女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

大学既卒者は就職支援サービスを正しく使おう!求人探しが上手くいかない原因4選とたった1つの突破術とは?

公開日:

大学既卒の就職支援サービスで正社員就職をめざそう

既卒の私でも就職できた方法とは?

「無い内定で卒業したら、面接どころか書類選考にすら通過しなくなって絶望している。。」「もしかして、既卒だと人生終了なのでは。。」そんな風に思い詰めてはいませんか?

ニートちゃん
お祈りメールが続くと、自分なんて価値のない人間なのではとどん底まで落ち込んでしまいます。。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

こっちの気も知らずにどんどん送られてくるお祈りメール。大学在学中と同じように、むしろそれ以上に努力して就活しているつもりなのに、どうして上手くいかないんだろう。。

私はただ普通に働きたいだけなのに。。

考え始めると焦ってどんどん辛くなってしまう、そんなお気持ちはよくわかります。でも、そんなあなたにぜひ伝えたいのが「あなたが悪いわけではない」ということと、「就活のやり方が間違っているのではないか」ということです。

既卒就活は、新卒時と違うやり方があります。私も既卒から正社員をめざして就活をしたことがありますが、間違ったやり方でどれだけ応募しても、全く上手くいきませんでした

ニートちゃん
でも、逆に正しいやり方を実践すると、その後はとてもスムーズでした

だから、あなたも大丈夫です。この記事では、私が実際に役に立った既卒就活のコツをまとめました。記事を読み終わった段階から早速スタートが切れるように、具体的な方法をお伝えします。

ニートちゃん
少しでもあなたの参考になれば嬉しいです

 

【大学既卒者の就職支援について】その1:受からないのはなぜ?内定までたどり着けない4つの原因

就職できないまま大学を卒業してしまった。。」「既卒になると、在学中より上手くいかなくなったような気がする」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

「既卒だと書類の通過率が下がった」「既卒は面接さえしてもらえないのはなぜなんだろう?」と思ったことが、私にもあります。

では、それはなぜなのでしょうか?

原因は、自分の経歴や職歴にマッチしていない「既卒に不利」な方法で選んだ求人に応募しているから、だと考えられます。

ニートちゃん
もちろんそれば、「ブラック求人しか応募できない」「優良企業なんて無理」という意味ではありません。

そこで、考えられる原因をいくつかまとめてみました。

求人選びが上手くいかない原因その1「就職支援サイトで見つけた求人」だから
その2「転職サイトで見つけた求人」だから
その3「ハローワークで紹介された求人」だから
その4「大学の就職課で見つけた求人」だから
ニートちゃん
詳しくみていきましょう

上手くいかない原因その1「就職支援サイトで見つけた求人」だから

もしあなたが学生の頃に就活を経験していた場合、よく利用していたのは「リクナビ」や「マイナビ」などの就職支援サイトではないでしょうか。

大手の求人サイトなので、引き続き利用したいと思うお気持ちはよくわかります。

ニートちゃん
私も、有名だし利用した方がいいと思っていました

ただ、これらは新卒向けの求人サイトです。あくまで「新卒者用」であり、その年度に大学を卒業する方を採用しようと考えている企業が集まっているということ。

つまり、「新卒カード」を持っているライバルと戦うことが最初の時点で決定しており、残念ながらそれは既卒者にとって不利な状況となります。

もちろん、転職者向けの求人サイト(DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職など)も、最初の時点で職歴が重要になってくる戦い方なので、職歴がない既卒には不利です。

私の場合、サイトに登録しようと思ってもできなかったり、運よく面接までいけても、経歴的に回りのライバルに負けてしまって面接官にもボロボロに言われました。。

ニートちゃん
受けなきゃ良かったと思うくらい、ズタズタでした。。

この方法は、あなたにはおすすめできません。

上手くいかない原因その2「転職サイトで見つけた求人」だから

既卒なら転職専門のエージェント(DODAエージェント、リクルートエージェント、マイナビ転職エージェントなど)は使えないのかな?と考えている方もいるかもしれません。

ニートちゃん
学生ではないし、念のため。。と思ってしまいます

しかし、転職エージェントは、正社員としてのこれまでの実績が一番問われます。前職で培った経験を持っている人がほしい企業に対して、人材を紹介するのが転職エージェントの役割なのです。

つまり、キャリアを積んだ人と同じように競うのは既卒には不利になってしまいます

また、転職サイトに登録している企業は「即戦力」を欲しているので、基本的に「ここで育ててあげよう」という気持ちはないでしょう。

ニートちゃん
たとえ入社が決定したとしても、おそらく希望する働き方とは違い、大変な思いをするはずです。

上手くいかない原因その3「ハローワークで紹介された求人」だから

ハローワークは、国が運営する就職支援サービスです。

ニートちゃん
どの地域にもあり、誰でも利用することができます。

全国の求人を検索できるので、集まる求人数でいえばトップクラスなのは間違いありません。また、地元とのつながりが強いので、地方や地元の企業に就職したい場合には利用しやすいでしょう。

ただ、ハローワークの求人は注意すべき点があります。

ハローワークの相談員さんは、あなたが希望した条件を元に求人を紹介してくれますが、相談員さんが紹介する際に注目するのは求人票に書かれてあることだけです。もちろん、全国から集まる膨大な求人のすべてを把握することは不可能なので、仕方がありません。

つまり、企業と直接話す機会もなく、その会社が「本当に求めている人材」が把握できていないので、本当に求職者にマッチしている会社を紹介はできないのです。

ニートちゃん
そういう仕組みだと知っておく必要があります。

また、国が運営する公的機関のため、どこかの会社に肩入れしたり、特定の職種や企業を求職者に勧めたりということができない、という特性も関係しています。アドバイスはしてくれますが、最終的には自力で求人を選ぶ必要があります

さらに、求人票のみの判断では、会社が求人内容を改ざんしていてもわからず紹介してしまう可能性は高いです。ブラック企業の求人が紛れ込んでいてもわからないため、求職者にそのまま紹介してしまいます。

実際に内定まで進んだとしても、ふたを開けてみれば待遇や雇用の条件が全然違うということになれば、就活が上手くいったということにはなりません

ニートちゃん
実は私も、ハローワークで紹介してもらい内定まで至った2つの求人は、ブラック企業でした。。

上手くいかない原因その4「大学の就職課で見つけた求人」だから

大学にはキャリアセンターなど学生の就職に関する相談を受ける部署があります。学生の頃に利用して、履歴書やエントリーシートの添削や、面接対策などの相談に乗ってもらった方もいるのではないでしょうか。

もちろん、既卒を支援してくれる大学もあると思いますので、一度確認してみてもいいかもしれません。

ただ、やはり大学に寄せられる多くの求人は、在校生向け。新卒を対象とした求人が多いのが現実です。

既卒でも応募可能な求人もあるかもしれませんが、ライバルは同じ大学の新卒。学歴が同じであれば、よっぽどしっかりとした内容がなければ、新卒カードを持つ方が有利に働く可能性が高いです。

また、大学の就職課も、その年度の就職率を上げる・キープすることがまず第一となるはず。既卒の就活についてもそこまで詳しくは知らないはずですし、ただでさえ大学に在籍する学生は多いので、在学生一人ひとりを対応することで手一杯でしょう。

ニートちゃん
友人は、なんか既卒に冷たい感じだったと言っていました

以上の理由から、大学の就職課に行っても、満足のいく求人やサポートは得られにくいでしょう。

今回4つ取り上げてみましたが、共通するのは「キャリアがない」けど「新卒ではない」という既卒特有の状況では不利な戦い方だという点です。

でもそれは、まだ社会に染まっていない「若年層」で期待値が高い、ということです。自分を知ってもらう機会さえあれば、正社員として就職できる可能性は十分にあります

ニートちゃん
既卒が就活する上で大事なのは、求人をどこで選ぶかなのです。

 

【大学既卒者の就職支援について】その2:就職成功率NO.1は就職エージェントの求人!その特徴とは?

では、既卒にとって最適な方法、「経歴や職歴のフィルターにかからずに、自分に合った良い求人を探すことができる方法」とは何なのでしょうか?

それが、就職エージェントを使った求人探しです。

就職エージェントは、求職者とのカウンセリングを通して、エージェントが持っている求人の中から求職者に合ったものを選んで紹介する、というシステムです。

ニートちゃん
しかも無料で利用できます

就職エージェントには外資系に強かったり、新卒専用だったりと色んな種類のエージェントが存在していますが、その中には既卒専門の就職エージェントがあります。

上記の8社が主な既卒用の就職エージェント。既卒や正社員未経験から正社員就職をめざす方を対象に、就職支援サービスを提供しています。

ニートちゃん
まさに、既卒就活のプロです

ではここで、既卒用の就職エージェントを使った就活は、他の方法に比べてどんな特徴があるのかまとめておきます。

【1】エージェントが事前に企業を訪問し取材しているため、求職者と会社のミスマッチが起こりにくい。

エージェントが求職者に紹介する求人は、事前に企業を訪問・取材しており、会社のことを詳しく把握しています。求職者の希望に近い求人を紹介できるので、ミスマッチが起こりにくいです。
会社の社風や上司の性格など、ただ求人を見るだけではわからないようなところまで細かく知っているからこそできることといえます。

【2】事前にブラック企業を排除するため、就職後も定着率が高くなる

事前に訪問・取材する段階で、求職者に紹介できないようなブラック企業は排除されている点は、大きなメリットです。自分で探すよりもブラック企業を選んでしまう確率がぐっと下がります。

【3】書類選考なしや未経験OKの求人が豊富なエージェントがある

書類選考なしで面接にいけるのは大きなメリット。面接も、お互いの意志を確認するのがメインの面談形式が多く、合うか合わないかを自分で確かめるのが目的というところがほとんどです。
必要な対策はエージェントが整えてくれるので、極度に構えなくても大丈夫です。

【4】書類選考なしで優良企業と面接できるから、就職成功率が高く就職までのスピードが早い

採用に至るまでには、求人を選び、書類選考に通過し、面接を通過し、内定を取るというプロセスがありますが、自分だけの就活では、それぞれの過程でつまづく可能性が大いにあります。でも、就職エージェントはそのつまづきの確率を事前に減らしてくれるため、スピード感をもって就職できます。
ニートちゃん
以上のように、既卒であっても不利にならないような求人選びができる環境が整っています

ただ、就職エージェントを利用する上で、気をつけておきたい特徴もあります。

まず一つ目は、自分で求人を検索できない、ということ。

就職エージェントで紹介される求人は、求職者に合うと判断してエージェントが選んだものを提示するという仕組みです。たくさんある中から自分で求人を選びたい、という方には向いていないでしょう。

そして二つ目が最も注意すべき点なのですが、質の悪いエージェントを選んでしまった場合、希望とは違う求人を勧めてくる可能性が高いこと。

これは、持っている求人数自体が少ないと職種に偏りがあったり条件の良くない求人ばかりだったり、ということが起こります。そのような求人の中からどうにか選ばせようと「あなたの経歴だと、この求人しか紹介できないですよ」などと無理な誘導をしてきます。

もしそのようなエージェントに当たっても、「なんか変だな」と気づいてください。言われるがままに申し込みせず、別のエージェントを検討しましょう

ニートちゃん
自分は既卒だし無理は言えないかも、、という気持ちがあるので、言いにくいですが気をつけてください

エージェント選びに失敗すると、就活自体も失敗するので注意が必要です。そのようなことがないように、次の章では失敗しないエージェント選びのための「本当に役に立った就職エージェントランキング」をご紹介します。

 

【大学既卒者の就職支援について】その3:本当に役に立った就職エージェントランキングをご紹介!

では、どの就職エージェントを使えばいいのかということについてですが、これは実際に利用した人でないと、ホームページやネットの口コミ情報だけでは本当のところはわかりません。

そこで、私が実際に使ってみて役に立った!という既卒用の就職エージェントを、ランキングにまとめました。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

詳しくはそれぞれの体験記を読んでいただけたらわかるようになっていますが、ここでも簡単にご紹介しておきます。

ニートちゃん
参考にしてみてください

第1位「就職Shop(就職ショップ)」

就職shop(就職ショップ)

就職ショップは就職を決めた利用者の4人に3人は正社員未経験者という、既卒者でも歓迎な求人が豊富なエージェントです。

就職ショップの求人は、書類選考一切なしで面接へ進めます。人物重視の会社と提携しており、既卒関係なくあなたのことをみてくれるので、安心してください。

ニートちゃん
ちなみに、この面接も「面談」に近い感じです。

お互いに認識の違いはないか確認するのがメインなので、お互いが合意すれば就職が決定しますし、内定を辞退することもできます。

また、提携先の企業には事前に100%訪問し取材していることが大きな特徴。紹介できないようなブラック企業は事前に排除されているので、安心して選ぶことができます。

また、就職ショップのカウンセラーはとにかくベテラン。職種や業界に対する知識もしっかり持っていますし、求人についてもひとつひとつ理解しているので、何かあれば素直に頼って大丈夫です。

ちなみに、私が正社員就職する求人を紹介してくれたのは、就職ショップでした。

詳しくは、就職shopにニートが行ってみた体験談を読んでみてください。

※現在はコロナ予防のため、すべての面談を電話にて行っています

第2位「プロエンジニア(プログラマカレッジ)」

プロエンジニアはプログラミングスクールを運営する、IT専門の就職・転職エージェントです。

もしIT系に興味がある方デスクワークやオフィスワークを希望している方は、このプログラマカレッジを利用することをおすすめします。

エンジニアの業界は、未経験の状態のままでは正社員としての採用は厳しいため、プログラミングスクールなどに短期間通ってから就職します。プロエンジニアは、はじめの勉強から就職までを一貫してみてくれるエージェントなのです。

学歴や経歴も結構見られるので、既卒だと普通は就職しにくいのですが、IT未経験でも正社員への就職成功率96.2%と高いのがプロエンジニアのすごいところ。

ニートちゃん
私も利用しましたが、高卒で既卒ニートの経歴がある私でも2社内定もらえました。

普通、プログラミングスクールと言えば有料で20万~30万かかるのですが、ここは無料で受講できますし、途中で利用を辞めても一切のキャンセル費用や違約金は請求されません。

ニートちゃん
しかも、実際は有料のスクールより質が高いです。

求人数は、業界では断トツのNO.1な上に、求人の質にもこだわってブラック企業を徹底的に排除。厳しい審査を通った優良企業を紹介してくれるので、就職後の定着率はなんと95%です。

店舗があるのは東京ですが、現在は、コロナ予防でオンライン受講も可能です。興味がある方は、プログラマカレッジ(プロエンジニア)暴露体験談も参考にしてみてください。

第3位「第二新卒エージェントneo」

こちらも正社員未経験者の支援が強い第二新卒エージェントneo。

未経験OKの求人は5000件以上と多く、未経験でもほぼ書類選考なしで正社員になれます。

求人数も15,000以上と豊富で、選べる職種も広いです。しかも、一切の出し惜しみなく他のエージェントの2~3倍の求人を実際に紹介してくれます。

また、提携している会社は100%事前に訪問しているので、求人についてしっかり把握されていますし、ブラック企業でないかはチェックされているので質も高いです。

ニートちゃん
第二新卒エージェントneoは、丁寧で手厚いサポート面も強みです

1人の利用者に平均8時間以上かけて、応募書類の添削や面接対策まで徹底的にやってくれるので、アピールの仕方に不安があればなんでも聞いて大丈夫です。私の場合、初回面談は約1時間半かけて話を聞いてもらいました。

第二新卒エージェントneoに既卒ニートが行ってみた!体験談も参考にしてみてください。

今はコロナの影響もあり、オンライン面談もやっています。

第4位「ジェイック(JAIC)」

ジェイックは、独自の研修を1週間受講し、その後集団面接を行うことができるのが特徴です。

現在は、コロナの感染予防のため、説明会から面談、研修、面接会など全てをWEB上でできるようになっています。研修期間は7日間から5日間に短縮されています。

ジェイックの就職成功率は81.1%と高い数字を誇りますが、その最大の理由は、既卒でも参加できる就職カレッジという独自の研修です。

挨拶の仕方、身だしなみ、名刺交換の仕方、入社後のマナーなどの社会人スキルから、自己分析、自己PR練習、企業の選び方、面接対策などの就活スキルまで学べます。

ニートちゃん
雰囲気も和気あいあいとしていました

研修後はジェイックが選抜した20社の企業と集団面接を行う「面接会」を実施します。その中から自分が気に入った会社を選んで、個別面接に進めます。

書類選考なしで優良企業20社と一気に面接できるのは、ジェイックだけ。短期間でこれだけ多くの選考を受けられるのは、他にないメリットです。

面接の経験が少なくて、就活の手ごたえを感じられていないという方は、たくさん受けるという経験を積むだけでも自信につながります。もし就職したい企業が見つからなかったとしても、この後に良い影響を与えてくれます。

ニートちゃん
現在はWEB上で、個人面接を行っています

また、ジェイックでは専門スタッフ就職後もサポートしてくれる点もきめ細やかです。ジェイックの入社後の定着率が91.3%と高いのも納得できます。

ニートちゃん
ジェイックにニートが行ってみた体験談には、利用した雰囲気など詳しく書いているので、よければ参考にしてみてください

現在コロナ予防のため、就職サポートを完全オンライン化に切り替えているので、自宅で就活まですべて完結できます

第5位「いい就職ドットコム(いい就職プラザ)」

いい就職プラザでは、既卒者でも離職率の低い優良企業に絞ってマッチングしてくれまる、というのが大きな特徴。入社後の定着率を重視しているため、ブラック求人を徹底的に排除してくれていて、安心できます。

また、カウンセラーの質もかなり高いです。担当の方はアドバイザーとして長年の経験があり、マッチング能力も他と比べて圧倒的に高かったです。

とにかく慎重で丁寧で念入りにやってくれます。書類選考に使う応募書類もしっかり添削してもらいましたし、面接対策も企業に合わせて細かくアドバイスをもらえます。

ただ、求人のレベルが高い分、書類選考があり面接で内定が出る確率は大体2割前後くらいと低めです。

他のエージェントよりも難易度は高くなるので、いい就職の求人はチャレンジという気持ちでもいいかもしれません。

また、書類選考があるので、就職までに1~2か月ほどかかるのも念頭において、他と併用しながら就活を進めると良いでしょう。

ニートちゃん
現在はコロナ予防のため、WEBでの就職相談を希望できます

以上が、既卒用の就職エージェントで本当に役に立ったランキングです。

どの就職エージェントも、丁寧に対応してくれる質の良いエージェントです。自分の希望する職種があるところや、自分が考える就活スタイルに合うところを選んで、活用してみてください。

 

【大学既卒者の就職支援について】その4:就活のサポートが揃っている機関「新卒応援ハローワーク」

最初に、ハローワークの求人には注意が必要だという話をお伝えしましたが、就活のサポート機関として利用する方法があるので、ご紹介しておきます。

先述した通り、ハローワークは国が就職支援する施設で、もちろん既卒の方も利用することが可能です。

その中でも、「新卒応援ハローワーク」は、既卒3年以内の若者を対象に就職支援をしている機関です。特化したサービスを受けられるので、よりあなたに必要なサポートを受けることができます。

ジョブサポーター(キャリアをもつ新卒専門の相談員)が個別に担当してくれるので、既卒の就活は何から始めたらいいのかわからない、という方も、一から教えてもらえます

また、地域の中小企業と連携しているので、地元に密着した求人が集まります。地元の会社の採用担当と直接話ができる機会を設けている場合があるので、求人票の情報以外から企業を知るようにした方が良いでしょう。

また、既卒3年以内にの特権として新卒枠の求人も紹介してもらえるので、求人の選択肢が広がります。これは、既卒3年以内であれば、新卒と同じ条件での雇用することを国が企業に対して要請していることが関係しています。

ニートちゃん
「青少年の雇用の促進等に関する法律」において、以下の文言があります。
○事業主は、既卒者についても、新規学校卒業予定者の採用枠に応募できるような募集条件を設定するとともに、当該条件の設定に当たって、既卒者が卒業後少なくとも3年間は応募できるものとするなどの措置を講じるよう努めること。

ただ、新卒枠に応募してくるライバルは当然新卒者が多いので、どうしてもスタートの時点で差があることは否めません。そのあたりはバランスよく、就職エージェントの求人も利用しながら就活をすすめると良いでしょう。

全国56箇所にあるので、自分の住んでいる地域や就職したい地域にある新卒応援ハローワークを利用してください。

※参考:厚生労働省「新卒応援ハローワーク一覧

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

既卒だと人生終了」?そんなことは絶対ありません

むしろ、新卒の頃はそこまで深く考えずに就活して、たまたま受かった会社で社風が合わなかったという人も結構多いと思います。現に、新規高卒就職者の約4割、新規大卒就職者の約3割が、就職後3年以内に離職しています。

離職という形で行動を起こせた人は、まだ再出発のチャンスがありますが、そのまま違和感をもって働き続ける人も少なくないはず

そう考えれば、しっかりカウンセリングしてもらった上で自分に合う職業を紹介してもらった方が、より長く、よりイキイキと働くことができるのではないでしょうか。

ニートちゃん
私も、今は安定して自分に合う仕事を続けることができています

あなたもきっと大丈夫です。既卒に合った方法で、効率良く求人探しをやってもらえたらと思います。

ニートちゃん
あなたの就活がうまくいくことを祈っています

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php