女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ハローワークの紹介状もらえない!?不安な方はチェックしよう!

公開日:

ハローワークの紹介状もらえない場合は?正社員就職を成功させよう

実際にハローワークに行かないと、紹介状はもらえないの?」「紹介状があれば、ブラック企業の確率は減らせるの?」と疑問に思っていませんか?

ニートちゃん
既卒はブラックしか就職できないのではと不安だった頃を思い出します。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

私も過去、同じように焦っていたのでお気持ちはよくわかります。でも、既卒でもホワイト企業に就職することは可能です

私は、ボロボロの経歴でしたが、26歳の時にホワイト企業に正社員就職し、今では安定した生活を送ることができています。

ここでは、「紹介状はハローワークでしかもらえないの?」「もらう場合どんな流れになるの?」という疑問から、ホワイト企業を選ぶためのポイント3つや、私が今の職場を見つけた方法、というリアルな既卒就活に役立つスキルをご紹介します。

ニートちゃん
あなたのお役にたてたら嬉しいです

 

紹介状はハローワークに行かないともらえない?

まず、「ハローワークの紹介状をネットで申請したり受け取ったりすることはできるの?」と気になる方も多いと思います。

ニートちゃん
実は、ネットでの受け取りや申請は原則やっていません

ハローワークの紹介状は、原則本人に直接渡すものです。電話や郵送で請求したり、代理人へ渡すことは基本的に行わないです。

紹介状を発行するために必要な「求職申込み手続き」の仮登録は自宅でも可能ですが、最終的に紹介状をもらう際は、お近くのハローワークに行く必要があります。

ニートちゃん
ただ、現在はコロナ感染予防対策として「FAXや郵送での対応」を行っています

2021年4月25日にハローワークインターネットサービス求人者・求職者の皆様へ~新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて~」で、現在はFAXや郵送での対応を受け付けている旨を発表しています。

対象区域以外でも、新型コロナウイルス感染症の感染防止等のため窓口への来所による手続きが難しい方は、来所によらない手続きも可能です。

紹介状は当日にもらえる?

紹介状は当日でも発行してもらえます。ただ、初めて紹介状を発行してもらう人は、求職申込み手続きを終える必要があります。

紹介状のもらい方の流れを詳しく解説!

求職申込手続きは、以下のどちらかを選ぶことができます。

▶ハローワーク内に設置されたパソコン(検索・登録用端末)で仮登録まで済ませて受付で手続きをする
手書きで記入して受付で手続きをする

事前に、自宅のパソコンで求職情報を仮登録することもできます。

※事前に登録した場合は、14日以内にハローワークへ行って、相談窓口で求職申込み手続きを行う必要がありますが、現在はコロナのために郵送やFAXでも対応が可能になっています

自身の個人情報や、希望の職種・条件などを入力しますが、この用紙に個人情報を記入しても、求人応募する際にハローワーク側から企業側に職歴や学歴、ブランクなどの情報が行くことは一切ありません

ハローワークの求人票に応募するためには、紹介状を発行してもらう必要があります。面倒に思う方もいるかもしれませんが、この手続きは済ませておきましょう。

ニートちゃん
ハローワークにある求人を検索したいだけの場合は登録は必要ありません

2回目以降ハローワークを利用する際には、この手続きは無しで利用できます

 

紹介状は他県まで取りにいかないともらえないの?

紹介状は、どの地域のハローワークからでも出してもらうことができます

他の都道府県の企業の紹介状でも、地元のハローワークで出してもらえるので、お近くのハローワークを検索してみてください。

※参考:厚生労働省「全国ハローワークの所在案内

※コロナ禍の対応として、現在は郵送でも可能です

 

紹介状を郵送してもらう場合は、どのような手続きになるの?

もし郵送を希望する場合は、以下のような流れとなります。

(1)「ハローワークインターネットサービス」で求人を検索

(2)希望の求人が見つかったら、近くのハローワークに電話し、求人に応募したい旨を伝える
※その際に求人番号など聞かれます

(3)ハローワークが会社に連絡し、応募は可能か・今後の段取りなどの確認

(4)会社に確認ができたら、ハローワークが紹介状を作成
※連絡がくるので、郵送もしくは近くのハローワークに直接取りに行くことになります

もし面接が早めの日程で設定されたら、郵送ではなくハローワークまで取りにきてほしいと言われるケースもあります。

ニートちゃん
近くのハローワークに問い合わせた時に、対応を直接確認しておくとスムーズです

 

実際にハローワークに行ってみた流れをご紹介!

ではここで、ハローワークに行って紹介状をもらう場合の流れをお伝えしたいと思います。

ハローワークよりも、効率の良い求人選びの方法とは!?

(1)ハローワークを検索する

ニートちゃん
お近くのハローワークを検索してみてください

(2)窓口に行く

ハローワークの中に入ると総合受付(案内)があります。そこで「求人を見たい」と伝えると、利用の流れを教えてくれます。

(3)求職申込み手続きの仮登録

求職申込み手続き」が必要です。

(4)窓口で求職申込み手続き

求職申込みの仮登録(申込用紙の記入)が終わったら、窓口に行って報告します。手続きが完了すると「ハローワーク受付票」がもらえます。

ニートちゃん
この用紙を持参すると、全国どのハローワークでも利用できます

(5)求人を検索する

番号が振られた「利用カード」を窓口から受け取って、同じ番号が書いてある求人検索機を利用します。

ニートちゃん
条件などを絞って検索できるので、自身の希望に合うものを選びます

膨大な量があるので大変ですが、基本的に求人を選んでいく作業は自分でやります。

ハローワークよりも、効率の良い求人選びの方法とは!?

気になる求人票があれば、印刷しておきましょう。

(6)希望の求人を見つけたら、窓口で相談受付

窓口で「紹介状を発行してもらいたい」と伝えると、番号札を渡されるので、番号が呼ばれるまで待機します。

(7)相談員さんとお話

自分の番号が呼ばれたら、相談員さんとお話しします。求人について聞きたいことがあれば、この時に聞いておきましょう

ニートちゃん
求人票に載っていない情報は、相談員さんが企業に電話してくれました

私は事務職希望で検索をかけて、自分で選んだ求人票をいくつか持って行きました。相談員さんのアドバイスは、自分だけではわからなかった視点でありがたかったです。

過去の受験者の人数や、合否の結果なども教えてもらえたりもします。

(8)面接の調整・紹介状の発行

「この求人に応募しよう!」と決めたら、相談員さんがその企業に電話をかけてくれて、面接日を調整してくれます。

ニートちゃん
募集はまだやっているかの確認もしてくれます

面接日が決まったら、紹介状を発行してもらえます

ハローワークの紹介状

ニートちゃん
この手順で行えば「紹介状もらえないよー!」ということはないので、安心してください

 

1回の相談で1つの企業しか紹介してもらえないの?

紹介状は同時に数枚発行してもらえます。ただ、もちろん応募すること前提であり、ハローワーク側の記録にも残ります。

企業によっては、求職者(私)から企業へ書類を送って、そこから面接日を調整するパターンもあります。

中には「ハローワークから紹介を受けた後、5日以内に必要応募書類をメールまたは郵送にて送付してください」と求人票の「求人に関する特記事項」欄に書いてあるケースもありました。

このように期限が指定されている場合もありますし、面接日が先に決まる場合でもなるべく早く書類を送る必要があります

ニートちゃん
どちらにしても、ハローワークが紹介状を発行したことは、その日に企業側にも伝わります

書類を送れば、順次面接も組まれていきます。あまりに多くの企業を同時並行で受けると、中途半端になってしまう可能性もあります。

ニートちゃん
「優先順位をつけて、それでも同時に気になるところがあれば言ってもらった方がいいと思います」と言われました

ちなみに、書類を先に送る場合は、先に紹介状を発行してもらえます

 

新卒応援ハローワークやわかものハローワークでも紹介状はもらえないの?

既卒3年以内の場合は「新卒応援ハローワーク」、35歳未満の場合は「わかものハローワーク」を検索してみてください。

※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

個別の担当者(ジョブサポーター)がついて就職相談を丁寧にしてもらえる上に、新卒枠で応募できる企業を紹介してもらえます。ハローワークには全国から求人が集まるので、就職支援場所の中では求人数が最多です。

職業適性検査、自己分析、職種・業界研究、エントリーシート・履歴書の添削、模擬面接などもできるので、自分に必要なプログラムを受ければ、就職の内定率も高くなります

ニートちゃん
新卒応援ハローワークでは新卒枠の求人も扱っています

 

紹介状を発行してもらえる企業は、ホワイト企業?

「ネットで求人を選んでいるけど、できることならなるべくホワイト企業に就職したい」と思っている方、お気持ちはよくわかります。

ニートちゃん
就職するならもちろんホワイト企業がいいです

ハローワークから紹介状が発行されるなら、ハローワークが認めているホワイト企業なのでは?」と思われるかもしれません。

ただ、残念ながら紹介状があるからと言って、その会社が必ずしもホワイト会社とは限りません

こちらでも紹介していますが、ハローワークの求人にはブラック企業が紛れている可能性が高いのです。

ハローワーク求人のデメリットをカバーできる方法

ハローワークは、全国の求人を扱っており、求人数に関しては就職支援機関で断トツの量。その分、会社の内情を全て把握することは不可能です。

求人票は企業によって改ざんされている可能性もあるのですが、相談員は求人票に書かれていることしか会社のことはわかりませんし、そのまま紹介してしまう可能性も高いのです。

ニートちゃん
私も内定が出たところはブラック企業でした。。

 

ホワイト企業を選ぶためにやるべきこと3選をご紹介

では、どんな求人を選んだらホワイト企業への就職を成功させられるのでしょうか?

ニートちゃん
求人を選ぶ時の3つのポイントを見てみましょう

その1:ホワイト企業の指標がついている会社を探す

ホワイト企業かどうかを判断する基準の一つとして、国が認定している「ホワイト企業の指標」がある会社かどうか、という視点があります。

・健康経営優良法人(経済産業省)
・安全衛生優良企業認定 ホワイトマーク認定(厚生労働省)
・ユースエール認定(厚生労働省)
・くるみん認定(厚生労働省)
・プラチナくるみん認定(厚生労働省)
・えるぼし認定(厚生労働省)

若者の支援を推進している企業や女性が働きやすい企業など、それぞれにマークの持つ意味が違うので、自分の状況に合わせて企業探しに役立ててください。

※参考:SHEM 非営利一般社団法人 安全衛生優良企業マーク推進機構「「優ジロウ」ホワイト企業 ・ ブラック企業一覧検索

その2:国が認定しているブラック企業リストを確認しておく

近年は、働き方改革の後押しもあり、国も本格的に動き出しています。厚生労働省も2017年5月から、「労働基準関係法令違反」をした企業を、毎月1回公表しています。

ニートちゃん
いわゆるブラック企業リストです
ニートちゃん
ただ、ここに認定されていないブラック企業は、残念ながらまだまだあります。。

その3:求人票でブラック企業かどうかを確認する

そこで、ブラック企業かどうかを求人票から判断する基準として、以下のような項目を見てみてください。

☑年間休日は何日か(※100日以下はブラック、120日以上はホワイト)
☑残業時間は何時間か(※40時間以上はブラック、20時間以内はホワイト)
☑賞与(ボーナス)はあるか、年に何回あるか
☑給与(月給)はいくらか
☑昇給は年に何回あるか(※昇給なしはブラック)
☑住宅手当があるか
☑交通費支給があるか
☑残業代支給があるか

ただ、先ほどもお伝えした通り求人票は改ざんされている可能性もあるため、なかなかブラック企業かを見抜くことは難しいのが現状です。。

 

既卒がホワイト就職をめざすための「就職エージェント」という方法とは?

ブラック企業に当たる確率を低くするためには、私の経験上、求人票をよく見るだけでなく、就活の方法を変えた方がよいです。

特にネット上の求人サイトは、文字上では本当に自分に合っているかがわからない上に、選考方法が既卒には向いていません

ニートちゃん
ライバルが新卒だったりキャリアのある転職者ばかりで、書類選考も通らずボロボロでした。。

一方、就職エージェントは、求職者とのカウンセリングを通して、エージェントが持っている求人の中から求職者に合ったものを選んで紹介する、というシステムです。

色んな種類の就職エージェントがありますが、その中には既卒専門の就職エージェントがあります。

上記の8社が、既卒や正社員未経験から正社員就職をめざす方を対象としています。

ニートちゃん
まさに、既卒就活のプロと言えます

就職エージェントの特徴

就職エージェントには以下のような特徴があります。

【1】エージェントが事前に企業を訪問し取材しているため、求職者と会社のミスマッチが起こりにくい。

【2】事前にブラック企業を排除するため、就職後も定着率が高くなる

【3】書類選考なしや未経験OKの求人が豊富なエージェントがある

【4】書類選考なしで優良企業と面接できるから、就職成功率が高く就職までのスピードが早い

就職エージェントを利用した方法は「既卒であっても就職成功率が高くホワイト企業を選ぶ確率も高い」という仕組みになっています。

就職エージェントを利用する上で気をつけたいこと

ただ、就職エージェントを利用する上で、気をつけておきたい点もあります。

最も注意すべき点が、質の悪いエージェントを選んでしまった場合、希望とは違う求人を勧めてくる可能性が高いことです。

これは、持っている求人数自体が少ないと職種に偏りがあったり条件の良くない求人ばかりだったり、ということが起こります。そのような求人の中からどうにか選ばせようと「あなたの経歴だと、この求人しか紹介できない」などと無理な誘導をしてきます。

もしそのようなエージェントに当たっても、「なんか変だな」と気づいてください。言われるがままに申し込みせず、別のエージェントを検討しましょう

ニートちゃん
自分は既卒だし無理は言えないかも、、と思わないようにしましょう

エージェント選びに失敗すると、就活自体も失敗するので注意が必要です

実際に使ってみてよかったエージェントとは

ちなみに、私が実際に使ってみて良かったという就職エージェントはこちらです。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

ニートちゃん
少し紹介するので、参考にしてみてください

「就職Shop(就職ショップ)」

就職shop(就職ショップ)

提携先の企業には事前に100%訪問し取材していることが大きな特徴。紹介できないようなブラック企業は事前に排除されているので、安心して選ぶことができます。

ちなみに、私が正社員就職する求人を紹介してくれたのは、就職ショップでした。

詳しくは、就職shopにニートが行ってみた体験談を読んでみてください。

※現在はコロナ予防のため、すべての面談を電話にて行っています

「第二新卒エージェントneo」

こちらも正社員未経験者の支援が強い第二新卒エージェントneo。

一切の出し惜しみなく他のエージェントの2~3倍の求人を実際に紹介してくれます。提携している会社は100%事前に訪問しているので、ブラック企業でないかはチェックされており、質も高いです。

第二新卒エージェントneoに既卒ニートが行ってみた!体験談も参考にしてみてください。

今はコロナの影響もあり、オンライン面談もやっています。

 

対面でしっかり確認することが大切!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。最後になりますが、私の経験上、既卒の就活を成功させる上で大切なことをお伝えします。

それは、ネット上での就活ではなく、基本的には対面での就活がいい、ということです。

私の場合は、エージェントや相談員に直接会って相談したり、ハローワークなどで開催されている説明会や就職セミナーに参加した方が、ブラック企業の確率を減らせました。

求人サイトや就職情報誌に載っている求人は、たとえ「未経験歓迎!」や「年収600万!」と書かれていても、本当かどうかわかりません。

また、就職相談のプロは、対面だと求職者の性格や能力を上手く引き出してくれます

頼るべきところはしっかり頼って、効率よく就活を進めてください。長く働けるホワイト企業への正社員就職をめざしましょう。

ニートちゃん
皆さんの就活を陰ながら応援しています

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php