女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

コミュ障の女が仕事探しを成功させるための支援サービスとは?

公開日:

コミュ障の女性が仕事を探すコツとは?

人と関わること、特に雑談が大の苦手な私。フルタイムのバイトに入ったものの、輪に入れる余地がなくてどうしたらいいのかわからない。。」「私はどういう仕事なら勤まるの?誰かを頼りたいけれど、どこなら相談できるの?」そんな風に悩んでいませんか?

ニートちゃん
続けても苦しい思いをするだけなら辞めてしまいたい。。そう思うのも無理はありません
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

この先どこに行っても同じ事の繰り返しなんじゃないかどこに行っても孤立してしまうのではないか、、そう不安になるお気持ちはよくわかります。

私もコミュ障で引っ込み思案な性格なので、仕事内容や職場環境は大切にしたいと思って就活していました。

ニートちゃん
でも、なかなか自分に合う仕事が見つからず、ニートや引きこもり状態になってしまった期間もあります

でも、そんな私でも、26歳の時に正社員として事務職に就職することができました。仕事はやりがいもあり、人間関係も良好で、充実した生活を送っています。

今回は、コミュ障の私でも仕事を長く続けられる職場に出合いたいと思っている方に、自分にあった仕事を探す手伝いをしてくれる機関その機関の効率的な利用方法などをご紹介したいと思います。

ニートちゃん
私の経験があなたのお役に立てば幸いです

 

コミュ障の女性が仕事の悩みを相談できる施設はある?

今の仕事は私には向いていないのかな?」「続けても苦しい思いをするだけなら辞めてしまいたい。でも、仕事をしないと生きていけない。。」このように悩んでいる方のお気持ちは、よくわかります。

ニートちゃん
私も上手くいかない時期は、どんどんマイナスな方向へ考えていました。。

私と同じ経験をしている方は、まず仕事に関することをプロに相談できる「就職支援サービス」を利用してみていただきたいです。

近年では、国の「若年層への就職支援」が手厚くなっています。各地方自治体でも、若年層のサポートに力を入れているところも増えています。

※参考:厚生労働省 参事官(若年者・キャリア形成支援担当)作成「若者の就職支援対策について
ニートちゃん
公的な支援機関を頼りにしてみるのも一つの方法です

コミュ障が最も効率よく利用できる就職支援サービスをすぐに知りたい方は、こちら

ハローワーク

よく耳にするハローワーク。「行けば、何か解決するのかな?」と思っている方もいるかもしれません。

ハローワーク(公共職業安定所)は、国民に雇用機会を与えるための、国が運営する就職支援サービス。もちろん求職相談なども可能です。ただ、一般的なハローワークは誰でも利用することが可能なので、幅広い年齢の方が利用します。

ニートちゃん
若年層の方の中には「あまり参考にならなかった。。」と感じる人もいます

そこで、若年層に対象を絞ったハローワークについて、簡単にご紹介したいと思います。

新卒応援ハローワーク

新卒応援ハローワークは、既卒3年以内の若年層を対象にした就職支援機関です。

ここではジョブサポーター(新卒専門の相談員)が担当制で受け持ってくれるため、個人的な相談も丁寧にのってくれます。

ニートちゃん
既卒3年以内であれば、今正社員でもアルバイトでも、仕事の相談にのってもらえます

その他にも、職業適性検査や自己分析、コミュニケーションスキルなど、就職に役立つセミナーが無料で受講できるので、これらを利用して自分のことを知ることもできます。

また、地域の中小企業と連携しているため地元に密着した求人が集まりやすいという特徴もあります。地元の会社の採用担当と直接話ができることもあるので、「自分に合う仕事をもう一度探し直したい!」と思っている方にとっては良い機会でしょう。

※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワークに相談してみませんか?
※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

「わかものハローワーク・わかもの支援コーナー」

わかものハローワーク・わかもの支援コーナーは、おおむね45歳未満の若年層を対象にした就職支援機関です。

既卒3年以上の方は、こちらを利用してみてください。サポート内容は、新卒応援ハローワークと同様です。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、都道府県が主体となって運営している、就職支援機関です。おおむね35歳前後までの若年層が対象となっています。

ニートちゃん
地域によって名称は違っています

国と連携し、新卒応援ハローワークやわかものハローワークと同じ場所に設置している地域も増えています。

わかものハローワークと同様に、個別での相談対応や、自己分析のセミナーや就活スキルアップの講座もあります。地域の特色を強く出すことも多く、その地域に多い職種や求人に合わせて、セミナーや講座を開催したりもします。

その都道府県が若者の就職に力を入れている場合、ジョブカフェのサポート内容はかなり充実しています

ニートちゃん
一度ホームページで調べて、内容が良さそうな機関を利用してみると良いです
※参考:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援

公的な就職支援サービスで注意すること

もし、「新しい職場を探したい!」と考えている方は、これらの施設の「求人票」には注意が必要です。

実は求人票は会社が改ざんして提出している可能性もあります。ただ、莫大な量の求人を扱う公的機関では、会社を全て把握することは不可能なので、送られてきた求人票を全面的に信頼するしかありません。

ニートちゃん
私もハローワークの求人で内定をもらいましたが、すべてブラック企業だったので辞退しました。。

そして、上記のサービスは公的機関のため、個人的な思想などを交えて紹介できません。「この企業がいい」というのは差別して紹介することになるので、条件以外の理由でアドバイスすることはできないのです。

そう、これでは

・「会社の雰囲気や中身まではわからない」上に、「ブラック企業」の可能性がある
・「あなたに合うおすすめの企業」をマッチングさせてくれる訳ではない

ということです。公的な就職支援サービスの求人だけを見て就活をするのは危険があることを知っておいた方がいいでしょう。

コミュ障が自分に合う会社に就職するためのベストな方法とは?

ただ、先ほどご紹介した「置かれている状況に対して客観的にアドバイスをもらう」「自分の強みや苦手とする環境などを分析してもらう」などのキャリアカウンセリング(就職相談)は、私にはかなり有効でした。

役に立つセミナーもありますし、損得勘定なしに親身になってくれるのは公的機関の強みです。

 

コミュ障の女性に向いている職種とは?

コミュ障の女性に向いている仕事があるなら教えてほしい」「対人関係を築くのが苦手な私は、どういう仕事なら務まると思いますか?」と悩んでいる女性は多いかもしれません。

もちろん、コミュニケーションをとる機会が少ない職種はあります。

ニートちゃん
こちらで詳しい職業をご紹介しています

コミュ障に向いている仕事とは?

ただ、人と関わりが少ない職種だとしても、コミュニケーションが全くない職場だとは限りません

仕事内容が人と話さない職種だったとしても、職場は業務中も雑談が飛び交っている環境や、細かい報告が必要な雰囲気・上司がいる環境かもしれません。

職種ももちろん大事ですが、あくまで「自分に合う仕事を探すための条件のひとつ」だと思っておいた方がよいでしょう。

 

コミュ障の女性でも長く続けられる仕事を探すためのポイントとは?

でも、「こんなことではこの先どこに行っても同じ事の繰り返しで、働けないのでは。。」「どこに行っても孤立してしまうのではないか。。」そう感じてしまうと、なかなか一歩が踏み出せないのではないでしょうか?

離職理由のトップ3とは?

厚生労働省の調べによると、初めて勤務した会社をやめた理由は、

「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」 30.3%
「人間関係がよくなかった」 26.9%
「賃金の条件がよくなかった」 23.4%
「仕事が自分に合わない」が 20.1%

上記が上位の理由となっています。

ニートちゃん
どれもよく耳にする離職理由です。。

ちなみに、1年未満に離職した人に限定すると「人間関係がよくなかった」と回答した割合が最も高いです

※参照:厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概況

これらの原因をしっかりおさえて就職することが、長続きのポイントです。これらをふまえて、私は次の3つのポイントが大切だと思っています。

ポイント【1】自分の性格に合っている職種を見つけること
【2】自分に合う会社を見つけること
【3】ホワイト企業を狙うこと

です。

コミュ障でも仕事が長続きする!?正社員就職を成功させる3つのポイントとは?

【ポイント1】自分の性格に合っている職種を見つけること

これは最初にご紹介したように、自分に向いていると感じる仕事を見つけることです。新卒応援ハローワークなどのサポートを利用して、どんな仕事をやりたいか考えてみるといいでしょう。

ただ、求人に書かれていることが全てではありません。仕事内容にこんなことも含まれてしまうんだ、ということもあります。

ニートちゃん
私も社風が合わず2ヵ月で短期離職した経験があります。。

【ポイント2】自分に合う会社を見つけること

どれだけ自分に合った職種だったとしても、会社の雰囲気や人間関係が悪いと、長く続けられない可能性があります。

ニートちゃん
私の場合、コミュ障なのに会社の上司は体育会系でどうしても無理でした。。

たとえば「雑談が大の苦手」「黙々とやり続ける仕事がありがたい」という方であれば、「雑談をしないと間がもたないような雰囲気の会社」は、合っていないでしょう。

仕事内容に苦痛がなくても、仕事の環境で働けなくなってしまう人は少なくありません。

ニートちゃん
全くめずらしいことではないです

【ポイント3】ホワイト企業を狙うこと

薄給で、福利厚生がしっかりしていない」「罵倒する声が響いている」「サービス残業が多すぎて身体が限界。。」このような環境では、もちろん長く働くことはできません。

ニートちゃん
ブラック企業に転職しては、意味がないです。。

ただ、この3つのポイントを自分ひとりの力でクリアするのはかなり難しいです。特にポイントの2・3は、会社の内部を知らないと厳しいです。

では、どのような方法ならこの3つのポイントを満たすことができるのでしょうか?

会社のことを知るプロにマッチングしてもらえる方法とは?

 

就職するなら、正社員就職をめざした方がいい!?

ちなみに、もし「自分はコミュ障だからフルタイムのアルバイトしか無理」と思っている方がいるのなら、元フリーターの私から「コミュ障でも正社員をめざせます」とお伝えしたいです。

私も大学を中退してから26歳までフリーターやニートとして過ごしていた時期は、「コミュ障の自分が今から正社員になれる訳ない。。」と思っていました。

でも、正社員として働くメリットは多いです。

正社員よりも派遣やパートの仕事の方がコミュ障には向いているの?

収入面、福利厚生や退職金などの制度面、社内での教育面など、正社員と非正規雇用者では様々な違いがあります。

ニートちゃん
雇用に期限がある非正規雇用者は、不安定な働き方になりやすいです

私はコミュ障だからアルバイトでないと無理」と最初から決めてしまわずに、「自分に合う会社」に「正社員就職」することをめざしましょう。

コミュ障でも正社員として仕事をすることができる理由とは?

 

コミュ障が利用すべき就職支援サービスNO1とは?

私が考える「コミュ障が最も利用すべき就職支援サービス」は、就職エージェントです。

ニートちゃん
私が今の職場に就職できたのは、就職エージェントのおかげです

就職エージェントは、カウンセリングを通して、自分に合った求人を紹介してもらえるシステムです。以下のような強みがあります。

事前に企業を訪問・取材しているので、会社を細部にわたって把握している
⇒求職者の希望により近い求人を紹介できるため、ミスマッチが起こりにくい
事前にブラック企業を排除してくれている
⇒優良企業と面接できる確率が高くなり、就職後も定着率が高い
書類選考なし未経験OKの求人も扱っている
⇒経歴を必要とされないため、既卒やフリーターにもチャンスがある

そしてこの特徴は、私の経験上「既卒やフリーターが就活をする場合」という点でも、とても効率の良い方法です。

既卒やフリーターが正社員就職をめざす時に就職エージェントを利用した方がいい理由

フリーター・既卒専門の就職エージェントは、全国でも8社のみです。

この中で、私が実際に利用して良かった、と思ったエージェントをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

ランキング上位の就職shop第二新卒エージェントneoでは、本当に丁寧にカウンセリングをしてもらえます。

カウンセリングでは条件希望職種などを聞かれますが、必要があればこれまでの経歴や好きなことなども掘り下げてくれる場合もあります。

こんなに素直に自分のことを話しても、ちゃんと仕事を紹介してもらえるのかな?」と不安になるかもしれませんが、ありのままを話した方が満足度は高くなります。

ニートちゃん
エージェント側は、紹介する企業の内部事情や社風も知っているので、自分のことをたくさん話した方が得です

今の職場がなぜ嫌だと感じるのか」「今の仕事はどんな点が合っていると思うか」「どういった状況だと自分がコミュ障だと感じやすいのか」など、伝えておくとよいです。

実際にこういったところが嫌だと伝えることができれば、エージェント側もイメージしやすいです。

ニートちゃん
最初に公的機関を利用して、個別相談で考えをまとめておくとなお効率的です

就職エージェントのデメリット

ちなみに、就職エージェントのデメリットは「自分で求人を検索できないこと」です。

たとえば、質の悪い就職エージェントにあたってしまうと、そのエージェントが所持している求人の種類が少なかったり、職種が偏っている可能性があります。

正直、ネットでおすすめと言われているエージェントでも実際に利用してみたら微妙だったという経験もありました。

ニートちゃん
エージェント選びの参考になれば幸いです

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたに合う仕事が見つかることを願っています

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php