女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

フリーター向けの「受かる」就職面接3つの心構え

公開日:


フリーターの私でも就職できた方法とは?

フリーターから就職活動をする時に、面接は避けて通れないものです。

「性格が故に、人前だとなかなか上手く話せない」「前に失敗したことがあって面接がトラウマになっている」など、これから行う面接に対して不安を持っている人も少なくないのではないでしょうか。

ニートちゃん
私も緊張しやすい性格なので、就職面接に関してはかなり悩んだ時期がありました。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

「面接の準備をしっかりすれば大丈夫です」とよく言われるけど、その準備はどうやってするのだろうか。それだけやっていれば十分なのか。

考えれば考える程、不安が無くならない…。

ニートちゃん
そんなあなたの不安を少しでも解消できるお手伝いができる内容をこれからご紹介していきたいと思います。

私は、数年前にフリーターから正社員に就職することができました。

結果からお伝えすると、「面接の本質を知り心構えをする」ことができればどんな面接でも突破できます。

ニートちゃん
「フリーターの面接で良く聞かれる質問」についてまとめてある記事が良くありますが、それ以外の質問をされた時にあなたは答えることができますか?

準備しておいた質問以外の質問をされた時に、頭が真っ白になる可能性はゼロではありません。

しかし、面接の本質を知っておけばあなたの伝えたい軸がズレることはないのでどんな質問にも対応できるはずです。

ニートちゃん
そういう私自身も、就職面接は何度もつまづき悩みました。

しかし、「面接の本質」を理解してからは、面接に大切な心構えを知ることができ自分を飾ることなく、どんな質問をされても(内心ビビってはいましたが)自分の気持ちを企業へ伝えることができたように思っています。

もし、それで内定をもらえなかったとしても自分の気持ちを伝えきっているので「自分には合わなかった企業だったんだ」と思えることができました。

内定をもらって数年前に事務の仕事に就きましたが、仕事内容や職場環境共に満足しており今でも充実した日々を過ごしています。

ニートちゃん
これからご紹介していくことが、少しでもあなたの役に立てれば嬉しいです。

フリーターが受かる就職面接のポイントは「熱意」

フリーターから正社員就職をする場合に、避けて通れないものが「面接」。

「面接は色々聞かれそうで自信がない」「緊張して上手く話せなくなってしまう」など、面接に対する悩みを持っている人も多いのではないでしょうか。

ニートちゃん
私も緊張しいの性格なので、就職面接が大の苦手でした。

今までに何度か面接を受けた経験がある場合「今度こそ!」と思ってもなかなか上手くいかないとどんどん自信を失くしてしまいがちです

「面接に受かる為には資格が必要なのか」
「学歴がないと無理」
「話し方が下手だから受からない」

自信がないと、自分にないモノばかりが目立つようになります。

そして、さらに自信を失ってくると「結局フリーターは就職できない」と悪い方向へ考えてしまいます。

ニートちゃん
そんな時こそ、気持ちをリセットすることが大切です。

なぜかと言うと、面接に受かるには「気持ち」がとても大切なことだからです。

フリーターから正社員就職できた私の経験からお伝えできること…

それは

熱意が伝われば、面接は受かる!

これだけです。(これだけ…。なんです。)

面接に受かる為には、何も特別なスキルや知識は必要ありませんでした

ニートちゃん
これは調査の結果として、明らかになっていることでもあります。

ここで、厚生労働省が企業に対して行った「フリーターを正社員として採用する際に重視した点」という調査の結果をご紹介します。

フリーターを正社員として採用する際に重視した点はなんですか?
学歴・経歴
職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神
柔軟な発想
マナー・社会常識 組織への適応性
業務に役立つ専門知識や技能(資格・免許や語学力)
業務に役立つ職業経験・訓練経験
コミュニケーション能力
従順さ・会社への忠誠心
体力・ストレス耐性

項目は様々にありますが、結果はこちらです。

なんと企業の半分以上が「職業意識・勤労意欲・チャレンジ精神」を重視していたのです。

その次に、「マナー・社会常識」、「コミュニケーション能力」とありました。

意外に思われるかもしれませんが、企業はフリーターに対して職業経験や専門知識・難しいスキルは一切求めていません

企業が求めているのは、一緒に働く仲間としてのあなたが相応しいかどうかです。

【企業が求めている人材を見極める一例】
・長い目で人材を育てたいと思っている企業は、あなたに対してどの程度やる気があるのかを注意深く見ています。
・一緒に働く上で、あなたが問題ない人柄であるかを見ています。
・「未経験者歓迎」の場合は、真っ白な状態から考え方やスキルを学び企業のやり方を身につけてほしいと思っています。
ニートちゃん
その他には、企業とあなたの「相性」があります。

あなたが企業に応募する時に、「自分に合っているか」見極めることと同じように、企業もあなたに「自社の企業風土と合うか」を見極めています。

これらの企業が就職面接の際に重要視している項目は面接でアピールできるものだとお気づきになりましたでしょうか。

事前に注意する点や準備できることを対策した上で臨めば、きっといい結果がでるはずです。

私は「高卒/中退/ニート/短期離職歴あり」というボロボロの経歴でしたが、正社員就職できました。

ニートちゃん
なので、あなたも前向きに就職面接に臨んでみましょう。

面接で資格は有利にならない!企業が語った面接事情

フリーターから就職しようと考えた時に、学歴があまり良くなかったり資格を持っていないと「アルバイトだけだと面接であまり良い印象を与えないのではないか」「学歴が良くないからせめて資格を取ってアピールしたい」と思ってしまいませんか。

学歴や資格はどちらかと言えば無いよりはあった方が良いですし、あなたの自信にも繋がると思います。

ニートちゃん
私は大学を中退しているので、経歴としては高卒でした。しかもニート経験もあるので、「本当に就職できるのか」不安になるお気持ちはすごくよく分かります。

事前に資格を取ることで、知識やスキルを身につくので就職に役立つものもあるかと思います。

インターネット検索してみると事務系の仕事だと、「MOS」や「エクセル」の資格を取っておくと良いという情報がたくさん出てきます。

しかし、最近はシステム化が進んでいるので企業側から見るとこれらの資格はあまり求めているものではありません

ニートちゃん
それに、あくまでも資格習得は「就職に役立つもの」であり「就職を保証」するものではないのです。

それよりも、「少しでも早く就職活動を始めること」の方がはるかに就職できる可能性を高めてくれます。

あなたの年齢が20代後半かつ本気で「正社員として就職したい」のであれば、どんな事よりも就職活動をいち早く始めることを重要視して欲しいです。

何故かというと、就職市場においてスキルや経験よりも年齢が重要視されることが多いからです。

大学卒業をする頃の23歳を境にして、未経験で正社員経験がない人の採用率は年齢が1歳変わる毎に大きく変動してきます。

ニートちゃん
例えば、25歳までなら職歴なしで未経験であっても55%の企業が採用してくれますが、27歳になると採用率はその半分まで激減してしまいます。

25歳から29歳の間に就職や転職活動をする人が多いので、その位の年齢になると企業も「即戦力」になるスキルや知識があるかを重視するようになることが考えられます。

また、フリーター期間が半年以内の場合だと男性では約7割、女性では約6割が正社員になっていますが、フリーター期間が3年を越えると男性は約6割、女性では約4割と正社員になれる割合が低くなってしまいます。

難しいことは何もありません。

ニートちゃん
本気で就職したいと決意したその日から動き出せば良いのです。

もう一度お伝えします。

フリーターの就職に資格は必要ありません」。

最終学歴が高卒だとしても、資格なしで正社員として就職することができます。

もちろん職種によっては、資格を持っていることで優遇される可能性があるものもあります。しかし、資格があるからといって就職できる保証はありません

ニートちゃん
自分のやりたいことが不明確なまま勉強しても続けられず、時間お金無駄になってしまいます。

キャリアコンサルタントを保有しているアドバイザーの方にもお話を伺ったことがありますが「資格は必要になった時に、後から習得すれば良い」とのことでした。

もし、「資格のことについてもう少し詳しく知りたい」という場合には、こちらを参考にしてみてください。

ニートちゃん
フリーターとしてアルバイトで働いた経験をどうやって自己PRしようか考えた方が、企業にもあなたの「熱意」が伝わると私は考えています。
参考:厚生労働省「若年者雇用を取り巻く現状

フリーターの面接は書類選考から始まっている

就職面接でなかなか受からない場合、就職面接に力を入れることが多いかと思いますが、実はその前の書類選考が鍵になり得ることもあることをご存知でしょうか。

「書類選考は受かるけれど面接がなかなか上手くいかない」「面接の自己PRがいつも上手くいかない」場合には、履歴書の書き方を工夫してみると受かる可能性が高くなります

ニートちゃん
何故かというと、履歴書の志望動機や自己PRが充実していると、面接の時にも会話の幅が広がり自分に取っても良い方向に働くからです。

しかし、面接での自己PRは「自慢、宣伝、競争」ではないので注意してください。

自己PRは、あなたがいかに優秀な人物であるかをアピールするための場ではありません。あなたがどんな人物であるのかを知ってもらう場としてあるものなので、等身大のあなたを見てもらえるきっかけづくりにできることがベストです。

受験では「志望校の制服と似た色の服で面接を受ける」というテクニックがありますが、その生徒が実際に学校に通う姿を想像しやすいほど、面接官は合格を出しやすいからだそうです。

就職活動でも同じことで「実際にその企業で勤務するあなた」の姿を具体的に想像してもらうことができれば、それだけ採用に有利になります。

ニートちゃん
あなたの個性や人間性が面接官に伝わることで、より具体的な想像をしてもらえる手助けになるということです。

つまり、面接の時のポイントを「履歴書でもしっかりと反映させる」ことが重要です。

そうすることで、書類上でイメージされるあなたと面接時に会うあなたのギャップが少なくなるので相手も困惑することなく「そのままのあなた」を見てくれます。

ニートちゃん
そう言っても、自分を知ってもらうための長所はないしな~。自分の短所はよく思いつくけど…。

そう言っているあなたにも、しっかり長所はあります。

「短所は長所の裏返し」にもなるからです。

例えば決断力があるという長所は、せっかちという短所の裏返しにもなります。

ニートちゃん
私の場合だと「弱気で心配性」です。でも、逆を言えば「協調性があり思いやりがある」とも言えるということなんです。

ありのままの自分を知ってもらうチャンスなので、飾らずに勝負してみてください。

ポイントを書類選考から意識すれば、自分自身にも一貫性が出るので前よりも格段に面接がやりやすくなるはずです。

履歴書の書き方について、詳しく紹介している記事があるので良かったら目を通してみてください。

就職面接を突破できるフリーター期間の答え方

27歳のフリーターで正社員就職を目指す場合、大学を卒業していると約4年~5年程の正社員をしていない期間、つまり「空白期間」があるかと思います。

様々な事情でフリーターをしていたとしても、企業側が書類上で分かることは「5年の空白期間あり」ということだけです。

そのような時に、面接では空白期間をどう説明したら良いのでしょうか。

ニートちゃん
「空白期間」はマイナスの印象を与えるだけなので、嘘をついた方がいいのでしょうか。

答えは、「嘘をつくことはNG」です。

嘘はいずれバレますし、隠し通せない嘘がいつバレるかとひやひやしながら生活していくことにも疲れます。

また、面接の相手は、これまでに数多くの面接をしてきた面接官。

ニートちゃん
あなたの話していることが嘘か本当かすぐに見破ってしまいますし、見破られた後に恥をかくはめになります。

しかし、正直に話し過ぎてもマイナスの印象しか与えないので注意が必要です。

ニートちゃん
嘘はつかずに良い部分をアピールしていくのがポイントです。
面接でのポイント
1.嘘はつかずありのままの自分で面接に臨む。
2.ニートの空白期間を上手く活用し自分の長所を伝えるようにする。
3.今後どうしていきたいかを面接官にアピールする。

ポイントを押さえた話し方を練習すれば、ほとんど面接で応用できます。

ポイントの詳細を分かりやすくまとめた記事があるので、「自分の場合にはどうやって伝えられるか」考えてみてはいかがでしょうか。

飾らない自分で臨んだ面接で内定がもらえなかった時は、あなたのせいではなく企業と自分が合わなかっただけなので落ち込む必要はありません。

ニートちゃん
あなたを理解してくれる企業に必ず出逢えるので、何度でも挑戦してみましょう。

フリーターの就職面接で良く聞かれる質問4選

フリーターが就職面接を受ける時に「就職面接で良く聞かれる質問」というものがありますが、一体どのように答えれば良いのでしょうか。

面接でのポイントは抑えられたけれど、いまいち答え方のイメージがわかないという場合もあるかと思います。

ニートちゃん
回答例があるとイメージがつきやすくなりますよね。答え方は人によって違いますが、私を一例にしてご紹介していきます。

【フリーターの就職面接でよくある質問その1】「なぜフリーターをしていたのですか?」

私がフリーターになった時には、前の会社で正社員として働いていた経験がありました。辛い経験ではありましたが、その経験や企業の悪い面ばかりをいうのではなく、経験を経て「今後どうなっていきたいか」を話せると良いです。

ニートちゃん
話す時は出来るだけ正直に話すことがポイントです。
【回答例】
「前の会社を退職した後は、すぐに転職を考える余裕がありませんでした。前の会社では、学んだことも多く、とても感謝しているのですが、就職活動時期に焦って就職を決めてしまい、自分に合っていない仕事だと感じてしまいました。次に正社員として働く会社では長く腰を据えて続けていきたいと考えていて、自分に合った職は何か、どういう会社が自分に合っているのか、友人や家族に相談しながら仕事を慎重に探したかったかったのがフリーターをしていた理由です。しかし、この期間のお陰で、自分のやりたいことを見つけることができ、そして御社で是非働かせていただきたいという気持ちになれました。」

本当にあなたを理解してくれる面接官や企業であれば、この説明で十分伝わります。

もし、フリーターになった理由が「目指したいことがあったから」「スキルアップの為」というような前向きな理由であれば、素直に伝えて問題ありません。

【フリーターの就職面接でよくある質問その2】「卒業時に就活はしなかったのですか?」

もし、卒業後の就職活動が上手くいかなかったという場合でもその事実はわざわざ言わなくても良い事なので伏せておいた方が無難です。

就職活動が上手くいかなかったことを伝えるよりも、進路について考える時間を取っていたと説明した方が好印象を与えることができます。

ニートちゃん
私は大学を途中で辞めてしまったので、大学を卒業してフリーターになった友人が面接で答えた回答例を紹介します。
【回答例】
卒業時に就職活動はしました。ただ、当時の私はやりたい仕事もなく、志望動機もあいまいで手あたり次第に求人に応募していました。数社から内定を頂きましたが、このまま就職するよりも自分が納得した企業で働きたいと次第に思うようになり、就職せずに卒業することになってしまいました。今振り返ると、もっと早くから自己分析や数多くのインターンシップに参加して興味のある仕事を見つけることができればと反省しております。
在学中に就職活動した際にやりたい仕事がないまま就職活動をしてしまった反省から、卒業後しばらくはアルバイトをしながら自分の進むべき進路について考える時間を取りました。時間はかかってしまいましたが、その考える時間のお陰でやりたい仕事を見つけることができ、御社に応募させていただきました。

このような過去についての質問の時には、反省点を伝えることが大切です。

ただネガティブな事ばかりいっても相手に良い印象は与えません。

この場合は、「就職活動が難航していた⇔進路について考える時間が取れた」と前向きに言い換える説明にしています。

【フリーターの就職面接でよくある質問その3】「アルバイトでは何をしていますか?」

フリーターの場合は、アルバイト経験について聞かれることがほとんどです。

ニートちゃん
アルバイト経験が薄い場合は、経験がないことに嘘をついてはいけませんが出来る限り盛った方が良いです。

ポイントは、自分の就職したい企業を研究した時に「その企業でアルバイト経験のどんなことが活かせるか」を伝えることです。

【回答例】
ファミリーレストランでアルバイトをしており、主に親子連れやお年寄り層を相手に接客をしています。アルバイト先で学んだことは2つあります。
1つ目は、在庫整理やレジ会計などお店の管理の仕方についてです。食品・飲料などの在庫を確認しながら翌週の客数見込みを予測して、仕入れ先に発注する管理を学びました。
2つ目は、常連客がどうすれば増えるのかについて学びました。私は勤務中、よりお客様のニーズを知るために、子どもが興味を持ちそうな話題を勉強したり、お年寄りのお客様と積極的に世話をしたりするなどすることで常連客を獲得し、月の客数が1.2倍に増加しました。
ニートちゃん
私の場合は、事務職に応募した時に求人スキルとして求められることが「管理能力」や「コミュニケーション能力」だったので、そのことについてふれながら答えました。

アルバイトだと「接客力」や「コミュニケーション能力」を学ぶ経験が多いかと思いますが、これらはどの職種においても役立つスキルです。

自分が経験してきたことを「これだけしか経験できていない」と思うのはなく「小さい事だけれどこんなことを経験してきた」と捉えるようにしてみてください。

ニートちゃん
相手に伝えるには、話を盛るくらいが丁度いいです!

その他にも「継続力」「工夫する力」なども仕事をしていく上で大切なスキルなので、自身の経験を是非振り返ってみてください。

【フリーターの就職面接でよくある質問その4】「この仕事に応募した動機を聞かせてください」

これは、フリーターでなくても就職面接で必ずと出てくる質問です。

自分の「熱意」をしっかりと伝えられるように準備しておきましょう。

【回答例】
私は人の前に出るタイプではありませんが、誰でも嫌がるような仕事を率先してコツコツと仕事を進めることができます。御社の事業は、少子高齢化が進む昨今に、高齢者にとってはなくてはならないサービスを提供しており、数年前に亡くなった私の祖父も介護面で御社と同じようなサービスを受けることができれば助かっていたと感じています。この経験から御社のような社会に必要とされている事業に関わりたいと強く思うようになりました。また、御社のサービスをより効率化させる為に、これまでの経験で培ってきた「コミュニケーション力」と持ち前の性格を活かし、縁の下の力持ちとして御社を支えることができればと思い応募致しました。

志望動機は、企業にとって面接の中で採用の結果を左右するポイントです。ここでしっかりと自分の熱意を面接官に伝えられるかが鍵です。

ニートちゃん
アルバイトで学んだことを志望動機に繋げられるように工夫することもポイントです。

フリーターの面接練習に最適な場所2選

「面接のポイントを頭では抑えられたけれど、本番で上手く伝えられるか不安」「すぐに緊張してしまうので、どうにかしたい」というような思いを抱えていませんか。

面接ではポイントを押さえることは重要ですが、面接の「練習」も同様に重要になってきます

私のように「緊張しやすい」「不安が表に出やすい」「本番でいつも上手くいかない」場合は、「練習」が最も必要だと言っていいでしょう。

せっかく良い内容を考えられても、それを相手に伝えられなければ意味がありません

ニートちゃん
しかし、逆を言うとそんな人こそ「練習」を繰り返せば本番では怖いもの知らずになれます。

面接練習をする場所として、あなたにおすすめしたい施設をご紹介します。

【面接練習のおすすめ施設その1】就職エージェント

就職エージェントは、専門のスタッフが担当制で就職活動のサポートしてくれる就職支援施設です。

面接準備に関しても個々でサポートしてくれるので、十分だと感じるまで対策をしてくれます。

就職エージェントは基本的にフリーターに対して求人を紹介してくれる施設ですが、「紹介して終わり」ではなく就職できるまでかなり念入りに面接練習や自己PRの補強などをサポートを受けることをできます。

ニートちゃん
念入りな個別サポートがあれば、面接で極度に緊張して何も話せないという場合でも徹底的に練習ができます。

担当者のスタッフも「その道のプロ」なので、知識も経験も豊富です!あらゆる視点からサポートしてくれるので安心感があります。

特に就職エージェントから紹介してもらう企業の面接対策は万全。

何故かというと、就職エージェントは企業訪問などをしているので、企業のことをよく分かっており、どんな上司か、どういったことが質問されそうかなども想定しやすく、細かく教えてもらえるからです。

ニートちゃん
私はとにかく面接が苦手だったので、企業ごとに面接で聞かれそうな質問と解答例を事前に対策してもらいました。

私の場合は、面接対策だけではなく就職活動においても不安なことがたくさんあったので、就職相談にのってもらっていました。

ニートちゃん
その都度、不安を解消しながら就職活動をしていくことができたことは非常に心強かったです。

ここまでのサポート体制でありながら、利用料は一切かかりません

何度利用しても、何社か併用しても無料です。

もし、担当者と馬が合わなければ途中で担当者を変えることができますし、利用を止めてしまっても問題はありません。

ニートちゃん
これは利用して損をするということはありませんね。

様々な就職エージェントがありますが、ここでは「既卒」「第二新卒」「フリーター」向けのエージェントを利用するようにしてください。

ニートちゃん
何故かと言うと、一般的な就職エージェントと違って「高卒」「既卒」「フリーター」を対象にしているので、フリーターの場合だと一番確実に早く正社員就職を目指すことができるからです。

「既卒」「第二新卒」「フリーター」向けのエージェントは数社あり、特徴もそれぞれ違います。何社か利用してみて自分に合った就職エージェントを見つけてみることをおすすめします。

【フリーター向けの就職エージェント】
「ハタラクティブ」
「ウズキャリ(UZUZ)」
「いい就職」「DYM就職」
「ジェイック(JAIC)」
「第二新卒エージェントneo」
「マイナビジョブズ20’s」
「就職Shop」など…

私の経験上一番良いと感じた就職エージェント「就職Shop」について紹介しているものがあるので、良かったら参考にしてみてください。

 

【面接練習のおすすめ施設その2】わかものハローワーク/新卒応援ハローワーク

ハローワークは、就職したい人なら誰でも利用できる就職支援施設ですが、その中でも若年層を対象にした「新卒応援ハローワーク」と「わかものハローワーク」というものがあります。

ニートちゃん
ハローワークを利用したことがある人は、サポート面で不安を抱えるかもしれません。

「わかものハローワーク」と「新卒応援ハローワーク」は、ハローワークといっても若い年齢の人たち、つまり社会経験が無いまたは浅い人たちを対象にしているのでしっかりとサポートをしてもらえます。

「わかものハローワーク」:正社員就職をめざす若年者(おおむね45歳未満の方)が対象
「新卒応援ハローワーク」:新卒3年以内の若者が対象

「わかものハローワーク」では、就職支援ナビゲーターが担当につき就職活動のサポートをしてくれるので、ハローワークよりも丁寧なサポートを受けることができます

ニートちゃん
相談員の方が応募書類の添削や面接対策などを何度でも丁寧にアドバイスをくれます。

無料で実施している面接対策の講座があるのでスキルアップができますし、個別に聞きたいことがあれば、相談員の方にその都度アドバイスをしてもらうこともできます。

また、「新卒応援ハローワーク」には、企業の人事労務の管理経験者や国家資格であるキャリアコンサルタントがジョブサポーターとして就職を個別サポートをしてくれます

「新卒」と名前がついていますが、卒業後3年以内であれば既卒者も利用でき、就職活動全般で不安がある場合でも気軽に相談することができます。

職業適性検査や自己分析、コミュニケーションスキルなど、就職に役立つ無料セミナーなどもあるので、「自己分析のやり方がわからない」「就職するにあたって、ビジネスに必要なコミュニケーション力や常識も勉強したい」という目的で利用してみても良いと思います。

ニートちゃん
ハローワークのように各都道府県にあるので、利便性も良いです。

就職エージェントは、都市部に多くあるのでなかなか訪問することが難しい場合もありますが、この2つの就職支援施設は各都道府県にあるということで就職エージェントよりも通いやすい場合が多いです。

利用料も無料なので、まずはお近くの「わかものハローワーク」「新卒応援ハローワーク」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

就職活動をしていく中で「面接が好き」「面接が得意」という人は、あまりいないのではないでしょうか。

ニートちゃん
ポイントを知っている私が、もし今就職面接を受けることになったとしても、正直気が重くなります。

私と同じように、実際に企業で正社員として働いている人たちの多くも「面接は苦手」「自分のことを上手く話せない」という思いを持ちながら面接に挑んで就職や転職活動をしています。

特に以前に就職活動をしたことがある場合、過去の苦い経験から面接に対して苦手意識を持つこともあります。

しかし、しっかりと準備をすればの不安に思っていることが少しづつ解消されていきます

ニートちゃん
そして、「ここまでやったからあとは企業との相性だ」と言えるようになるくらい自信が持てるようになります。

フリーターから就職を目指すとなると、一人で不安を抱えてしまいがち。

そんな時こそ「誰かに頼る」ことも必要です。

「これでいいだろうか」と少しでも不安を感じたら、ご紹介した就職支援を利用してみてください。

プロの客観的な視点とサポートがあると自信を持つ手助けにもなります。

ニートちゃん
もちろん、不安がなくてもしっかりとサポートをしてくれるので、気兼ねなく利用してみてください。

企業が面接を通して見たいのは、共に働いていく仲間としてのあなたです。

書類というからだけでは見えないあなたという人物を知ってもらうことが、面接という場の一番重要な役割であることをどうか忘れないでください。

不安な日々から少しでも早く抜け出せることを陰ながら祈っています。

そして、これまでご紹介したことが、あなたの就職活動で少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php