とは?


続きはこちら

まとめ

  • ニートとは15~34歳までの働いていない若年層を指し、求職活動をしていない人
  • ニートの語源は「Not in Education, Employment or Training」の英語から来ている
  • ニートとフリーターの違いは働いているかどうか
  • ニートと無職の違いは働く意欲があるかどうか
  • ニートに対するイメージは「働いていない人」というイメージが強い
  • ニートとは「働きたいけど働くきっかけをつかめない困っている人」
  • ニートの言葉はかなりあいまいです。ニートのイメージはメディアによって間違って作られてしまった所が大きいので、ニートになってしまった人が近くにいても、支えてあげられるようになるといいですよね。

    もし、あなた自身がニート経験があるとしても、今ではニート歴があっても就職しやすい環境が整っています。もし、少しでも就職したいという思いがあるのであれば、ニート経験があっても就職しやすい就職エージェントなどを利用するといいですよ。

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ