女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

北海道にあるニートの就職支援で最も就職成功率が高い場所とは?


ニートちゃん
未経験、職歴なしでも北海道内で最も正社員への就職成功率が高い就職支援施設を私の経験も踏まえてこの記事でまとめてみました。

ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
ニートちゃん
ニートになってしまう理由も人それぞれです。例えば、

志望した企業に就職できなかったため、大学卒業後、仕方なく派遣会社に登録するけど、派遣されるのはコールセンターばかり。短期契約なので、少し慣れた頃には新しい職場へ移らないといけない。
ちょうど仕事が途切れたタイミングで、こんな生活はずっと続けていくことは難しいと判断して、正社員に就職しようと決める。しかし前の派遣社員で働いていた仕事から既に3か月ほど経っていたため、就職できるか不安になり動けず、気づけば無職のニート状態に。

ニート期間がある場合、一人で就職活動を進めていくには限界があり、大体のケースだと上手くいかないことがほとんどです。このまま悩んでいるだけでは、正社員に就職することはできません。ニート状態から脱出するためには、プロの就職支援員に相談する方が就職への近道になります。

ニートちゃん
私も過去に2年間無職のニート期間がありましたが、正社員の秘書として採用してもらえました。

ニート歴がある場合、就職活動にコツが必要なので、私の失敗談も踏まえながら、北海道内のどういった就職支援施設を利用すれば正社員になりやすいのかをランキング形式でご紹介していきます。

【北海道の就職支援成功率1位】就職エージェント

ニートちゃん
北海道内で最もニートの就活に適している就職支援場所が就職エージェントです。

ニートの就活では、ハローワークと就職エージェントを併用することは必須と言えます。

やはり、自分で求人を探して、選んでいくのは時間がかかりますし、ハローワークの求人探索機前に並んで待つのはかなりストレスがかかります。私の場合、3時間待ったこともありました。会社選びをするときは、ブラック企業を選んでしまわないようにすることが最重要ポイントだと言えます。

就職エージェントは、提携先の企業の取材を重ねていて、人事担当者とも密にやり取りしているので、ネットには載っていない情報や良い点も悪い点も含めて利用者には伝えるのは良い点です。

ポイント就職エージェントは企業の訪問や取材をしているので、エージェントの相談員の方が求人に対する理解も深く、ミスマッチが起こりにくい!

また、就職エージェントを利用するメリットは、北海道内にある就職支援場所の中でも断トツで早く就職先が決まるという点です。この早さもポイントですが、就職後の定着率も高いので、求人の中のブラック企業の含有率もジョブカフェやハローワークと比べても低いのです。

公的機関では、労働者などからブラックという事実が通告された場合、ハローワークから企業側に指導が入り、求人にしばらく掲載されることができません。しかし、通告された場合しか、求人は取り下げられないので、全てのブラック企業を排除できていないということが実情なのです。

「絶対にブラック企業には就職したくない」と考えるならば、就職エージェントを使った方が最適と断言できます。せっかく努力して入社した会社の労働環境が悪ければ、短期で辞めてしまう可能性が高いです。しかし、ニートから短期退職してしまうと、今度こそどこも雇ってもらえなくなってしまいます

ニートちゃん
次の就職の失敗はできないのは、ニート経験者にしかわかりません…ブラック企業を避けたい場合はエージェントを使った方がいいというのも納得です。
エージェントのメリット・就職率が高い
・就職までのスピードが早い
・ミスマッチの少ない求人紹介をしてくれる
・企業の訪問取材をしている
・ブラック企業を排除している
・予約制なので待ち時間がない

就職エージェントのデメリットとは?

ニートちゃん
就職エージェントを利用する前に、デメリットも理解しておきましょう。

就職エージェントはどの地域にもあるというわけではないので、地方によってはエージェントを利用することはできません。

また、自分のペースでじっくり会社選びをしたい性格だと、エージェントを利用した場合、とんとん拍子で就職が決まっていくので、「なんか急かされて就職が決まっている感じがする」と印象を持つ人もいます。そういった性格であれば、ハローワークやジョブカフェで時間をかけて求人を探していく方がいいので、就職エージェントの利用はおすすめできません。

ニートに最適な就職エージェントとは?

ニートちゃん
ブランクがある時、どこでも就職エージェントを利用していいわけではありません。

ニートや、フリーター、既卒を専門としたエージェントを利用した方がいいです。「こういったエージェントから紹介される会社は、変な会社しかないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実際、一部上場企業やトップベンチャーの会社なども多く提携していて、意外にちゃんとした優良企業が揃っています。

逆に、新卒者や中途転職者が多く利用しているエージェントを利用した場合、経歴や職歴を見られて書類選考に受かることができず、面接に通っても落とされるケースが多いです。その点、就職サイトを使ったときと同じ結果になるでしょう。

ニートちゃん
私も多くの就職エージェントを利用してみて、失敗もたくさんしてきました。

でも、その中でいくつかはニート歴があっても利用しやすいエージェントもありました。北海道内にある就職エージェントの中では私が利用してきた所の中から厳選して2つだけご紹介します。

本気で良い企業に就職したい場合は、これからご紹介する両方のエージェントを利用した方が就職成功率が格段に高くなります。

【1位】DYM就職


DYM就職の最大のメリットは、応募書類なしで面接ができる求人のみを揃えているところです。応募書類で落とされないというのは、かなり大きくて、より面接重視で採用してくれる会社が多いので、働きがいのある求人を見つけることができればDYM就職は最も早く就職先を探せるエージェントと言えます。

DYM就職は、就職エージェントの中でも断トツで就職成功率が高く、なんと96%。就職成功率が高く、就職までのスピードもかなり早い方だと言えます。これまでに5000人を就職成功させているので、実績もありますし老舗なので安心です。

DYM就職が提携している優良企業の数は2000社以上なので、会社選びの際も希望の職種や業界を選ぶことができ、利用者の中にはフリーターだけの職歴から、3社から内定が決まって、就職先を選ぶことができた人もいます。


私が実際にDYM就職に行ってきた体験談はこちら

所在地:北海道札幌市北区北7条西 4丁目1-2(KDX札幌ビル1階)
電話:011-788-9390
営業時間:毎日(10時~20時)

【2位】ジェイック(JAIC)


ニートからの就職成功率が80.3%と内定を取りやすいだけではなく、就職後の定着率・満足度が94.3%とどのエージェントと比較しても、ホワイトな企業を紹介してくれるのがジェイックのメリットです。

飲食業界や投資用不動産、先物取引、アミューズメント業界などの離職率の高い業種は一切紹介しない分、ブラック企業を一切排除してくれているのは、仕事を探す側としては安心できます。

正社員未経験者でも内定者が続出していて、これまでにも14,000人以上の就職支援をしてきた実績もあります。一切、社会人の経験がなくても、無料の研修制度がある分、短期間で遅れを取り戻すことができます。研修に参加すれば、誰でも20~30社の企業と書類選考なしで面接できる点は、ニートにとって最適な就活方法と断言できます。

入社後に離職している人がこれだけ少ないという理由は、提携している企業を1社1社訪問して取材しているからです。絶対にブラック企業に就職したくない、できるだけ良い企業に就職して周りを見返したい、と考えている方には最適です。

ジェイックは毎週無料の説明会を行ているので、利用するしないに関わらず、一度説明会に参加しておきましょう。説明会後にしつこい勧誘などは一切ないので、その点は心配不要です。注意点として、ジェイックの北海道での就職支援は期間限定です。

ニートちゃん
今月中にも利用できなくなる可能性が高いので、説明会の登録だけでもしておくと支援を受けられるので、早めに登録だけでもしておきましょう。

私が実際にジェイックに行ってきて利用してきた体験談を下の記事にまとめています。少しでも興味があればどうぞ。


ジェイックに行ってみた本音の体験談はこちら

【北海道の就職支援場所2位】ジョブカフェ北海道×ハローワーク

札幌市内の中央区にある「三井生命札幌共同ビル」の中に、ジョブカフェ北海道とハローワークが併設されています。2つの就職支援施設が同じ場所にあるのは珍しく、どちらの機能も効率よく利用できるので、中央区まで通えるようであればおすすめの就職相談場所です。

ニートちゃん
ジョブカフェ北海道とハローワークが持つそれぞれの特徴などを説明していきます。

ジョブカフェ北海道(北海道若年者就職支援センター)とは?

ジョブカフェ北海道は、北海道が主体となって運営している若者向けの就職支援機関で、44歳までであれば誰でも利用できます。

ジョブカフェ北海道の特徴的な点が、

☑ 就職セミナーが充実している
☑ 企業説明会・面接会が頻繁にある
☑ 北海道内の求人を中心に取り揃えている

ので、北海道内の地元で就職したいという場合は、ジョブカフェ北海道で就職活動を進めていく方が情報的にも濃いものが得られます。

ジョブカフェ北海道では、個別の担当制で就職相談員がマンツーマンでついてくれます。これまでのバイト経験から自分の良い点を見つけ出して職務経歴書にしていく作業も手伝ってくれるので、とても助かります。

ニートちゃん
ちなみに、職務経歴書は自分で作っても見栄えがよくありません。無職のニート期間もあれば、書き方にコツが要るので、必ずプロの就職相談員にみてもらうことをおすすめします

就職を支援してもらう相談員も大事ですが、実は、ジョブカフェ北海道の企業説明会に来る人事担当者や社長さんと直接相談する機会というのも重要です。

「これまでバイト経験しかしてこなくて、今は派遣契約が切れてしばらく働いていない状態が続いているのですが、これから真剣に正社員として頑張っていきたいと思っています。こんな経歴でも雇ってもらえる可能性はありますか?」

と率直に悩みを相談してみると、意外に、「じゃぁ面接してみる?」という感じで、就職が決まっていく場合もあります。

しかし、ジョブカフェのデメリットは、就職相談員がニートの就活に特化した支援をしてくれない可能性が高いです。というのも、ジョブカフェに訪れる年齢層は、15歳~44歳と広く、本当にいろんな就職相談がジョブカフェでは行われています。

そのため、担当者は職種や相談内容に対して広く浅くしか知識を持っていないので、ニートの就職に特化したアドバイスということは期待できないでしょう。

また、ジョブカフェが紹介する求人に対しても、担当者の理解は薄いと言えます。その理由は明白で、相談員がその企業に訪問したことや人事担当者と話すことはほとんどないからです。

求人票に書いてあることはアドバイスできても、「実際の所、この会社はどうなんですか?」という会社の内部事情などを聞いても、わからないというのが正直な所なのです。このことから、せっかく努力して入社した会社もミスマッチが起きてしまい、短期で退職する可能性も十分にあるということを頭に入れておかなくてはいけません。

所在地:札幌市中央区北4条西5丁目(三井生命札幌共同ビル7F)
電話:011-209-4510
営業時間:月~金(9時~19時)、土(10時~17時)

札幌市以外にもジョブカフェはあるの?

北海道は広いので、「札幌市に行けない人はどうするの?」と悩んでしまいますよね。でも大丈夫です。北海道には札幌市以外にも、函館、旭川、北見、帯広、釧路の5箇所にジョブカフェがあって、就職相談や就職説明会、就職セミナーは頻繁ではないですがあります。以下が各ジョブカフェの詳細です。

【ジョブカフェ・ジョブサロン函館】
所在地:北海道函館市梁川町10-25(テーオーデパート6階)
電話:0138-31-6060
営業時間:月~金(10時~18時)
【ジョブカフェ・ジョブサロン旭川】
所在地:北海道旭川市2条通7丁目(マルカツデパート5階)
電話:0166-26-8808
営業時間:月~金(10時~18時)
【ジョブカフェ・ジョブサロン釧路】
所在地:北海道釧路市錦町2-4 釧路フィッシャーマンズワーフ MOO2階(EGG側)
電話:0154-24-2122
営業時間:月~金(9時~17時)
【ジョブカフェ・ジョブサロン帯広】
所在地:北海道帯広市西2条南12丁目 JR帯広駅エスタ東館 2階
電話:0155-26-2130
営業時間:月~金(9時~17時)
【ジョブカフェ・ジョブサロン北見】
所在地:北海道北見市北2条西3丁目ナップスビル1階
電話0157-25-1544
営業時間:月~金(9時~17時)

札幌新卒応援ハローワークの特徴

ニートちゃん
札幌市内の中央区にある「ジョブカフェ北海道」と併設されているハローワークについての説明です。

ハローワークの中には2種類のニートが受けられる就職支援サービスがあります。1つは、「札幌新卒応援ハローワーク」で、もう1つが「札幌わかものハローワーク」です。

「札幌新卒応援ハローワーク」では、既卒3年以内であれば利用できます。ジョブカフェ北海道同様、個別の就職支援員がついてくれて、就職相談、応募書類の添削、面接対策を手厚くサポートしてくれます。

札幌新卒応援ハローワークを利用するメリットは、

☑ ネット非公開の新卒枠の求人を紹介してもらえる
☑ 新卒者向けの企業合同説明会がある
☑ 面接会にも参加できる

という点がメリットとして挙げられます。既卒者でバイトや契約社員としての職歴しかなくても、札幌新卒応援ハローワークに参加している人は意外と多いです。

ニートちゃん
企業合同説明会・面接会では最大級のもので160社ほどの企業が集まってやるものもあるので、こまめにチェックした方がいいです。
ニートちゃん
勘違いしてはいけない点は、面接会に参加すれば就職が決まるということはありません。

新卒応援ハローワークで、新卒枠で求人に申し込めて、大規模の企業合同説明会・面接会に参加できるのは良い点ですが、ブラック企業も多く含まれている可能性があることも考慮しなければいけません。

このブラック企業を見分けるのも難しいと言われています。会社の内情を知るには、その会社で働いている人に話を聞くしかありません。新卒応援ハローワークの相談員も、役所の人が担当なので、キャリアコンサルタントの資格などを持っているとはいえど、企業へ取材したり訪問したりしているわけではないので、求人に対する理解も低い可能性があります。

【札幌新卒応援ハローワーク】
所在地:北海道札幌市中央区北4条西5丁目(三井生命札幌共同ビル9階)
電話:011-233-0222(49#)
営業時間:平日(10時半~19時)

札幌わかものハローワークとは?

ニートちゃん
北海道ジョブカフェには、「札幌新卒応援ハローワーク」の他に「札幌わかものハローワーク」も併設されています。

札幌わかものハローワークは既卒3年以上であれば利用できます。札幌新卒応援ハローワークとほとんど就職支援の内容は同じですが、違いは新卒枠の求人は紹介してもらえない点です。

札幌わかものハローワークの特徴的な所は、企業説明会で、各職種の企業が事業内容は会社の説明をしてくれるのはもちろん、北海道ならではの、農業や林業に関する就職セミナーも開催されているのは全国的にも珍しいです

しかし、札幌わかものハローワークの相談員も、結局は求人を出している会社に取材したり、訪問したことはないので、マッチングや的確なアドバイスという面においては、専門性が薄いです。

また、広く浅い業界に対する知識はありますが、ニートに特化した就活が専門ではありません。例えば、書類選考がない求人であったり、人物重視の面接が受けられる求人、空白期間をどのように答えればいいのかといったアドバイスを期待してはいけません。また、IT系や事務系、マーケティング系などの専門的な職種に興味があっても、相談員自身がその業界に精通しているわけではありません

ニートちゃん
こういった面からも、ジョブカフェやハローワークの就職支援機関は、ニートの就活には適していないと言えます。

一応、ジョブカフェ北海道(札幌)、札幌新卒応援ハローワーク、札幌わかものハローワークの説明をしてきましたが、これら3つの就職支援サービスが1か所で受けることができるので、一度就職支援員に相談だけでもしてみるといいですよ。

所在地:札幌市中央区北4条西5丁目(三井生命札幌共同ビル7階)
電話:011-233-0202
営業時間:平日(10時半~19時)

【北海道の就職支援場所3位】サポステ

北海道には、地域若者サポートステーション、通称「サポステ」があります。サポステとは、心の悩み相談をしながら就職支援もしてもらえる、厚生労働省の委託を受けた就職支援機関です。

サポステを利用する人は、

☑ 過去にいじめや不登校経験があって人と会うのが怖い
☑ 長年働いていない
☑ コミュニケーションが極度に苦手
☑ 職場での人間関係が怖い
☑ 働くとパニックになる

など、働くことや人間関係に強い不安がある場合利用するケースが多いです。

サポステの特徴的な点は心のケアをしながら就職相談をしてくれます。上の項目に当てはまる場合は、いきなり正社員に就職するのではなく、まずはバイトから始めることをお勧めします。

しかし、ニートから正社員を目指す場合は、サポステの利用はお勧めできません。サポステは専属の心理カウンセラーなども在中しているため、心のケアには向いていますが、正社員の就職支援は専門ではないため、正社員の就職率は低いです。また、就職先の斡旋は行っていないため、就職に結びつきにくいのはデメリットと言えます。

ニートちゃん
サポステが適していると感じた方は、以下に北海道内にあるサポステの特徴をまとめましたので、どうぞ。

【札幌市】さっぽろ若者サポートステーション

「さっぽろ若者サポートステーション」は、少人数のグループで食談会といって一緒に料理をして食事を食べたり、モノを作ってみたりなど、和気あいあいとした雰囲気のプログラムが多いです。人と接することに慣れてきて、自信がついてきたら、職場体験なども経験できます。

ワーカーズファームというプログラムが特徴的で、4か月間のプログラムですが、最初の1か月目でコミュニケーショントレーニングでウォーミングアップしてから、就労準備トレーニング、そして実際に職場体験(週3~5回程度)をこなしていく内容です。グループワークがどうしても苦手な場合は、個別の相談のみも行っているのでその点は安心してください。

所在地:北海道 札幌市中央区 南1条東2丁目6(大通バスセンタービル2号館2階)
電話:011-223-4421
営業時間:月~土(10時~18時)

【岩見沢市】岩見沢地域若者サポートステーション

「岩見沢地域若者サポートステーション」は個人相談が中心ですが、フリースペースといって、誰でもいつでも立ち寄ってもいい日が毎週金曜日に設けられています。トランプ大会のように楽しいイベントもあって、気楽に遊びながら仲間を作っていくこともできます。慣れてきたら、応募書類を作ったり、面接練習をしたりと、就活力をアップさせる就職支援も行っています。

所在地:北海道岩見沢市4条西5丁目(理光ビル4階)
営業時間:水~金(10時~17時)
電話:0126-25-0601

【旭川市】あさひかわ若者サポートステーション

「あさひかわ若者サポートステーション」が力を入れているのは、職場でのコミュニケーションを上手く取る方法をトレーニングしていく所です。話の聞き方や話し方、上司にどう話しかけたらいいのか、どう反応したらいいのか、人間関係で躓いた経験がある場合は最適です。

また、ワードやエクセル、パワーポイントなどの基礎的なパソコンスキルを学べるのと同時に、仕事で活かすパソコンスキルや、実用的なスキルも学ぶことができるのは珍しいです。お祭りや農作業のボランティア、デイサービスや清掃作業、スーパーやホテルでの品出しなどの職場体験が短期から長期まで(賃金は発生しません)経験できるのも良い点です。

所在地:北海道旭川市2条通7丁目227-1(マルカツデパート5階)
電話:0166-73-9228
営業時間:火~土(10時~17時)

【釧路市】くしろ若者サポートステーション

「くしろ若者サポートステーション」の特徴は、プログラム内容が多彩であることです。コミュニケーション力を伸ばすゲームはもちろん、電話対応の仕方や、ビジネスマナー、求人の味方、ストレスコントロールの仕方、面接のロールプレーイング、職場見学など、まだまだありますが、スタッフさんが一生懸命プログラムを考えてくれているところは良い点です。

所在地:北海道釧路市北大通12丁目1番14号(ビケンワークビル3階)
電話:0154-68-5102
営業時間:火~土(10時~18時)

【函館市】はこだて若者サポートステーション

「はこだて若者サポートステーション」では、毎週水曜日に就活セミナーがあったり、リクルート主催の「ホンキの就職1Dayセミナー」で集中的に就活力をアップさせたりという取り組みをしています。

ホテルや清掃業、青少年センター等でボランティアや5日間ほどの短期の職場体験もできます。基礎的なパソコンスキルも学べるので、より就職活動に特化しているサポステです。

所在地:北海道 函館市 元町14番1号
電話:0138-22-0325
営業時間:平日(10時~17時)

【苫小牧市】とまこまい若者サポートステーション

「とまこまい若者サポートステーション」では、面接において相手に自分の考えを伝えることが採用されるために重要ということで、コミュニケーションセミナーや、グループディスカッションで伝える力を伸ばすということに力を入れています。また、ビジネスマナーや応募書類の書き方、面接練習などと同時に、職場体験等も希望すれば受けることができます。

所在地:北海道苫小牧市明野新町3丁目10番15号(大建ビル)
電話:0144-57-0570
営業時間:月~土(10時~17時)

【北見市】オホーツク若者サポートステーション

「オホーツク若者サポートステーション」では、バドミントンやバスケットボール、卓球などのスポーツやキーホルダーやコサージュなどの手芸、仲間とのティータームなどを設けることで、サポステ内の友人を作れるので、心も自然に明るくなれます。調理実習で一緒に料理するので、とにかく楽しみながら参加することができます。

「お仕事トレーニング」では、挨拶や、仕事の「ホウ・レン・ソウ」について、ビジネスマナーや電話対応の仕方などの社会人基礎力を鍛えたり、職場体験を通して自信をつけていきます。自信がついてきたら、実際にハローワークにいって求人票を見たり、応募書類を書いてみたり、面接練習をやってみたりと、ステップがしっかりしたプログラムが魅力的です。

所在地:北海道 北見市 美芳町5丁目2-13(ライズビル1階)
電話:0157-57-3136
営業時間:月~土

【帯広市】おびひろ地域若者サポートステーション

「おびひろ地域若者サポートステーション」では、パソコン教室や就職セミナーの店員を最小限に抑えているので、落ち着いた環境で就職活動に向き合うことができます。また、リクルート主催の、4日間の短期集中「ホンキの就職」プログラムも行っています。

「ホンキの就職」プログラムでは、就活に行き詰っていたり、ラストスパートをかけたい人にはおすすめで、3か月以内に就職できるように自己分析や商業理解、自己PRを考える、面接で自分の言葉の伝え方などを向上させるため、集中的に取り組みます。

所在地:北海道 帯広市 西6条南6丁目3(ソネビル2階)
電話:0155-67-5202
営業時間:月~金(9時半~17時半)

【注意】ニート歴があるなら就職求人サイトはNG

ニート期間がある場合、就職サイトを利用した就職活動はやってはいけません。なぜなら採用されにくいからです。就職サイトを使った方はわかるかと思いますが、書類選考で落とされることがほとんどではないでしょうか。運よく面接まで行けても、面接も落とされる可能性が高いのが現実です。

就職サイトは基本的に、企業側が求人を載せるための掲載料を払っています。そして、利用者のほとんどが新卒者や中途転職者。何が言いたいかというと、企業側は就職サイトに求人を載せるために莫大なお金を投資しているので、できるだけ優秀な人材が欲しいわけです。

優秀な人材を効率よく選ぶために、書類選考の時点で学歴や職歴、資格や経験を重視する傾向があります。そうなると、ブランクがあると必然的に負けてしまい、書類選考で落とされてしまいます。つまり就職サイトでは、新卒者には若さで、転職者には職歴で勝つことはできないということです。

ニートちゃん
私も昔使ったとき、散々な目に合いました…
ポイント就職サイトの性質上、ブランクがあると書類選考や面接に受かる可能性は低い。

ニートの就活の基本は足とプロを使うこと!?

ニートちゃん
就活って、お家から動かず、ネットで求人をみたりすることが多いですが、実はそれが落とし穴なんです。

ニートの就活方法は、ネットに頼らず、自分の足を使って、就職のプロの意見を聞きにいくことが一番良いです。ネットには載っていない本物の情報を教えてくれるからです。また、これからご紹介する就職支援場所は、ほとんどの場合、企業の人事担当者が直接説明会や面接会にきてくれたり、書類選考なしで面接をしてもらう機会を作ってもらえます。

そういった場所で、人事担当者や社長さんと話して悩みを打ち明けるだけでも、人柄が認められれば、内定をもらえることだって少なくありません。

まとめ

【はじめに】ニート歴があるなら就職求人サイトはNG
【就職支援場所その1】北海道の地域若者サポートステーション(サポステ)
【就職支援場所その2】北海道のジョブカフェ×ハローワーク
【就職支援場所その3】北海道の就職エージェントは「ジェイック」と「DYM就職」

フリーターや契約社員のままだと、継続的に安定して生活していくことは難しいですよね。しかも契約が切れた後に上手く仕事がみつからない無職のニート期間は本当に不安で、辛いものです。

本格的に正社員になろうと決意したのであれば、あとは行動するだけです。20代前半であればまだ、就職しやすいのですが、30代、40代と年齢を重ねるにつれて、正社員就職は困難になっていきます。1歳だけしか違わないのに、採用側の印象は大きく違ってきます。

就職活動準備も時間はかかるので、今やろうと思っているエネルギーのある状態の内に、動き出しましょう。焦りすぎるのもよくありませんが、最初の一歩は小さくてもいいので踏むとあとは体が自然に動いていきます。最初はしんどいですが、これまでご紹介した就職支援先のどこでもいいと思うので、まずは相談することから始めていきましょう。

⇒人気の就職エージェントランキングはこちら

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ