女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

ハローワークの紹介状に期限はある?の疑問にお答え!

公開日:

ハローワークの紹介状の期限はいつまで?正社員就活

「ハローワークの紹介状って有効期限があるの?」「紹介状を発行してもらってから、郵送するまでの期限ってある?」このように悩んでいませんか?

ニートちゃん
期限と聞くと焦ってしまいます。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

紹介状を発行してもらったはいいものの、段取りがわかっていなくて書類作成に時間がかかってしまった体調不良で遅くなってしまったなどで、せっかく見つけた希望の求人に応募できないのはもったいないです。

そこで今回は、このような失敗を防ぐために
紹介状の「期限」はいつまでなの?
会社にはいつまでに送ればいいの?
事前にやっておくべきこと

などをまとめてみました。

また、私は既卒就活の経験者ですが、ハローワーク求人での就活で失敗してしまったことがあります。

やってみてわかったハローワークの求人票の特徴についても、お伝えできればと思います。

ニートちゃん
少しでもあなたのお役に立てば嬉しいです

 

ハローワークからの紹介状には期限がある?

ハローワークの紹介状ですが、「ここまでに応募しなくてはいけない」という期限はありません

紹介状の裏にある「選考結果通知」に、「紹介期限」という記載がありますが、こちらは求職者側には関係ありません

ハローワークの紹介状

ニートちゃん
選考結果通知は、面接をした企業がハローワークに対して結果を通知する時に使うものです

これは「ハローワークが求職者に紹介する期限」という意味なので、仮に紹介状を発行してもらったのが紹介期限の当日だった場合、翌日以降に送っても問題はありません

紹介状は発行してもらった時点で期限はなく有効となります。

ニートちゃん
ハローワークの紹介状については、こちらで詳しく解説しています

 

ハローワークの紹介状をもらったら、いつまでに送付しなければいけないの?

ただ、注意しておかなくてはならないのが、有効期限はないけれど、なるべく早く送った方がよいという点です。

紹介状の発行の際に、相談員の方が面接日を調整してくれた場合はもちろんですが、こちらから書類を送る場合でも、すでに企業には紹介状を発行した旨の連絡が入っている可能性は高いです。

ニートちゃん
書類が遅い場合「送ってこないんだけども、、」とハローワークに連絡がくることもあるようです

書類は遅くても1週間以内には送る必要があります。また、求人票の特記事項に「〇〇日までに送付」などと指定されている場合もあるので、よく見ておきましょう。

ニートちゃん
でも、急に書類提出に期限があると言われると困ります。。

応募書類は、送付状履歴書紹介状職務履歴書を一緒に提出するのが一般的です。

自分は書くのに時間がかかりそうだな。。」と思う方は、紹介状を出してもらう前に対策しておくのがベストです。

もし選考を辞退する場合はどうしたらいいの?

もし「かなり時間があいてしまったから辞退したいな。。」という場合は、ハローワークへ連絡して辞退の旨を伝えます。面接日が決まっていた場合は、企業にも連絡しておきましょう

ニートちゃん
ハローワークには個人の就活の記録が残っているので、紹介中のままの状態になってしまうそうです

ハローワークの紹介状は不要!既卒ニートの私が26歳で正社員就職できた方法とは?

ハローワークの紹介状をもらう前にやっておくべきこととは?

次の章からは「紹介状を発行してもらう前に準備しておくこと」をまとめます。

事前準備とは?その1:自分なりに書類作成をしておく
その2:ハローワークなどの公的機関で完成させる
ニートちゃん
もし「書類に不安があるなぁ、、」と思われる方は、参考にしてみてください

紹介状発行・書類作成・面接対策が必要ない既卒の就活方法とは?

 

【紹介状を出してもらう前にやるべきことその1】自分なりに書類作成をしておく

まずは、書類を事前に作成しておきましょう

ホームページにも履歴書など応募書類の書き方が詳しく記載されているので、参考にしてみてください。

※参考:厚生労働省「履歴書・職務経歴書の書き方
ニートちゃん
では、具体的にどんなところに気をつけて作成したらいいのか、ご紹介します

 

履歴書の書き方のポイント:自己分析編

履歴書を書く時に、特に力を入れて取り組まなくてはいけないのが「自己PR」と「志望動機」の2点です。

ただ、これらは自分のことをしっかり理解している必要があります。

自己分析の結果は、就活の軸となるもの。応募書類だけでなく面接時に自分のことを伝えるためにも必須です。

ニートちゃん
では、自己分析って何をするのでしょう?

自己分析は「自分はどんな人間なんだ?」と意識するところから始まります。自分を知る最大のカギ、それは過去の出来事です。

ニートちゃん
私過去の経験を思い出す作業から始めましょう

(1)過去の出来事を時系列で書きだす

まずは自分の人生の出来事を時系列で書き出してみましょう。

これまでの人生で記憶に残っていることを、思いつくまま全て書き出します。

若年層の場合、採用担当者は「頑張る姿勢」をかなり重視しています。過去に頑張ったこと打ち込んだ経験を中心にピックアップしていくとよいでしょう。

ニートちゃん
自己PRは長所をアピールする場所なので、後々に直結します

(2)過去の出来事の中から、自分にとって大切な出来事を選定する

(1)で挙げた出来事を元に、縦軸に「人生の幸福度」、横軸に「年月」をした折れ線グラフをつくってみましょう。

縦軸の「人生の幸福度」は、過去の出来事ベースでいいです。平均を真ん中にとり、「嬉しかったこと・楽しかったこと」は上に、「悲しかったこと・辛かったこと」は下に点を打っていきます。最後にその点を結べば、幸福度グラフの完成です。

ニートちゃん
アップダウンがあまりない人もいますし、上下にたくさん振れる人もいます

例えば、「リーダーに選ばれた」という経験が、「イヤだったこと」になる人もいれば、「嬉しかったこと」になる人もいます。そこにそれぞれの個性が現れます。

この出来事は自分にとってターニングポイントだな」と感じたら、その出来事をピックアップします。

(3)いろんな切り口で考えてみる

だんだん自分の過去が整理できて、自分にとって大切なエピソード、キーワードが出てきたら、その部分を深掘りしていろんな切り口で自分のことを分析してみましょう

過去の経験から、自分が得意なこと・好きなこと・苦手なことなどはもちろん、得意な状況・嫌な場面なども整理をしてみると、より自分について知ることができます。

・自分が得意なこと
(身体を動かす、同じことを繰り返す、など)
・自分が得意な状況・落ち着く状況
(自分のペースで誰からも話しかけられない、高齢の方に囲まれて働く、など)
・自分が苦手なこと
(コツコツやること、大勢の人の前でスピーチすること、など)
・自分が苦手な状況
(常に誰かが怒られているようなピリピリした雰囲気、同世代の人と一緒に作業する、など)

他にも、

・今までやってきた中で楽しかったこと
・もうやりたくないと思ったこと
・褒められて嬉しかったこと
・自分が頑張れる状況はどんな時だったか
・周りにいてくれた人はどんな人だったか

など、どんどん自分について質問していくとよいです。

ニートちゃん
ちなみに、過去のエピソードを小学校時代・中学校時代・高校時代以降で見てみると、以下のようなことがわかります

☆小学校時代

本質的な性格の傾向がわかる。まだ社会性やルールなどに縛られた行動を意識していない状況なので、行動や経験に本来の性格が現れやすい。

☆中学時代

徐々に社会性を意識する時期ではあるが、本質的な性格も混じっている状況。どのように物事に取り組んだかで、本来の性格や考え方が反映されやすい。

☆高校時代以降

社会につながる経験や「組織の中の自分」を意識する時期。高校時代の経験の延長に、今がある場合も多い。

ただ私の経験上、あまり一人で悩みすぎるとわからなくなってきたりするので、ある程度のところでキャリアカウンセリングを受けて、客観的に整理してもらうのも大切です。

私が効率よく就活を成功させることができた方法とは?

これらを元に、実際に紹介状と一緒に提出する履歴書を書いていくことになります。

 

履歴書の書き方のポイント:自己PR編

では、自己PRを書く時のポイント」について見ていきましょう。

自分の不利になることは書かないようにする

自己PRはありのままを書くところではないので、短所を書く必要はありません

自分自身の性格(長所・特徴)のほか、一生懸命に取り組んできたことでも大丈夫です。

応募する職種で必要とされるスキルにする

応募する職種に必要とされるスキルがアピールポイントになっているかを確認します。

自己PRは「仕事につながるかどうか」が一番のポイントなので、志望する業界・会社の「〇〇〇〇」に貢献できる、という風に関連づけると良いです。

ニートちゃん
事務職の応募で「手先が器用です」と言っても、評価されないので。。

もちろん、それが不要なスキル・長所というわけではありません。何をアピールすれば「うちの企業に貢献してくれる人材だな」と思ってもらえるのか、が大事です。採用側のニーズをふまえて書くことを意識しましょう。

具体的なエピソードが必要

アピールポイントには根拠が必要です。根拠は基本的には職歴からエピソードを見つけます。

ニートちゃん
過去の仕事から・学生時代の経験からこのようなスキルや知識を得ました、という根拠があると、真実味が増します

自己PRできることなんて何もない。。」「具体的なエピソードを見つけられない。。」と悩んでいる方でも、大丈夫です。

今までやってきたことの中に、あなたの人となりが必ずあります。それは、華々しいエピソードでなくてもいいのです

例えば、コンビニのアルバイトで働いていた方の場合。ありふれた仕事と思っていても、自分がどんなことを意識して頑張っていたのかで、印象は大きく変わります。

陳列を頑張ってたな、、
⇒「商品がどうやったら売れるようになるか、配置を考えたりポップをつくったりなど工夫しました」
レジでお客さんをさばくのが得意だったな、、
⇒「お客様が並ぶ時間を少しでも短くするために、スピード感をもって手際よくレジで対応しました」
お客さんに話しかけるの好きだったな、、
⇒「お客様といい関係を築いてファンを増やすために、お客様をさりげなく観察し声をかけていました」
とりあえず声だけはちゃんと出して頑張ってたな、、
⇒「お店を活気づけるために、一番元気よく声を出し、どんな時も笑顔を欠かしませんでした」

このように、同じ仕事でシフトに入っていたとしても、自分が一番意識していたことが違えばこれだけ違った印象になります。

ニートちゃん
真剣に仕事に取り組んでいる様子が伝わってきて、信用度が増します

エピソードは今頑張っているアルバイトのことでも構いません。

・問題だと思ったこと、こうした方がいいと思ったこと
・考えて実行してみたこと
・学んだこと、発見したこと、次に活かそうと考えたこと
・自分が持っている信念

これらの事実を端的に書き出し、無駄がないようにわかりやすいエピソードをつくっていきましょう。

 

履歴書の書き方のポイント:志望動機編

志望動機は、志望する企業が決まらないと書きづらい部分もあります。では、志望動機を書く時のポイントはあるのでしょうか?

志望理由は、以下を意識して書きましょう。

☑なぜその会社(業界)に興味をもったのか。なぜその会社なのか
☑自分がそこでどのような仕事をしたいのか
☑そこで自分のどのような面を活かしていきたいのか
ニートちゃん
「入りたいほどの会社」なら、ちゃんと理由が言えないとだめですもんね。。

面接官がみているポイントとしては、

☑ウチの会社でどんな仕事をしたいのかどんな成果をあげたいのか
☑ウチの会社に関心をもったきっかけ
☑ウチの会社や業務内容をどれくらい研究しているか
他の会社ではダメな理由

このような点が挙げられます。

企業説明会など直接会える機会があればいいですが、ホームページで必ず情報収集をしておきましょう。

企業があなたに求めていることとは?

ここに、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)があります。15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視する能力は以下のうちどれだと思いますか?

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

実は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視しています。つぎに「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順です。

ニートちゃん
順番に見ていきましょう

【1位】 就業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
就業意識、勤労意欲、チャレンジ精神、これらは何かというと、「やる気」です。実に68.7%。一番重視されていることがわかります。

【2位】マナー・社会常識
採用の際にマナー・社会常識を重視する企業が59.8%と2位。一緒に仕事をする人が、マナーが悪かったり社会常識が足りないのは困る、ということでしょう。

ここでいうマナー・社会常識は、

・ちゃんと挨拶ができるか
・身だしなみは清潔で、整っているか
・適切な言葉遣いができているか
・時間を守ることができるか
・書類は鉛筆ではなくペンや万年筆などを使っているか
・他人が読める字を書いているか

このようなことであり、書類選考や面接を通じてすぐに判断できる最低ラインのことです。つまり、気をつければ誰でもクリアできる部分です。

ニートちゃん
企業の多くは新入社員に「マナー研修」を実施しているので、その先の具体的なスキルを心配する必要はありません。

【3位】コミュニケーション能力
3位のコミュニケーション能力は52.5%。ここで求められる「コミュニケーション能力」は、お笑い芸人のように面白い返答ができる、という意味合いではありません。

・相手の目を見て会話ができるか
・会話している相手の心情を察することができるか
・言いたいことをちゃんと言葉にして伝えようとしているか

企業が気にしているのは、基本的な会話のキャッチボールです。

以上の3つからわかるように、職業経験や専門知識・難しいスキルが大事なのではなく、これからのやる気・将来に期待している、ということなのです。

大事なのは「やる気」。それが一番伝わるのは志望動機です。「なぜ数あまたある会社の中からウチを選んだのか」、この理由が明確であればあるほど、やる気・熱意があると見なされます。

ニートちゃん
そこをふまえて、私が考えた例文がこちらです。
ポイント(1) 小さい頃から好きなこと(自分の人柄を伝える、志望動機に繋げるため)
(2) 応募する企業の特徴(好きなことと企業の特徴を重ねるため)
(3) 志望動機(好きなことと企業の特徴が重なるため志望したことをアピール)
【志望動機】
私は小さい頃から、人を感動させるようなサプライズ企画を計画することが大好きです。平凡な日常の中で、少しの工夫をすることで人を喜ばせることができる。
貴社の扱っているサービスは、お客様が日常的に抱えている悩みを解消又は緩和させるサービスだと確信しております。
私が希望している事務職では、お客様に接する業務より、職場で一緒に働く方をサポートするお仕事です。日常的に働く中で、いかに相手のことを思いやり、気配りができるか、働きやすい環境にできるかを日々考え行動していくことが、組織として最大限にお客様を感動させることに繋がると考え、貴社に志望致しました。

志望動機は、最低でも5行以上は書き込むようにしましょう。

ニートちゃん
しっかり丁寧に自分の思いをアピールすることが大切です

 

履歴書の書き方のポイント:空白期間編

上記2点の他に気になるのが、特に既卒やフリーターの場合、空白期間をどうやって書けばいいんだろう?という悩みだと思います。

では、”空白期間の理由”は、履歴書に書くべきなのでしょうか?

ニートちゃん
答えは、あえて書く必要はないです

私は空白期間やその理由を書いて就活をした経験もあるのですが、やはり書類選考で落とされることも多かったです

私の経験上、空白期間を履歴書に書くと面接官の印象に残りやすく、質問がフリーターになったきっかけや理由この期間は何をしていたのか、などがメインになってしまうことが多かったです。

もちろん書いていなくても、空白期間があれば必ず面接で質問されます。ただ、空白期間は書類上には書かないで、面接で説明した方が採用率が高いと感じました。

ニートちゃん
もちろん、空白期間の理由については面接対策が必須です

 

面接でのポイント:空白期間について

面接に受かるためのポイントとしては、やはりどれだけ「やる気」をみせられたかという点です。

もちろん「志望動機」や「自己PR」などの質問に対する準備の度合いでも本気度を見抜かれます

面接では絶対に聞かれるであろう基本的な質問に対して誠実に準備ができるのか、、そんな部分も企業はチェックしています。

ニートちゃん
採用担当は、何人もの面接をしてきた百戦錬磨のプロです。

緊張して上手く話せなくても、ちゃんと準備をしていたかどうかはわかります。

もちろん、「ハキハキ話す」「結論から端的に話す」などの基本的な姿勢も大事です。

面接については練習した方が絶対に上手くなるので、次の章でご紹介する公共機関を利用して練習すると良いでしょう。

既卒が面接でよく聞かれる空白期間についてはどう答えたらいいの?

書かない場合でも、おそらく面接では、空白期間のことを高い確率で聞かれます。そして、「空白期間に何をしていたのか」「どうして空白期間ができたのか」をしっかり説明できないと、採用されることはありません。

ニートちゃん
では、面接でどう答えるのが正解なのでしょうか?

空白期間については、色々取り繕うよりもある程度正直になった方が受かりやすいです。

フリーターのことを正直に言うとマイナスにならないの?」と思うかもしれませんが、もちろんありのままを話すだけだと印象は良くないです。そこで、以下のポイントを押さえて説明します。

面接で失敗しない3つの答え方のポイント1.フリーターの空白期間ができてしまったことについては反省している旨を伝える
2.今後どうしていきたいかを面接官にアピールする
3.志望動機や自己PRをしっかり伝える

この3つ(特に3つ目)ができれば、採用される確率は大きく上がります。

ニートちゃん
自己分析をして、自己PRと志望動機はしっかり考えておくことが大事です

 

【紹介状を出してもらう前にやるべきことその2】ハローワークなどの公的機関で完成させる

紹介状を出してもらうためにハローワークに行くのでは?」と思われるかもしれませんが、まずは相談に行くのが私の経験上おすすめです。

ハローワークには、無料で受講できる履歴書の書き方のセミナーや、自己分析のセミナーがあります。面接対策の講座では、受かるポイントも教えてもらえます。

※現在はZoomにて実施している場合もあります

また、若年層を対象としたハローワークや、都道府県が運営しているジョブカフェでは、個別の就職相談や、書類の添削、面接対策まで、本当に一から教えてもらえます。

ニートちゃん
これからの就活の方針から、書類を送る時のマナーまで、細かい悩みや疑問にも答えてもらえます

公的機関なので、利益などは関係なく真摯に相談に向き合ってもらえます。若年層の方は、お住まいの地域の以下の機関を利用してみてください。

その1「新卒応援ハローワーク」

新卒応援ハローワークは、既卒3年以内の若年層を対象に就職支援を行う機関です。

個別の担当者(ジョブサポーター)がついて丁寧に就職相談に対応してもらえます。元人事担当の人や国家資格を持った方が多いので、話を聞いてもらったり、アドバイスをもらうことが可能です。

職業適性検査、自己分析、職種・業界研究、エントリーシート・履歴書の添削、模擬面接などもできるプログラムがあるので、自分に必要なものを受ければ、就職の内定率も高くなります

ニートちゃん
わからないことはなんでも相談に乗ってもらえます

また、新卒対象の求人で、既卒3年以内なら応募可能としている企業の求人も取り扱っています。

※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

その2「わかものハローワーク・わかもの支援コーナー」

「わかものハローワーク」「わかもの支援コーナー」は、おおむね45歳未満を対象とした公的な就職支援機関です。既卒3年を過ぎている場合は、こちらを利用できます

基本的には新卒応援ハローワークと同じような内容で運営されています。

その3「ジョブカフェ」

正式には「若年者のためのワンストップサービスセンター」という名称で、国ではなく都道府県が主となって運営しています。

ニートちゃん
だいたい35歳前後までの若者への就職支援サービスの機関です

役割はハローワークとほぼ同じです。都道府県によっては、国と連動して新卒応援ハローワークやわかものハローワークと同じ施設で運営するなど利用しやすいところもあります。

都道府県の運営なので地域の特色を強く出すことも多く、その地域に多い職種や求人に合わせて、セミナーや講座を開催していたりします。

※参考:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援
ニートちゃん
もし書類を送ることに不安がある人は、先に相談して準備をすすめておくと焦りません

 

ハローワーク求人の弱点とは?私が失敗から学んだこと

ここまで、紹介状の期限を気にせず、スムーズに提出するための準備方法をご紹介してきました。

ただ、既卒の私の場合、結果的にハローワークの求人で就職することはできませんでした。。

内定は2つもらったので、これらの方法で上手く採用までたどり着いたのですが、内定をもらった2つの会社はどちらもブラック企業だったのです。。

新卒応援ハローワークやジョブカフェは、就活について親身になってサポートしてくれる利用すべき機関です。ただ、求人については要注意だと学びました

特にハローワークは、全国の求人が見られるため断トツの求人数を誇ります。ただ、その分ブラック企業が混ざりやすいという危険があります。

大量の求人票すべてに目は通せませんし、会社の内情を全て把握することなどできません。ハローワークの相談員は、求人票の情報でしか会社のことを知らないのです。

ニートちゃん
こちらでも詳しくご紹介しています

 

ブラック企業に出合う確率を減らせる!?紹介状や書類選考なしで就職できる効率の良い方法とは

ブラック企業かどうかを見抜く方法はないの?」と不安に思われた方、お気持ちはよくわかります。

ただ、求人票は改ざんされている可能性もあるため、なかなかブラック企業かを見抜くことは難しい状況です。ハローワーク側に非はなくても、その仕組みを利用しているブラック企業があるのです。。

そこで、最後に私が実際に正社員就職できた方法をご紹介します。

ニートちゃん
もし求人選びに納得できていない方は、参考にしてみてください

既卒の就職率も高い!就職エージェント

その方法が「就職エージェント」を利用する方法です。

就職エージェントは、求職者にカウンセリングを行い、エージェントが提携している企業の求人の中から求職者に合ったものを選んで紹介してくれる、という仕組みです。

ニートちゃん
すべて無料です

ハローワークと同様に、カウンセリングでは丁寧に就職の相談に乗ってもらえます

もしまだ職種が決まっていなかったり、求める条件が定まっていなくても、話を聞いて求職者のタイプをしっかり把握した上で、「向いている職種」や「雰囲気に合った会社」をピックアップしてくれるので安心です。もちろん合わないと思ったら断ることもできます

ニートちゃん
公的機関だと全て自分で探さないといけないので助かります

また、既卒専門の就職エージェントが紹介してくれる求人は、書類選考なし・面接もお互いが意思を確認し合うような面談形式、というところも多いです。

既卒にとって就活は、求人選びや書類選考、面接など難関の連続です。空白期間がある既卒というだけで選考も通らず、私も何度も挫折しました。なので、この方法は内定までが本当にスムーズで、ありがたかったです。

ちなみに、私の今の職場を紹介してくれたエージェントである就職shopや、第二新卒エージェントneoでは、求職者に紹介する会社は100%事前に訪問済み

ニートちゃん
この時点でブラック企業でないかどうかチェックされているので、安心でした

既卒の就職支援を専門としているエージェント”は以下の8社です。

この中でも、私が実際に体験してここはよかった!というエージェントさんをランキングにしていますので、よければ参考にしてみてください。

ニートちゃん
失敗談もあります

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

実は、質の悪いエージェントを選んでしまうと、希望とは違う求人に誘導してくることがありました。。

エージェントの利益を優先して、条件の良くない求人をどうにか選ばせようと「あなたの経歴だとこのあたりが妥当ですよ」などと無理な誘導をされたりするかもしれません。その場合は注意が必要です

ニートちゃん
口コミやネットと実際に利用してみた感じが違うこともあるので、こちらの経験談も読んでみてください

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が上手くいくことを祈っています

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php