女ニートちゃんが正社員就職|既卒フリーター/中退/公務員の転職方法

【ニートの就活のやり方3選】ニートが正社員になった成功秘話

公開日:


ニートの私でも就職できた方法とは?

少しでも早く「正社員になって働きたい」という気持ちはあるけれど、やりたい方向が分からない。将来を考えると何となく「事務系」の仕事が自分とってはきっと良さそうだろうから、就活をする前に資格を取った方が良いのではないか…。

就活をする際に「事務系」の仕事が向いていると考えていたけれど、いざ就活を始めるとなかなか仕事が見つけられず「仕事をしたいのに自分はどんな仕事をしたら良いのか」途方にくれてしまっていませんか。

また、事務系の仕事に限らず、就活を始める前に資格習得を優先した方が良いのかと思ったことはありませんか。

就活が上手くいかないと、どんどん自分に自信が持てなくなり不安ばかりが募ります。このまま就職できないのではないかと毎日不安と戦って心が折れかけてしまいそうになってしまいます。

ニートちゃん
私も、過去に就活が上手くいかずに自信を失くしてしまった時期があったのでお気持ち分かります。
ニートちゃん
現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。合計2年のニート歴がある中、26歳で就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。
プロフィールはこちら

確かに資格は持っていると、履歴書に書けたり自分が努力した証にもなり自信にもつながります。しかし、就活を成功させるためにはもっと大切なことがあります。

ここでは、ニートだった私が就活に成功して無事に「正社員」になれた成功秘話についてご紹介します。

ニートちゃん
「事務系」の仕事や、資格習得のことについてもお話していくので、少しでもお役に立てれば嬉しいです

 

ニートが就活を成功させる3つのやり方

ニートが就活を成功させるための方法は、3つあります。

就活成功方法
1.正社員の経験がない人を対象としている支援施設を利用する
2.職業訓練校に通う
3.できるだけ早く就活を始める

1つ目は、正社員の経験がない人を対象としている支援施設を利用する方法です。ここでいう、正社員の経験がない人は一般的に「ニート」「既卒」「高卒」「中退」「フリーター」というように呼ばれています。

ニートが就活で失敗してしまう方法として「自分が対象ではない支援施設を利用してしまうこと」がよくあります。立て続けに書類選考で落とされてしまった経験がある場合のほとんどは、このような間違った方法で就活をしているからといっても過言ではありません。

特に、よく見かける就職求人サイト(リクナビ、マイナビ、DODA、リクナビNEXT、マイナビ転職など)では落とされる確率が高いです。

「未経験でも年収600万!」ということを謳っているサイトもありますが、正社員の職歴があることが前提でその職種が未経験という意味なので、落とされる以前にサイトにすら登録できないこともあります。

ニートちゃん
私の場合、書類選考だけでも100社を超える履歴書を作ったりエントリーしたりしても、ほとんど落とされてしまいました。運よく6社ほど面接までいけても、面接官にボロボロに言われるか、ブラック企業から内定がもらえるだけでした。

2つ目は、就職する前に職業訓練校に通いスキルを身につけておくということです。職業訓練校では、その名の通り「職業に必要な知識や技能を習得するための職業訓練」を行っています。様々なコースがあり、事務系の訓練一つ取ってもパソコンの訓練や経理、総務、医療事務など数種類のコースがあるのが特徴です。

ニートちゃん
自分の自信に繋がったり、スキルを身につけておくことで就職に役立ったりします。

3つ目は、できるだけ早く就活を始めるということです。「思い立ったが吉日」というように、少しでも前を向けたその時から就活を始めることが就活成功に繋がります。

ニートちゃん
何故かというと、就活時の年齢が若ければ若いほど就職がしやすいからです。

一般的に、既卒から3年以内の「新卒枠」だと採用されやすいと言われているように職歴がなくても、既卒からの期間が短いと企業側としても採用しやすい傾向にあります。年齢でいうとだいたい25歳です。

しかし、それ以上の年齢になると採用率はがくんと減り、年齢が1歳上がる毎に採用率は低くなっていきます。つまり、ニート歴が長くなればなるほど就職成功率は低くなっていってしまいます。

ニートちゃん
実際に、大学を卒業(既卒3年目)年齢が25歳の場合、職歴なしで未経験であっても55%の企業が採用してくれるのに対し、27歳になるとその割合はわずか25%になってしまうというデータ結果もあります。

 

【ニート就活成功方法その1】就職エージェントを利用する

ニートが就活を成功させるための方法の1つとして、正社員の経験がない人を対象としている支援施設を利用する方法があります。

ニートちゃん
私の経験上、支援施設の中でも「就職エージェント」を利用すると良いです。

就職エージェントは、一般的な求人サイトと違い専門のスタッフが担当制で就活のサポートしてくれます。個別面談を通してプロ目線から自分にあった求人を紹介してくれるので、初めは就職へのイメージが漠然としていても安心です。

また、経歴でブランクがあったとしても書類選考なしで面接まで進むことができるのも就職エージェントの魅力です。もちろん、ブラック企業の求人ではありません。

ニートちゃん
私は、就職エージェントを利用して6社から無事に内定をもらうことができました。その中の1社で働き出して3年目ですが、社内の雰囲気も仕事内容にもとても満足しています。

今回は、私が利用した様々な就職エージェントの中でも特に良かった2社についてご紹介します。

【ニート就活エージェント】就職Shop

利用者数が10万人を突破するほど人気のある「就職Shop」は、未経験歓迎の求人を中心に集めていて口コミでも評判があります。それらの求人は、安定企業から成長途中の企業まで様々で累計8500社もあります。

紹介される企業はエージェントが100%直接訪問をし取材をした企業なので、安心感があるだけではなく、労働環境や職場の雰囲気、教育体制など文字だけでは分からない情報も知ることができます。

就職Shopは面談から就職するまで無料で利用できます。もし、実際に相談して自分と合わなければ途中で利用を断っても問題はありません。また、紹介された求人を無理に応募する必要もないのも安心です。

就活での不安なことを解消してた上で、興味のある職種や自身の強みとなるものを引き出しながら自分に合う企業を紹介してくれるだけではなく、その後の面接練習や自己PRの仕方などの細かい部分もサポート体制はバッチリです。

ニートちゃん
私は、就職Shopで紹介してもらった求人で正社員になりました。求人の質もサービスの質も、就職エージェントの中では断トツに良かったと感じています。

 

【ニート就活エージェント】DYM就職

なんといっても、DYM就職のすごい所は96%という非常に高い就職率を誇っている所です。紹介してもらえる求人数は就職Shopほど多くはありませんが、給与や労働条件がかなり高い質の求人を紹介してもらうことができます。

また、就職までの早さも非常に早いです。平均で3週間ほど。早い人だと大体3日から1週間で決まってしまうようです。興味のある求人があれば書類選考なしですぐに面接できるので、マッチングからすぐに就職が決まります。

DYM就職も、利用料は一切かかりません。高い就職率と就職するまでの期間が早いということで、すぐに就職先の内定が決まったとしても、内定を断ってしまっても問題ありません。何社か内定をもらい、どの企業にするか吟味できるのでじっくりと考えたい場合にも安心です。

ニートちゃん
私が利用した時は、まだやりたい職種や仕事を見つかっていませんでしたが、親身になって相談に乗ってくれたり就職への不安を解消してくれました。

【ニート就活成功方法その2】職業訓練校に通ってスキルを身につける

就職する前に、資格や技術など何か自信となるものを身につけておきたいという場合には、職業訓練校に通う事も1つです。

職業訓練校とは…
・国や都道府県が、離職者や在職者、学卒者を対象に実施している訓練学校のことです。
・キャリアアップや希望する職業への就職の為に、必要なスキルや知識を習得することができます。

訓練の受講申込みや「職業訓練受講給付金」の手続きは、原則としてハローワークで行っています。

ハローワークが主催している職業訓練には、「公共職業訓練」と「求職者支援訓練」があり、ニートの場合には求職者支援訓練を受けることができます。訓練期間は1コース2ヶ月から6ヶ月間です。長いものだと3年間通う必要のあるものもあります。

ニートちゃん
受講料はテキスト代のみで原則無料で受講することができます。
参考:東京労働局「求職者支援訓練について」
参考:北海道労働局「職業訓練案内」

 

また、コースは大きく分けて基礎コースと実践コースがあり、学びたい職種やスキルによって訓練科目が用意されています。事務系でも、パソコンの訓練や経理、総務、医療事務など細かく分類されており数種類のコースがあります。

ニートちゃん
介護系、不動産系、プログラミング系など、資格によっては職業訓練に通うと就職に結びつきやすい場合もあります。

しかし、職業訓練は必ず就職できる保証はありません職業訓練で資格を取って就職が有利になるというものではないのでご注意ください。

自分のやりたいことが不明確なまま勉強しても続けられず、時間とお金の無駄になってしまいます。もし訓練校に通うのであれば、就職に向けての方向性(就きたい職種)を決めてからの方が効率的にキャリアを築いていくことができます。

キャリアコンサルタントを保有しているアドバイザーの方にもお話を伺ったことがありますが「資格は必要になった時に、後から習得すれば良い」とのことでした。

私の場合は、まずは就職エージェントに行き自分に向いている職種や興味のある職種を知ることから始めました。エージェントを利用しながら、面談を通して興味を持った「IT系の仕事」のスキルを学べるスクールに通っていました。

ニートちゃん
私の経験上、興味を持った時や、必要になった時に目指す資格習得の方がやる気がでました。

【ニート就活成功方法その3】ニートは資格習得よりも早期の就活がポイント

就活をする際に、何かアピールできることをということで「資格」習得を目指す方は多いのではないでしょうか。資格を取ってから就活した方が就職しやすいのでしょうか…。

答えは「資格を取る前に就活を始める方が就職しやすい」です。

事前に資格を取ることで、知識やスキルを身につくので就職に役立つものもあるかと思います。インターネット検索してみると事務系の仕事だと、「MOS」や「エクセル」の資格を取っておくと良いという情報がたくさん出てきます。

しかし、あくまでも資格習得は「就職に役立つもの」であり「就職を保証」するものではありません。それよりも、「少しでも早く就活を始めること」の方がはるかに就職できる可能性を高めてくれます。

理由としては、年齢を重ねていくと未経験者でも正社員として採用してくれる企業の数が大きく減ってしまうからです。大学卒業をする頃の23歳を境に、年齢が1歳変わるだけでも採用率は大きく変わってきてしまいます。

ニートちゃん
25歳までなら職歴なしで未経験であっても55%の企業が採用してくれますが、27歳になると採用率はその半分まで激減します。

これは、リクナビNEXTが企業に対して行った調査によるデータなので確かなものです。

ニートちゃん
就職を保証するものではない資格習得を頑張るよりも、年齢が若いうちに少しでも早く勇気を出して就活を始める方が就職しやすくなります。

【余談】今後の就活で「事務」の仕事は難しい?!

将来のことを考えると「ずっと続けられる」、「安定」というような言葉が思い浮かぶと思います。そこでたどり着く職種が「事務系」の仕事ではないでしょうか。

しかし、今まで安定と思われてきた「事務」の仕事も今後は就職するのが難しくなっていきます。大きな理由として正社員の「求人が少ない」ことと、事務仕事の「システム化」が進んでいることが挙げられます。

事務の正社員求人が少ない

求人サイト「doda」が調査した職種別の求人倍率のデータによると、事務・アシスタント系の求人倍率は「0.29」。これは、仕事をしたい人(応募)が10人に対して、求人数(企業が募集する人数)が3人以下という事を示しています。


出典:doda「転職求人倍率レポート(2020年4月)」

グラフを見ると、他の職種との差が一目瞭然です。グラフの始め(2014年)からすでに、求人倍率がとても低い状態が続いており、今後もこの状態が続くかさらに低くなっていきます。

また、事務系の仕事は正社員でなくても補える仕事が多いので、企業側は派遣社員を雇用して任せてしまうことが多いようです。

出典:一般社団法人 日本人材派遣協会「派遣の現状」

事務仕事のシステム化

事務系の仕事の求人が少ない理由として、作業の「システム化」があります。企業は今後ますます進んでいく人手不足を補うために「業務の効率化」や「生産性向上」が求められているからです。

今までは「ヒト」で行っていた管理業務を「コンピューター」が処理することで大幅な業務効率アップに繋がるので、どんどんシステムを導入している企業が増えています

ニートちゃん
システムが導入されれば、その分求人数は減っていくのでますます「事務系」の仕事は少なくなり「安定」とは言えなくなってきそうです。
参考:doda「転職求人倍率レポート(2020年4月)」
参考:一般社団法人 日本人材派遣協会「派遣の現状」

【余談】ニートが就職するのに損はない資格

ニートが就活をする際、「就職するのに持っておくと良い資格」ってなんだろうか…。と考えることもあるのではないでしょうか。その考えを助長するかのように「就職に強い資格はこれ」と謳っている情報も多くあります。

結果からお伝えすると、資格を持っていれば就職ができるという訳ではありません。インターネット上では、事務系の仕事であれば簿記、MOSやエクセルなどが就職に強い資格だと言われていますが、最近はシステム化が進んでいるので企業側から見るとあまり求めているものではありません。

しかし、ITエンジニア系の業種の(特にインフラエンジニア系)の資格を持っていれば優遇してもらえることがあります。その中でも、就職に直結しやすい資格は「CCNA」「LinuC(リナック)」という資格です。

何故かというと、ITエンジニア業界は「最も成長している産業」と言っても過言ではない程成長している業界で、そのスピードも早く業種の中では待遇面もかなり良いのですが、過度の人材不足が続いているからです。

新型肺炎の影響で全体の求人数が減少している中でも、この業界の減少幅は最も小さく、世の中の就職における状況が変化しても一定の採用を行っており就職しやすい職種と言えます。

ITエンジニア系の資格は、持っていればある程度の知識が認められるため、未経験からの就職には有利です。

しかし、資格を持っていなくても就職はできますし、入社後に資格習得をすることができるので心配しなくても大丈夫です。企業としては「やる気があれば、未経験・資格無しでも大歓迎」というところが本音なので、しっかりと研修を行ったり研修の中で資格習得ができる企業が多いです。

ITエンジニアの資格として最も初歩的な資格は、国家資格でもある「基本情報技術者」です。そのエントリーレベルとしてあるのが「ITパスポート」と呼ばれている資格で、誰でも受験することができます。

インフラエンジニアの中でもネットワーク系の資格であれば、「CCNA」、サーバー系の資格であれば「LinuC(リナック)」を目指すと良いです。

目指す資格
ITパスポート(国家資格)
ITスキル全般の基礎を身につけることができる。
(ITエンジニアなら取得しておきたい最もポピュラーな資格。)
LinuC(ベンダー試験)
Linux(WindowsのようなOS)のシステム基本操作と運用を行える技術者として認定される。
(インフラエンジニアの仕事をする際にスムーズに実務に馴染むことができる。)
CCNA(ベンダー試験)
基礎的なネットワーク技術を持つことの証明になる。
(世界共通基準の資格でありネットワークエンジニアの登竜門と呼ばれている。)

【余談】今後ニートが就職するならIT系

最近、世の中の就活状況が変化しつつある中で「未経験で職歴がないニート」が就活をしていくことが難しくなっていくと思っていませんか。ただえさえ就職できるか不安でいっぱいなのに、就職氷河期が来たらその不安はますます増えていくのではないでしょうか。

ニートちゃん
私も、自分が本当に就職して正社員になれるかどうか不安だった毎日を過ごした経験があるのでお気持ち分かります。

そこで、視野に入れてほしい職種が「ITエンジニア系」です。

ITエンジニア業界は「最も成長している産業」と言える程成長している業界で、そのスピードも早く業種の中では待遇面もかなり良いのですが、過度の人材不足が続いているからです。

新型肺炎の影響で全体の求人数が減少している中でもこの業界の減少幅は最も小さく、世の中の就職における状況が変化しても一定の採用を行っており就職しやすい職種と言えます。

もし、ITエンジニア業界を就職先として視野に入れるのならば、スキルを習得できる職業訓練校ではなく、未経験でも良い会社に正社員として就職できる「就職支援付きのプログラミングスクール」に通う方が良いです。

ニートちゃん
私は、就活中にIT系の仕事とに興味を持ったので、未経験でも始められる就職斡旋付きのプログラミングスクールにも通っていました。

プログラミングスクールといっても東京都内には無料で受けられるスクールが多くありますが、ニート経験がある場合は「スクール兼エージェント」のスクールに通う方が確実に就職に結びつきやすいです。

1ヶ月程でスキルを習得でき、正社員としての就職先を紹介してくれるからです。

 

私自身が見学したり無料体験してきた中では、プロエンジニア(プログラマカレッジ)が一番良かったと感じています。

プロエンジニアはプログラミングスクールというよりは、IT専門の就職・転職エージェントなので、「プログラミングができるようになること」よりも「就職できること」一番重視しています。IT系は未経験でも、スキルや知識を身につけて正社員に就職できます

ニートちゃん
サービスや授業内容、就職斡旋先の質などを見ても一番良かったと感じました。

 

今後、ますます就職が難しくなりそうな状況が続くと思いますが「正しい方法」で就活を行えばニートであっても必ず就職できます。正社員として働くことの企業が必ずあります。

私の経験から、無事に正社員への「成功できる就職のやり方」についてでお話ししてきましたが少しでもお力になれれば嬉しいです。

大事なことは、正しい方法で「少しでも早く就活への一歩を踏み出すこと」です。その勇気で、きっと将来あなたも私のように成功できる就職方法についてお話しできるようになっているはずです。

陰ながら応援しています。

 

1位就職Shop
プロエンジニア(プログラマカレッジ)
3位第二新卒エージェントneo
4位JAIC
5位いい就職
6位ハタラクティブ

⇒ランキングをすべて見る

⇒就職エージェント体験談をすべて見る

    【実録】ニートちゃんが正社員就職するまでの3日間

    就職エージェントランキング

    IT系に就職しやすいランキング

    IT未経験でも就職・転職しやすいプログラミングスクールランキング

    ニートちゃんのプロフィール

    現在28歳。大学中退後、しばらくニート期間を過ごして短期バイトや派遣を続けていくが、25~26歳まで再度ニートになってしまう。また就活を始め、秘書の正社員として就職する。同じ悩みを持つ方に向けて役に立つ情報を配信中。

    ニートちゃんに質問してみよう!

    ※回答は随時twitterで返答しています。遅れる事もありますが、できる限り早めにご回答します。お気軽にご質問ください。回答を受け取るためにtwitterのフォローをお願いします。

    ニートちゃんのTwitter

    カテゴリー

    サイトマップ

    /home/daikichi3/neet-chan.com/public_html/wp-content/themes/mottinger2_2/single.php