女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒五年目から正社員をめざす方法とは?26歳で就職した元既卒ニートが教えます!

公開日:

既卒五年目からの正社員就職

「就職活動はしているけれど、思っていたとおりなかなか受からない。。」「もう今年で私は25歳。どうにか受かる方法はない?」そんな風に悩んでいませんか?

ニートちゃん
まさしく私も、過去に同じように悩んでいた一人です。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

私は、大学を中退してからフリーターとして短期バイトを繰り返したり、「家事手伝い」という名目でニートをしていた時期もあります。

ニートちゃん
正社員になりたいけれど、正社員になることに対しても不安はありました。。

でも、そんな私でも、26歳の時に正社員として就職し、安定した毎日を送っています

今回は、既卒でフリーター経験もある私が、「正社員になることへの不安」や、既卒五年目から正社員をめざすための方法シャイで人見知り・あがり症なあなたに合った仕事の見つけ方などをご紹介したいと思います。

ニートちゃん
私の経験が、あなたのお役に立てば嬉しいです

 

親が既卒五年目の私に正社員を勧める理由とは?

「働くことはしたいし、もっとお金も稼ぎたい。。だけど、やっぱり正社員って大変そう」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ニートちゃん
親は正社員の仕事を探しなさいといいますよね。。?

フリーターは、正規雇用ではなく、非正規雇用として働くアルバイト。いつ契約を止められるかわかりません。不景気になった時にシワ寄せがくるのは、契約を更新して働いている非正規雇用の層です。

実際のところ、厚生労働省が発表している資料には、「非正規雇用には、雇用が不安定、賃金が低い、能力開発機会が乏しい等の課題」がある、と明記されています。

ニートちゃん
その後の生活に響く不安定な働き方だと国が認めているのです。。

もちろん、国も非正規雇用の正社員転換・待遇改善を進めていく方針を表明していますが、現状はまだまだ差があります。

※参考:厚生労働省「正社員転換・待遇改善実現プラン

フリーターと正社員の3つの違い

ニートちゃん
フリーターと正社員は具体的に何が違うんだろう?

フリーターと正社員では、大きく分けて3つの違いがあります。

1.収入
2.制度
3.教育

1.収入

正社員の場合は、年齢が上がると共に年収や時間当たりの収入も高くなる傾向があります

しかし、フリーターの場合だと年齢に関係なく年収や時間当たりの収入はほぼ同じで、正社員に比べると賃金は上がらない傾向があります。

働いている内容が同じでも、雇用形態が違うというだけで収入にかなりの差がでてきてしまうのです。

※参考:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「ユースフル労働統計2019労働統計加工指標集
※参考:厚生労働省「平成30年就労条件総合調査 結果の概況

2.制度

例えば正社員と比べて非正社員は、「退職金制度」や「財形制度」などが適用されにくい傾向があります。

正社員の場合、勤続年数が長いほど退職金は高くもらえることがほとんどなので、長く働いた分だけ退職金をもらえないフリーターと正社員の差は広がっていきます

3.教育

フリーターと正社員とでは、企業で行う教育訓練の実施状況が異なってきます

最も教育訓練の実施率が高いのが、正社員で44.2%。一方で、パート・アルバイトだと14.4%の実施率ととても低いです。

長期的な教育環境が整っているのは、やはり正社員と言えるでしょう。

※参考:厚生労働省「正社員?フリーター?何が違うの??
※参考:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査

私が既卒ニートを辞めて正社員になりたいと思ったきっかけ

実は、私がフリーターから抜け出して正社員として働きたいと強く思ったきっかけは、短期バイトをしている時に出会った人たちです。その時に見た40代50代60代の人達は、とても辛そうに働いていました

先が見えない不安定、というだけで、こんなにも辛いんだと、怖くなったのを覚えています。

ニートちゃん
お金のことで一生不安に支配されるのは辛いです。。

もし、気持ち的に落ち込んでいたり、何か事情があって「働くどころではない。。」と感じているのであれば、無理に就職のことを考える必要もないと思います。

ただ、「もっと働きたいし正社員として受かりたいけど、働くのが不安」という気持ちなら、行動してみた方が良いです。まずは、自分の雰囲気に合った会社で、キャリアを積みましょう。

仕事をやっていくうちに、「こんなこともやってみたいかも?」「私、実はこれも向いているかも?」と思うようになれば、また違う道が見えてくるかもしれません。

ニートちゃん
休みの日は、自分で稼いだお金で趣味を楽しみたい!という動機ももちろんアリです

 

既卒五年目の不安要素は何?

でも、正社員として働いたことのない私は不安でたまらない。。」というお気持ちもよくわかります。

働きたいけれど、不安。。でも、今の私だからこそ言えますが、この「正社員への不安」で立ち止まってしまうのは、もったいないです

例えば持病を持っているとか、家庭の事情があり両立できるか不安、ということであれば話は別なのですが、ただ漠然と「不安」に支配されているのであれば、ぜひ私といっしょに不安を軽減していきましょう。

ニートちゃん
では、何が不安に思えてしまうのか、少し考えてみます。

正社員は責任が重い?

正社員といえば、責任をとらないといけない、、というイメージもあるかもしれません。

でも、最初から責任を取らせるような企業はないですし、あったとしたらそれはブラック企業です。

ニートちゃん
むしろ、考え方によっては正社員だからこそ守ってもらえる部分があります

派遣社員やアルバイトと違い、無期雇用の正社員は、その会社にずっと勤める前提で働きます。その分、最初にしっかり先輩や上司に仕事のやり方を教えてもらえますし、将来を見据えて指導するので最初からその仕事ができなくても問題ありません。

最初の2~3年は失敗させてもらえる期間、と割り切って仕事に臨めばいいのです。

アルバイトは即戦力になってもらわないといけない働き方です。逆に言えば、すぐにできて誰でも代わりがきく仕事とも言えます。

ニートちゃん
正社員の方が責任は重く感じるけれど、一人前の社会人として生きていくスキルが身につくのも正社員なのです

不安があるのであれば、手厚く育ててもらえる社風の企業を選びたいところです。

人見知りであがり症でも会社で働ける?

もちろん、答えは「働ける」です。

ただ、自分に合わない会社を選んでしまったら、長く働くことはできません

穏やかなで柔らかい雰囲気が好きなのに、体育会系の上下関係が厳しくハキハキとした社風の企業だと、きっとあなたには合わないでしょう

また、企業の雰囲気が合っていたとしても、人見知りなのに「飛び込みの営業」に配属されたり、あがり症なのに「大勢の人の前で毎週発表しないといけないプレゼンター」になったりしても上手くいかないでしょう。

つまり、自分に合った職種・社風の会社選びも重要になります

正社員だったら、長時間労働は当たり前?

「アルバイトは時間がきたら帰れるけれど、正社員は遅くまで仕事をしないといけないというイメージがある。。」という方も多いかもしれません。

国も、日本企業の「正社員的な働き方」には、長時間労働や残業が多い等の課題もある、という指摘も認めています。

※参考:厚生労働省「正社員転換・待遇改善実現プラン

ただ、今は働き方改革も進んでおり、ホワイト企業も増えています。ブラック企業が存在することは間違いありませんが、ホワイト企業を狙って就職する方法もあります。

全ての企業がブラック企業ではないので安心してください。

そして、実はこれらの不安を解消した上で就職できる方法があります

ニートちゃん
既卒を育ててくれる風土があって、自分に合った職種で、ホワイト企業に就職する方法は、最後に詳しく説明します

受からないのは既卒五年目だから?

頑張って就活しているつもりなのに、思っていたとおりなかなか受からない。。」「もう今年で25歳。どうにか受かる方法はないのかな?」と不安に思っている方もいるかもしれません。

でも、受からないのは既卒五年目だからではありません

下の図は、リクナビNEXTが行った「未経験者を採用するなら何歳までか」という調査の結果ですが、

23歳頃を境に、1年毎に採用してくれる企業の割合が減ってはいるものの、半分以上の割合の企業が、25歳までの未経験者を採用したいと言っているのです。

面接で一番大切なのは「どうせ受からないだろうと思わない」こと

私は26歳で正社員就職できましたが、受かるまでは「どうせ無理なんだ。。」という気持ちでいました。でも、その気持ちはまず捨てておきましょう

面接官は百戦錬磨です。色んな人を見てきているため、「この人は自信がなさそうだな」「受かる気がなさそうだな」と見抜かれてしまうのです。

これは「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)なのですが、

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

上記の中で、15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視したとされる項目は、どれでしょうか?

結果は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視する項目となりました。ついで「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順となっています。

重要なのは「働きたい」という気持ち。要は「やる気」なのです。

つまり、最初から受からないだろうと思いながら面接を受けても、自信がなさそうな暗い印象になってしまい「やる気がなさそう」と思わせてしまうのです。

上の結果からもわかる通り、職業経験や専門知識・難しいスキルは問われていません。私は今から、ここから頑張りたいんです!という気持ちを全面に出すことが、一番のポイントです。

既卒五年目が自信をつけるためには準備が必要!

ただ、やる気はあるけれど、本当にそれだけでいいの?と不安になると思います。

もちろん、空元気だけで行きましょう!という訳ではありません。ちゃんとした事前の準備も必要です。

☑自己分析:自分がやりたい仕事・職種、自分の強み、今後のキャリアについて考える
☑企業分析:自分が行きたい職種・企業のことを調べる・求人票を探す
☑自己PRや志望理由など提出書類を書く
☑面接練習をする
ニートちゃん
これらをしっかり準備できれば、自ずと自信がわいてくるはずです

もし「自己PRが見つからない。。」「職務経歴書が書けない」と悩んでいるのであれば、以下の記事も参考にしてみてください。

とはいうものの、やはり自分だけで準備をしてもよくわからない。。という方は多いです。

そこで立ち止まってしまう前に、就活情報が集まっている支援機関でまずは悩みを相談してみましょう。

ニートちゃん
既卒五年目の若い方におすすめの支援機関が以下の2つです

「わかものハローワーク・わかもの支援コーナー」

「わかものハローワーク」「わかもの支援コーナー」は、おおむね45歳未満の若者を対象に、就活支援サービスを提供している公的な機関です。

相談員が個別に相談を担当してくれるので、就活のことは一から教えてもらえます。国家資格キャリアコンサルタントを所有している方や、元企業の人事の方が担当してくれるので、とても参考になります。

自己分析面接対策などもやってもらえますし、無料の講習にも案内してもらえるのでスキルアップもできます。どんなに小さなことでも相談に乗ってくれるので、利用すると良いでしょう。

「ジョブカフェ」

ジョブカフェとは、「若年者のためのワンストップサービスセンター」という名称で、国ではなく都道府県が主となって運営している機関です。

こちらはだいたい35歳前後までの若者を対象にしていて、もちろん既卒五年目の方も利用できます。

役割はわかものハローワークとほぼ同じですが、都道府県が運営しているからこそ、ジョブカフェはより地域の特色が出ていることが多いです。その地域に多い職種や求人に合わせて、合同説明会のフェアを組んでいたりするので、どんな会社があるのか見ることもできます。

※参考:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援

既卒五年目が自分にとって良い企業を見つけるための方法とは?

ただ、「シャイ&人見知り&あがり症」「自信が持てていない」「自分のことをわかってもらった上で、不安なく就職がしたい」という方に向いている就活方法が他にもあります。

それが、就職エージェントを活用する方法です。

実は、先ほどお伝えした

☑自己分析:自分がやりたい仕事・職種、自分の強み、今後のキャリアについて考える
☑企業分析:自分が行きたい職種・企業のことを調べる・求人票を探す
☑自己PRや志望理由など提出書類を書く
☑面接練習をする

これらの準備の過程を、私の経験上、最もスムーズに行うことができる方法なのです。

先ほど紹介したわかものハローワークやジョブカフェでも、求人は扱っています。公的な機関なので、特にわかものハローワークなどは、就職支援機関で断トツの求人の量です。ただその分、会社の内情を全て把握することは不可能なので、ブラック企業が混ざっている可能性もあったりします。

ニートちゃん
実は、私もハローワークで紹介してもらった求人で内定をいただいたのですが、その2つともブラック企業でした。。

情報収集や就活スキルの向上のためにはぜひ利用したい機関なのですが、既卒就活をハローワークだけで完結させてしまうのは少し危険です。

一方、就職エージェントは、カウンセリングを通して、自分に合った求人を紹介してもらえるシステムです。

特に、既卒をメインで支援している就職エージェントは、

☑事前に企業を訪問・取材しているため、紹介する際にミスマッチが起こりにくい。
☑会社を細部にわたって把握しているため、求職者の希望に近い求人を紹介できる。
☑事前にブラック企業を排除してくれているため、就職後も定着率が高い。
☑書類選考なしや未経験OKの求人を扱うエージェントもある
☑面接も、お互いが条件や雰囲気を確認するような面接がメインで、圧迫面接などはほとんどない

という特徴があるので、既卒にとってかなり有利な就活方法です。

わかものハローワークのように、たくさんの中から求人を選ぶことはできませんが、「多すぎてどれを選んだらいいか基準がわからない」ということもなく、「条件だけを見て応募したらブラックだった、、」という可能性は低くなります。

また、私は選考が進むにつれて「既卒だから」「フリーターだから」という理由だけで、下に見られて面接で色々言われたりすることもありました。

ニートちゃん
ただでさえ勇気を振り絞って面接に臨んでいるのに、、と心が折れそうになりました。。

その点、既卒用の就職エージェントが紹介してくれる企業は、エージェントが提携している信頼できる企業です。

エージェントが自分と企業との間を取り持ってくれるようなイメージなので「上手く説明できないかも。。」という時は、そのエージェントさんがフォローしてくれます。

私も気が弱い方だし緊張しがちなので、かなりありがたかったです。

ニートちゃん
私が今の職場に就職できたのは、就職エージェントのおかげです

フリーター・既卒専門の就職エージェントは、全国でも8社のみです。

この中のすべてを経験した上で、体験談を書いたので参考にしてみてください。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

 

私が実際に利用した、既卒五年目におすすめの就職エージェント

「まだ何も定まっていないのに、不安だらけの状態で、エージェントに行ってもいいの?」という方も、安心してください。

あなたの希望や長所を上手く引き出して、雰囲気に合った会社を選ぶためのサポートをしてくれるエージェントを、ここでは2つピックアップしてご紹介します。

ニートちゃん

「就職Shop(就職ショップ)」

就職shop(就職ショップ)

ニートちゃん
就職ショップは、未経験でも優良企業に就職する確率が最も高いエージェントです。

就職ショップは未経験歓迎の求人が充実しているので、就職を決めた利用者の4人に3人は正社員未経験者なので、既卒でフリーターでも安心して利用できます。

提携している企業の職種も幅広く、それらの会社には100%訪問し取材しているため、ブラック企業は事前にチェックされています。「今のアルバイト先から人間関係の悪い・環境が悪い会社の正社員になる自信はない。。」と考える方も多いと思うのですが、その点は信頼して大丈夫です。

私が実際に紹介してもらった求人の質も、かなり高かったです。

また、就職ショップのカウンセラーさんは、求職者のことを第一に考えた親身なアドバイスをしてくれます。自分のことを上手く話せなくても、そのまま不安をぶつけて大丈夫です。

私も最初は「やりたい仕事がわからないんです…」というレベルの相談でしたが、とても丁寧に対応してもらえました。

また、既卒やフリーターだとなかなか書類選考も通らない場合もありますが、就職ショップで紹介される求人では書類選考は一切なしで面接へ進めます。

人柄ややる気を見てもらえる企業と提携しているので、これからの頑張りを期待してほしいという方ならきっと仕事が決まるはずです。

また、この面接もお互いを確認するための「面談」に近い感じです。もちろん、もし面接で違和感を感じた時は、内定を辞退することもできます

詳しくは、就職shopにニートが行ってみた体験談を読んでみてください。

ニートちゃん
ちなみに、私が正社員就職することができたのは、就職ショップのおかげでした

「第二新卒エージェントneo」

ニートちゃん
第二新卒エージェントneoも、私が使った中ではバランスのとれた良いエージェントでした

第二新卒エージェントneoも、既卒者やフリーターなど正社員未経験者の支援に強いエージェントです。

未経験OKの求人は5000件以上で、未経験でもほぼ書類選考なしで正社員になれます。

また、他のエージェントと比べても丁寧で手厚いサポートをしてくれます。1人の利用者に対して平均8時間以上かけています。

担当者の雰囲気もとても話しやすかったので、「私なんかが行っても大丈夫?」と思っている方は安心してください。

また、第二新卒エージェントneoも選べる職種は広く、実際に紹介してくれる求人数は、他のエージェントの2~3倍なので、まずは色々見て検討したいという方に合っています。

しかも、連携している会社は100%事前に訪問しており、ブラック企業でないかをチェックしているので、安心できます。

第二新卒エージェントneoに既卒ニートが行ってみた!体験談も参考にしてみてください。

ニートちゃん
もしIT業界に興味がある方は、「プロエンジニア(プログラマカレッジ)」もおすすめの就職エージェントです

未経験でも、理系でなくても、エンジニアになることはできます。営業などのノルマがある仕事や体力仕事よりも、パソコンに向かってコツコツデスクワークがしたいという方は、事務職だけではなくエンジニアも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が上手くいくことを願っています。

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php