女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

コミュ障が仕事(正社員)に就く方法とは?~自分に合う会社の見つけ方~

公開日:

コミュ障でもできる正社員の仕事

コミュ障でポンコツな私でも就ける職業ってあるの?」「接客のアルバイトをしていたけれど、自分には不向きすぎて一生の職にするのは無理。。」そんな風に悩んでいませんか?

ニートちゃん
私も仕事探しの時に「自分には向かないな。。」という仕事ばかりで、落ち込んでいた時期があります
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

私も事務職の正社員を考えていましたが、高卒でフリーターの私の経歴では、なかなか見つかりませんでした。

でも、そんなボロボロの経歴の私でも、26歳の時に正社員として事務職に就職できました。今は仕事も充実していて、安定した毎日です

今回は、コミュ障の私でも正社員就職できるの?という不安を抱えている方や、接客業はフリーターから事務職への就職を考えている方に、私の経験談をお伝えしていきたいと思います。

ニートちゃん
私の経験があなたの解決の糸口となれたら嬉しいです

 

コミュ障でもできるおすすめの仕事とは?

コミュ障で正社員として働いてる人は、何の仕事をしているの?」「ペーパードライバーなので運転は無理。事務職を考えているけれど、なかなか求人がなさそう。。」そんな方もいらっしゃると思います。

では、事務職を考えている方やオフィスワークを考えている方におすすめな職業は、どのようなものでしょうか?

事務職にはどんな種類がある?

安定的な人気を誇る事務職ですが、いろんな種類があります。

多くの方が一番最初に思い浮かべるのは「一般事務」かと思います。文書の作成・整理、伝票の作成、台帳の管理など、様々な事務処理を行う仕事です。

ニートちゃん
会社の中では配属先によって、事務内容が異なります

会社を支える総務・人事・経理事務

たとえば、以下の事務職は会社を支える各部署の事務の仕事です。

総務事務

社員が快適に働くための環境を整える仕事

人事事務

企業を支える人材を活用するために、人事、労務、給与、福利厚生などの社員の雇用管理に関わる仕事

経理事務

企業の日々の金銭的な活動状況の計算・記録・管理をし、資金の流れや経営の状態を把握して報告する仕事

基本的には、社内でのコミュニケーションが必要になります。

受付・秘書・営業事務

また、以下の仕事も務職です。

受付事務

企業や団体等の受付において来客を出迎えて応対し、訪問目的を的確に把握して、担当者への連絡や訪問先等の案内などを行う仕事

秘書

企業や団体の社長や役員など幹部が職務に専念できるように、幹部を補佐する様々な仕事を行う仕事

会社の顔となって来客対応や電話対応をしたり、幹部や社外の方と連携し様々な調整をする役割を担うため、社内だけでなく対外的なコミュニケーション能力が必要となります。

また、営業担当からの指示を受けて資料や見積書を作成したり、クライアント対応や管理業務を行うなど営業活動をサポートする「営業事務」も、人と連携を図る機会が多い事務のひとつでしょう。

医療業界・教育業界の事務

その他にも、特定の業界で働く事務職もあります。

介護事務

介護報酬請求事務(レセプト作成)を中心に介護施設の事務全般を担当する仕事

医療事務

診療費用を請求するための書類の作成を行ったり、病院の窓口の受付業務をする仕事

調剤薬局事務

医師の指定した薬を買い求めに来店する患者の処方箋を受付け、レセコン(レセプト作成専用コンピューター)に入力するなど窓口業務を処理する仕事

上記のように医療業界で働く事務職は、患者さんや先生とのコミュニケーションが必要になります。気遣いを必要とする場面も多いでしょう。

学校において、教育と関連活動が円滑に行われるように、必要な事務作業を行う「学校事務」も、先生や保護者、子どもと接する機会は多くなる可能性が高いです。

公務員

地方公務員(行政事務)」は、地方自治体において、住民のための行政サービス・施策の企画・立案、予算案の編成や業務の実施に関する事務職です。
(公務員の事務職には国家公務員という仕事もあります)

公務員は、試験に合格する必要があります。独学ではかなり難しいため、予備校に通って勉強するなど、時間と費用を確保して本気で臨む必要があります。

仕事内容も、市民や業者などとコミュニケーションが必要な部署もあります。

上記のように、事務職には様々な種類の職種があります。

コミュ障だから、なるべく人と関わらないような仕事がいい。。」という方は、求人を探す時にどんな事務職に就きたいのか、というイメージをつかむと良いでしょう。

ニートちゃん
今は完全リモートの会社も増えてきているので、そういった視点をもつのもアリかもしれません

パソコンを使った正社員就職を考えている方におすすめな職種とは?

人気の高い「一般事務」は、土日祝休みのところも多く、定時に帰れるイメージもあるため、「単調だけど安定したバランスの良い仕事」という印象があります。

働く環境が良ければ、体力面では年齢に縛られず長く続けられるのも魅力的です。

ただ、人気の職種なので、未経験から正社員として仕事に就くには、成功率の高い就活方法を知っておきましょう。

ニートちゃん
後からくわしく解説します

未経験から事務職への就職率の高い方法を知る

一方で、事務職系の仕事は今後、AIやシステムの発達で、どんどん奪われていくとも言われています。

では、「もっと専門的な仕事」で、「需要がある正社員の仕事」で、「コミュ障でも大丈夫な仕事」はあるのでしょうか?

ニートちゃん
そのような方は、エンジニアもおすすめです

IT系業界は、将来性のある仕事のひとつで、今の状況でも業績が好調です。

エンジニアには種類があり、数学や理系科目が得意な方は「プログラマ」、文系でマニュアルに沿ってコツコツ仕事をしたい方は「インフラエンジニア」という仕事があります。

エンジニアの業界では既卒で未経験の状態のままでは正社員としての採用は厳しいので、一般的にはプログラミングスクールなどに短期間通ってから就職するのが通常の流れです。

ニートちゃん
スクールに通わなくても就職できる方法はありますが、年収に差が出てきます

私は現在事務職として働いているのですが、就活している時にエンジニアを検討して、実際にスクールに通ったことがあります。

東京にある無料のスクールで、就職先も紹介してくれる「プログラマカレッジ」というところです。

ニートちゃん
プロエンジニアはプログラミングスクールを運営する、IT専門の就職・転職エージェントです

実は、エンジニアは学歴や経歴も結構見られるので、既卒やフリーターだと普通は就職しにくいのが現状です。ただ、プロエンジニアはIT未経験でも正社員への就職成功率は96.2%。私も2社内定をもらえました。

求人数は、業界では断トツのNO.1な上に、求人の質にもこだわって厳しい審査を通った優良企業を紹介してくれます。

もし興味があれば、よければ私の体験談も参考にしてみてください。

また、「事務職やオフィスワーク以外の職種が気になる」という方は、上の2つ以外にも「コミュ障だと感じる方におすすめの職種」をこちらで紹介していますので、参考にしてみてください。

ニートちゃん
「私は運転免許があるからドライバーも興味がある」「営業ってコミュ障でも大丈夫なの?」という方もいらっしゃるかと思います

ちなみに、「コミュ障だから接客業は向かなかった」という経験がある方は、「他の仕事でも上手くいかないんじゃないのか。。」と仕事選びにも迷われるお気持ちはよくわかります。

ニートちゃん
私も引っ込み思案の上がり症なので。。

ただ、接客業はまさしく、人とコミュニケーションをとるのがメインの仕事です。人当たりのよさや雰囲気の良さで高いレベルが求められるのはいわば当然なのです。

ただ、ご紹介したオフィスワークなどの業種は、達成すべき目的が他にあります。もちろん、業務を円滑に進めるための同僚や上司とのコミュニケーションは最低限必要になりますが、まずは「メインではない」と割り切ってしまうのもアリでしょう

 

正社員よりも派遣やパートの仕事の方がコミュ障には向いている?

「もう正社員を狙うのはやめて、このままフリーターとして過ごしたい」「正社員になるとどうしても管理したりコミュニケーションが必要な仕事が多くなりそうだから、やっぱり派遣やパートの方がコミュ障には向いているのでは?」そんな風に感じている方もいるかもしれません。

ニートちゃん
ただ、正社員の方がメリットは多いです

フリーターと正社員では、大きく分けて3つの違いがあります。

1.収入
2.制度
3.教育

1.収入

正社員の場合は、年齢が上がると共に年収や時間当たりの収入も高くなる傾向があります

しかし、フリーターの場合だと年齢に関係なく年収や時間当たりの収入はほぼ同じで、正社員に比べると賃金は上がらない傾向があります。

働いている内容が同じでも、雇用形態が違うというだけで収入にかなりの差がでてきてしまうのです。

※参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2019労働統計加工指標集
※参考:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査 結果の概況

2.制度

例えば正社員と比べて非正社員は、「退職金制度」や「財形制度」などが適用されにくい傾向があります。

正社員の場合、勤続年数が長いほど退職金は高くもらえることがほとんどなので、長く働いた分だけ退職金をもらえないフリーターと正社員の差は広がっていきます

3.教育

フリーターと正社員とでは、企業で行う教育訓練の実施状況が異なってきます

最も教育訓練の実施率が高いのが、正社員で44.2%。一方で、パート・アルバイトだと14.4%の実施率ととても低いです。

アルバイトは即戦力になってもらわないといけない働き方です。逆に言えば、すぐにできて誰でも代わりがきく仕事とも言えます。

長期的なスキルを身につけるための教育環境が整っているのは、やはり正社員と言えるでしょう。

※参考:厚生労働省「正社員?フリーター?何が違うの??
※参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査

フリーターから正社員をめざす方法とは?

正社員は残業が多い!?

また、上記以外にも「正社員は残業しないといけないイメージがある。。」と不安な方もいるかもしれません。

国も、日本企業の「正社員的な働き方」には、長時間労働や残業が多い等の課題もある、という指摘も認めています。ただ、今は働き方改革も進んでおり、ホワイト企業も増えています。

※参考:厚生労働省「正社員転換・待遇改善実現プラン

ブラック企業が存在することは間違いありませんが、ホワイト企業を狙って就職する方法もあります。これは後ほど説明します

コミュ障でも配慮してもらいやすいのは正社員?

他にも、正社員はそもそも無期限雇用なので、不当な理由では辞めさせられないという大きなメリットがあります。

正社員として入社すると、「一生ここで雇うこと前提」で、部署の配置が考えられます。普通の会社であれば、今後自社で活躍してくれる人材を育てたい、という気持ちがあるからです。

そして、「その人が最大限のパフォーマンスを発揮して、会社に貢献できるポジションを用意する」のが、配属先を決定する人事部や、指導係・上司の役割といえます。

ニートちゃん
それが会社の業績を上げるために必要なことだからです

もし、配属されたところが合っていないと判断された場合、あなたの能力を考慮して部署の変更があったり、業務内容を見直してもらえる可能性もあります。

ただ、非正規雇用だとそのような視点はありません。「この人は成果が出ないから契約終了しよう」ということも大いにあり得ます。

フリーターは、正規雇用ではなく、非正規雇用として働くアルバイト。いつ契約を止められるかわかりません。不景気になった時にシワ寄せがくるのは、契約を更新して働いている非正規雇用の層です。

実際のところ、厚生労働省が発表している資料には、「非正規雇用には、雇用が不安定、賃金が低い、能力開発機会が乏しい等の課題」がある、と明記されています。

ニートちゃん
非正規雇用は不安定な働き方だと、国が認めているのです

もちろん、国も非正規雇用の正社員転換・待遇改善を進めていく方針を表明していますが、現状はまだまだ差があります。

※参考:厚生労働省「正社員転換・待遇改善実現プラン

ちなみに、私が正社員として働きたいと強く思ったのは、短期バイトをしていた時です。その時に40代50代60代の人達が、とても辛そうだったのを肌で感じたのです。

ニートちゃん
先が見えなくて不安定な状態は、年をとると更に辛くなっていくんだ、と怖くなったのを覚えています。。

もし、何か事情があって「働くどころではない。。」と感じているのであれば、まずはアルバイトから、というのもアリだと思うのですが、もしただ自分がコミュ障だと感じるからという理由なら、やはり正社員をめざすべきです。

ニートちゃん
方法は後ほど詳しく説明します

コミュ障でも正社員として就職できる方法とは?

資格や派遣などの事務経験よりも、まずは正社員就職をめざすべき!?

「ワード、エクセル、パワポの基礎知識とタイピングが早いくらいのレベルだけど、大丈夫かな。。」と不安に思っている方もいらっしゃると思います。

ニートちゃん
正社員就職をめざすなら、資格や派遣などの事務経験をまずは積むべきなのでしょうか?

まずは資格が必要?

確かに、一般事務職の関連資格としては、「ビジネス・キャリア検定」「コンピュータサービス技能評価試験」、「秘書検定」、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」などがあり、取得すると仕事に役立つことが多い、と紹介されています。

他にも簿記中小企業診断士などの資格をおすすめしているサイトもよく目にします。

ただ、私の経験上、既卒の事務職希望で簿記(2級・3級)やMOSを持っていても就活に役に立つことはほとんどありません

簿記1級や中小企業診断士などの資格は、正社員未経験のフリーターがもっていても、身の丈に合わない資格と思われてしまい、既卒からの事務職就職に有利になるとは言えないのです。

ニートちゃん
経理部長などの立場の人が持っていれば役立つ知識もある資格です

まずは派遣で経験を積むべき?

また、「このまま事務職の経験もなく正社員雇用で探し続けて大丈夫かな。。」と迷う方もいるかもしれません。

実は、事務職系の職種は人気度も倍率も高いため、資格よりも実務経験(即戦力)が優遇される傾向にあります。

とにかく事務職経験を積みたい!と思い派遣を検討するかもしれませんが、年を重ねるごとに社会人未経験者の既卒が正社員になるのは厳しくなっていきます

ニートちゃん
最初から「正社員就職」をめざして行動していく方がよさそうです

もしかしたら既卒でも派遣から事務職の正社員になれるかも?」と思われる方もいるかもしれませんが、派遣の事務職に就くことができても、まずそのまま正社員に移行するのはよっぽどの実力や確約がない限り難しいです。

事務職の正社員を本気で考えている方は、資格や経験を考えずに「今すぐ正社員就職できる会社を探す」方が良いでしょう。

 

コミュ障でもフリーターから正社員になれる?

頑張って就活しているつもりなのに、思っていたとおりなかなか受からない。。」「どうにか受かる方法はないのかな?」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか?

もしかしたら、受からない原因のひとつは「私はコミュ障だから無理なんだ。。」と思い込んでしまっているからかもしれません。

ニートちゃん
でもそれはもったいないです

たとえば、コミュ障だから「人前で話せない」「笑顔が作れない」という症状が出るとします。

では、「人前で話せない」のはどんな時でしょうか?

「シーンとした会場で、何百人もを前にして、自分の考えやフリートークとなると」
「1対1で、他に誰も見ていないところでマニュアル通りでも」
「ある程度ざわざわしていて、誰も注目していない状況で、知らない人とでも」

このように、よく考えてみるといろんな状況があります。

もし「コミュ障だから仕事が続かない。。」「自分に合った仕事を見つけたいけど、そんな都合の良い仕事なんてないよ。。」と悩んでいる方は、もしかしたら自分マッチする仕事を探す方法を知らないだけかもしれません。

長続きする仕事を探すための原則として、3つのポイントがあります。こちらで詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

なかなか上手くいかなくて、「自分はだめだ」と思いすぎると辛くなってどんどん落ち込んでいくお気持ちは本当によくわかります。

ニートちゃん
私も経験があります。。

でも、気持ちを切り替えて、できるだけ早いタイミングで就活に挑むのが成功のカギでもあるのです。

これはリクナビNEXTが行った「未経験者を採用するなら何歳までか」という調査の結果ですが、

23歳頃を境に、1年毎に採用してくれる企業の割合が減っているのがわかります。

ニートちゃん
正社員就職に動くなら、絶対早い方が有利です

 

コミュ障の方が正社員の仕事を探す方法NO.1とは!?

「では、自分に合った仕事の探し方って具体的にどう動いたらいいの?」と迷われる方に、お伝えしたい方法があります。

ニートちゃん
それは、就職エージェントを利用する方法です

就職エージェントは、カウンセリングを通して、自分に合った求人を紹介してもらえるシステムです。

色々試した中で、私はこの「既卒の就職エージェント」を使った就活が、自分にマッチした職場を見つけるのに最適な方法でした。

就職エージェントが良いと思えたポイントとは?

まず、就職エージェントは、事前調査をしっかり行っています。「条件が悪すぎる・パワハラなどが横行している」などの劣悪な環境の企業は、その時点で除外されているので安心です。

もちろん、その条件をクリアした上で次に大事なのが、自分にマッチした会社なのか、という点です。

誰だって、どんな仕事をして、どんな雰囲気の職場なのか、が気になるところ。

ニートちゃん
「事務職」という条件だけ提示されてもイメージがつきにくいです

例えば、事務職にはいろんな種類の仕事があります。

受付事務は会社の顔となるような、来客対応や電話対応が多い場合もありますし、営業事務は特定の営業さんとコミュニケーションが必要なことが多いです。

ニートちゃん
このような職種の特徴も、エージェントはプロとしてしっかり把握しています

カウンセリングの時に「コミュニケーションをとるのが苦手だから、パソコン作業が中心で、仕事中はなるべく誰も話さないような静かな環境が好きです」ということを話しておけば、安心です。

職種だけでなく、会社の雰囲気が「常に会話が飛び交っている社風で、自分もおしゃべりに参加しないと浮いてしまう雰囲気」だったり、「他の部署と連携したり、パソコンよりも電話対応の方が多い」など会社によって事務の仕事内容に違いがでる場合もあります。

ニートちゃん
私は、上司のタイプなども事前に知りたいポイントでした

エージェントは提携している会社(求職者に紹介する会社)のことを事前に訪問し、会社側が求めている人材(会社側の要望)を把握しています。カウンセリングで得た求職者の情報と合わせることで、ミスマッチの可能性を減らせるのです。

ニートちゃん
「自分に合う・合わない」を決めるポイントはひとつではないです

表面上の条件だけではわからない部分もしっかりマッチさせてくれる点も、私がこの方法を利用してよかったと感じる理由です。

フリーター・既卒専門の主な就職エージェントは、全国に8社あります。

この中で、「コミュ障でも就職しやすい仕事を探してほしい」と感じている方は、就職shop第二新卒エージェントneoを利用すると良いでしょう。

この2つは、事務職の求人も取り扱っていて、カウンセリングも丁寧に行ってもらえるエージェントです。求人は既卒フリーターでも書類選考なしで、すぐに優良企業と面接できます。

ニートちゃん
どちらも提携している企業とは100%訪問しています

無料で利用できますし、その求人が気に入らない場合は断っても一切問題ありません。

ちなみに、既卒の就職エージェントを利用する場合、良くない就職エージェントを選んでしまうと就活に失敗してしまうので、気をつけてください。

ネット上の口コミはとても良いのに、実際に利用してみるとイマイチだった、ということもありますので、このような経験談も参考にしてみてください。

 

【おわりに】正社員として責任を感じすぎず、自分に合った仕事を探そう

コミュ障の私でも、本当に正社員の職業に就けるのかな。。」と感じている方も多いと思います。

ニートちゃん
働きたいけれど、どうしても不安になってしまうお気持ちはよくわかります

もし、ただ漠然と「不安」に支配されているのであれば、どん底を経験した私から、ぜひ最後に背中を押させてください

確かに正社員は責任が重いというイメージもあるかもしれませんが、最初から責任を取らせるような企業はブラック企業です。

派遣社員やアルバイトと違い、正社員は会社にずっと勤める前提で働きます。その分、最初に仕事のやり方を研修してもらえる確率は高いので安心してください。

また、将来を見据えて指導するので、最初からその仕事ができなくても問題ありません。なるべく手厚く育ててもらえる社風の企業を選ぶのも方法のひとつです。

・コミュ障の既卒でも育ててくれる風土がある
・自分に合った仕事・職種を紹介してくれる
・ホワイト企業に就職する

上記のような自分にマッチした会社を選んで、正社員として安定した生活を送れるように、応援しています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が上手くいくことを願っています

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php