女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒の理由は面接でどう答えたらいいの?元既卒ニートが就活に成功した方法をご紹介!

公開日:

既卒の理由を面接で答えられる!?既卒から正社員就職へ

既卒の私でも就職できた方法とは?

面接でよく既卒の理由を聞かれるのですが、何と答えれば納得してくれるの?」「面接の大半は私が既卒であることの話題で、自己PRや長所短所などはほとんど質問してもらえない。。」と悩んでいませんか?

ニートちゃん
既卒の理由や今までの就活のことを根掘り葉掘り聞かれ、志望動機すら聞いてもらえないと本当に落ち込みます。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

働きたいと思っているのに働けない。。」「自分が劣っていたのかもしれないけれど、既卒の理由を聞かないでほしい。。」そのような辛いお気持ちは、よくわかります。

でも、大丈夫です。私は「高卒/中退/ニート/短期離職歴あり」というボロボロの経歴でしたが、正社員就職できました

今回は、「既卒になった理由をどう答えたか」という面接での対応や、既卒の求人をどこで見つけたか既卒はどういう枠で入社するべきなのかなど、あなたが面接で悩まないような就活方法をご紹介できたらと思います。

ニートちゃん
私の経験がお役に立てば嬉しいです。

 

既卒が面接で空白期間の理由について聞かれたら?

既卒の方であれば、おそらく面接を前にして立ちはだかる問題があります。

面接でこの空白期間の理由をどう答えたらいいんだろう?

おそらく面接では、空白期間のことを高い確率で聞かれます。そして、「空白期間に何をしていたのか」「どうして空白期間ができたのか」の理由をしっかり説明できないと、採用されることはありません。ではどうするべきなのでしょう?

ニートちゃん
どこにも採用されないのでは、、という不安を解消しましょう

面接で失敗しない3つの答え方のポイント

面接において空白期間の理由を言う時は、ある程度正直になった方が受かりやすいです。

そのまま就活が上手くいかなかったことを言うとマイナスに思わないの?」と不安な方も多いと思いますが、もちろんそのままだと印象は良くないです。そこで、以下のポイントを押さえて説明してみましょう。

面接で失敗しない3つの答え方のポイント
1.空白期間ができてしまったことについては反省している旨を伝える
2.今後どうしていきたいかを面接官にアピールする
3.志望動機や自己PRをしっかり伝える

この3つ(特に3つ目)を伝えることができれば、採用される確率はぐんと上がります

 

既卒が面接で嘘をつくとどうなる?

正直に「昨年就職できなかった」と答えると、面接官は微妙な顔をする」「いっそのこと職歴があると嘘をついた方が面接を通過できる気がする。。」と悩んでいる方もいると思います。

ニートちゃん
空白期間があると、どうしても嘘をつきたくなる気持ちもわかります

でも、嘘はつかない方がいいです。面接官はこれまでたくさんの人を面接してきているので、嘘は基本的には見破られると思っておきましょう。

もちろん、嘘がバレた時点で信用ならない人物だということになりますので、面接は通りません。

仮に職歴があると嘘をついて採用されたとしても、就職後の経理の手続きでばれてしまう可能性もあります。

年末調整
毎年、どの会社でも年末調整という個人の所得税の払い戻し手続きをする必要があります。年末になると経理担当者から「前の職場の源泉徴収票をもらってきてください」と言われます。

仮に空白期間を職歴があることにしている場合、給与はもらっていないので、源泉徴収票は存在しないのです。

ニートちゃん
つまり、この時点でバレてしまいます

住民税の天引き
また、今は会社が従業員の代わりに住民税を給料から天引きしています。住民税は前の年の所得に応じた額を収めることになっているので、前年度が無収入だと住民税が免除されていることもあります

ニートちゃん
経理担当者は「あれ?去年住民税の支払いがないのはおかしいぞ」となります

その場で取りつくろうこともできなくはないですが、その会社にいる限り「面接での嘘がいつかバレるんじゃないか」とビクビクしながら過ごすことになります。嘘に嘘を重ねることになって、結局精神的に重荷になり仕事を続けられなくなってしまう人もいます。

ニートちゃん
ばれると経歴詐称となるので、解雇されても仕方ありません。。

どんどんつらくなるのは未来の自分なので、やはり面接時に嘘をつくのはおすすめしません

 

既卒はどんな理由なら面接官に納得してもらえる?

では、あなたが面接官だとしたら、空白期間の理由がどんな内容なら納得するでしょうか?

面接官があなたの履歴書をみて、「この期間は何をしていましたか?」と質問した時の答え方のポイント、それは自分の長所を最大限にし、できるだけ正直に答えることです。

就活していたが、新卒では受からなかった。。
「既卒になってからも求人を探していたが、応募できる企業もなかなか見つからず、見つかっても上手くいかなかった
正直、何もかも嫌になってさぼっていた期間もある
ニートちゃん
このような方も、言い方次第で違う印象を与えることができます

たとえ、空白期間中に就活を休んでいた期間があっても、全てを面接官に話す必要はなく、あなたの良さだけを伝えるといいのです。

【例】「既卒期間中は就職活動を行っていました。大学在学中の就職活動では、自分のやりたいことが定まっていなかったため内定に至らず、事前の準備・研究の大切さを痛感していたので、自分に合った職とはなんだろう、どういう会社が自分に合っているんだろうと、友人や家族に相談しながら仕事を慎重に探していると期間が経ってしまいました。しかし、就職する会社では長く腰を据えて続けていきたいと考えていましたので、自分を見つめ直したこの期間のお陰で、自分のやりたいことを見つけることができました。その結果、御社と出合い、是非働かせていただきたいという気持ちになれました。」

このような例の方は、

新卒時の就活で上手くいかなかった原因
業界を絞りすぎていた/やりたいことがわからず、やみくもに応募していたので内定に至らなかった/単位をとり損ねていて、就活をする余裕がなかった など。

この期間に得られたこと
(じっくり自分と向き合えた(強み・得意を分析できた:自己分析)
/様々な企業を調べることができた(企業研究)
/様々な方に相談に乗ってもらった(他己分析)
/アルバイトで経験を積むことができた、など)

既卒だった期間を前向きに・プラスに考えて、今後のやる気につなげることで、良い印象を与えます。言い方を工夫すると、志望動機にもつながりやすいです。

ニートちゃん
反省の姿勢や、これからどう生きていきたいか(改善)という要素を加えると、もっとプラスの印象になります

「在学中の就活では「どこでもいいや」と焦っていましたが、今回考える時間をしっかりとれたことで、改めて就活をして御社がいいと思いました。」と答えるだけでも、面接官は「前の時よりも深く考えたんだな。」という印象を持つはずです。

本当にあなたを理解してくれる面接官や会社であれば、この理由で十分伝わります。

ちなみに、「既卒の理由を話すタイミングはいつがいいんだろう?」と考える方もいらっしゃると思いますが、基本的には「聞かれたら答える」で大丈夫でしょう。自己紹介の時に自分から話すと、面接がその話題で終わってしまう可能性もあります

ニートちゃん
わざわざ既卒の強い印象を与える必要もないですし。。

何のスキルがなくても諦めないでいい!?

例えば、以下のようなケースで既卒になった方もいらっしゃると思います。

☑ 大学卒業後に留学経験がある(TOEICのハイスコアを持っている)
☑ 大学在学中にやむを得ない事情(怪我、親の介護等)で就活できなかった
☑ 名門大学(早慶、旧帝大など)を卒業している

これらのように、特別なスキルや留学などの経験、もしくはやむを得ない事情や理由がある場合は、そこまで面接を案ずる必要はないでしょう。なぜ既卒だったのか、という理由を簡潔に伝えて問題ありません。

ニートちゃん
では、これらのようなスキルや理由がないと就職は難しいのでしょうか?

ここに、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)があります。15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視したとされる項目はどれでしょうか?

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

結果は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視する項目となりました。ついで「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順となっています。

そう、職業経験や専門知識・難しいスキルは問われていません。しかも、これらは面接でアピールできるものです。事前に注意する点や準備できることを対策した上で臨めば、きっといい結果がでるはずです。

ニートちゃん
自己分析などのやり方は、以下を参考にしてみてください

 

新卒と既卒で、見られ方はどんな風に変わるの?

ただ、正直なところ、面接のやり方をどんなに見直しても「現役の時以上に苦戦している。。」という方も多いと思います。

ニートちゃん
既卒と新卒では受かる確率がそんなに違うのかな?

ある説明会に参加した際に聞いた話なのですが、企業側が持っている既卒者に対するイメージはかなり悪く、既卒者を受け付けてはいるけど、内定は出していないという実態があるようです。

2017年卒マイナビ大学生内定率調査によると、新卒者と既卒者の内定率を比べてみるとかなりの差があり、

【新卒者の内定率】95.3%
【既卒者の内定率】48.9%

新卒が95%を越えるのに対し、既卒は半分以下です。

ただ、ニートやフリーターだと3年未満の退職率が44.2%と高くなっており、企業側が既卒者の採用するのを躊躇する気持ちもわからなくはないです。

既卒に対して企業側が抱くイメージとしては、

・「新卒時に就職できなかったのは、何かしらの問題があるから既卒なのではないか」
・「新卒の時にすぐ就職せず既卒になったのは、仕事に対する意欲、モチベーションが低かったからではないか」

など、悪い印象が先行してしまうことも多いです。

ニートちゃん
既卒の応募を受け入れていたとしても、採用まで至らないことも多そうです。。

面接の対策をしても、既卒は内定がでにくい状況

実は、既卒で社会人未経験の正社員就職は厳しくなっているというデータがあります。

下の図は、リクナビNEXTが行った「未経験者を採用するなら何歳までか」という調査の結果です。

23歳頃を境に、1年毎に採用してくれる企業の割合が減っていくのがわかります。20代の未経験者が就職するのは可能。でも年齢が高くなればなるほど就職は不利になる、ということがわかります。

ただ、全く採用されていない、ということではありません。採用されている既卒の方もいますし、現に私も26歳の時にほぼ未経験の状態で今の会社に採用してもらっています。

正社員の就職は、1年でも早く動いた方が採用される確率は高いので、諦めず、正しい就活を続けてほしいと思います。

ニートちゃん
私が失敗を重ねた結果確信した正しい既卒就活のやり方は、最後の章でご紹介します

 

既卒はどんな枠だと入社しやすい?

では、既卒はどのような枠で就活すると良いのでしょうか?

ニートちゃん
新卒ではないから、新卒枠ではないよね、、?

既卒の場合、入社のタイミングが4月という一括採用ではなく、年間を通して採用が行われている「中途採用」の枠で、応募することになります。

正社員としてのキャリアがないのに、大丈夫?」と不安に思われるかもしれませんが、結論から言うと、既卒で正社員未経験のフリーターでも、中途採用の求人に応募することは可能です。

中途採用と聞くと、キャリアを積んだ社会人経験者が転職するための枠、という風に捉えられがちですが、社会人未経験の方を採用している会社もあるので、安心してください。

既卒三年目までは新卒扱いって本当?

職歴のない既卒は「キャリアもないけど、新卒でもない」という状況。もし、新卒として扱ってもらえるなら「ありがたい!」と思われるでしょう。

ニートちゃん
チャンスがあるのは嬉しいです

実は、既卒であっても、卒業から三年以内であれば「新卒」枠で応募できる企業があります

厚生労働省が公表している「青少年の雇用の促進等に関する法律」に、以下の文言があります。

○事業主は、既卒者についても、新規学校卒業予定者の採用枠に応募できるような募集条件を設定するとともに、当該条件の設定に当たって、既卒者が卒業後少なくとも3年間は応募できるものとするなどの措置を講じるよう努めること。

これは、既卒三年以内であれば新卒と同じ条件で雇用するように、と国が企業に対して要請しているということです。

その調査の中で、『過去1年間(平成29 年8月から平成30 年7月まで)に、新規学卒者の採用枠での正社員の募集に「既卒者は応募可能だった」とする事業所の割合は、調査産業計で43%となり、そのうち「採用にいたった」のは47%となった』とあります。

この調査からも、既卒者でも新卒者枠に応募できる会社はあり、実際に採用されている実績があることがわかります。

ただ、既卒の定義や応募条件は会社によって違います。実際に求人を見る時は、既卒応募可と書かれている求人を探し、「既卒〇年以内」などの記載を確認しましょう。

ニートちゃん
既卒可と書かれてあれば、新卒枠での応募が可能です

「既卒可」って信用していいの!?新卒枠での就活がうまくいかない理由

でも、国が主導している新卒と同じように扱ってもらえる仕組みがあるなら、既卒三年以内の人はもっと就職しやすいはずなのでは?」と疑問に思われる方もいるのではないでしょうか?

ニートちゃん
私は、既卒就活中に新卒と同じ扱いをされていると感じたことはなかったです。。

ここに関しては、やはり既卒は新卒と同じように公平に見てもらえるわけではないという現実があります。

既卒の方が新卒枠に応募すると、「新卒カード」を持っている人(新卒)がライバルになります。たとえ既卒が同じ土俵に立てたとしても、既卒は1年~3年分新卒よりも何か秀でたスキルや経験がないと、企業側は「あれ?」と感じてしまうのです。

ニートちゃん
やはり既卒は新卒に比べて不利な状況にあるのが現実です。。

既卒が新卒枠に挑戦するのは、正直かなり分が悪いという認識は、持っておいた方がよさそうです。

たとえば新卒向けの就活求人サイト(リクナビやマイナビなど)に登録したとしても、これらは基本的に新卒を採用したい企業が集まっているため、既卒の私の場合、サイトに登録しようと思ってもできなかったりしました

運よく面接までいけても、経歴的に回りのライバルに負けてしまって面接官にもボロボロに言われました。。

ニートちゃん
あれは精神的にこたえます。。

私の経験上、求人サイトの就活はあなたにはおすすめできません

既卒は中途採用で内定をもらいやすい!?

実は、最近は中途採用で内定をもらう既卒の方が多いです

中途採用と聞くと、正社員経験のある転職者の採用枠というイメージがあるのですが、未経験の既卒で職歴がなくても中途で採用する企業は結構あります。

未経験を承知で採用する会社であれば、新卒のように一から研修があるのが一般的なので、社会人未経験でも問題ないことが多いでしょう。

特に営業、販売、IT系、商社、トップベンチャー企業、事務職、秘書などの職種は、既卒枠で求人を探した方が見つかりやすいので、安心してください。

 

既卒の理由が上手く面接で伝えられる自信がない人は、求人をどこで見つけたらいいの?

面接の対策をしていても全然内定が出ない人は、何が間違っているの?」と悩んでいた方に、既卒と新卒の差のことを知っていただいた上で、ご紹介したい就活方法があります。

ニートちゃん
頑張る気持ちばかりが空回って前に進まないのは、本当に辛いです。。

新卒での就活に失敗し、現在も就活を続けているけど、どんなに頑張っても結果が出ない。。」という辛いお気持ちはよくわかります。

ニートちゃん
そこで利用したいのが、就職エージェントを利用する方法です

就職エージェントは、求職者からのカウンセリング内容を元に、求職者の希望や雰囲気に合う求人を紹介してくれる仕組みです。紹介してくれる求人は、基本的にそのエージェントが提携している会社になります。

既卒が就職エージェントを利用した方が良い理由とは?

就職エージェントは、求職者とのカウンセリングを通して、エージェントが持っている求人の中から求職者に合ったものを選んで紹介する、というシステムです。

事前に条件や自分の希望などを考慮してもらえるので、「ここは条件に合わない。。」「ここはどんな会社だろう?」などと入社について様々なことを検討しながら自分で選び、応募するという手間が省けます。

ニートちゃん
探し方が上手くないといい求人も見つからないので、プロに選んでもらえるのはありがたいです

エージェントが求職者に紹介する求人は、事前に企業を訪問・取材しており、会社の中をしっかり把握しています。双方の相性を客観的に見極めた上で、求職者の希望に近い求人を紹介できるので、入社後のミスマッチが起こりにくいのも特徴です。

ニートちゃん
会社の社風や上司の性格など、ただ求人を見るだけでは分からない部分も教えてもらえるのは頼りになります

またその時点で、求職者に紹介できないようなブラック企業は紹介する求人から排除されています。求職者自身が入社前に会社の中を把握するのはかなり難しいので、自分で探すよりもブラック企業を選んでしまう確率がぐっと下がります。

面接の対応に悩む既卒にはピッタリの方法

そして、ここが面接に苦戦する既卒にとって耳よりな情報なのですが、書類選考なし未経験OKの求人を取り揃えている「既卒用のエージェント」がある、という点です。

書類選考なしで面接にいけるのは、経歴に不安がある既卒にとって大きなメリットと言えるでしょう。

そして、エージェントが設定してくれる面接お互いの意志を確認するのがメインの面談形式が多いのが特徴です。

ニートちゃん
入社前に合うか合わないかを自分で確かめるのが目的というところがほとんどです

そのため、

「既卒の理由や今までの就活のことを根掘り葉掘り聞かれて、正直に答えると微妙な顔をされる。。」
「面接の大半は私が既卒であることの話題で、自己PRや長所短所などはほとんど質問してもらえない」
「志望動機すら聞いてもらえない。。」
「既卒の理由を詰められたらどうしよう。。」

など、既卒であることを過剰に気にしなくても大丈夫。「既卒だから」と下に見るような企業とはそもそも提携していないので、安心して企業との面接に臨めます

ニートちゃん
必要な対策はエージェントが整えてくれるので、面接に対して極度に構えなくていいのは本当にありがたかったです

採用に至るまでには「求人検索⇒書類選考⇒面接⇒内定⇒入社」というプロセスがありますが、既卒で「書類選考が通らない」「会社の体質が合わなさそうだと面接で感じた」「ブラック企業だったことがわかり内定辞退したい。。」などの理由でつまづくと、入社までスムーズには進みません

でも、就職エージェントはそのつまづきの確率を事前に減らしてくれるため、スピード感をもって入社までたどり着くことができます。効率良く、就職先を探したい既卒の方には合っている方法でしょう。

ニートちゃん
まとめるとこのような感じです
既卒が就職エージェントを利用すると良い理由【1】事前に企業を訪問・取材しているため、入社後のミスマッチが起こりにくい。
【2】事前にブラック企業を排除するため、入社後も定着率が高くなる
【3】書類選考なしや未経験OKの求人が豊富なエージェントがある
【4】書類選考なしで優良企業と面接できるから、就職成功率が高く、入社までのスピードが早い

ちなみに、就職エージェントは自分で求人を検索できないので、求人選びを全部自分で進めたいという人にはおすすめしません。

また、質の悪いエージェントを選んでしまった場合、求職者の希望とは違う求人を勧めてくる可能性が高いので、既卒就活においてのエージェント選びは慎重になるべきです。

就職エージェントは業界で約2万社存在しますが、その中でフリーター・既卒専門の主な就職エージェントは、全国でも8社のみです。

その中でも、ネットにあふれている信ぴょう性のない口コミではなく、既卒フリーターだった私が本当に使ってみて感じた点や、実際に利用してみてわかった点を紹介しています。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

特に「就職Shop(就職ショップ)」は、私が正社員就職する際にお世話になったエージェントです。

就職shop(就職ショップ)

とても親身になってサポートしてくれるので、詳しくは就職shopにニートが行ってみた体験談を参考にしてみてください。

就職shop以外にも、今回ご紹介したランキング上位の既卒用の就職エージェントを利用すると、

既卒で正社員未経験でも取り扱っている職種が幅広い
既卒で応募できる求人の質が高い
既卒でも書類選考なしで面談のような面接を受けることができる
既卒でもカウンセラーの方が二人三脚でサポートしてくれる
既卒でも就職スピードが速い

などの利点があり、既卒にとって有利な方法であることは一目瞭然です

ニートちゃん
「面接の時に空白期間について上手く答えられるかな。。」と迷わなくて済むので、一歩踏み出しやすいです

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。あなたの既卒就活が上手くいくことを願っています。

ニートちゃん
これまでの話があなたのお役に立てば幸いです

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php