女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ニートが海外留学後に就職できる?その末路を追ってみた


今ニート状態。これから海外に留学して、日本に帰ってきたとき果たして就職できるのか?または、ニートに逆戻りになるのか?

誰でも一度は海外留学に行ってみたいと思ったことはあるはずです。このまま就職すべきか、海外留学したいという気持ちを大事にして留学に行くべきか。でも日本に帰ってきてから就職できるか不安で、留学費用も捻出できないので貯めないといけない。留学後のこともしっかり考えないと、帰国してから悲惨な結果になることもあります。

例えば、現在27歳で、過去に3年ほどSE(システムエンジニア)として勤務した職歴があって、激務のため体を壊し、退職して無職のニート期間ができてしまった場合。このままではいけないと、昔から興味のあった英会話教室に通いながら、ハロワの職業訓練校に通いながらの生活。職業訓練校が終わるタイミングで就職活動を考えるものの、ニート期間のせいで就職できるか不安になると同時に、海外留学に行きたいという思いも強くなってしまう。

人生は一度きりなので、自分の気持ちに正直になって海外に行ってみるのもアリですが、実際、ニート経験があって留学に行くと、その後どうなるのか疑問に思い調べてみました。実は、私の母が現役の留学エージェントでよく留学生の話や、実際留学後にどうなるのかという話もよく聞かされてきました。私は普通の人よりも、就職すべきか留学に行くべきかという話題に関しては結構詳しいです・・変な知識ですよね 笑)

この記事では、無職のニート経験がある場合、実際に留学に行った後就職できるのか?をメインのテーマとして、現実的に留学に行く前に必要なことや、実際留学後の就職活動は難しいのかなど、母の会社を利用した留学生の実際の体験談を基にご紹介します。

海外留学前に知っておくべき2つのこと

就職すべきか海外留学に行くべきか迷っているのであれば、知っておくべきことは2つです。まずは海外留学にかかる費用、そして海外で働く意欲があるか。この2つの費用面と海外留学の計画性を抑えておかないと、留学後に就職できず痛い目をみます。

1)留学にかかる費用を知る


まずは、費用面から。海外に行くための往復分の飛行機代、語学学校に通う費用、家賃(又はホームステイ代)、食費、交通費、生活費がかかります。語学学校に通わないといけないの?と疑問に思うかもしれませんが、英語が話せたり聞けたりしない限りは必須です。1年で少なくとも200万以上はかかると考えておいた方がいいです。半年でも120万ほど。

留学エージェントも無料で利用できるところもありますが、有料の場合はこの留学費用よりももっと高くなってしまいます。高校生や大学生が行く海外留学とは話が違うので、6か月だけの短期留学では、何も身につかないので、就職活動も苦しむことになります。海外留学に行くのであれば最低でも200万は貯金しておく必要があります。最近ではフィリピンでの留学も増えてきていますが、英語に訛りがあるので綺麗な英語は身に付きません。

フィリピン留学は格安で行けると人気が出ていますが、実際家賃が値上がりしてきているので、全体の費用もカナダやオーストラリア、ニュージーランドなどの比較的安く海外留学に行ける国と変わらなくなってきているのが現状です。フィリピン留学でも150万は必要です。もし留学費用が捻出できないということであれば、27歳での海外留学は断念した方が無難です。学生であれば違う短期でも問題ないのですが。

2)留学先で働く覚悟があるかを知る


今、海外留学したいという理由は何ですか?「英語を上達させたい、海外で生活してみたい」という理由ではありませんか?もし留学に行きたい理由がこのような興味本位だとしたら、留学はおすすめできません。学生であればこの理由は許されるのですが、既卒の留学だと、留学後に就職することまでを視野に入れると「海外の会社で働いた経験」という実績以外は面接で不利に働きます。

逆に言うと、既卒で留学にいって留学先にある企業でインターンシップ経験や就労経験がないと、留学前に就職する時よりも就職しにくくなってしまいます。「留学で得た経験を強みにすればいい」と言う人もいますが、実際の所、就労経験なく帰国した留学生をみてみると、面接で惨敗しています。

社会人になって海外留学に行って成功する人は、ほとんどの場合、留学前に「英語を早期で最低限使えるように努力して、手あたり次第求人に応募して働いた経験を作ろう」と決めて留学プランを組んでいる人です。厳しい言い方にはなってしまいますが、社会人留学で「英語を話せるようになりたい、海外で生活してみたい」という考えであれば、留学後に上手くいかない可能性の方が高いです。

ネットをみてみると、「留学の目的をしっかりしていれば、帰国後にその経験を生かして就職できます!キャリアアップできます!」というサイトもありますが、そういったサイトは留学エージェントや旅行のグッズを売ったりするサイトで、利用者の将来なんて考えてくれていません。「海外で絶対に働いてやる」という強い意志がないと海外留学は断念した方がいいでしょう。

留学しながら(ワーホリ)でお金を稼ぎながら生活をするのは現実的?

「お金がないから、ワーホリで働きながら海外留学すれば留学費用も安く、仕事経験もできるから一石二鳥」と考える人も少なくありません。ワーホリは1年の就労ビザのことで、留学生であってもその国で働いたり勉強したりしながら留学生活を送ることのできる制度があります。ワーホリで必要最小限の留学費用で現地で働きながら留学することもできます。しかし、留学後、何のスキルもついてないで帰国するので、ワーホリでの留学はおすすめできません。

ワーホリは聞こえはいいのですが、英語を使えない状態でアルバイトや働くことが海外でできると思いますか?想像してみてください。もし日本に海外からの留学生がきて、全く日本語も話せず、こちらから指示したことも理解できないような人を雇いたいと思いますか?普通は思いません。必要最低限のコミュニケーションが取れる会話力は必要ですよね。

語学学校で1日中勉強して、3か月でやっと少しずつ英語を聞き取れるようになります。6か月で少しずつ話せるようになってきます。日常会話程度であれば1年で身に付きますが、実は1年でも会社で英語を使って働くまで行くのはほとんどの留学生はできません。言語を身につけるのは1年では現実難しいのです。

では、ワーホリで働く場合、お金がないので必要最低限の英語を学ぶために最初の3か月は語学学校にいって働くとします。3か月の英語力は聞ける程度の英語力です。この時点で働ける所と言えば、ホテルのベッドメイキングをする仕事や、レストランの皿洗い、日本人が経営する日本人向けのお土産屋さんなど、ほとんど英語を必要としない仕事などです。

日本にいても誰でもできるような仕事を、海外にいってこんな会社で働いてきましたと面接官にアピールしても響くでしょうか。印象はマイナスになりますよね。最小限の費用でワーホリ留学するというのは、帰国後の就職活動に影響が出るので、おすすめできません。

留学後にTOEICの点数があれば就職しやすい

ユニクロやソニーなどの大手企業が社内英語化を促進し始めたため、TOEICの点数を持っていると昇進したり、多くの日系の企業で就職活動に有利になっています。本当はTOEICで高い点数を持っていても英語を使えるようになるわけではないのですが、日本の企業でTOEICを持っているというのは強いアピールになります。

もし、既卒で留学に行くのであればインターンシップを含めた就労経験を積むことはもちろん、帰国前にTOEICのスコアを取っておくと就職活動が有利に働きます。TOEICで高得点を取るためのコツがあるので、短期間で成果を出したい場合は、TOEIC専門の語学学校があるので、学校に通うことをおすすめします。TOEICは990点が満点ですが、海外留学でちゃんと勉強したアピールになる最低点数は800点からです。900点代が望ましいです。

【留学前に知っておくべきこと】職歴や学歴があってもニートになるケースも

留学前に高学歴で、勤めていた会社が一部上場している大企業を辞めて留学して、日本に戻ってきたときに就職活動が上手くいかずに無職のニートになってしまうケースも多くあります。その理由として、海外で生活すると日本の会社でストレスを感じながら働くという価値観がバカバカしくなってしまい、もっと自分のライフスタイルを尊重した働き方をしたいという考え方になってしまいます。

私も母の仕事の関係でカナダに行ったことがありますが、日本の会社で働きすぎて過労死してしまう人がいることをカナダ人に伝えると、ビックリされます。他にも新しい価値観があるので、日本に帰国した時、少し逆カルチャーショックのような感じになって、海外の会社で働けたらどんなにいいだろうなぁと現実逃避してしまう気持ちになりました。

立派な経歴があって、留学後に就活が上手くいかない原因として、海外の会社で数年働いた経験やTOEICのスコアがない場合、どんなにすごい経歴があっても、面接官としては「なんか使いずらそうだな」と感じてしまうことが多く、結果、就職できないケースも多いです。経歴が高い人は、勤める会社にもこだわってハードルを落とさない場合も多いので、より就職しにくくなっていくことも多いそうです。

海外留学で就職しやすいのはSE

私も驚いたのですが、日本でSE(システムエンジニア)として3年以上頑張って、ちゃんとスキルもある場合、海外では最小限の英語力があれば就職しやすいそうです。かなり稀なケースですが、3か月語学学校に通っただけで就職できた留学生もいるとのこと。SEに限ってですが。日本のSEは世界的にみても仕事が細かく、評価されています。また海外のネット事情に詳しい人はわかると思いますが、日本の技術は進んでいる方です。

また、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語は世界共通なので、スキルがあって、必要最低限の英語力さえあれば、海外でもSEは引っ張りだこなので、雇われやすいそうです。私も実際に話したことある留学生の一人は、日本で3年間SEの仕事に携わっていて、カナダの語学学校で4か月間英語を学んで、5か月目で就職できていました。海外で働くという選択肢があれば、お金を貯めて留学するというのもありです。SEの仕事に限ってですが。

海外留学すると日本での就職は難しい?


例えば、27歳で就職か留学か考えているとします。留学費があって、働く経験を積みたいと覚悟して留学に臨めば、帰国後に必ず就職できるわけではありません。必ず、就職活動では苦戦します。今、無職のニート期間で就職活動した時に、ある程度厳しい就活になりますが、留学後の就活はそれ以上に厳しいです。

いくつか例を挙げると、27歳まで5年間日本の飲食店で店長をしていて28歳でカナダ留学に。体育系で誰よりも意識が高く頑張り屋の性格です。語学学校で3ヵ月みっちり勉強することはもちろん、時間を無駄にするまいと、放課後もボランティアや地域の活動に参加したり、空いた時間は学校の復習や予習もしっかりこなすタイプの留学生でした。

ビジネス専門学校に6ヵ月通って、帰国前には貿易系の会社で3か月のインターンシップ後、カナダの会社で6か月間有給で就労経験を積みました。帰国前にはTOEICで850点をとって留学を終え、日本に帰って就職活動を進めます。もともとキャリアアップをするために留学していたために、宣言通りしっかりとしたスキルを身につけての就活でした。結果、100社の求人に応募して、やっと貿易系の会社1社に決まりました。

別の留学生のケースだと、商社に4年勤めていて、海外での経験で視野を広めたいことと、就労経験を積みたいということで留学。8か月語学学校に通って、1年間ビジネスカレッジに通って専門知識をより深めた上で、2か月間のボランティア経験と同時に1年間の就労経験を積みました。帰国後、就職活動に苦戦し、結果、留学前に働いていた会社に就職しました。

どちらの留学生も優秀で意欲的です。それでも帰国後の就職は実際に苦戦しています。SE関係でプログラマーとして日本で再就職ということであれば、まだ可能性がありますが、それ以外の職種であればこれからの留学は検討した方がいいです。

ニートから正社員になる就職成功率・定着率が高い方法とは?


続きはこちら

まとめ

・留学費用は最低でも200万必要で、就労経験を積むことが留学の条件
・ワーホリ留学はスキルが身につかないのでお勧めできない
・留学後にTOIEC800点以上とっておくと就活が有利になる
・海外の価値観に慣れるので立派な経歴でもニートになることもある
・SEの経験があれば海外で就職しやすいのはホント
・27歳で海外留学して経験を積んでも日本での就職は厳しい

もし、ブランクがあって海外で環境を変えようと考えているのであれば興味本位の気持ちで留学に行くことはお勧めできません。留学系のサイトでは「留学後にキャリアアップ」と広告していますが、実際のところはかなり苦戦します。本当に留学するのであれば、今よりも就職の条件が厳しくなることを前提で留学の計画を進めていくべきです。

海外旅行などはお金を貯めて行けば海外の生活もできますし、英語を上達させたいのであれば、最近ではオンライン英会話なども安くでできるようになっています。ニート歴がある場合は、就職活動を工夫しないと就職は厳しいです。私も過去にニート期間がありましたが、かなり苦戦しました。

ハロワやジョブカフェなどありとあらゆる就職支援を受けましたが、ほとんど壊滅状態でした。SEやインフラエンジニアなどであれば転職エージェントを利用した方が近道です。今思えば、別の職種であっても転職エージェントの方が最速で就職が決まって、就職先の労働環境や給与面の待遇も良い所が多かったです。ニート期間があっても就職は可能です。

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ