女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

横浜にあるニートの就職支援で最も就職成功率が高い場所とは?


ニートちゃん
未経験、職歴なしでも横浜市内で最も正社員への就職成功率が高い就職支援施設を私の経験も踏まえてこの記事でまとめてみました。

ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
横浜市内でニートからの就職成功率が最も高い就職支援場所に行ってきました!

ニートになってしまう理由も人それぞれです。例えば、

大卒後に新卒で就職した会社が、慢性的な人手不足で、人間関係は良かったものの、いつも夜遅くまで残業続き。なかなか休むことも難しく、一人暮らしなので栄養も偏りがちになり、終いには体調を崩して鬱っぽくなってしまう。
体調を崩したことをきっかけに会社を辞めて、退社して後は精神的にも就職活動に打ち込む気力を持てずに、気づけば1年無職のニート生活。

しかし、このまま悩んでいても状況は変わりません。いち早くニート生活から脱出するためには、就職のプロに相談することが必要です。

ニートちゃん
私も過去に2年間無職のニート期間がありましたが、正社員の秘書として採用してもらえました。

ニート歴がある場合、就職活動にコツが必要なので、私の失敗談も踏まえながら、横浜市内のどういった就職支援施設を利用すれば正社員になりやすいのかをランキング形式でご紹介していきます。

【横浜の就職支援成功率1位】就職エージェント

ニート期間がある場合、しっかり就職支援を受けようと思うと、これからご紹介する「かながわ若者就職支援センター」や「横浜新卒応援ハローワーク」のサービスがメインになってくると思います。しかし、これらと合わせて利用した方が良い就職支援場所は、就職エージェントです。

就職エージェントを利用するメリットは、「かながわ若者就職支援センター」や「横浜新卒応援ハローワーク」ではできないことをカバーしてもらうことです。

実は、「かながわ若者就職支援センター」や「横浜新卒応援ハローワーク」では、求人の検索はできても、相談職員から「この会社があなたに合っていると思います」というアドバイスはもらえません。熟練した就職支援員であればこうしたマッチングも可能ですが、公共機関という立場でもあるので、マッチングサービスはできないのが現状です。

例えば、大学在学時に就職活動を経験したことがあればわかると思いますが、自己分析や職業理解が終わって、いざ求人探しをする際に、かなりの時間が会社選びに割かれます。最終的にどの求人が良いかわからず、手あたり次第給料の待遇順に応募していった経験はないでしょうか。でも、実際は、自分で決めるよりも、プロの就職支援員と一緒に相談しながら決めていった方が、ブラック企業を選ばずに応募することができるのです。

また、就職エージェントは優良企業のみと提携しているので、ブラック企業を排除している点は、ハローワークの求人のブラック企業含有率を考えても求人選びでは安心できます。その根拠として、就職エージェントの中で就職後の定着率が94.3%という所もあります。

この数字はすごくて、現在新卒で入社した会社で3年以内に3人に1人が退社すると言われています。つまり3年以内に3分の1の人数しか定着しないということは94.3%の数字の高さのすごさがわかると思います。

就職エージェントを通して就職した方が、定着率が高い理由としては、エージェント自身で提携先の企業に取材に行って、エージェントの目で会社を見ているので、利用者のマッチングの際に、ミスマッチが起きにくいからです。

エージェントはプロの目線で、利用者と面談して希望を聞き出し、性格も把握するので、話しながら「あの会社であれば、この人の雰囲気に合いそうだな」という目線で紹介できるので、ミスマッチも起こりにくいというわけです。

また、これまでご紹介してきた就職支援場所の中でも、最も就職率が高く、正社員へ就職できるスピードが早いのは就職エージェントです。就職率が96%というエージェントも中には存在します。ちなみに、これだけのサービスがあって利用料は無料。お金の出どころは、紹介先の企業から就職エージェントに紹介料が支払われるので、利用者負担はありません。

こんな人には就職エージェントはおすすめできません

就職エージェントがおすすめできない人もいます。自分のペースでゆっくり就職先を決めたい場合は就職エージェントはおすすめできません。就職エージェントはあくまで選ぶ段階まで来た時に利用すると、最速最短で就職先が決まりますが、ゆっくりなマイペースが良い人は「なんか焦らされて決めている感じがするな」といった具合でクレームにもなりかねません。以上を検討した上で、就職エージェントの利用は考えましょう。

ニートの就職に適した就職エージェントとは?

ニート歴があっても利用できる就職エージェントは、「就職Shop」「JAIC」「いい就職.com」の3つです。圧倒的に良いのは「就職Shop」。「いい就職.com」の求人の質は良いですが、就職成功率が低い点がデメリットです。

私の就職先が決まったのは就職Shopです。

【1位】就職Shop


就職Shopの最も特徴的な所が、提携企業数が圧倒的に多いので、あなたに合った職種や業界の求人数が見つかりやすいです。求人数が多い所が魅力的というより、提携企業の質が高いです。すべての提携している企業を100%取材しているので、ミスマッチが少なく、就職後の定着率が高い所は魅力的です。

利用者数はこれまでで10万人を突破しているので、利用者実績で言うと就職ShopがNo1です。実は、就職Shopはリクルートエージェントが運営しているので、経営基盤で言うと就職エージェントの中ではかなり安定しています。

就職Shopは書類選考なしで無料で利用でき、更に多くの求人から厳選して就職先を選べる点が利用するメリットです。ちなみに、私が最終的に正社員就職が決まったのは就職Shopでした。

ハローワークや就職サイトで就活していて上手くいっていない方が就職Shopを利用して、優良企業に就職できたという例が多くあります。就活のやり方がわからない、絶対にブラック企業は嫌で、就活の手間をできるだけ省きたい、そう感じているのであれば、一度就職Shopに相談してみてください。

実際に就職Shopに行ってきました!ニートだった私が就職Shopを使って就職するまでの体験談を本音でまとめました。続きが気になる方はこちらからどうぞ。


⇒「私が実際に就職Shopに行ってきた本音の体験談

所在地:横浜市西区北幸1-11-11(NMF横浜西口ビル8F)
営業時間:月~金 10:00~18:30
※土・日・祝日休み
電話:045-279-9292

【2位】いい就職.com


いい就職.comの最大の魅力は、エージェントの中で最も質の高い求人を紹介してもらえる点です。離職率の高い会社や職種を排除していることはもちろん、仕事未経験者でもしっかり定着しやすい求人のみに絞って紹介してくれるので、会社の労働環境を心配する必要がありません。

また、いい就職のアドバイザーが親切丁寧に対応してくれますし、特にやりたい仕事がみつからない場合でも職種の説明からしてくれる点はかなり良かったです。給与面や待遇面も他のエージェントよりは平均的にも高め。

ただ、紹介される求人の質が高い分、就職成功率が10~20%程度と低いです。できるだけ良い求人にチャレンジしたいという場合は最適です。書類選考があるので、少し就職までにかかる時間も1~2か月ほどかかります。就職成功率が低いので、他のエージェントと合わせて利用した方が良いです。


⇒「私が実際にいい就職.comに行ってきたレビュー体験談」を読んでみる

所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1(横浜ランドマークタワー14階)
TEL:045-263-8134
営業時間:月~金(10時~18時)

【3位】ジェイック(JAIC)


以前の就職先がブラック企業で退社をしていると、次に選ぶ企業は安心して長く働ける会社を選びたいものです。ジェイック(JAIC)の場合、就職後の定着率が94.3%と就職エージェントの中でも高いです。

就職後の定着率が高い所だけは安心なポイントではなく、ジェイックは厚生労働省委託から「職業紹介優良事業者」に認定されたところが、更に安心できる点です。「職業紹介優良事業者」に選ばれた人材紹介会社は、全国に2万社以上ある中から、わずか43社しか選ばれていません。

「職業紹介優良事業者」になるための条件は厳しいもので、本当にミスマッチが少なく、利用者を良い会社に紹介している所でないとこの認定は受けられません。また、ジェイックは書類選考なしで企業と面接ができるので、ニート期間が理由で書類選考で落とされる心配はありません。


⇒「私が実際にジェイックに行ってきたレビュー体験談」を読んでみる

所在地:神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1(KDX横浜ビル3F
営業時間:月曜~金曜(9時~19時)
※土日休み
電話:045-440-1780
※参考:
・厚生労働省(平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果)
・厚生労働省委託事業(職業紹介優良事業者認定制度ホームページより)

【横浜の就職支援場所2位】かながわ若者就職支援センター

横浜のジョブカフェは「かながわ若者就職支援センター」と呼ばれています。かながわ若者就職支援センターはハローワークと併設されていて、かながわ若者就職支援センターと同じフロアにあるので、ハローワークのサービスも利用可能で、既卒3年以上であれば使えます。既卒3年以内は次に紹介するハローワーク内の「横浜新卒応援ハローワーク」というサービスを活用する流れになります(この後に詳しく紹介)。

かながわ若者就職支援センターでは、個別での就職相談はもちろん、応募書類の添削や面接対策、求人の検索等の就職活動に関わる全てのことができます。かながわ若者就職支援センターの最も魅力的な所が、就職セミナーや企業説明会です。

特に就職セミナーはグループワークを多く取り入れていて、定員が6名なので小グループで質が高いセミナーになっています。私もグループワークは経験しましたが、最初は人と関わってワークをするなんて恥ずかしいし気が乗らないと思っていました。

しかし、グループワークは参加してみるとわかりますが、自分が気づけない良い点を指摘してもらえるので、自分には向いていないと思っていた職種を発見できたり、自己分析をする上でも役に立ちました。定員が6名というのは凄くて、横浜市内での他の就職支援施設の「横浜しごと支援センター」もありますが、ここのセミナーの定員は15~30名までなので、かながわ若者就職支援センターがどれだけセミナーの質にこだわっているかがわかります。

また、「ミニ企業説明会・相談会」といって、企業の人事担当者が企業の事業説明をした後に、少人数でわからないことを質問できる機会を設けたり、相談できたりします。この「ミニ企業説明会・相談会」は注目です。

ニート歴がある場合は特に注目ですが、この場で「新卒で就職した会社を3か月で辞めてしまい、その後就職活動が上手くいかず、無職の期間が1年ほどあります。これからは腰を据えて長く働ける会社で一生懸命頑張りたいという思いがあるのですが、こんな私でも就職は可能でしょうか」と質問するとします。

相手は人事担当者なので、「働く意欲さえあれば、職歴は不問です。もしよければ会社に来ていただいて面接の機会を設けることができますが、いかがですか?」などといった流れになることもあります。

ニート期間がある場合は、上のようなアナログな就職活動で就職先を見つけていった方が効率性が高く、良い企業に出会える確率も増します。以上のことから、かながわ若者就職支援センターは全国のジョブカフェの中でもかなり質の良い就職支援施設でもあります。

【かながわ若者就職支援センター】
所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル5階
営業時間:月曜~土曜( 9時半~18時)
※日曜・祝日・年末年始はお休み
電話:045-410-3357

【横浜の就職支援場所3位】横浜新卒応援ハローワーク

かながわ若者就職支援センターとハローワークは同じビルの中に併設されていて、かながわ若者就職支援センターと同じビルの16階に、ハローワークで新設された既卒3年以内であれば利用できる「横浜新卒応援ハローワーク」があります。

学校を卒業して3年以内であれば、かながわ若者就職支援センターではなく、「横浜新卒応援ハローワーク」のサービスを使うことになります。横浜の新卒応援ハローワークの凄いところは、ほとんど毎週といっていいぐらい「ミニ面接会」が実施されているところです。「ミニ面接会」というのは、企業1社の人事担当者が実際にハローワークに来て、新卒枠で面接してくれるところです。

普通、卒業してしまうと企業の新卒枠で就職活動しようとしても書類選考の時点で落とされてしまい、エントリーすらできないこともありますが、新卒応援ハローワークのサービスを利用すると、新卒枠でのエントリーができるので、大学4年生と並んで面接してもらうことができます。

また、月に1回ほど20社程の企業が集まる「合同面接会」も実施されているので、面接会で就職が決まることもあります。面接までの道のりも、横浜新卒応援ハローワークを使えば、個別の担当制でサポートしてくれる人がいるので、自己分析や応募書類、面接対策など細かくサポート・準備をしてくれるので心強いです。

【横浜新卒応援ハローワーク】
所在地:神奈川県横浜市西区北幸1-11-15横浜STビル16F
TEL:045-312-9206
営業時間:月曜~金曜(9時半~18時)
第1・第3土曜(10時~17時)
※日・祝・年末年始および第2、4、5土曜は休み

【横浜の就職支援場所4位】横浜わかものハローワーク(横浜わかハロ)

基本的に既卒3年以内であれば「新卒ハローワーク」、既卒3年以上であれば「かながわ若者就職支援センター」のサービス利用で良いのですが、以下の項目に当てはまる場合は「横浜わかものハローワーク」を利用した方がいいかと思います。

・40歳以上~45歳未満の方
・就職相談だけでなく、精神的な悩みも相談したい方
・仕事に対する不安を相談したい方

以上の項目に当てはまる場合は、「横浜わかものハローワーク」を利用をおすすめします。わかものハローワークは、既卒3年以上であれば利用できますが、既卒3年以上なら「かながわ若者就職支援センター」のサービスの方がいいです。その理由はセミナーの質です。「横浜わかものハローワーク」のセミナーの定員が8人なのに対して、「かながわ若者就職支援センター」の定員は6名です。

注意点としては、「横浜わかものハローワーク」の所在地は「横浜新卒ハローワーク」と「かながわ若者就職支援センター」の同じビル内ではありません。少し離れたビルになるので、利用する際は場所を確認して行くようにしましょう。

【横浜わかものハローワーク】
所在地:神奈川県横浜市中区本町4-40 横浜第一ビル9階
営業時間:平日(8時半~17時)
※土日祝はお休み
電話:045-227-8609

【横浜の就職支援場所5位】よこはま若者サポートステーション

横浜には「よこはま若者サポートステーション」という就職支援施設があります。通称「サポステ」と呼ばれています。

サポステの利用者の多くは、

働くことに強い不安を抱えている
学生時代にいじめを受けていて精神的に不安定
不登校やひきこもり経験があって対人関係が不安

など、いきなり正社員として働くことが難しく、まずは短いパートやアルバイトからの働き方を検討している方が多いです。

就職のハードルが高すぎて前に進めなかったり、コミュニケーションが上手く人と取れなくて困っている場合は、最初にサポステを利用することをおすすめします。最初の就職相談ではゆっくりじっくり相談員が話を聞いてくれます。その後就職までのプランを相談員と一緒に作っていく流れですが、自己理解セミナーや企業合同説明会を通して、職業体験(10日間ほど)を行い、就職に繋げていくプログラムがあります。

しかし、よこはまのサポステに相談者が殺到していて、初回相談までに3週間かかってしまうことも発生しています。心の面で悩み事がある時にいきなり就職しても、長続きしないことが多いので、悩みが深い場合はサポステから利用してください。しかし、ニート期間があって就職できるか不安だけど、早く就職したいという場合にはサポステはおすすめできません

【よこはま若者サポートステーション】
所在地:
神奈川県横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル3階(本部)
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-6 新横浜TSビル5階(支部)
営業時間:
月曜~土曜(10時~18時)
※第3月曜、日曜、祝日、年末年始(12/29~1/3)はお休み。
※第3月曜が祝日の場合は第2月曜がお休み
電話:045-290-7234(どちらも共通)

【注意】ニート歴があるなら就職求人サイトはNG

ニートちゃん
ニート歴がある時に絶対やってはいけない就職活動は抑えておく必要があります。

それは、就職求人サイトを使った就職活動です。例えば、有名な就職サイトだと、「リクナビ」や「マイナビ」などがあります。これらは基本的には、新卒者用に作られています。「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などは主に中途転職者用に作られています。

ニート期間があってこれらの就職サイトに登録しても、横に並んでいるライバルが新卒者やこれから転職を希望している人なので、書類選考の時点で落とされてしまうことは容易に想像できますよね。実際に、私は就職サイトを使って落とされまくりましたし、就職サイトに頼っていたこともあって、全く就職活動が上手くいきませんでした

就職サイトに求人を載せるには掲載料がかかるので、お金がかかる以上、企業側もそれなりの良い人材を集めたいわけです。無職のニート期間がある場合は、ネットで動く就職活動ではなく、足を使って動くアナログな就職活動をしていかないと正社員に就職するのは難しいです。

まとめ

【横浜の就職支援場所1位】就職エージェントは「JAIC」「いい就職.com」「就職Shop」
【横浜の就職支援場所2位】かながわ若者就職支援センター
【横浜の就職支援場所3位】横浜新卒応援ハローワーク
【横浜の就職支援場所4位】横浜わかものハローワーク(横浜わかハロ)
【横浜の就職支援場所5位】よこはま若者サポートステーション
【注意】ニート歴があるなら就職求人サイトはNG

大学を卒業して新卒で就職した会社がブラックで短期退職すると、その後に就職活動は不安ですよね。無職のニート歴をなかったことにしたいと思ったことは数多いです。

しかし、どこかで動き出さないと、ニート期間が延びてしまい、本当に就職できなくなってしまいます。20歳前半はまだまだ若いです。私のように遠回りの就職活動にならないように、就職を支援してもらえる場所を活用していきましょう。

2014年頃までは、ニート歴があると就職が難しい時期もありましたが、今は売り手市場なので、昔と比べても今の方が正社員に就職しやすい環境です。これまでご紹介した就職支援施設を有効に活用すれば大丈夫です。

地方と比べると横浜はこれだけの就職を支援してもらえる場所があるので、ニート期間があってもしっかりとした就職先がみつかります。ありのままのあなたを受け入れてくれて理解してくれる会社は山ほどあるので、ぜひ上の就職活動を試してみてください。あなたなら大丈夫。応援しています。

⇒私が厳選した「人気の就職エージェントランキング」をみてみる

参考文献
・厚生労働省(平成28年度職業紹介事業報告書の集計結果)
https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000200901.html
・厚生労働省委託事業(職業紹介優良事業者認定制度ホームページより)
http://www.yuryoshokai.info/certification/index.html

【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

就職エージェントランキング

IT系に就職しやすいランキング

IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

ニートちゃんのプロフィール

現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

ニートちゃんに質問してみよう!

※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

ニートちゃんのTwitter

カテゴリー

サイトマップ