女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒四年目でも正社員になれる!過去3つの後悔から学ぶ就活必勝法とは?

公開日:

既卒四年目から正社員就職
「在学中は結局一社も内定がとれないまま卒業したから、どのように就活をしたらいいのかわからない。。」「既卒四年目からの就活、面接ではどのように対応したらいいの?」と悩んでいませんか?

ニートちゃん
ブランクもあるし、これからどうやって就活すればいいのか不安になってしまいます。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

私も既卒フリーターから正社員就職をめざして就活をしていましたが、面接も連敗続きで全然上手くいかずとても悩んだ時期があったので、お気持ちはよくわかります。

でも、大丈夫です。そんな私でも、既卒から26歳の時に正社員就職することができました

この記事では、新卒の時の後悔を、既卒四年目の就活に活かす方法私が実際に正社員就職を実現させた方法などを、実体験を元にご紹介していきたいと思います。

ニートちゃん
あなたのお役に立てば嬉しいです

 

既卒四年目は新卒とは違う就活のやり方が必要!?

新卒で就活に失敗してしまった。。」という方は、新卒の時に上手くいかなかった理由を克服して既卒就活に臨もう!と考えている方も多いと思います。

・在学中は就活する気になれなかった
・在学中はもっと簡単に内定をもらえると思っていた
・在学中は何がしたいのか何にむいているのかがわからなかった

上記のような「新卒の頃の自分が出来ていなかったこと」があるかもしれません。

もし、既卒四年目の今の時点で改善策が見つけられている方は、とても素晴らしいです。

ニートちゃん
でも、もしかしたら、その分析はズレている可能性があります

そう、既卒四年目の場合、新卒とはまた違った状況があります。既卒は新卒と同じように公平に見てもらえるわけではないからです。

2017年卒マイナビ大学生内定率調査によると、新卒者と既卒者の内定率を比べてみるとかなりの差があり、

【新卒者の内定率】95.3%
【既卒者の内定率】48.9%

新卒が95%を越えるのに対し、既卒は半分以下です。

ただ、ニートやフリーターだと3年未満の退職率が44.2%と高いのもまた事実です。企業側が既卒者の採用するのを躊躇するのも無理はないかもしれません。

では、新卒の時の反省点を既卒四年目でも活かすためにはどう考えたら良いのでしょうか?

 

既卒四年目の後悔その1「在学中は就活する気になれなかった」

新卒採用の頃は働くイメージがつかず、なかなか就活する気にならなかったという方も中にはいると思います。

でも、既卒四年目の方が就活を始めるタイミングは今です。今すぐに就活を始めるべきです。

下の図は、リクナビNEXTが調査した「未経験者を採用するなら何歳までか」という質問の結果ですが、

23歳を機に、採用する企業が1年毎に少なくなっているのがわかります。20代後半になると、23歳の頃と比べて4分の1の求人数しかありません。応募できる求人が減っているのです

ニートちゃん
よっぽどの事情がない既卒の方は、今すぐ始めた方が有利です。

 

既卒四年目の後悔その2「在学中はもっと簡単に内定をもらえると思っていた」

新卒の時は考えが甘く「数社受ければ内定をもらえると思っていた」という方もいるかもしれません。

新卒採用は景気の良し悪しもかなり影響するので、苦戦を強いられることもあります。コロナ禍の現代も、難しい時代のひとつになるでしょう。

ただ、先ほどもデータを紹介しましたが、既卒四年目は時代の要素に加えて、新卒に比べて内定率が下がってしまう現状があります。

既卒に対して企業側が抱くイメージとしては、

・「新卒時に就職できなかったのは、何かしらの問題があるから既卒なのではないか」
・「新卒の時にすぐ就職せず既卒になったのは、仕事に対する意欲、モチベーションが低かったからではないか」

など、悪い印象が先行してしまうことが多く、既卒は新卒に比べて不利な状況にあります。。

ただ、だからといって既卒四年目が全く就職できないという訳ではありません

後で詳しくお伝えしますが、私は就職shopという就職エージェントを利用して、26歳で今の会社に就職しています

もしかしたら、「上手く話せなくて面接の帰りはいつも落ち込んでいた。。」という経験がある方もいると思います。

でも、何回もお祈りメールをもらったら、普通は辛くなるのが当たり前です

ニートちゃん
自分を否定されたような気がしてしまいます。。

「当時はメンタルが弱かったから駄目だったんだ!」と自分を追い込みすぎず、既卒四年目に合う就活方法をこの記事から参考にしていただければ幸いです。

 

既卒四年目の後悔その3「在学中は自分は何がしたいのか、何にむいているのかがわからなかった」

志望動機が自分でもわからなかった」「面接のときに、しっかりと伝えることができなかった。。」と後悔している方はかなり多いのではないでしょうか?

ニートちゃん
面接での対応は、新卒も既卒四年目も重要なのは間違いありません

ただ、既卒四年目の場合重要なのが、必ず聞かれる「空白期間(ブランク)」についてです。

「卒業後何をしていたのか?」と聞かれたら、既卒四年目は何と答えるのが正解なんだろう?と不安になるかもしれません。

空白期間に何をしていたのか」「どうして空白期間ができたのか」をしっかり説明するためには、ある程度正直になった方が受かりやすいです。

フリーターのことを正直に言うとマイナスにならないの?」と思うかもしれません。もちろんそのままだと印象は良くないので、以下のポイントを押さえて説明してみてください。

面接で失敗しない3つの答え方のポイント1.フリーターの空白期間ができてしまったことについては反省している旨を伝える
2.今後どうしていきたいかを面接官にアピールする
3.志望動機や自己PRをしっかり伝える

この3つ(特に3つ目)ができれば、既卒四年目でも採用される確率は大きく上がります。

ニートちゃん
自己PRと志望動機はしっかり考えておくことが大事です

自己PRと志望動機のためには、まず自己分析が大切

自己PRと志望動機をしっかり考えるためには、自己分析が重要です

自己分析は、どんな職場で働きたいのか・自分がどのように生きていきたいのかという自分が求める環境を知るために大切なことです。

ニートちゃん
これが、自己PRや志望理由を書くために必要な作業となります

できれば、誰だって自分自身が心地いいと思える・自分の能力を発揮できる環境で、長く働けるのがベストです。では自分が求める環境って何なのか。それを知るためには、自分のことをちゃんと分析する必要があります。

(1)時系列で書いてみる

例えば、自分の生きてきた人生でどんなことがあったのかを時系列に書いてみる方法はおすすめです。年ごとにどんなことがあったのか、思いつくものは全て書き出すと良いでしょう。

ニートちゃん
あまり思い出せないな、と思ったら、家族や友人に聞いてみると記憶が蘇ったりします

(2)出来事を深掘りしてみる

時系列に書き出せたら、それがどんな出来事だったのかを、更に詳しく深掘りしていきます。

例えば、リーダーに選ばれた経験が、「イヤだったこと」になる人もいれば、「嬉しかったこと」になる人もいます。まずは「自分って、こういう状況の場合、こう感じるんだ」というのを客観的に捉えてみましょう。

ニートちゃん
「なぜ嬉しかった?」など、「なぜ?」を何回か繰り返すとより深掘りできます

振り返っていくと、「この年はターニングポイントだったな」という年があるはずです。その年を重点的に、細かく分析してみるのも良いでしょう。

(3)整理する

だんだん自分の過去のエピソードを思い出してきたら、そのエピソードで判明した自分の特徴を元に、いろんな切り口で自分のことを分析してみましょう

特に、自分が得意なこと、好きなこと、苦手なこと、の他に、得意な状況や嫌な場面なども整理をしてみると、より自分について知ることができます。

・自分が得意なこと
(身体を動かす、同じことを繰り返す、など)
・自分が得意な状況・落ち着く状況
(自分のペースで誰からも話しかけられない、高齢の方に囲まれて働く、など)
・自分が苦手なこと
(コツコツやること、大勢の人の前でスピーチすること、など)
・自分が苦手な状況
(常に誰かが怒られているようなピリピリした雰囲気、同世代の人と一緒に作業する、など)

他にも、

・今までやってきた中で楽しかったこと
・もうやりたくないと思ったこと
・褒められて嬉しかったこと
・自分が頑張れる状況はどんな時だったか
・周りにいてくれた人はどんな人だったか

特に嫌だったことや辛かったことは、自分の個性がよく現れる部分です。

ニートちゃん
マイナスなことこそ、プラスへの要素に変えていきたいものです

 

既卒四年目の面接で重要なのは、ずばり志望動機と自己PR

先ほどご紹介した自己分析が、既卒四年目の面接で重要な志望動機と自己PRの基礎になります。

ニートちゃん
では、自己PRと志望動機のポイントも見てみましょう

自己PRについて

まず大事なのは、アピールポイントには根拠が必要だということです。根拠は、今までのキャリアから得たスキルや実績をもってくるのが一般的です。

ただ、「既卒四年目でアピールできることなんて何もない。。」「具体的なエピソードはアルバイトだけ。。」そんな風に悩んでいる方でも、大丈夫です。

たとえ全く同じ仕事をしていたとしても、自分が一番意識していたことが違えばそれがその人の個性になります。エピソードは今頑張っているアルバイトのことでも構わないので、できれば直近のものがいいです。

自己PRは少ない時間でどれだけ自分の強みを知ってもらえるか、の勝負です。

・問題だと思ったこと、こうした方がいいと思ったこと
・考えて実行してみたこと
・学んだこと、発見したこと、次に活かそうと考えたこと
・自分が持っている信念

これらの事実を端的に書き出し、無駄がないように組み立てましょう。「卒業してから何を得られたのか?」と聞かれたら、きっとそこに答えがあるはずです。

ちなみに、自分のアピールポイントは必ず応募する職種に必要とされるスキルがアピールポイントになっていることが前提です。

ニートちゃん
事務職の応募で「手先が器用です」と言っても、評価されません

志望動機について

ここに、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)があります。15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視する能力は以下のうちどれだと思いますか?

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

実は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視しています。つぎに「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順です。

【1位】 就業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
就業意識、勤労意欲、チャレンジ精神、これらは「やる気」です。

「一からしっかり頑張ります」「必ずここで結果を出したいです」そのような意気込みが伝われば、既卒四年目でも評価される可能性は高いです。

【2位】マナー・社会常識
一緒に仕事をする人が、マナーが悪かったり社会常識が足りないのは困ります

ここでいうマナー・社会常識は、

・ちゃんと挨拶ができるか
・身だしなみは清潔で、整っているか
・適切な言葉遣いができているか
・時間を守ることができるか
・書類は鉛筆ではなくペンや万年筆などを使っているか
・他人が読める字を書いているか

このようなことであり、書類選考や面接を通じてすぐに判断できます。つまり、意識すれば誰でもクリアできる部分です。

ニートちゃん
企業の多くは新入社員に「マナー研修」を実施しているので、その先の具体的なスキルを心配する必要はありません。

【3位】コミュニケーション能力
ここで求められる「コミュニケーション能力」は、会話のキャッチボールがスムーズにできるかです。

・相手の目を見て会話ができるか
・会話している相手の心情を察することができるか
・言いたいことをちゃんと言葉にして伝えようとしているか

このように、極端に難しいことではありません。

以上の3つからわかるように、職業経験や専門知識・難しいスキルが大事なのではなく、これからのやる気・将来に期待している、ということなのです。

例えば「どうしてこのタイミングでバイトをやめたのか?」という質問も、「御社に入りたいと思った」気持ち(志望動機)にやる気を絡めてしっかりアピールできれば、きっとうまく答えられるはずです。

 

既卒四年目が面接を突破するために頼っておくべき機関とは?

ただ、企業側の立場になってみると、これから業界や職種に関するスキルや知識について育てる気持ちはあっても、自分で身につけられる基礎的な力は備わっている人材がほしいのが本音です。

ニートちゃん
履歴書などの提出書類では、このような部分も見られていると考えて良いでしょう

そこで、基本的な部分のチェックをしてもらうことができる、既卒四年目が頼ると良い就職支援機関があります。

ニートちゃん
「わかものハローワーク・わかもの支援コーナー」と「ジョブカフェ」です

こちらの2つは、国や都道府県が運営している公的な機関ですので、フラットな視点で既卒四年目の就活をバックアップしてくれるのがメリットといえます。

「わかものハローワーク・わかもの支援コーナー」

おおむね45歳未満を対象に、就活支援サービスを提供
・職業適性検査や自己分析、コミュニケーションスキルなど、就職に役立つ各種セミナーなどが無料で受講できる
・相談員の方に就職に関することは、既卒四年目でも一からサポートしてもらえる
地元企業の担当者と直接話せる面接会や合同説明会が企画されることもある

「ジョブカフェ」若年者のためのワンストップサービスセンター

・おおむね35歳前後までの若者への就職支援サービスの機関。既卒の方も利用可能。
・都道府県が運営しているので、見られる求人はその都道府県に限定。ただ、ハローワークと同じ場所に設置されている地域のジョブカフェでは、全国の求人検索が可能。
・わかものハローワークと同様に、個別での相談対応や、己分析のセミナーや就活スキルアップの講座もある。
地域の特色を強く出すことも多く、その地域に多い職種や求人に合わせて、セミナーや講座を開催。
※参考:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援

面接は「自社に合う人材かどうかを判断する場」ですので、雰囲気や性格など素の部分を見るための質問をしてくるかもしれません。

ただ、基本的な「志望理由」や「長所・短所」などの質問に対して準備をしているかどうか、は非常に大切なポイントです。やる気があるのか基本を疎かにしないで誠実に準備ができるのか、、そんな部分も企業はチェックしています。

ニートちゃん
採用担当は、ここで本気度を見抜きます

緊張して上手く話せなくても、ちゃんと準備をしていたかどうかはわかります。万全にしておきましょう。

 

既卒四年目で面接に自信がない人は、面接をスルーできる方法を使うべき!

ただ、これだけ頑張る気持ちがあるのに、「既卒だから」「フリーターだから」という理由だけで、ちゃんと評価してもらえないのは悔しいです。

ニートちゃん
では、既卒四年目でもやる気をしっかり評価してくれる企業をどうやって見つけたらいいのかな?

そんな方に合っている既卒の就活方法が「就職エージェント」です。

就職エージェントは、求職者にカウンセリングを行い、その上で求職者の希望に合う求人をピックアップしてくれる仕組みです。

実は、この就職エージェントが紹介してくれる求人は、書類選考なし・面接もお互いが意思を確認し合うような面談形式、というところが多く、そもそも面接練習や書類作成が必要ありません

ニートちゃん
既卒四年目の方とっては、かなり有利な方法といえます

実は就職エージェントは数多くあるのですが、その中で”既卒の就職支援を専門としているエージェント”は以下の8社です。

これらのエージェントは、既卒や正社員未経験から正社員就職をめざす方を対象としているので、既卒特有の悩みを真摯に受け止めてもらえますし、そのような悩みにこそ丁寧に対応してもらえます

実際に、私が利用した就職shop第二新卒エージェントneoでは、職種もあやふやな状況で行っても大丈夫でした。初回の面談で、苦手なこと・好きなことや自分がこれまでやってきたことなどから深掘りしてもらえます。

ニートちゃん
素直に話すと、自分に合った求人を紹介してもらえました

ちなみに、就職shopでは、

「どんなライフプランをこれから過ごしていきたいか」
「将来地元に帰って就職も考えているか」
「どんな仕事ならやりがいを持てそうか」
「働くならどんな会社の雰囲気がいいか」
「今考えている進路でいいのか?」
「趣味や好きなことは何か?」

というような細かい部分まで、初回面談で2時間もじっくり話を聞いてくれました。

客観的にプロにアドバイスしてもらえると安心感がありますし、カウンセリングによってより自分の状況や求める条件も明確になります。もちろん、紹介された求人が合わないと思ったら断ることもできるので、無理に選ぶ必要はありません。

また、先ほどご紹介した、わかものハローワークやジョブカフェでも求人検索は可能です。全国の求人を扱っているため、求人数は就職支援機関で断トツの量というメリットもあります。ただ、その分ブラック企業が混ざりやすいので、注意が必要です。

ニートちゃん
求人票は改ざんされている可能性もあります。。

その点、就職エージェントは提携している企業のことを訪問し取材しているため、事前にブラック企業を排除しています。自分で求人票を見てブラック企業を見抜くのは至難の業なので、質の高い求人を効率良く見つけられる方法でもあるのです。

ただ、もし質の悪いエージェントを選んでしまった場合、希望とは違う求人を勧めてくる可能性が高いので、変だなと思ったら違うエージェントを利用するようにしてください。

ちなみに、私が実際に使ってみて良かったという就職エージェントはこちらなので、参考にしてみてください。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

エージェント選びに失敗すると、就活自体も失敗するので注意が必要です

ニートちゃん
口コミやネットの情報と実際に利用してみた感じが違うこともあるので、こちらの経験談も読んでみてください

ちなみに、これらの就職エージェントを並行して利用することで、選択肢を増やすことができます。それぞれのエージェントに強みがあるので、自分に合ったエージェントを見つけることも成功の秘訣です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が上手くいくことを祈っています

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php