女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒は正社員になれないは嘘!フリーターからの就職を成功させた方法とは?

公開日:

既卒は正社員になれないは嘘!

既卒の私でも就職できた方法とは?

新卒で失敗し、正社員未経験の既卒。。現在のパートを辞めて、就活するべき?」「今まで就活に成功したことがないから、既卒就活のやり方がわからない。。」と悩んでいませんか?

ニートちゃん
新卒のようにやり方が決まっていないので、何が正しいのかがわからず不安になるお気持ちはよくわかります
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

私は、正社員歴2ヵ月の短期離職の経歴しかない既卒フリーターだったので、このままでいい訳ないけど、でももう無理なんじゃないの?、という不安をずっと抱えていました。

でも、大丈夫です。そんな私でも、既卒から26歳の時に事務職で正社員就職することができました

この記事では、「既卒フリーターから正社員にはなれないの?」という不安を解消し、実際に私が体験して役に立った既卒就活の方法まで、順番にご紹介していきたいと思います。

ニートちゃん
私の経験が、あなたのお役に立てば嬉しいです

 

既卒はパート・アルバイトから正社員にはなれない!?

「現在パートとして働いている会社に社員登用制度があるけど、社員枠がいっぱいなので正社員になれないと言われてしまった。。」というように、このままで本当に正社員になれるかわからない、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

ニートちゃん
なんだかうやむやにされているような気もしてしまいます。。

「もしかしたら既卒でもアルバイトやパートから正社員になれるかもしれない」と考えている方は多いかもしれませんが、正直望みはかなり薄いです。

アルバイトから正社員へ移行する確率は、正社員登用制度(アルバイトから正社員になれる制度)がない企業の場合、男性だと平均9.2%、女性は平均3.4%とかなり低いのが現状。

ニートちゃん
アルバイト先からステップアップし正社員雇用にたどり着くケースはデータ上、かなり少ないです。。
※参考:厚生労働省政策統括官(総合政策担当)付 労働政策担当参事官室
労働経済分析レポート No.1正規雇用へ転換した方の特徴と影響

 

既卒が決まりやすいのは、正社員とパートどっち?

「パートから正社員になれないなら、別のところで働きたいけれど、やはり正社員となるとハードルが高い気がする。。」「正社員とパートであれば、パートの方が決まりやすいよね。。」と考えている方は、少し待ってください。

確かに、アルバイトやパートの方が、ハードルは低いかもしれません。ただ、就職のしやすさで決める前に、フリーターと正社員の違いを確認してもらえたらと思います。

正社員とフリーターでどれくらいの差があるの!?

フリーターとは、アルバイトやパート、派遣や契約社員など正社員以外の雇用形態で働く人のことですが、この正規雇用ではなく非正規雇用として働く人たちは、いつ契約を止められるかわかりません

そのため、不景気になった時にシワ寄せがくるのは、契約を更新して働いている非正規雇用の層です。

実際のところ、厚生労働省が発表している資料には、「非正規雇用には、雇用が不安定、賃金が低い、能力開発機会が乏しい等の課題」がある、と明記されています。

ニートちゃん
その後の生活に響く不安定な働き方だと国が認めているのです。。

もちろん、国も非正規雇用の正社員転換・待遇改善を進めていく方針を表明していますが、現状はまだまだ差があります。

※参考:厚生労働省「正社員転換・待遇改善実現プラン

フリーターと正社員の3つの違い

ニートちゃん
フリーターと正社員は具体的に何が違うんだろう?

フリーターと正社員では、大きく分けて3つの違いがあります。

フリーターと正社員の違いその1.収入
その2.制度
その3.教育

【違いその1】収入

正社員の場合は、年齢が上がると共に年収や時間当たりの収入も高くなる傾向がありますが、フリーターの場合だと年齢に関係なく年収や時間当たりの収入はほぼ同じ。正社員に比べると賃金は上がらない傾向があります。

つまり、たとえ仕事の内容が同じでも、雇用形態の違いだけで、収入にかなりの差がでてきてしまうのです。

※参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2019労働統計加工指標集
※参考:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査 結果の概況

【違いその2】制度

例えば正社員と比べて非正社員は、「退職金制度」や「財形制度」などが適用されにくい傾向があります。

正社員の場合、勤続年数が長いほど退職金は高くもらえることがほとんどなので、長く働いた分だけ退職金をもらえないフリーターと正社員の差は広がってしまいます

【違いその3】教育

フリーターと正社員とでは、企業で行う教育訓練の実施状況も異なります

最も教育訓練の実施率が高いのが、正社員の44.2%。一方で、パート・アルバイトだと14.4%の実施率なので、比較するとかなり低いのがわかります。

長期的な教育環境が整っているのは、やはり正社員の強みと言えるでしょう。

※参考:厚生労働省「正社員?フリーター?何が違うの??
※参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査

正社員就職を考えるなら、今動くべき

上記のことをふまえて考えると、パートやアルバイトを雇うのと正社員を雇うのとでは、明らかに会社にとって重みが違います。そのため、正社員はパートとして就職するよりも大変かもしれません。

ただ、読んでいただいた通り、正社員のメリットはとても大きいです。単に就職のしやすさを考えるのではなく、長期的な視点をもって、正社員をめざしてほしいと思います。

下の図はリクナビNEXTが行った「未経験者を採用するなら何歳までか」という調査の結果ですが

23歳頃を境に、未経験を採用すると答えた企業の割合が減っています。これは、年齢が高くなればなるほど就職できる確率が下がる、ということを示しています。

ニートちゃん
既卒が正社員をめざすなら、早く就活すればするほど、採用される確率は高いです

未経験でも若ければ受け入れてもらいやすいので、既卒が就活を始めるなら一日でも早い方が就職率は上がります。

このまま既卒でパートを続けて、正社員になれるのを待っている期間が長くなればなるほど、フリーターとして過ごしていた経歴が長くなることになります。

正社員とパートでは仕事内容が全く違っていて自分の思った働き方じゃない!という場合もありますし、そもそも確実に正社員として上げてもらえる保証もありません

ニートちゃん
「やっぱり就活しよう!」と思った時、手遅れになっているかもしれません

少しでも現状に不安があるなら、今が動くタイミングと言えるでしょう

 

新卒と既卒に就活の違いはある?

「それならば、やっぱり今から就活を始めたい」と思っていただけたら、その次に気になるのは「新卒の時に経験した就活と既卒の就活はどう違うんだろう?」という点かと思います。

既卒の就活も、基本的には求人に応募し、書類選考を通過した方が面接を受け、その後内定となる流れは新卒と変わりません。

ただ、入社のタイミングは年間を通して採用が行われている「中途採用」が既卒の応募する求人となります。

ニートちゃん
新卒のように4月入社の一括採用ではありません

中途採用と聞くと、キャリアを積んだ社会人経験者が転職するための枠、という風に捉えられがちですが、既卒で正社員未経験のフリーターでも、中途採用の求人に応募することは可能です。

社会人未経験の方を採用している会社もあるので、安心してください。

新卒との大きな違い

ただ、既卒3年以内の場合、新卒枠に応募できる会社もあります。求人の条件に「既卒2年以内」など書かれていれば、新卒対象の求人にも応募できます。

ニートちゃん
既卒3年以内の方は、新卒応援ハローワークで就活の相談にのってもらったり、新卒枠の求人を紹介してもらうことができます

ただ、新卒枠を使う場合、新卒の時とは違うことがあります。それは、「新卒者と既卒者のイメージの差」です。

ニートちゃん
実は、既卒は新卒と同じように公平に見てもらえるわけではありません

新卒枠に応募すると、ストレートで入社予定の新卒がライバルになります。たとえ既卒が同じ土俵に立てたとしても、やはり既卒は新卒に比べて不利な状況にあるのが現実です。

ある説明会で聞いた話ですが、企業側が持っている既卒のイメージはかなり悪く、既卒者を受け付けてはいるけど、内定は出していないという実態があるようです。

2017年卒マイナビ大学生内定率調査によると、新卒者と既卒者の内定率を比べてみるとかなりの差があり、

【新卒者の内定率】95.3%
【既卒者の内定率】48.9%

新卒が95%を越えるのに対し、既卒は半分以下です。

ただ、ニートやフリーターだと3年未満の退職率が44.2%と高くなっているので、企業側が既卒者の採用するのを躊躇するのも無理はないかもしれません。

既卒に対して企業側が抱くイメージとしては、

・「新卒時に就職できなかったのは、何かしらの問題があるから既卒なのではないか」
・「新卒の時にすぐ就職せず既卒になったのは、仕事に対する意欲、モチベーションが低かったからではないか」

など、悪い印象が先行してしまうのも現状です。

例えば、

☑ 大学卒業後に留学経験がある(TOEICのハイスコアを持っている)
☑ 大学在学中にやむを得ない事情(怪我、親の介護等)で就活できなかった
☑ 名門大学(早慶、旧帝大など)を卒業している

などの、特別なスキルや留学などの経験、もしくはやむを得ない事情がある場合は別ですが、そうでない場合は覚悟が必要でしょう。

中途採用で内定をもらう既卒は多い

でも、安心してください。実は、最近は中途採用で内定をもらう既卒の方は多いです

中途採用と聞くと、どうしても正社員経験のある転職者の採用枠というイメージがあったりしますが、現在は未経験の既卒で職歴がなくても、中途で採用する企業も数多くあります

未経験を承知で採用する会社であれば、新卒のように一から研修があるのが一般的なので、社会人未経験でも問題ないですし、これまでの経験について考える必要はありません。

特に営業、販売、IT系、商社、トップベンチャー企業、事務職、秘書などの職種は、既卒枠で求人を探した方が見つかりやすいことが多いです。

後で詳しくお伝えしますが、実は私も、就職shopという就職エージェントを利用して、既卒の中途採用で外資系企業の秘書として就職しました

ニートちゃん
既卒3年以内の応募可能の新卒枠の求人を狙って、なかなか内定が出ないケースは多いです

時間には限りがあるので、できるだけ効率良く進めていくのが、既卒就活のポイントです。

では、実際にどうやって動いたらいいの!?

「今まで就活に成功したことがないから、既卒就活はどんな方法で進めたらいいのかわからない。。」「なんでもいいからアドバイスがほしい!」と迷っている方も多いと思います。

ニートちゃん
私もアドバイスを求めていた一人だったので。。

では、ここからは既卒が正社員就職する確率が高い方法を一緒に見ていきましょう。

本当に正しい?思いつきやすい3つの方法「派遣・契約社員から正社員」
「就職支援サイトの求人から正社員」
「資格がない状態から正社員」

上記は、就活を考えた時に思いつきやすい方法です。実際、私も考えました。

ではこれらの方法について、実際のところどうなの?という疑問を解消したいと思います。

 

既卒は「派遣・契約社員から正社員」にはなれない!?

「パートやアルバイトからの就職が難しいのであれば、派遣や契約社員からなら正社員就職しやすいのでは?」と考える方もいるかもしれません。

ただ、こちらはおすすめできません

正社員に比べると雇用のハードルは低いですし、勤務地や勤務時間なども融通がきくというメリットもありますが、これらは雇用期間に限りがある有期雇用という形態だからです。

雇用に期限があるということは、派遣や契約社員が任されるのは「数年で人が入れ替わっても大丈夫な仕事内容」です。正社員とは責任も裁量も違うため、身につくスキルは正社員に活かせるとは言い切れません

ニートちゃん
入社後のマナーなどは入社してからでも問題ないので、既卒の場合はそこに時間を使うよりも早く正社員就職に切り替えた方が良さそうです

また、一度派遣社員や契約社員として働くと、このままでいいかと満足する方もいます。ただ、一見アルバイトに比べて制度が整っているように見えても、やはり不景気になると一番に契約を打ち切られてしまうのは非正規雇用の層。正社員のように会社に守ってはもらえません。

そして、よっぽどの実力や確約がない場合、派遣社員がそのまま正社員に移行するのはかなり難しいです。

派遣社員から正社員になる道として、紹介予定派遣(※注1)という制度があります。

※注1:紹介予定派遣とは、派遣会社から派遣された契約社員として派遣先の会社で働き、6か月以内に働く人と派遣元の会社がお互いに合意すれば、派遣期間後に正社員として採用される制度のこと。

ただ、この方法を利用するのはかなり難易度が高いです。

派遣会社は、まず紹介予定派遣の求人に応募してきた人の書類選考を内部で行い、その企業へ派遣する人を決定しています。紹介予定派遣は、待遇も良く正社員への移行率もいいので、競争率が高くなります

ニートちゃん
実はこの書類選考で、既卒や職歴がない状態だと不利になりやすいのです。。

例外を除いて、よっぽどの実力がないと派遣社員がそのまま正社員に移行するのはかなり難しいと考えておいた方がいいでしょう。

 

既卒は「就職支援サイトの求人から正社員」にはなれない!?

実際に就活を始めようと思ったときに、一番に思いつくのは「タウンワークなどの就職情報誌や就職サイトの求人に応募する」ことではないでしょうか?

就職支援サイト」は手軽に利用できますし、新卒の就活では一般的な方法なので利用したことがある方も多いと思います。

ニートちゃん
ただ、なかなか既卒が利用できそうなサイトが見つかりませんでした。。

そうなのです。既卒が使える就職支援サイトがわからない、、という問題が出てきます。

結論から言うと、フリーターや既卒が就職支援サイトに手を出しても、就活を成功させることは難しいです

例えば、新卒向けの就職支援サイト(リクナビ、マイナビ)は、学歴や「新卒」のカードを持った人を採用したい企業が集まるサイトなので、既卒は同じ土俵では戦えません。

また、転職者向けの就職支援サイト(DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職など)は、スタートの時点でこれまでのキャリア(職歴)を重要視しており、採用する側も即戦力を求めているので、既卒には向きません。

私の場合、未経験OKと書かれているサイトでも、いざ登録しようと思ってもできなかったり、運よく面接までいけても経歴でライバルに負けてしまって上手くいかず、学歴や職歴の壁を感じる結果になりました。。

ニートちゃん
面接官にもボロボロに言われてしまいました。。

やはり、経歴や職歴で真っ向から戦うと、既卒やフリーターはどうしても不利になってしまうのです。

 

既卒は「資格がない状態から正社員」にはなれない!?

「では、既卒はやはり資格がないと正社員就職は難しいの?」と悩まれた方もいるのではないでしょうか?

ニートちゃん
自分には何もない、と思うと資格が必要かもと焦ってしまいます。。

でも、もし経験者枠に匹敵するレベルになるために、資格をとったり学校に通ったりした方がいいのではないか、と考えているのであれば、少し待ってください。

こちらは、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)です。

15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視する能力とは次のうちどれだと思いますか?

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

結果は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視する、となっています。つぎに「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順です。

つまり、企業は既卒者に必ずしも職業経験やスキルを求めている訳ではなく、これからの意欲やポテンシャルを見て判断しようとしているのです。

経験者(即戦力)を募集している求人もありますが、未経験の既卒でも中途採用の枠で募集している企業が多くあります

ニートちゃん
無理に実務経験者枠の求人を選ぼうとしなくても大丈夫です

資格があっても、就職に有利になるかは別です資格がない既卒でも正社員就職できる方法は、この後ご紹介しますので焦らなくても大丈夫です。

専門的な職種に就きたい場合はまた別ですが、優先されるのは「資格」よりも「若さ」です。

 

私が一番正社員になれる!と感じたのは、就活エージェントを利用する方法

これらの方法でも難しいなら、ブラック企業や職種を選ばないという覚悟でやるくらいしか思いつかない、、と思う方もいるかもしれません。

実際に私もそんな状態でしたが、私の場合はアドバイスをしてくれる親戚のお姉さんのおかげで、迷走の日々から抜け出すことができました

ニートちゃん
そのアドバイスが、就職エージェントに相談する方法です

就職エージェントは、カウンセリングを通して、自分に合った求人を紹介してもらえるシステムです。

ニートちゃん
私が今の職場に就職できたのは、就職エージェントのおかげです

既卒を支援している就職エージェントは、

☑事前に企業を訪問・取材しているため、紹介する際にミスマッチが起こりにくい。
☑会社を細部にわたって把握しているため、求職者の希望に近い求人を紹介できる。
☑事前にブラック企業を排除してくれているため、就職後も定着率が高い。
☑書類選考なしや未経験OKの求人を扱うエージェントがある

このような特徴があるので、既卒にとって有利な就活方法といえます。つまり、

既卒でも職種を幅広く選べる
フリーターから質の高い求人に応募できる
未経験でも自分に合った仕事が探せる

というような、就職支援サイトにはない利点があります。

フリーター・既卒専門の就職エージェントは、全国でも8社のみです。

例えば、「今勤めているパートにバレないように日程調整をしたい。。」と思ったら、エージェントにその要望を伝えて、可能な限り日程調整をしてもらえばいいですし、わざわざ就活していることを言う必要もありません

ニートちゃん
「就活していることを話したら、周りの態度が変わった」というケースも友人から聞いたことがあります

「今やっている仕事を変わりたくない、正社員になれるならそのまま就職できたらよかったな、、」と考えているのであれば、それをマイナスに捉えることなく活かしましょう。

仕事内容が好きなら「こんな仕事が得意でそのままやりたい」、会社の雰囲気が好きなら「こんな雰囲気の会社で働きたい」とエージェントに伝えればOKです。

更に「その職種のどんな仕事が好き・得意なのか」「なぜその会社の雰囲気が好きなのか」を追求していくと、もっと深く知ることができます。

ニートちゃん
やっていくと、自己分析・企業分析にも役立ちそう

就職エージェントでは、カウンセラーの方が条件や希望職種などをカウンセリングしてくれます。エージェント側は、提携している企業の内部事情や社風も知っていますので、求職者の情報が詳しければ詳しいほど、マッチングはしやすいです。

ニートちゃん
新卒の時に上手くいかなくても、今パートとして働いていることでよりよい道を見つけられるなら、これまでの人生に無駄なんてないです

私も、どん底で辛かった時期があるから、こうしてあなたに自分の体験を届けることができています。もちろん、本当はスムーズに正社員就職したかったですが、だからこそあなたには早く辛い状況から抜け出してほしいと思っています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が成功することを願っています

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php