女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

神奈川県にあるニートの就職支援で最も就職成功率が高い場所とは?


ニートちゃん
未経験、職歴なしでも神奈川県内で最も正社員への就職成功率が高い就職支援施設を私の経験も踏まえてこの記事でまとめてみました。

ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートになってしまう理由も人それぞれです。例えば、

大学在学中に「とにかく就職できればどこでもいい」と考えて就職活動してしまい、新卒で就職した会社は不動産の事務。
職場に女性は少なく、入社からずっと怒られっぱなしでわずか半年で退職。退職後はなかなか就職活動をする気もおきず、気づけば2年月日が経ってしまいニート期間ができて動けなくなってしまう。

しかし、このままでニート期間を更新してしまうと、本当に正社員として就職することは厳しくなります。下の図は、厚生労働省の「ニート・フリーターから正社員に就職できる確率」の調査結果ですが、ニート期間が3年以上になると、男性の就職率が48.9%、女性だと就職率38.3%とかなり低くなっています。

ちなみに、最近の新卒者の就職率は98%以上であることから、ブランクがあるとどれだけ就職が不利になるかがわかります。これ以上ニート期間が更新してしまうと、本当に就職できなくなってしまいます。いち早くニート状態から脱出するためには、就職のプロに相談することが必要です。

ニートちゃん
私も過去に2年間無職のニート期間がありましたが、正社員の秘書として採用してもらえました。

ニート歴がある場合、就職活動にコツが必要なので、私の失敗談も踏まえながら、神奈川県内のどういった就職支援施設を利用すれば正社員になりやすいのかをランキング形式でご紹介していきます。

【神奈川県の就職支援成功率1位】神奈川県内の就職エージェント

ニートちゃん
神奈川県内で、ニートから就職できる確率が一番高い就職支援場所は、就職エージェントです。

ブランクがある場合、どうしても他の新卒者や中途転職者と比べると不利なので、就職までのスピードは遅くなってしまいます。ハローワークなどでしっかり就活したとしても、ブランクがあると就職までに平均で3か月以上はかかるとされています。

ニートちゃん
「ニート期間をなかったことにしたい。。」と何度考えたかわかりません。

しかし、就職エージェントは、これまでご紹介した就職支援場所の中でも、最も就職までのスピードが早く就職率が高いと断言できます。就職率は8割以上で、就職までにかかる期間が早い所で1週間、遅くても1か月以内です。就職率が高く、就職スピードも早い理由は、書類選考なしで面接してもらえたり、人物重視の採用をしてくれる企業を中心に紹介してくれるためです。

ニートちゃん
学歴や職歴ではなくて、人物重視で選考してくれた方が、ブランクがあっても有利に働く!

就職エージェントは、就職サイトと違って、就職相談を行った後、やりたい仕事や興味のある職種などのヒアリングを行います。そして、性格や職業適性を分析した後、一番自分にあった就職先をいくつか選んでくれるマッチングサービスがあります。

ハローワークやジョブカフェなどは公共機関なので、会社のマッチングは行ってくれません。また、就職相談員も求人選びの際は「この会社があなたには合っていると思います」といったアドバイスも公平性を保つために言うことができません。

就職エージェントの求人は、ネットに載っていない非公開求人も多く存在するので、ハローワークではみつからない企業の求人も見つかりやすいです。また、就職エージェントは提携先の企業一つ一つ訪問して取材しているので、担当者の求人に対する理解力が高いです。

「実際の所どうなの?」という目線で、上司の性格や、残業時間、会社の内部の雰囲気などを教えてくれるため、ミスマッチが起こりにくいです。また、ブラック企業を排除しているので、就職後の定着率も高く、定着率の高いエージェントで94.3%という所もあります。

ニートちゃん
就職エージェントを使った方が、長く働ける会社に就職できる可能性が高いということ!
エージェントのメリット・ニートからの就職率が8割以上
・就職までの期間が1週間~1ヵ月
・書類選考なしで面接できる
・経歴ではなく人物重視で採用してくれる求人を紹介
・離職率の低い求人を紹介
・長く働ける会社に就職しやすい

就職エージェントをおすすめできない人とは?

就職エージェントでは、ハローワークのように求人検索をして自分で求人選びをするということはできません。エージェントは希望を聞いた上でいくつか求人候補を出してはくれますが、エージェントが提携している企業の中から好きに選べるということではないので、全部自分で求人を選びたいという性格であれば、エージェントの利用はオススメできません。

神奈川県内で利用できる厳選就職エージェント

就職エージェントの数は約2万社ありますが、どのエージェントでも利用していいわけではありません。就職エージェントには種類があって、例えば、IT系に強かったり、医療系、営業系、新卒、中途転職に強いなど、それぞれの就職エージェント毎で特徴があります。ニート歴がある場合は、ニート・フリーター・既卒を専門とした就職エージェントを利用した方がいいです。

ほとんどの就職エージェントが新卒や中途転職者をターゲットとしているため、そういったエージェントを利用してしまうとやはり新卒者と転職者と比べられてしまい、書類選考で落ちてしまう可能性が高くなります。そうなると就職サイトを利用している就活法と変わらないので、就職エージェントもしっかり選ばなくてはいけません。

これまで私は、数多くの就職エージェントを利用してきた中で(だから正社員就職までに時間がかかってしまったのですが)、ニート歴があっても優良企業に正社員として就職しやすいエージェントを厳選しました。今回は厳選した3社をご紹介します。

※参考:
・厚生労働省(平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果)
・厚生労働省委託事業(職業紹介優良事業者認定制度ホームページより)

【1位】就職Shop


就職Shopの注目ポイントは、就職エージェントの中でも最も利用者数が多く、提携先の企業数もNo.1です。そのため業種や業界もバランスよく多くの求人数を揃えているので、自分にあった会社を選びやすいのは利用するメリットです。経営母体がなんとあの業界トップのリクルートエージェントが運営しているのも安心材料の一つです。

提携先は多いだけでなく、全てが優良企業で、一つ一つエージェントが100%取材するので、利用者と企業をマッチングした時のミスマッチがかなり少ないです。就職Shop登録者の約9割は社会人経験のない20代がほとんどなので、ニート歴があっても全く問題ありません。就職Shopの利用条件は年齢制限は特になく、ただ「正社員になりたい」という意欲があればそれで充分ということです。

書類選考なしで優良企業とすぐ面接できるので、就職までのスピードも他の就職支援機関やエージェントとも比べると早いのが就職Shopの特徴です。

求人の質は最も高かったです。

所在地:横浜市西区北幸1-11-11(NMF横浜西口ビル8F)
営業時間:月~金 10:00~18:30
※土・日・祝日休み
電話:045-279-9292

【2位】いい就職.com(いい就職プラザ)


いい就職.comの最大の魅力は、エージェントの中で最も質の高い求人を紹介してもらえる点です。離職率の高い会社や職種を排除していることはもちろん、仕事未経験者でもしっかり定着しやすい求人のみに絞って紹介してくれるので、会社の労働環境を心配する必要がありません。

また、いい就職のアドバイザーが親切丁寧に対応してくれますし、特にやりたい仕事がみつからない場合でも職種の説明からしてくれる点はかなり良かったです。給与面や待遇面も他のエージェントよりは平均的にも高め。

ただ、紹介される求人の質が高い分、就職成功率が10~20%程度と低いです。できるだけ良い求人にチャレンジしたいという場合は最適です。書類選考があるので、少し就職までにかかる時間も1~2か月ほどかかります。就職成功率が低いので、他のエージェントと合わせて利用した方が良いです。

所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1(横浜ランドマークタワー14階)
TEL:045-263-8134
営業時間:月~金(10時~18時)

【3位】ジェイック(JAIC)


ジェイック(JAIC)の最も魅力的な点が、就職後の定着率が94.3%とずば抜けて高い所です。つまり、ジェイックから紹介されて入社した人の94.3%が入社後も長く働いているということです。

ニートちゃん
ブラック企業に絶対就職したくない、次働く会社は長く働ける会社がいい、ということを重視している場合は、ジェイックの利用が最適です。

また、以前働いていた職場で、研修制度もなく、教えてももらっていないことに対して上司に叱られたなどの辛い経験を持っている方は非常に多いです。ジェイックが紹介する会社は、仕事未経験であっても、最初から育てようと意欲のある会社を中心に集めています。研修制度が充実しているので、職歴が一切なくても問題なく働き始めることができるのもメリットです。

このようにきめ細かい就職支援が評価されて、ジェイックは厚生労働省委託が決める「職業紹介有料事業者」に認定されました。全国に人材紹介会社が2万社以上ある中で、この「職業紹介有料事業者」に認定されている企業はわずか43社(平成30年3月時点)しかありません。

ジェイックが提携している企業には、担当者が一社一社訪問して取材しているので、求人選びの際も良いことも悪いことも会社の内部事情を細かく教えてくれるので、ミスマッチが少ないです。ジェイックの無料就職講座を受けた後は、誰でも書類選考なしで20~30社と面接ができます。


口コミで評判なジェイックに実際に行ってきた感想を良い所も悪い所もすべて本音で暴露してます

所在地:神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1(KDX横浜ビル3F
営業時間:月曜~金曜(9時~19時)
※土日休み
電話:045-440-1780

【神奈川県の就職支援場所2位】かながわ若者就職支援センター

ニートちゃん
ニートから正社員を目指す場合は、「かながわ若者就職支援センター」の利用も検討しましょう。
「かながわ若者就職支援センター」は既卒3年以上であれば利用できます。

「かながわ若者就職支援センター」は横浜市内にありますが、横須賀・小田原・茅ヶ崎・海老名にも定期的に熟練の就職支援相談員が出張相談で訪問しています。

「かながわ若者就職支援センター」の注目ポイントは、就職セミナーに力を入れている所。グループワークを多く取り入れていて、定員を6人の小グループに設定しているので、質の高いセミナーを実施しています。

ニートちゃん
普通の就職支援のセミナー定員は10名以上だったり、多い所で30名の所もあるので、定員6人はすごいですよね。

グループセミナーについては、「グループでやるのは面倒だし、なんか恥ずかしい」と思っていましたが、参加してみると、自分の知らない長所やスキルを知ることができたり、就職に有利になる自己PRを考えるきっかけにもなりました。

また、「ミニ企業説明会・面接会」はぜひ参加してみてください。実際に企業の人事担当者が来てくれて事業説明をしてくれた後に、すぐ面接の機会を持ってくれます。

このように直接人事担当者と接点を持つことがニート期間があっても有利に就職活動していく方法なのです。人事担当者に、企業側の本音を聞けたり、質問できたりすることもできるので、面接の合格率を上げたい場合は役に立ちます。

しかし、かながわ若者就職支援センターの弱点は、求人の中にブラック企業も混ざっている可能性があるという事。かながわ若者就職支援センターは神奈川県が運営していますが、神奈川県の企業であれば、無料で求人の掲載ができます。

そのため、神奈川県内の企業の求人数が多いので、地元で就職したいという方には使い勝手はいいのですが、ブラック企業に就職してしまう場合も考えておかなくてはいけません。

最近では、売り手市場と言われていて、全体の就職率も向上してきて言います。逆に言い換えると、人材を簡単に確保できなくなってきているため、求人票をできるだけ良く見せるために、労働条件を書き換えたりするケースも多くなってきています

かと言って、就職支援センターの相談員がそれぞれの企業を訪問したり取材したりしているわけではありません。興味のある求人を見つけたとしても、会社の内部事情を知ることはできないので、ある意味、長く働ける会社かどうかというのは、運試しのようなものということになります。

【かながわ若者就職支援センター】
所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル5階
営業時間:月曜~土曜( 9時半~18時)
※日曜・祝日・年末年始はお休み
電話:045-410-3357

【神奈川県の就職支援場所3位】新卒応援ハローワーク

ニートちゃん
既卒3年以内であれば、ハローワークに新設された「新卒応援ハローワーク」の利用になります。

「新卒応援ハローワーク」でできることは、

☑ 就職相談
☑ 応募書類の添削
☑ 面接対策
☑ 求人検索

などです。更に個別の担当員がついてくれて、マンツーマンで就職支援全般をサポートしてくれるので、心強いです。

「新卒応援ハローワーク」を利用する一番のメリットは、新卒枠の求人を紹介してもらえることです。つまり、新卒者と同じ土俵で応募できるので、新卒者が申し込める求人にも応募できるのは嬉しいです。

神奈川県内には2つ新卒応援ハローワークの支援を受けれる所があって、場所は横浜と川崎にあります。もし通える距離にあるのであれば、川崎よりも横浜の新卒応援ハローワークを利用した方がいいです。

その理由としては、横浜の方が川崎よりも「ミニ企業説明会・面接会」の実施頻度が多いからです。先ほども少し触れましたが、ニート歴がある場合、企業の人事担当者に直接会ったり、就職セミナーに足を運んで参加した方が就職できる確率が断然高いので、横浜の方がそのチャンスは多い分、少し遠くても横浜を利用した方がいいと思います。

ニートちゃん
しかし、「新卒応援ハローワーク」の就職支援サービスを利用する際には、注意も必要です。

「新卒応援ハローワーク」を利用すると、新卒者枠の求人にも応募できますが、実際、企業側はブランクがあると内定をほとんど出さないという事実があります。

ニートちゃん
既卒3年以内であれば、求人に応募できても、内定が出るか出ないかは別の話ということです。

更に、ハローワークは厚生労働省が管理している公的な就職支援機関ですが、どの企業でも無料で求人の掲載ができます。そのため、ブラック企業が紛れているケースが多く、ハローワークを通して就職したけど、求人票に書いてあった労働条件と違うため、短期で辞めてしまったという利用者が後を絶ちません。

それもそのはず、ハローワークの相談員自身がその企業に訪問したり取材したりしていないので、求人票をみてブラック企業かどうかというのは見抜くことができません。また、ハローワークでは基本的に自分で自己分析や職業理解などを進めて、業種研究を進めて求人を選んでいかないといけないため、就職までの時間がどうしても長くかかってしまいます

ハローワークの就職相談員は幅広い職種に対しての知識は広く浅くありますが、ニートに特化した就活方法が専門ではないので、ハローワークを利用する場合は、ある程度、自分自身で就活の成功率を上げる努力をしなければいけません。

【横浜新卒応援ハローワーク】
所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-11-15横浜STビル16F
電話:045-312-9206
営業時間:月曜~金曜(9時半~18時)
第1・第3土曜(10時~17時)
※日・祝・年末年始および第2、4、5土曜は休み
【川崎新卒応援ハローワーク】
所在地:神奈川県川崎市川崎区南町17-2
営業時間:月~金(8時半~17時)
※土・日・祝・年末年始は休み
電話:044-244-8609(内線:49#)

【神奈川県の就職支援場所4位】6つの地域若者サポートステーション

神奈川県内には6つの地域若者サポートステーションがあります。地域若者サポートステーションは通称「サポステ」と呼ばれていて、15歳から39歳まで利用できます。。サポステは、働くことに対して強い不安を持っていたり、長らく働いていない人、中学校や高校で不登校や引きこもり経験がある場合は、サポステの利用を検討しましょう。

サポステの利用者の多くは、

☑ コミュニケーションが苦手
☑ 過去の人間関係のせいでトラウマを持っている
☑ 人と話すのが怖い
☑ 長い間引きこもっている

など、対人関係で悩んでいたり、社会に出るのが怖いという方が多く利用しているようです。

初めて働くけど、働くスキルやマナー、基礎知識が全くない場合でも、ゆっくりじっくり相談員が話を聞いてくれますし、時間をかけて仕事のスキルやマナーを身につけて行くプログラムが多いです。

社会経験がなく、対人面でも強い不安があるのであれば、いきなり正社員になるのはあまりお勧めできません。その言った場合は、アルバイトから始めるのがいいでしょう。アルバイトから始める場合はサポステの方が向いています。

しかし、サポステは、心理面での悩みやサポートには強いですが、正社員の就職といった専門的な就職支援は弱いです。また、就職先の斡旋もしていないため、パートやバイトに繋がるケースはありますが、実際正社員に就職できる人は少ないです。

働くのは不安だけど、就職に結びつく情報やアドバイスが欲しいという場合は、サポステはオススメできません。

ニートちゃん
サポステが向いてると思った方はこちらから。神奈川県内にあるサポステの特徴などを以下にまとめましたので、ご紹介していきます。

【よこはま若者サポートステーション】

「よこはま若者サポートステーション」は特定非営利活動法人 ユースポート横濱によって運営されていて、特徴的な点が一人一人にじっくりゆっくり相談を進めていくところで、主に自己理解をしていくことでやりがいのある仕事を見つけるプログラムも取り入れています。心理的なカウンセリングから徐々に実践的なジョブトレーニング(10日間の就業体験)に繋げていくプログラムも魅力的です。

2017年の実績報告書によると、利用者の約半数が週20時間以上の仕事に就職できています。よこはま若者サポートステーションの就職支援を受けて正社員になれた割合は16%ほどでした。正社員以外の仕事へは結びついているので、自分のペースで就職していきたいという場合には良い支援先だと思います。注意点として、最近は混み合っていて、予約から初回相談までに3週間ほどかかっています。

所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル3階(本部)
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-6 新横浜TSビル5階(支部)
営業時間:
月曜~土曜(10時~18時)
※第3月曜、日曜、祝日、年末年始(12/29~1/3)はお休み。
※第3月曜が祝日の場合は第2月曜がお休み
電話:045-290-7234(どちらも共通)

【湘南・横浜若者サポートステーション(湘サポ)】

「湘南・横浜若者サポートステーション」は通称「湘サポ」と呼ばれていて、「湘南・横浜若者サポートステーション」の特徴的な所が、3か月の合宿型の就労支援プログラムです。3か月間、同じ悩みを持つ仲間と一緒に、乱れた生活リズムを取り戻したり、研修や職業体験を経験しながら週5日で働ける体力をつけていくプログラムです。

湘南・横浜若者サポートステーションの運営団体「K2インターナショナルグループ」は25年前から不登校や引きこもりで悩んでいる人のサポートをしてきた団体なので、心理面での相談が他と比べても優れています。6か月以内の就職を目指すという目標があって、いろんな体験学習のプログラムを取り入れたり、東北のボランティアをしたりと、バランスの取れたプログラムを実施しているので、無理なく社会復帰したい人におすすめです。

所在地:神奈川県鎌倉市小袋谷1-6-1 2階・3階
営業時間:月曜から土曜(10時~18時)
※日曜・祝日・第3月曜・年末年始お休み
電話:045-290-7234

【コネクションズかわさき(かわさき若者サポートステーション)】

「コネクションズかわさき」はサポステの中でも「働くスキルをつける」ことに力を入れています。悩み相談などのカウンセリングももちろんできますが、プログラム内容は就職する上で必要なスキルをつけながら、たまにアクティビティがあるというイメージです。

「コネクションズかわさき」の特徴的なプログラムが「無料のパソコン講座」です。5日間のプログラムでWordやExcel、PowerPointなどの基礎的なパソコンスキルを、スタッフが直接教えてくれるので安心して受講できます。事務系やパソコンを使うお仕事を考えている人にはおすすめです。

所在地:神奈川県川崎市高津区溝口1-6-10(てくのかわさき3階)
営業時間:月曜~金曜(10時~18時)
※土日・祝日、第1木曜お休み
電話:0467-42-0203

【さがみはら若者サポートステーション】

「さがみはら若者サポートステーション」の特徴的なプログラムは、なんといっても、農業体験プログラムです。さがみはら若者サポートステーションの運営法人が、津久井の韮尾根(ニローネ)地区に借りている農場を使って、野菜の栽培や収穫、販売、ミーティングやグループワークといった活動を体験できます。また、3か月間の合宿型集中訓練プログラムもあって、仲間と一緒に働き方や自分に合った仕事を考えていく上では魅力的です。

他にもキャリア形成プログラムを通して就職支援もしていますし、職業体験も経験できます。フットサルやバドミントン、卓球などのアクティビティも織り交ぜながらできるので、体を動かす人にとっては合っているプログラムです。

所在地:神奈川県相模原市緑区橋本6丁目2番1号(シティ・プラザはしもと6階「相模原総合就職支援センター」内)
営業時間:月曜、火曜、木曜~土曜(11時~18時)
※水曜、日曜・祝日、年末年始はお休み
電話:044-850-2517

【神奈川県央地域若者サポートステーション】

「神奈川県央地域若者サポートステーション」の特徴的な点が、事務系の仕事に就くためのセミナーに力を入れているところです。事務と言っても仕事の幅は広いですが、企業の人事担当者が「事務の仕事をするなら、これだけは最低限身につけてほしい」というスキルを短期間で学ぶことができます。例えば、電話応対の仕方やメモの取り方、ファイルのまとめかたや書類整理の仕方、基礎的なパソコンスキルなどを総合的にみにつけることができます。

また、「神奈川県央地域若者サポートステーション」の室内は、全て木材を使って作られているので、木のぬくもりが感じられる温かい雰囲気です。利用者の就職率も、全国平均が61.9%なのに対して、県西サポステは70%と比較的高いです。農業体験もできるので土いじりが好きな方には魅力的です。

所在地:神奈川県厚木市中町2-12-15(アミューあつぎ7階)
営業時間:月曜~土曜(10時~17時)
※日曜・祝日、年末年始はお休み
電話:046-297-3067

【神奈川県西部地域若者サポートステーション】

神奈川県西部地域若者サポートステーションの就職支援内容は、基本的に上の「神奈川県央地域若者サポートステーション」と同じ支援内容です。注意点として、現在のところ県央サポステでは農業体験は行っていません。

所在地:神奈川県小田原市城山1-6-32(Sビル2階)
営業時間:月曜~金曜(10時~17時)
※土日祝日、年末年始はお休み(土曜は月1回開所)
電話:046-532-4115

【注意】ニート歴があるなら就職求人サイトはNG

ニート期間がある場合の絶対やってはいけない就職活動は抑えておきましょう。それは就職求人サイトを使った就職活動です。

ニートちゃん
私は、就職サイトを使ったために、逆にニート期間が長くなってしまいました。

就職サイトは、企業が掲載料をかけて求人募集しています。お金をかける分、それなりに優秀な人材を集めるので、ブランクがあると書類選考で落とされやすくなります

就職サイトに登録している利用者は新卒者や中途転職者が多いです。そのため、少しでもニート期間があると、新卒者や転職者と比較されてしまい、運よく面接に行けたとしても企業側が求めるスキルがなければ採用されることはありません。

ネット上で求人を探したり情報を集めたりする就職サイトを活用した就職活動は楽ですが、ニート経験者にはおすすめできません。それよりも確実に就職に結びつきやすいのは、実際に足を使って就職支援先に行く方が、断然有利に働きます。

実際に、企業の人事担当者が来るセミナーに参加したり、就職説明会で質問したり、相談したりする中でチャンスを増やしていく方が就職率は高くなります。

まとめ

【就職支援場所その1】神奈川県内の就職エージェントは「就職Shop」「ジェイック(JAIC)」「いい就職」
【就職支援場所その2】かながわ若者就職支援センター(横浜市のジョブカフェ)
【就職支援場所その3】神奈川県内の新卒応援ハローワーク2か所(横浜と川崎)
【就職支援場所その4】神奈川県内の6つの地域若者サポートステーション(サポステ)
【注意】ニート歴があるなら就職求人サイトはNG

私もそうでしたが、ニート期間中は「私なんか雇ってくれるところはもうない」と思い込んでいましたが、実際は、20代前半の頃の少しのつまづきは気にする必要ありません。なぜなら、多少のつまづきがあっても気にしない、ありのままのあなたを理解してくれる会社が多く存在するからです。

そんな魅力的な就職先があることに気づかずにいつまでも殻にこもっていると、本当に手遅れになってしまいます。就職できる今、動き出さないと、30代、40代の生活は、若い社員にこき使われて疲弊していく人生になってしまいます。

そうならないためにも、今できることはなんでも始めましょう。上手くいかなくても失敗しても大丈夫です。まずは最初に何をするか、どんなアクションを起こすかが大事です。


神奈川県で就職支援1位の就職Shopに実際に行ってきました

参考文献
・厚生労働省(平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果)
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000200901.html
・厚生労働省委託事業(職業紹介優良事業者認定制度ホームページより)
http://www.yuryoshokai.info/certification/index.html

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ