女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

無職から介護職就職って実際どうなの?介護にまつわる疑問を元ニートが徹底解消します!

無職から介護職就職へ

ニートの私でも就職できた方法とは?

今は無職だけど、介護職に興味がある」「でも、実際に就職するとなると、大変そうなイメージがあって少し不安。。」と悩んでいる方はいませんか?

ニートちゃん
介護の業界は自分の中でイメージが出来上がってしまっている部分も多いです
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

この記事では、実際に介護職に正社員就職をしようと考えた時に、「あれ、これって実際どうなの?」と不安に感じてしまう9つの素朴な疑問をまとめました。

働きたい気持ちはあるけれど前向きになれない。。」と立ち止まってしまっているあなたと一緒に、業界の疑問を解消していけたらと思います。

この記事を読み終えて、「まずは一歩踏み出してみよう!」と思ってもらえたら嬉しいです。

ニートちゃん
少しでも参考になれば幸いです

 

【無職から介護就職】疑問その1:介護は無職にとっておすすめの仕事!?未経験でも正社員で受かりやすいの?

無職でも介護職ならすぐに正社員として就職できるの?」「30代でも望みはある?」と、悩まれている方もいるのではないでしょうか?

ニートちゃん
介護職はすぐに就職できそうなイメージがありますが。。

でも安心してください。無職でブランクがあっても、年齢関係なく介護職で正社員として就職することは可能です大卒資格を持っていなくても大丈夫です。大学中退後に介護職を目指す方も少なくありません。

では、介護に関する資格は本当に必要ないのでしょうか?

入職にあたっては、特に資格は必要とされません。なので、資格がなくても介護職に就くことは可能です。中には未経験でも歓迎しているところが多くあります

就活をしたことがあると、「既卒だと言うと、介護職を勧められた」「介護は職歴がなくても採用されやすいと言われた」という方もいるのではないでしょうか?

ニートちゃん
確かに介護職は「既卒におすすめの職種」だと紹介される印象があります

「おすすめの職種」というのが「就職しやすいかどうか」で言うと、未経験歓迎の職種・業界は求人数も多く、採用されやすいといえます。未経験歓迎の理由は、やはり人材不足が大きいでしょう。

介護業界を対象に行われた事業所調査では、平成 25 年以降、5 年連続「介護に従事する人材の不足感」が増加しています。

不足している理由としては、「採用が困難である」が 89.1%で、その原因を尋ねたところ「同業他社との人材獲得競争が厳しい」が 56.2%と高かった。
※参考:公益財団法人 介護労働安定センター「平成 30 年度 「介護労働実態調査」の結果

つまり、介護職に就きたい人が足りておらず、業界の中でも取り合いになっている状況です。そして、この「人材の不足感」は年々増加しています

ニートちゃん
人口の高齢化に伴って、高齢者介護に対する需要は今後更に高まると予想されています。

よって、介護職は未経験でも門戸が広く、チャレンジしやすい職種といえるでしょう。

 

【無職から介護就職】疑問その2:資格は働きながらとるのがベスト?どういった取り方が一般的?

介護職は未経験・無資格でも就職可能ですが、もちろん資格があった方がお給料もアップしていきます。「介護職はどうやってキャリアアップしていくの?」と気になる方もいるでしょう。

介護職は未経験でも就職しやすい業界ですが、もちろん誰でも簡単にできる仕事ではありません。介護を専門とするプロフェッショナルとして、知識をつけ、経験を積む必要があります。

【介護員の仕事内容】
・基本的な仕事は、施設の利用者がより自立した生活を送れるよう、援助していくこと。
・生活全般の自立が難しい場合には、食事、入浴、排泄の世話をはじめ、身体を動かすときの介助、清潔を保つなど、様々なケアをする。目の不自由な人には、読み書きの代行をしたり、歩行が不自由な人には車椅子を押すなど日常生活を助ける。
・単に介助をするだけでなく、本人の能力や気力を引き出すように働きかけ、レクリエーションを計画したり、周りとコミュニケーションをとって楽しく前向きに暮らせるようにすることも大切。
※参考:職業情報提供サイト(日本版O-NET)「施設介護員
ニートちゃん
様々な能力が求められます

そこでキャリアアップの方法ですが、高卒の方の場合は、以下のキャリアパスがおすすめです。

(0) 未経験・無資格介護士
↓↓↓
(1) 介護士(初任者研修・実務者研修)
↓↓↓
(2) 介護福祉士
↓↓↓
(3) 介護支援専門員(ケアマネージャー)

介護職は、誰でも資格や経験を積み重ねていけば昇給できて、介護福祉士介護支援専門員(ケアマネージャー)になれれば、年収400~500万も珍しくありません。

介護士(初任者研修・実務者研修)は、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)という研修を130時間、22日通学すれば資格を取れます。

ニートちゃん
介護職員初任者研修については後で詳しく説明します

1ヵ月以内に資格を取得して、介護ヘルパーから始める方も少なくありませんが、入職してから会社に資格取得をバックアップしてもらうケースも今は増えています

「介護福祉士」と「介護支援専門員(ケアマネージャー)」になるためには、大学中退者の場合大卒資格がないので、「実務経験ルート」でこれらの上位資格(上位職位)を取ることができます。

介護職員初任者研修を修了している介護士で、実務経験を3年以上積めば、「介護福祉士」になる受験資格をもらえます。介護福祉士に必要な研修を終え、試験に合格すれば、晴れて介護福祉士になれます。

介護福祉士という資格は介護業界の中での唯一の国家資格であり、給与的にも手当がつくので、月給ベースで4万前後は昇給します。

さらに、介護福祉士の資格を持っていて、実務経験が5年以上あると「介護支援専門員(ケアマネージャー)」になる受験資格をもらえます。試験に合格して研修を終えれば、晴れて介護支援専門員です。年収も400~500万を目指せます。

 

【無職から介護就職】疑問その3:介護職員初任者研修とは?費用や期間はどれくらいかかる?

介護職員初任者研修ってどんな資格なのか詳しく知りたい」「費用や期間はどれくらいかかるの?」と心配している方もいると思います。

先ほどのキャリアアップの方法でもご紹介しましたが、介護職の資格で一番最初に取得を狙える資格が「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)」という資格です。

介護士(初任者研修・実務者研修)は、この介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)という研修を130時間22日通学すれば資格を取れます。

例えば、週5日で6時間の講義を受講すれば、約1ヵ月で取得できる計算になります。

受講費用については、民間の介護専門学校で10万円ほどの受講料で資格取得できますが、ハローワークの職業訓練で無料で資格取得ができるので、高いお金を払って資格を取る必要はありません

1ヵ月以内で資格は取得できるので、それを終えてから介護士(初任者研修・実務者研修)として勤務を始める方も少なくありません。ですが、現在、介護職はかなり人手不足の業界なので、「資格無しでも、取得は就職後で大丈夫だから採用する」という会社がほとんどです。

ニートちゃん
わざわざ事前に取る必要がないのです

未経験から介護職を目指す場合、働きながら「介護職員初任者研修」をバックアップしてくれる企業も最近では多いです。就職後にお給料をもらいながら「介護職員初任者研修」を受講したい場合、最も効率の良い就活方法は、最後の章【疑問その9】で紹介します

 

【無職から介護就職】疑問その4:介護職は求人が集まらないきつい仕事なの?介護の3Kってほんと?

介護の仕事はキツそうだけど、何がキツイとみんな思ってるの?」「求人に人が集まらない原因って実際のところ何?」と疑問に思う方もいるかと思います。

ニートちゃん
確かに介護が人材不足なのはきついことの裏返しなのかな、、?

介護職は3K(きつい、きたない、きけん)だという世間一般のイメージもあります。就職しやすい職種、と言われる一方で、
介護はブラックな業界だというイメージが強い。。
潔癖なので無理だと思っている。。

など、続けていく上で不安だという声も多く聞かれます。実際はどうなのでしょうか?

介護職として実際に働く方を対象とした調査で、労働条件等の悩み・不安・不満で最も高かったのは、「人手が足りない 54.2%(53.0%)です。そのあとに、「仕事内容のわりに賃金が低い39.1%(39.6%)、「有給休暇が取りにくい31.5%(34.2%)と続きます。

※参考:公益財団法人 介護労働安定センター「平成 30 年度 「介護労働実態調査」の結果
ニートちゃん
排せつ物の対応が苦痛、というような理由はあがっていないです

調査によると、介護職の離職理由は、身体的にきついことや仕事内容がきたいないからという理由が主ではありませんでした。主な原因は以下のとおりです。

「職場の人間関係に問題があったため」
「結婚・出産・妊娠・育児のため」
「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため」
※参考:厚生労働省「介護労働の現状

実際に介護職を辞めていく人の離職理由は、賃金の安さや業務内容が原因ではなく、職場の人間関係施設の理念や運営方針に納得できないことが主な離職理由です。

介護業は2交代制で、夜勤に入ると生活リズムも崩れやすく、身体的にキツいという人もいます。女性の場合だと、出産・妊娠・育児で夜勤のシフトと両立ができずに辞めてしまう、というケースもあります。

ただ、先ほども紹介したように、実際の離職理由に「夜勤がキツいから」という方はほとんどいません。また、介護は汚いから、という理由で辞める人も少数です。

介護業のキツさは身体面ではなく、精神的な面が大きいと考えられます。職場に合わない人がいるのはどこの職種でも同じですが、例えば夜勤の間2人でずっと一緒にいないといけなかったり、閉鎖された職場環境で人間関係がこじれやすいというのも原因といえるでしょう。

 

【無職から介護就職】疑問その5:待遇は良くないの?お給料は低い?

先ほどの結果を見たら、「人手が足りない」「仕事内容のわりに賃金が低い」「有給休暇が取りにくい」、、これって待遇がひどいんじゃないの?と思われるかもしれません。

人手が足りない」「有給休暇が取りにくい」という理由は、まさしく介護業界の人材不足が原因だと思われます。

限られたスタッフで職場を回す必要がありますし、施設によっては休みも取りにくいかもしれません。もちろんしっかり労働条件が整った施設もありますが、「ブラック」な状況に陥っている職場もあるでしょう。

ただ、介護の職場環境は年々改善しており、ここ数年の離職率は毎年低くなっている、という結果もあります。

また、賃金についても年々増加傾向にあります。平均給与額は、300,970円(基本給(月額)181,220円+手当71,330円 +一時金(4~9月支給金額の1/6)48,420円)である、という調査結果があります。

ただ、手当は「職務手当、処遇改善手当、通勤手当、家族手当などが含まれるほか、時間外手当(早朝・深夜・休日手当等)も含まれる。」とあるので、実際にもらえる賃金は人それぞれだと思われます。

介護施設の施設長を経験した友人がいますが、休日に会っている時も肌身離さず携帯電話を持っていました。

施設から抜け出してしまった人がいる」「必要なお薬を飲んでおらず体調が急変した」などの連絡が入ることもあり、とても責任の重い仕事だと感じたことがあります。

介護は命に関わる仕事と言っても過言ではないです。職場環境が改善されている傾向にあり、離職率は年々低くなっているとはいえ、覚悟をもって仕事ができる方でないと、仕事を続けるのは厳しいかもしれません。

ただ、介護職は間違いなく将来性のあるお仕事のひとつです。

厚生労働省の予測では、2025年までに介護士が約38万人不足するだろうとされています。お年寄りのケアという大事な仕事に人材が不足しているため、国が施策をうってバックアップをしています。

国が介護士の待遇を上げるために出した政策のひとつに、「介護職員処遇改善加算」制度が挙げられます。これは、設定された要件を満たした介護事業所で働く介護職員の方の賃金改善を行うための加算の制度です。

※参考:厚生労働省「「介護職員処遇改善加算」のご案内

この制度で、実際に平成24年から平成28年の4年間で月給与が約2万円上がったという実績もあります。

今後、介護士の待遇はますます改善されていく傾向にあります。介護業の将来性は、明るいと言って良いでしょう

 

【無職から介護就職】疑問その6:介護職は定年まで働ける仕事なの?

介護って体力勝負のイメージだから、若い時しか働けないのでは?」「今から就職したとして、定年まで働けるの?」と不安に思う方もいるかもしれません。

確かに、介護の仕事は慢性的な重労働のため、身体に不調をきたす場合もあります。身体に支障が出ると、業務ができなくなってしまう可能性は否めません。

しかし、介護職員の年齢構成をみてみると、「介護職員(施設等)については30~49歳、訪問介護員については40~59歳の割合が比較的高くなっている」とあります。
(注:介護職員(施設等):訪問介護以外の指定事業所で働く者。訪問介護員:訪問介護事業所で働く者)

さらに訪問介護員の場合、60歳以上が38.5%を占めるという結果もあります。自らが働き方のステージを変えていけば、長く働くことができるといえるでしょう。

※参考:厚生労働省「介護労働の現状

また、介護業界では高齢でも、定年後にイキイキと働いている方もいます。

例えば、介護職の業務を切り分け細分化し、その細分化した業務のうち、比較的簡単な単純作業の部分を担う 「介護助手」を元気な高齢者の方が担う、という取り組みも考えられています。

実際に働いている方の声も、生き生きとしています。

・75歳になってまだ自分が働けるとは思ってもいなかった。人生に張り合いができた。自分から何かしてやうと思うと楽しみ。
・70歳といえども。「まだまだやれる」と自信がついた。少しずつ体も鍛え、これからの社会を支えたいと思うようになった。
・78歳、社会に出て再び「働ける」ということの充実感を感じる。いつのまにか体調も良くなり、ここに働きにくるとで元気をもらえる。
・入浴準備など手伝いながら、いろいろな利用者さんとお話しできることがとても楽しい。
・介護職員さんと一緒に働けることがとても良い。若い職員さんから、「いつも助かります。」と感謝の言葉で、私も役に立っていると感じられる。

上記のように、社会に役立っているという実感をもちながら仕事をすることで更に元気になっていく、という好循環が生まれるケースもあるようです。

このように、資格やスキルがなくても定年後に生きがいとして働く方もいます。今から介護業界のキャリアを積んでいれば、もっと専門的なポジションで介護の業界に関わることができる可能性が高く、より深い充実感を得られるのではないでしょうか。

 

【無職から介護就職】疑問その7:どんな人が向いているの?介護職のやりがいは?

介護職をやってみたいけれど、人見知りでも大丈夫なの?」「よく優しいと言われるけど、傷つきやすい性格で不安。。」という方もいると思います。

ニートちゃん
どんな方が介護職に向いているのでしょうか?

まず大前提として、お年寄りと触れ合うことが好き親身になってお世話ができる、という方は、介護の仕事に向いています。

その上で、やはり一番必要なのはコミュニケーション能力だといえるでしょう。

会話で意思疎通ができないと業務に支障が出ますし、お年寄りの信用も得られません。また、施設内ではチームで働くため、利用者の方の情報共有もする必要があります。働く側の人間関係を築くのも、仕事をスムーズに行う上でとても大切です。

ただ、話が特別面白くないといけない、さらさらと饒舌に話さないといけない、ということではありません。やはり大切なのは、お年寄りの気持ちに寄り添えるかどうかです。

人見知りだから」「傷つきやすいから」という自分側の視点が強くなってしまうのは仕方のないことだと思います。でも、その方の目線に立ち「どう関係を構築していこう?」と考えて働きかけることで、自分の意識も変えていくことができるでしょう。

ニートちゃん
内面的にも成長できそうな仕事です

また、介護職のやりがいは「誰かの役に立っている」という実感をダイレクトに感じることではないでしょうか。

もちろん、お年寄りの中には認知症が進んでいる方もいますし、体が不自由で食事をこぼしたり、排せつ物をもらしてしまったりする場合もあります。大変な面はありますが、介護職は、利用者だけでなくご家族や親せきなど、色んな方に感謝される仕事です。

人のために役に立っているという喜びは、何物にも代えられない価値のある財産です。まさしく、やりがいのある仕事といえるでしょう。

 

【無職から介護就職】疑問その8:男性介護職は結婚できない!?女性ばかりの職場って実際どうなの?」

男性介護士は結婚できないって聞いたことがある。。」「女性ばかりだとやっぱり大変?」と、男性の方は心配になるかもしれません。

ニートちゃん
介護は、約7-8割が女性という業界です。

周りが女性ばかりだと気を遣うこともあるかもしれませんが、その分、男性介護士は重宝されることも多いです。

同性に入浴介助をやってもらいたい男性の利用者もいますし、力の必要な場面も出てきます。また、女性が出産や育児で現場を離れるケースもある中、男性は継続して働き続けられることから、責任のある立場を任されることも多くなるでしょう。

では、「介護職の男性は結婚できないの?」という疑問ですが、そんなことはありません

実際に、私の知人も結婚しています。その私の友人は介護職同士の職場結婚です。女性の方は現在産休中で、先日無事出産しました。とても幸せな家族です。

ちなみに彼女の方も、育休後には復職し働くつもりだそうです。介護士の給料はどんどん改善されていますが、キャリアを積むのにまだ時間がかかりそうで今お給料が低いのが不安、、ということであれば、彼女のように「働き続けることを望む女性」をパートナーに選ぶのが良いかもしれません。

ニートちゃん
私も働き続けたいと思っています

 

【無職から介護就職】疑問その9:無職から介護職に就職するためには、どんな就活方法がベスト?」

読み進めていくうちに、「なんだか自分にもできる気がしてきた」「介護職にチャレンジしてみたいかも!」という風に感じた方もいるのではないでしょうか?

介護業界でやっていきたいと決めたからには、やはり「人間関係が良い」「待遇が良い」など、より条件のいいところに就職したいと思うのは当然です。

もしあなたが今、無職期間がありどのように就活すればいいのかわからない。。と困っているのであれば、既卒用の就職エージェントを使ってより良い求人を紹介してもらう方法もあるので、ご紹介します。

ニートちゃん
私は大学中退で高卒、ニート期間のある既卒でしたが、就職エージェントを使って正社員就職に成功しました

就職エージェントは、カウンセリングを通して、自分に合った求人を紹介してくれるシステムです。学歴や経歴ではわからない自分の良さを質問によって引き出してもらえるので、既卒で職歴がなくても安心して利用することができます

紹介してくれる求人は、就職エージェントが事前に企業を訪問し取材しているので、会社の社風、上司の性格など、細かく把握しています。その段階で、紹介できないようなブラック企業は除外されていることが多いので、ブラック企業にあたる可能性も低いです。

双方の相性を客観的に見極めた上で、こちらの希望に近い求人を紹介してくれるので、ミスマッチが起こりにくいのもメリットです。

つまり、カウンセリングを受けている段階で、就職後に「介護職員初任者研修」を受講できるようなバックアップがある会社が良い、という希望を伝えることもできます。

ニートちゃん
求人票だけではわからない部分も多いから、どんな会社なのか客観的に教えてもらえるのは助かります

また、書類選考なしで面接を設定してもらえるのもポイント。面接も、お互いの意志確認メインの面談形式が多いので、極度に構える必要はありません。

ニートちゃん
書類選考苦労しているニート経験者には相性の良い方法といえます。

ただ、希望する職種、自分の職歴や経歴によって、利用するエージェントが違います。DODAエージェント・リクルートエージェント・マイナビ転職エージェントなどの転職専門のエージェントを選んでしまって、私には全く意味がなかったです。

「既卒」「第二新卒」「ニート」「高卒」「中退」「フリーター」が利用すべき就職エージェントはこちらです。

この中の、第二新卒エージェントneo就職shopで、質の良い介護の求人を紹介してもらえます。興味のある方は、体験談なども参考にしてみてください。

ちなみに、就職エージェントのデメリットとしては、自分で就職エージェントが持っている求人を検索できない点です。

就職エージェントのシステムは、あなたにマッチすると判断した求人をエージェントがピックアップし、その中から選ぶのが基本です。質の悪い就職エージェントだと、持っている求人数が少ないので、その中から無理に選ばせようと誘導してきます

ニートちゃん
エージェント選びに失敗すると、就活自体も失敗してしまうので注意が必要です。

また、就職エージェントは地方に少ないので、地方に住んでいる方は利用しづらい面もあります。利用する際には近くに希望のエージェントがあるか確認してみてください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。介護業界の疑問についてご紹介してきましたが、少しでも解消されたでしょうか?

この記事が「自分には難しいかもしれない。。」と悩んでいたあなたの、前向きに新しい一歩を踏み出せるきっかけになれば、とても嬉しいです。あなたの就職がうまくいきますように。

ニートちゃん
陰ながら応援しています!

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ