女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒で大学院中退の場合に役立つ!効率の良い就活方法4選とは?

大学院中退の既卒から正社員就職へ

既卒の私でも就職できた方法とは?

大学院に進学して後悔、モチベーション自体既になくなっているから早く中退したいと思っている。」「でも辞めたら就職できない恐れがあるから、我慢している。。ストレスもひどいし、どうしたらいいの?」と悩んでいませんか?

ニートちゃん
ストレスで身体が辛くなると、気分もどんどん落ち込んでいくお気持ちはよくわかります。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

でも、大丈夫です。大学院を中退しても、正社員として就職することは可能です。

今回は、大学院を中退した場合の立ち位置や、新卒の就活との違い・注意点などをまとめた上で、大学院中退の経歴でも有効な就活方法をご紹介したいと思います。

ニートちゃん
少しでもお役に立てば幸いです

 

大学院を続けることにメリットはあるの?

大学院に行って後悔している。。正直、もうすぐにでも辞めたい」「けど就職できるかが不安で、辞められない。」…そんなストレスを抱えている方は、まず整理してみましょう。

ニートちゃん
大学院の現状を整理し、大学院を続けることにメリットがあるかどうか、ですね

大学院を卒業すれば、ちゃんと正社員で就職できる!?

文系の大学院を出てもフリーターみたいな人がたくさんいるって本当?」「就職活動に失敗して既卒よりとりあえず院に行く、という人や、教職試験に落ちて来年も受けるからそれまでは院にいる、という人ばかりなの?」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれません。

大学院に行く理由は個人の自由なので、勉強以外にも公務員試験や教員試験、就職が上手くいかなかったなどの理由の方もいるかもしれません。ただ、「大学院卒が必ず正社員就職できるのか」に関しては、データがあります。

まず、修了者に占める就職者の割合は、8年連続で上昇ししており、78.5%(前年度より0.3ポイント上昇)で過去最高となっています。

ただ、人文科学の大学院卒の進路状況を見てみると、実は正規の職員等は41.1%と、半分にも満たない状況です。「一時的な仕事に就いた者・進学も就職もしていない者」、「正規の職員等でない者」の割合は、36.9%になります。

もちろん分野にもよるのですが、このままストレスを抱えながら我慢して「大学院卒」を狙っても、必ず正社員就職できるとは言えません。意味のない時間を過ごすことになりかねないということです。

文系は、”大学院が育てたい能力”と”企業が求める能力”の違いが大きい!?

文部科学省が行った「人材育成面での企業の期待と大学・大学院の取組について」という調査があります。

この結果では、「人材に関する企業側のニーズと,大学側の取組のポイントについて,いくつかの点で相違が見られる」としています。

ニートちゃん
この調査では10項目を、企業側と大学院側のそれぞれで質問しています

4.知識や情報を集めて自分の考えを導き出す訓練をすること」という項目は、企業側も大学院側も重視している項目としてほぼ認識は一致しています。

ただ、大学院側が80%と最も重視している「1.専門分野の知識を学生にしっかり身に付けさせること」については、企業の数値は31%にとどまっており、文系の大学院卒に求める能力にかなりの相違があることがわかります。

ニートちゃん
専門的な知識はあまり必要としていないってこと、、?

また、「8.理論に加えて、実社会とのつながりを意識した教育を行うこと」は企業が二番目に重視する項目ですが、大学院では四番目と意識の差がみられます。

さらに、企業の三番手に来ている「5.チームを組んで特定の課題に取り組む経験をさせること」に関しては、なんと大学院では4%しか重視していないという結果に。

ニートちゃん
大学院側が注力している能力と企業が求める能力には、かなり差があることがわかります

文系で特定の職種ではなく一般企業の採用を狙う場合は、勉強熱心さやリサーチ能力、学力の高さなどの総合的な部分で判断されることが多いのかもしれません。

理系は、専門分野を極めることが企業側からも求められている

一方理系は、文系とは少し傾向が違います。

ニートちゃん
質問の10項目は先ほどの文系と同じです

文系の学生にはあまり求められていなかった「1.専門分野の知識を学生にしっかり身に付けさせること」ですが、理系の学生に対しては企業側と大学院側のどちらも高い数値になっています。

ただ、「3.専門分野に関連する他領域の基礎知識も身に付けさせること」に関しては、企業側はあまり重視していないという結果に。

ニートちゃん
専門分野に特化したスペシャリストを求めているということですね

また、依然として企業側の「8.理論に加えて、実社会とのつながりを意識した教育を行うこと」への期待が高いものの、理系の学生には「6.ディベート、プレゼンテーションの訓練を行うこと」に対しての期待は意外にも低くなっています。

ベンチャー企業や中小企業で人数が少なく、様々な分野の知識が必要となる場合は専門分野だけではなく広い知識を求められるかもしれません。ただ、一つの分野をしっかり極めている人を分野違いで採用できれば、全体として不足はないという考え方もできます。

どちらにしても、人事としては開発職研究職として活躍するスペシャリストを採用したいので、まず理系の学生は専門分野で一定の結果をだしていることが重視されるでしょう。

理系の学生の場合は、大学院卒がかなりのアドバンテージになることは間違いないです。もちろん、ご自身が一番お分かりかと思いますが、ダイレクトに就活に影響を及ぼすことになるでしょう。

天秤にかけてみて、よりメリットに感じる方を

もちろん、大学院に通い続けることにメリットもあるでしょう。

たとえば、初任給は、大卒と大学院卒では約280,00円の差が出ます(男女計)。

他にも、大学院卒が条件の求人に応募できなかったり、研究室の教授のつながりで就職先を紹介してもらうことができなくなったり、というデメリットはあります。

ただ、これらのデメリットは、今のあなたにとってどれほど大きいでしょうか?

毎日ただ意味がない辛い、と思いながら時間を無駄に消費してしまうことは、かなりもったいないように思います。

下の図は、リクナビNEXTが調査した「未経験者を採用するなら何歳までか」という質問の結果です。

23歳を機に、採用する企業が1年毎に少なくなっているのがわかります。20代後半になるとより顕著に表れており、23歳の頃と比べて4分の1の求人数しかありません。応募できる求人が減っているのです

大学院を中退してしまうと就職できないのではないか?」という不安は大きいと思いますが、大学院に通う意味を見いだせないと感じているならば、動き出すのは早い方がいいのです。

ニートちゃん
大学院中退する場合の「賢い就活方法」は、最後の章で詳しくご紹介します

 

大学院中退の人は、既卒?どんな立場で就活することになるの?

就活をする上で、大学院中退の私の立場は何?」「第二新卒や新卒は当てはまらない?」と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

もしあなたが大学院を中退する場合は、「大学卒の既卒」として就活を行うことになります。

まず、ネットでもよく見る「既卒」という言葉ですが、厚生労働省は定義を明確にしていません。ただ、厚生労働省が公表している調査資料の中では、学校卒業後すぐに就職する人以外(35歳未満)で、勤務経験の有無は問わない、となっています。

ただ、就活をしている若年層は、大きく3つに分類することができるため、

・新卒(大学を卒業してすぐ入社する人)
・第二新卒(一度新卒で就職した会社を退社した卒業3年以内の人)
・既卒(卒業しているが社会人経験のない卒業3年以内の人

と区別して呼ばれることが多いです。

ニートちゃん
ただ、会社によって既卒・第二新卒の扱いは違うので、その都度確認は必要です

大学院1年生として就活するなら新卒じゃないの?」と思う方もいるかもしれません。もちろん、大学院卒見込みとして就活をするなら、新卒です。

ただ、それで内定を取ったのは「大学院卒見込みのあなた」です。内定後に「やっぱり中退しようと思いますので、大卒として御社に入社させてください」と言って、採用してくれるかどうかは会社次第でしょうし、断られる可能性は大いにあり得ます。

 

大学院中退の既卒の経歴は就職に影響する!?

大学院中退の経歴は就職に影響するのかな?」「大学院中退って就職のときどういう扱いになるの?」と不安になっている方もいるかもしれません。

大学院を中退しても「大学卒」となるので、学歴がネックで求人に応募できなくて苦労する、という点は心配しなくてもいいでしょう。

問題なのは、新卒ではなく「空白期間」のある既卒として就活をする、という点です。

日本はかなり新卒が優遇されており、既卒に対するイメージは正直あまり良くないのが現状です。

ある説明会では、企業側が持っている既卒者に対するイメージはかなり悪く、既卒者を受け付けてはいるけど、内定は出していないという実態があるという話を聞きました。

確かに、2017年卒マイナビ大学生内定率調査によると、

【新卒者の内定率】95.3%
【既卒者の内定率】48.9%

となっており、新卒者と既卒者の内定率を比べてみるとかなりの差があります。新卒が95%を越えるのに対し、既卒は半分以下です。

ニートちゃん
ニートやフリーターの3年未満の退職率が44.2%と高いのが、既卒全体のイメージを悪くしているのかもしれませんが、、

 

既卒面接での対応は超重要!~大学院中退の理由の答え方~

まだ大学院に在籍していても、書類に中退することを書いた方がいいの?」と疑問に思う方もいるかもしれません。

ただ、これは書いた方がいいでしょう。大学院に進学した事実を隠すと「学歴詐称」になりますし、何も書かない場合、空白期間が目立ってしまいます。

ちなみに、中退した理由は、面接で必ず聞かれます。この答え方は、キーポイントとなるでしょう。

大学院を中退したという経歴に対して、企業の人事が抱く一般的なイメージとしては、

・「何かしらの問題があるから中退し、既卒になったのではないか」
・「見通しが甘く、忍耐力もないのではないか」
・「新卒の時にすぐ就職せず大学院に行ったのは、働く意欲が低かったからだったのではないか」

というようなネガティブな部分だと思いますが、言い方次第では好印象に変えられます。

ニートちゃん
「大学院に進学したけど中退した」理由が、前向きであればよいということです

ここに、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)があります。15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視する能力は以下のうちどれだと思いますか?

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

実は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視しています。つぎに「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順です。

これは職業経験や専門知識・難しいスキルが大事なのではなく、これからのやる気・将来に期待している、ということなのです。

ニートちゃん
もし未経験の職種にチャレンジしたいのであれば、必要以上に気負う必要はありません

この大事なポイントである「やる気」は、大学院中退の理由からでもアピールすることができます。

例えば、「教授と合わなかった」「院の雰囲気に馴染めなかった」このようなネガティブな理由だと、「会社も辞めるんじゃないの?」と思われてしまうかもしれません。

しかし、「大学院で深く勉強するうちに、この分野ではない、やりたいことが明確になったから辞めることを決意した」と言えば、強い思い(やる気)が伝えられます。「辞めてまでやりたかったことが御社ではできる」と志望理由につなげてアピールできれば、更に良いです。

大学院に入れるだけの学力や知性がある、という部分は大学院入学の経歴で証明できます。ポテンシャルがあり努力家である、と良い面も加えて、企業側が求める能力があるのだということもアピールしましょう。

そのためには、自己分析をしっかりした上で、これからのキャリアプランを示す必要もあります。もちろん企業分析も重要です。

また、「やる気」は志望理由や自己PRでしっかり伝えるのが定石ですので、しっかり作成するようにしましょう。

職歴なしの既卒が書きやすい「職務履歴書」の書き方とは?

実は、職歴なしで既卒が職務経歴書を書く場合、一般的な職務経歴書のテンプレートを使うとあまり役に立ちません。

普通の職務経歴書は、職務要約や職務経歴から書き始めることが多いのですが、特に職歴がない場合は、職歴の項目から書き始めると「職歴なし」という印象が強くなってしまいます

※参考:厚生労働省「履歴書・職務経歴書の書き方

そこで、既卒の方はこのような順番で職務経歴書を書いていくと良いです。

(1) 志望動機
(2) 職歴(アルバイト)
(3) 学生時代の経験(あれば)
(4) 自己PR
(5) 所有資格・PCスキル

志望動機を最初に書き始めることで、この会社で働きたい熱意を伝えることができます。最初からマイナスイメージになることはありません。

この場合、自己PRと志望動機の量は多めに書き入れて目立たせましょう。志望動機の文章は少なくとも5行以上。自己PRは7行以上は書くようにしましょう。

ニートちゃん
志望動機・自己PRは、応募する求人に求められるスキルにするのが大切です

厚生労働省が作成している職務履歴書の作り方には、以下のような記載があるので、参考にしてみてください。

記載項目は自由です。ただし、冒頭部分の「標題」「氏名」「日付」及び「職務経歴」は必須であり、そのほか、自分をアピールできる項目(「取得資格」「パソコンスキル」「活かせる能力」「自己PR」「志望動機」など)を自分なりに選んで追加することが一般的です
※参考:厚生労働省「職務経歴書の作り方

 

大学院中退の既卒は、どうやって就活を進めたらいいの?

大学院中退で就活する場合、どんな就活方法がオススメなんだろう?」と悩まれている方に、既卒の有効な就活方法をご紹介したいと思います。

大学院中退の既卒におすすめな就活方法その1:既卒3年以内ならチャレンジできる新卒枠を使う
その2:若年層を対象としたハローワークを利用する
その3:地域の情報に強いジョブカフェを利用する
その4:既卒用の就職エージェントを利用する
ニートちゃん
詳しくみていきます

その1:既卒3年以内ならチャレンジできる新卒枠を使う

実は、既卒3年以内であれば、「新卒」枠で応募できる企業があります

厚生労働省が公表している「青少年の雇用の促進等に関する法律」において、以下の文言があります。

○事業主は、既卒者についても、新規学校卒業予定者の採用枠に応募できるような募集条件を設定するとともに、当該条件の設定に当たって、既卒者が卒業後少なくとも3年間は応募できるものとするなどの措置を講じるよう努めること。

つまり、既卒3年以内であれば、新卒と同じ条件で雇用するように、と国が企業に対して要請しているのです。

この調査の中で、『過去1年間(平成29 年8月から平成30 年7月まで)に、新規学卒者の採用枠での正社員の募集に「既卒者は応募可能だった」とする事業所の割合は、調査産業計で43%となり、そのうち「採用にいたった」のは47%となった』とあります。

ニートちゃん
既卒者でも新卒者枠に応募できる会社が存在していて、実際に採用実績もあります

ただ、応募できる権利があるのと、実情は違うのが現実です。既卒は新卒と同じように公平に見てもらえる訳ではありません

新卒枠に応募してくる層は、当たり前ですが新卒がライバルになります。たとえ既卒がルール上同じ枠に入ることが許されたとしても、やはり既卒は新卒に比べて不利な状況にあるのです。

ニートちゃん
既卒3年以内の応募可能の新卒枠の求人を狙って、なかなか内定が出ないケースは多いです

実は、最近は中途採用で内定をもらう既卒の方が多いです。中途採用と聞くと、実務経験のある転職者の就活のイメージがありますが、未経験の既卒で職歴がなくても、中途で採用する企業も数多くあります

特に営業、販売、IT系、商社、トップベンチャー企業、事務職、秘書などの職種は、既卒枠で求人を探した方が見つかりやすいことが多いです。

私も、就職shopという就職エージェントを利用して、既卒の中途採用で外資系企業の秘書として就職しました

その2:若年層を対象としたハローワークを利用する

ハローワークは各都道府県にある、国が運営する公的な就職支援サービスの施設です。誰でも利用することが可能なので、既卒の方も利用できます

ただ、近年は国が若年層を対象に就職支援のバックアップを手厚くしています。大学院中退の既卒の方は、「新卒応援ハローワーク」という施設を利用すると良いでしょう。

※参考:厚生労働省 参事官(若年者・キャリア形成支援担当)作成「若者の就職支援対策について

新卒応援ハローワークは、既卒3年以内の若者を対象に就職支援をしている公的な機関です。

ニートちゃん
既卒にも適用される以下のような特徴があります。

・ジョブサポーター(新卒専門の相談員)が担当制で受け持ってくれるため、既卒就活の始め方がわからず困っている人も一から教えてもらえる

・地域の中小企業と連携しているので、地元に密着した求人が集まりやすい。地域によっては、既卒でも地元の会社の採用担当と直接話ができる機会もある。

・地元の求人だけでなく全国の求人も見られる

新卒枠の求人も紹介してもらえるので、求人の選択肢が広がる(ただ、先ほどご紹介したように、新卒枠だけに注力するのは危険)

ニートちゃん
全国56箇所にあるので、自分の住んでいる地域や就職したい地域にある新卒応援ハローワークを利用してください。
※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

新卒応援ハローワークは、就職活動に関しての情報がそろっている場所なので、既卒の就活では利用すべき公的な施設です。利益度外視で100%求職者のためを思ってアドバイスできるのは、国が運営している強みでしょう。

ただ、既卒がハローワークを利用する上で注意すべきなのは、ブラック企業の求人が紛れ込んでいる可能性が非常に高い点です。

理由としては、ハローワークの特性が関係しています。

【1】ハローワークの相談員は、全国から集まる膨大な求人のすべてを把握することは不可能であり、また企業と直接話す機会もない。つまり、企業の内部事情は分からないので、紹介できるのは求人票の部分のみ。

ニートちゃん
会社が求人内容を改ざんしていてもわからず紹介してしまう可能性が高いです

【2】国が運営する公的機関のため、どこかの会社に肩入れしたり、特定の職種や企業を求職者に勧めたりということはできない。そのため、アドバイスはあるものの最終的には自力で求人を選ぶ必要がある

ニートちゃん
実は私も、ハローワークで紹介してもらい内定まで至った2つの求人は、ブラック企業でした。。

その3:地域の情報に強いジョブカフェを利用する

ジョブカフェは正式には「若年者のためのワンストップサービスセンター」という名称です。国ではなく都道府県が主となって運営しています。

ニートちゃん
だいたい35歳前後までの若者への就職支援サービスの機関で、既卒の方も利用可能です

役割はハローワークとほぼ同じですが、都道府県が運営しているので、見られる求人はその都道府県に限定されます。ただ、ハローワークと同じ場所に設置されている地域のジョブカフェでは、求人も全国で検索することが可能です。

また、都道府県が運営しているからこそ、ジョブカフェは地域の特色を強く出すことが多いです。その地域に多い職種や求人に合わせて、セミナーや講座を開催しているので、特に地元企業への就職を狙っている既卒の方はハローワークと同様におすすめの就職支援サービスといえます。

地域によっては、かなり充実したサービスを展開しているので、一度お住まいの地域を調べてみてください。

※参考:厚生労働省「ジョブカフェにおける支援

その4:既卒用の就職エージェントを利用する

就職エージェントとは、求職者が求めている条件を聞き取って相談に乗った上で、そのエージェントが持っている求人の中から求職者に合ったものを選んで紹介してくれる、というシステムです。

自分で求人を選びたいという方には向いていませんが、ハローワークのように求人数が膨大でどんな基準で選んでいけばいいかわからない、という方には、とても効率の良い方法です。

ニートちゃん
就職成功率もとても高くて、私もこの方法で今の職場に巡り合えました

就職エージェントには色んな種類がありますが、その中に既卒専門の就職エージェントがあります。

上記の8社が、既卒や正社員未経験から正社員就職をめざす方を対象としています。

ニートちゃん
まさに、既卒就活のプロです

ちなみに、就職エージェントには、

☑エージェントが事前に企業を訪問し取材しているため、求職者と会社のミスマッチが起こりにくい。
☑事前にブラック企業を排除するため、就職後も定着率が高くなる
☑書類選考なしや未経験OKの求人が豊富なエージェントがある
☑書類選考なしで優良企業と面接できるから、就職成功率が高く、スピードも速い

このような特徴があり、「既卒であっても就職成功率が高く自分に合った条件の良い会社を選べる確率も高い」という仕組みになっています。

実はこの就職エージェントを利用しての就活方法は、職務経歴書やブラック求人に悩まなくてもいい方法なのです。カウンセリングで今の状況を整理することもできます。紹介された求人に納得できなければ断ればいい話なので、利用してみて損はないです。

ただ、就職エージェントを利用する上で、気をつけておきたい点もあります。もし質の悪いエージェントを選んでしまった場合、希望とは違う求人を勧めてくる可能性が高いことです。

これは、エージェントが保持している求人数自体が少ないと職種に偏りがあったり条件の良くない求人ばかりだったり、ということが起こります。そのような求人の中からどうにか選ばせようと「あなたの経歴だと、この求人しか紹介できないですよ」などと無理な誘導をしてきます。

ニートちゃん
自分は既卒だし無理は言えないかも、、と思わないようにしましょう

エージェント選びに失敗すると、就活自体も失敗するので注意が必要です

ちなみに、私が実際に使ってみて良かったという既卒の就職エージェントはこちらなので、参考にしてみてください。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

ニートちゃん
口コミやネットの情報と実際に利用してみた感じが違うこともあるので、こちらの経験談も読んでみてください

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が上手くいくことを祈っています

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php