女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

既卒が事務職に受かった方法とは!?元既卒ニートが抑えるべきポイントを伝授します

公開日:

既卒が事務職に正社員就職
既卒で社会人未経験の事務職希望だけど、求人数もなく、倍率も高い。。」「資格や経験がないと、自分の状態では望み薄いのかな、、?」と悩んでいませんか?

ニートちゃん
私も、事務職は人気だし既卒は諦めた方がいいのかな、と悩んでいた時期があります。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

でも、大丈夫です。既卒でも事務職の求人はありますし、正社員として就職することはできます

私は、大学中退の高卒で、ニート・フリーターの空白期間もありました。既卒としての就活に苦戦した時期は人生どん底でしたが、今は事務職の正社員として、安定して仕事ができています

今回は、「既卒でも事務職として就職できるの?」という不安を、順番に解消していきたいと思います。

事務職と共通点がありながらも需要が高い職種や、事務職を目指す上での志望理由を作成するポイント優良企業の求人の見つけ方など、よければ参考にしてみてください。

ニートちゃん
私の経験がお役に立てば嬉しいです

 

正社員未経験の既卒でも、事務職の求人の応募は可能?

既卒からの事務職は、自分の状態では望みは薄いのかな?」「社会人未経験でも、事務職って応募できるの?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ニートちゃん
事務職は倍率も高いし、既卒には厳しいのかな、、

社会人未経験でも、事務職の求人はあります。ただ、「新卒枠」としての採用でない場合は、「中途採用」での採用になります。

「中途採用」とは、退職などで会社に欠員が出た場合に、その穴を埋めるために採用されるケースが多いです。他にも新しいプロジェクトのために人員が必要などの場合も「中途採用」を行います。

事務職の場合は、ほとんどの場合が欠員による中途採用が多いです。欠員による中途採用だと、新しく入社してくる人には、その穴を埋められるくらいの即戦力が求められる場合が多いです。

ニートちゃん
だから事務職は、経験が求められることが多いのか。。

会社側が即戦力を求めている場合、残念ながら未経験の既卒は採用されません。でも、研修やマニュアルがしっかりしている会社であれば、実務経験がなくても仕事のやる気や情熱があれば既卒でも採用してくれる会社もあります

ニートちゃん
探し方や方法によっては、既卒もチャンスがない訳ではないです

 

事務職ってどんな仕事?今後はどうなる?

事務職というと、やはり安定的な人気を誇る職種のひとつです。

文書の作成・整理、伝票の作成など、様々な事務処理を行う一般事務のイメージが強いですが、受付事務秘書など事務職にも種類があります。

一般事務を採用する会社には土日祝休みのところも多く、定時に帰れるイメージもあるため、「単調だけど安定したバランスの良い仕事」という印象があるのも、人気の理由のひとつかもしれません。

働く環境が良ければ、体力面では年齢に縛られず長く続けられるのも魅力的です。

ただ、事務職は人気のある職種なので、既卒でなくてもかなり狭き門です。特にこの2~3年はコロナの影響で景気が悪くなると見込まれています。そうなると求人数も減りやすく、さらに厳しくなるでしょう。

ニートちゃん
条件の良い求人は見つかりにくいかもしれません。。

また、事務職系の仕事は今後、景気に関係なく更に採用が厳しくなると予想されます。AIやシステムが発達し、事務職系の仕事はどんどん奪われていくからです。将来性を考えると、「定年まで安泰だ」と安心することはできません。

 

事務職を目指す既卒におすすめな職種は?

事務職を希望する理由には、「体力的にサービス業などをする自信がないから」「長く勤められそうだから」という既卒の方も多いのではないでしょうか。

ニートちゃん
私も短期バイトを転々としましたが、やっぱり長く勤められる「デスクワーク」の仕事を希望していました

ただ、事務職はやはり人気が高く、求人数も限られています。「事務職と似たような職種で、需要がありそうな仕事はないかな?」と考えている既卒の方は、エンジニアを考えてみてもいいかもしれません。

IT系業界は、不景気な今の状況でも変わらず業績が良く、将来性のある仕事のひとつといえます。エンジニアは技術を身につけて仕事をする専門職なので、事務職のようにどんどん機械に取って代わられる、、という心配もないです。

ちなみに、既卒で未経験から大手企業の事務職に就職するのはかなり狭き門ですが、既卒で未経験からのエンジニアは可能性として大手就職もあり得ます。

ニートちゃん
でもエンジニアって、数学が得意だったり頭が良くないとだめなイメージがあるけど。。

もちろん、理系科目に苦手意識がある方も多いと思います。でも、エンジニアには種類があり、数学や理系科目が得意な方は「プログラマ」が向いていますし、マニュアルに沿ってコツコツ仕事をしたい方は「インフラエンジニア」という文系の方でも挑戦できる職種もあります。

もちろん、知識をつけないといけない職種なので、エンジニアの業界では、既卒で未経験の状態のままでは正社員としての採用は厳しいです。

そのため、一般的にはプログラミングスクールなどに短期間通ってから就職するのが通常の流れです。

ニートちゃん
ハローワークの職業訓練校という手段もありますが、授業や就職先の質が良くないのでお勧めできません

プログラミングスクールを利用する方が既卒からの就職は最短ルートなので、本気でエンジニアを考える方にはそちらが良いです。

東京には、スクールに無料で通えて、就職先も紹介してくれる「プログラマカレッジ」というスクールがあります。

ニートちゃん
プロエンジニアはプログラミングスクールを運営する、IT専門の就職・転職エージェントです

実は、エンジニアは学歴や経歴も結構見られるので、既卒やフリーターだと普通は就職しにくいという事情があります。「え、大丈夫なの?」と思うところですが、プロエンジニアはIT未経験でも正社員への就職成功率は96.2%です。

ニートちゃん
私も利用しましたが、高卒で既卒ニートの経歴がある私でも2社内定もらえました。

求人数は、業界では断トツのNO.1な上に、求人の質にもこだわって厳しい審査を通った優良企業を紹介してくれるので、既卒でも安心できます。

もし今から検討してみようかなと思った方は、よければ私の体験談も参考にしてみてください。

 

既卒で事務職の正社員を狙うなら、資格はあった方がいい!?

ただ、他の仕事を探してみるものの、「既卒からでもやっぱり事務職をめざしたい」という方も多いはずです。でも正直、既卒で事務職の経験が全くないと厳しい、というのは少し就活してみればわかります。。

ニートちゃん
何か、既卒からでも事務職に有利になるような資格はないのかな。。?

一般事務職の関連資格としては、「ビジネス・キャリア検定」「コンピュータサービス技能評価試験」、「秘書検定」、「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」などがあり、取得すると仕事に役立つことが多い、と紹介されています。

他にも簿記中小企業診断士などの資格をおすすめしているサイトもよく目にします。

ただ、私の経験上、既卒の事務職希望で簿記(2級・3級)やMOSを持っていても就活に役に立つことはほとんどありません

簿記1級や中小企業診断士などの資格は、経理部長などの立場の人が持っていれば役立つ知識もあるかもしれません。ただ、正社員未経験の既卒フリーターがもっていても、身の丈に合わない資格と思われてしまい、既卒からの事務職就職に有利になるとは言えないのです。

既卒の事務職就職は、資格取得よりも早い行動が吉!?

実は、既卒は資格取得に時間をかけるよりも、早く就職するために動いた方がいいというデータもあります。

これは、リクナビNEXTが調査した「未経験者を採用するなら何歳までか」という質問に対する回答をまとめたものです。

23歳頃を境に、1年毎に採用してくれる企業の割合が減っていくのがわかります。年齢が高くなればなるほど就職は不利になっている、ということです。

ニートちゃん
既卒が早めに就活した方がいいというのは本当のようです

 

事務職未経験の既卒は、派遣でもいいから事務経験を積むべき?

「このまま事務職の経験もなく正社員雇用で探し続ける方が良いのか、派遣でもとりあえず今後の為に事務職の経験を積んでおいた方が良いのか。。」と迷う既卒の方もいるかもしれません。

ニートちゃん
何も経験がないと、既卒だと即戦力にはならないし。。

事務職系の職種は、人気度も倍率も高く、資格よりも実務経験(即戦力)が優遇されるのが現状なので、「実務経験がないと既卒では事務職に就職できないなら、派遣で実務経験を積んでから正社員に就職しよう」という考えもわかります。

確かに、既卒からだと派遣の方がハードルは低いかもしれません。とにかく事務職経験だけでも!と思うかもしれませんが、先ほどご紹介したように、年を重ねるごとに社会人未経験者の既卒が正社員になるのは厳しくなってきます

派遣で事務職の経験を積んでも、正社員以外の職歴は「職歴がない既卒フリーターの期間」と捉えられても仕方ありません。

もし本気で既卒から事務職の正社員就職を狙うなら、やはり最初から「正社員就職」をめざして行動していくべきです。

もしかしたら既卒でも派遣から事務職の正社員になれるかも?」と思われる方もいるかもしれませんが、派遣の事務職に就くことができても、まずそのまま正社員に移行するのはよっぽどの実力や確約がない限り難しいです。

あくまで有期雇用なのが派遣の働き方。会社側も、雇用に期限があることを念頭に置いて仕事を依頼するため、基本的には誰でもできる仕事を依頼します。

厳しい言い方をすると、数年経てば会社からいなくなる人材=派遣です。それをわかっているのに、会社が派遣の教育にコストを捻出することはあまりないです。よっぽど優秀でない限りアピールは厳しいでしょう。

ちなみに、派遣会社には「紹介予定派遣(※注1)」という制度があります。

※注1:紹介予定派遣とは、派遣会社から派遣された契約社員として派遣先の会社で働き、6か月以内に働く人と派遣元の会社がお互いに合意すれば、派遣期間後に正社員として採用される制度のこと。

ただ、この制度は利用するまでに大きな壁があります。

派遣会社は、まず紹介予定派遣の求人に応募してきた人の中から、誰を派遣するのかを決定します。その際に書類選考を内部で行うのですが、紹介予定派遣の場合は、待遇も良く正社員への移行率もいいので、人気があり派遣内での競争率が高くなります

加えて、既卒や職歴がない状態だと不利になりやすく、選ばれるのは厳しいです。

ニートちゃん
なるほど。。では、既卒から事務職に正社員就職するためには、まず何から始めたらいいのでしょうか、、?

 

既卒が事務職の志望理由を書く際のアドバイスとは?

「就活するなら履歴書を書かないといけないけど、既卒の事務職の志望理由ってどう書いたらいいのかわからない」「既卒だから受からないんじゃなくて、もしかしたら書類がだめなのかな」と悩んでいる方もいると思います。

特に事務職の志望理由は、似通ったものになってしまいがちなので、テンプレートで勝負してもまず受からないです。面接官は何人も面接を行ってきているので、「自分の言葉ではないな(自分で考えていないな)」ということには敏感に反応します。

ずば抜けてすごい志望理由は必要ないですが、志望理由は面接官が重視している点。落とされる要因になってはいけないので、既卒は特に力を入れる必要があります。

志望動機は、まず自分が好きなことを切り口にして、考えてみる方法がよかったです。その”好きなこと”と、応募したい企業との共通点を探すと書きやすいです。

ニートちゃん
例えば、私は実際に、以下のように志望理由の流れを考えて書きました
(1) 小さい頃から好きなこと(自分の人柄を伝える、志望動機に繋げるため)
(2) 応募する企業の特徴(好きなことと企業の特徴を重ねるため)
(3) 志望動機(好きなことと企業の特徴が重なるため志望したことをアピール)

このようにすると、自分のオリジナルの志望動機ができます。

既卒からの就職で志望動機や自己PRがなかなか書けない、という方は、詳しい書き方をご紹介しているので以下の記事も参考にしてみてください。

既卒でも、やる気があれば雇ってもらえる?!

でも、難しく考えすぎる必要はありません。

ここに、「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という厚生労働省の調査(複数回答あり)があります。15~34 歳の年齢層に対して、企業が重視する能力は以下のうちどれだと思いますか?

学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

実は、「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」が最も高く、全体の68.7%の企業が重視しています。つぎに「マナー・社会常識」(59.8%)、「コミュニケーション能力」(52.5%)の順です。

これは職業経験や専門知識・難しいスキルが大事なのではなく、これからのやる気・将来に期待している、ということなのです。

ちなみに、この「コミュニケーション能力」は、お笑い芸人のように面白い返答ができる、という意味合いではありません。

・相手の目を見て会話ができるか
・会話している相手の心情を察することができるか
・言いたいことをちゃんと言葉にして伝えようとしているか

このような基本的な会話のキャッチボールなので、気負いすぎる必要はありません。

ニートちゃん
つまり、志望理由や自己PRで「やる気」をどう伝えるかが、大事なポイントになってきます

もし既卒の事務職希望者が志望動機や履歴書の書き方に悩んだら?

ただ、実際に書いている中で、どうやって書けば上手く伝わるだろう?と悩む場面も出てくると思います。

特に志望理由や自己PRは、ネットに載っている例文をそのままコピペしたりしても意味がない「オリジナリティが必要な部分」なので、尚更です。

ニートちゃん
添削してもらえたり、相談できる機関がほしいです。。

そんな時に頼りになるのが、既卒3年以内の方が利用できる「新卒応援ハローワーク」です。

よく耳にする「ハローワーク」も、もちろん既卒やフリーターの方も利用することが可能なのですが、中でも「新卒応援ハローワーク」は、若年層を対象としています。

既卒3年以内と対象が限られているので、より若年層に特化した丁寧なサポートを受けたいなら、こちらを選んだ方が良いです。国も若年層の就職に力を入れているところなので、利用できるサービスはしっかり使っていきましょう。

※参考:厚生労働省 参事官(若年者・キャリア形成支援担当)作成「若者の就職支援対策について

全国56箇所にあるので、自分の住んでいる地域や就職したい地域にある新卒応援ハローワークを利用できます。

ここではジョブサポーターという新卒専門の相談員が、個別に担当制で対応してくれます。履歴書の添削や面接対策も個別に対応してもらえるので、客観的な視点でアドバイスをもらえるのはメリットです。

※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

 

既卒が事務職の正社員求人を探すのに、良い方法はある?

ただ、どんなにすばらしい書類ができたとしても、いい会社に巡り合わないと就活は進みません。「既卒はどうやって事務職の求人を探したらいいの?」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

ニートちゃん
探し方も色々あるし、どこで探すのがベストなのか、ニートの時期に早く知りたかったです

例えば、先ほどご紹介した新卒応援ハローワークでも、求人を探すことは可能です。

特に、新卒応援ハローワークでは地元に密着した求人が集まってくるのもポイント。地域によっては、地元の会社の採用担当と直接話ができる面接会や説明会という機会もあります。

ニートちゃん
地元の求人だけではなく全国の求人も見られます

また、既卒でも「新卒枠の求人」を紹介してもらえるチャンスがあるので、メリットといえるでしょう。

ハローワーク求人には注意点も、、

ただ、私もハローワークは利用しましたが、書類選考になかなか通過しなかったり面接も連続で落とされることもありました

ニートちゃん
ブラック求人も結構多かった印象があります。。

ハローワークは、全国の求人を扱っており、求人数に関しては就職支援機関で断トツの量です。その分、会社の内情を全て把握することは不可能。ハローワークの相談員は、求人票に書かれていることしか会社のことはわかりません

仮に求人票が改ざんされていてもわからないですし、どんな会社なのか・自分に合っている会社なのかは最終的に自己判断なのです。早く就職するべきとはいえ、会社選びは最も重要ですから、ブラック企業の求人を選ばないようにしなくてはいけません

でも選り好みしていたら既卒で就職できる事務職なんてないのでは、、?と不安になるお気持ちも良くわかります。

色々就活方法を試した私ですが、最終的に就職できたのは、就職エージェントを利用する方法を使ったからでした。

「就職エージェント」の利用が事務職志望の既卒にはまる理由

就職エージェントは、カウンセリングを通して、自分に合った求人を紹介してもらえるシステムです。

私はこの「既卒の就職エージェント」を使った就活こそが、一番自分に合う職場を見つけるのに最適な方法だったといえます。

就職エージェントは、

1.就職エージェントは、会社のことをしっかり把握している
2.しっかり求職者のことをカウンセリングする

この2点を徹底的に行うことで、表面上の条件だけではわからない部分もしっかりマッチさせようとしてくれます。この部分はハローワークとは違う点ですが、かなり大きいです。

エージェントは会社と提携するために、事前調査をしっかり行っています。「条件が悪すぎる・パワハラなどが横行している」などの劣悪な企業は、その時点でふるい落とされているので安心なのです。

ニートちゃん
これは、ハローワークにはない大きな利点です

その条件をクリアした上で次に大事なのが、自分にマッチした会社なのか、という点です。

誰だって、「事務職、給料、デスクワーク中心」という条件だけ提示されても、どんな職場なのか不安になるのではないでしょうか。

例えば、自分が「コミュニケーションをとるのが苦手」「仕事中は誰も話さない静かな環境が好き・集中できる」というタイプなのに、「常に会話が飛び交っている中での作業(気が散る)」「他の部署と連携しないとやっていけない(連携をとるのがストレス)」という会社だったら、これはマッチしていません。

この他にも、上司のタイプ具体的な仕事内容、など、「自分に合う・合わない」を決める点はひとつではありません。でも、それをひとつひとつ自分で調べて確認していくのは、はっきり言って時間がかかりすぎます。

就職エージェントは、求職者側のカウンセリングだけではなく、会社側が求めている人材(会社側の要望)をしっかり事前に把握しています。双方を知っているからこそ、互いがマッチする会社を選べる確率は高くなるのです。

フリーター・既卒専門の主な就職エージェントは、全国に8社あります。

これらの中で、事務職の求人も取り扱っているのが就職shop第二新卒エージェントneoです。

この2つが扱う求人は、書類選考なしです。これは既卒にとってかなり有利であり、空白期間でのことで悩んでいる方には合っている方法です。

「書類を作成し、その書類を添削してもらう」という手間が省けるのは効率的ですし、既卒の事務職希望者にとって未経験OKの求人が豊富に用意されているのもありがたいです。

ニートちゃん
提携している企業とは100%訪問しているので、信頼もできます

書類選考なしで優良企業と面接できるので、就職成功率が高い就職までのスピードが早いのも納得できます。

既卒であっても就職成功率が高く自分に合った条件の良い会社を選べる確率も高い」方法は、私の経験上はこれです。無料で利用できるし、嫌なら断ればすむ話なので、一度利用してみてください。

未経験OKで既卒が応募できる事務職の求人」を探して、書類を書いて、添削してもらって、面接練習して、何回も選考を受けて、不合格を繰り返して、やっと合格したと思ったらブラック企業だった、、また一からやり直し。。

これは過去の私です。もし過去に戻れるなら、そんなことに時間を使うよりも、サクッと自分に合う会社を選ぶことに力を注ぎなさいと言ってあげたいです。

ニートちゃん
ぜひみなさんは私の失敗を活かして、効率よく就活してください

ちなみに、既卒の就職エージェントを利用する場合、良くない就職エージェントを選んでしまうと就活に失敗してしまうので、気をつけてください。

ネット上の口コミはとても良いのに、実際に利用してみるとイマイチだった、ということもありますので、このような経験談も参考にしてみてください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ニートちゃん
あなたの就活が上手くいくことを願っています

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php